六本木交差点が第4位!年末注意「交通事故多発交差点」都道府県別トップ5

8598.jpg

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・交通事故が多い交差点は

<How to>

1全国で交通事故が多発する交差点は?

265歳以上が交通事故にあう確率が高い

3交通事故を防ぐためにはどうするべき?

年末の忙しいとき、気持ちがせかせかとしているせいか、交通事故が目立つようになる時期ですね。一体どこで交通事故が頻繁に起こっているのか……。

『一般社団法人 日本損害保険協会』と全国地方新聞社が連携して、人身事故の多発している全国の交差点をまとめたものがあります。今回はその平成27年版から全国の主要都道府県の要注意交差点をワーストランキング形式でご紹介したいと思います。

■北海道の交通事故多発交差点

1位:石狩街道交差点
2位:伏籠橋交差点・中央消防署前交差点
4位:国道5号新川通り交差点・北34条駅前交差点

■東京都の交通事故多発交差点

1位:池袋六ツ又交差点
2位:赤羽橋交差点・上高井戸1丁目交差点
4位:六本木交差点
5位:前原交番前交差点

■神奈川県の交通事故多発交差点

1位:新川橋交差点・鋼管通り交差点
3位:元木交差点・平戸立体交差点
5位:多摩警察署前交差点

■愛知県の交通事故多発交差点

1位:柳橋交差点
2位:東新町交差点
3位:高岳交差点・太閤通3丁目交差点・若宮北交差点

■大阪府の交通事故多発交差点

1位:東天満交差点
2位:梅田新道交差点・新深江交差点
4位:梅新東交差点・谷町9丁目交差点

■福岡県の交通事故多発交差点

1位:千鳥橋交差点
2位:蔵本交差点
3位:横代交差点
4位:美野島交差点
5位:清水四ツ角交差点・愛宕交差点・針摺交差点

■交差点での交通事故を防ぐためには

上記と同じデータでは、65歳以上の交通事故死者数に対する交差点事故の死者数の割合が、28の都府県でなんと50%を超えています。最近は高齢者ドライバーの事故のニュースが頻繁に起きており、ご家族で65歳以上の方がいらっしゃるご家庭は、その方が運転するしないに関わらず、なるべく一緒にでかけるなど、事故防止対策が必要ですね。

また、基本的なことではありますが、交差点というのは歩行者や自転車、自動車などさまざまな人とモノが行き交う場所です。まずは「ここは事故が起きやすいところだ」と認識して注意すること、そして、いつも以上に左右・前後に目を配ることが大切です。突発的で防ぎようのない事故は少なからずありますが、まずは交差点を通行する人みなが注意を払う、意識することで事故防止につながります。

また、譲り合いの精神も大切です。歩行者がいれば歩行者優先で道を譲る、一旦停止して曲がってくる車両に譲るなど、我先にと思わず、ゆったりとした広い心をもちましょう。

またここで紹介した都道府県以外における、交通事故多発交差点は、『一般社団法人 日本損害保険協会』のウェブサイトで紹介されています。

<関連記事>

画像一覧

  • 年末注意!全国交通事故多発交差点Top5

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

特集

関連記事

自転車事故で9千万円の請求!実際にあった賠償金「高額ランキング」

ここ数年、自転車での事故は問題視されてきましたが、まだまだ軽んじられる傾向にあります。しかし、実は自転車事故でも、被害の大きさによっては数千万もの多額の賠償金を払わないといけないこともあります。

今回は、『一般社団法人 日本損害保険協会』のウェブサイトの情報をもとに、自転車事故において高額の判決容認額になった5つのケースをランキング形式でご紹介します。

■第5位【4,746万円】

東京地方裁判所にて平成26年1月に判決が下された事故です。日中、青信号で横断歩道を歩行中の75歳の女性に、交差点の赤信号を無視して侵入してきた男性が衝突。女性は脳挫傷などの怪我を受け、事故の5日後に死亡しました。

■第4位【5,438万円】

東京地方裁判所にて平成19年4月に判決が下された事故。男性が昼間に信号標識を無視して交差点に猛スピードで侵入。青信号で横断中だった55歳の女性と衝突し、女性は頭蓋骨損傷等で事故の11日後に死亡しました。

■第3位【6,779万円】

東京地方裁判所にて平成15年9月に判決が下された事故。夕方ごろ、男性がペットボトルを持ちながら下り坂を猛スピードで走行し、そのまま交差点に進入したところで、横断歩道を横断中の38歳の女性と衝突しました。事故の3日後、女性は脳挫傷等で死亡しました。

■第2位【9,266万円】

東京地方裁判所にて平成20年6月に判決が下された事故ですが、日中、男子高校生が自動車横断帯の手前の歩道から車道をななめに横断しました。対向車線を自転車で進んでいた24歳の男性と衝突し、その後、男性は言語機能の喪失など、重大な障害が残りました。

■第1位【9,521万円】

神戸地方裁判所にて平成25年7月に判決が下された事故。11歳の男子小学生が夜間に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において、歩行中の62歳の女性と正面衝突。女性は頭蓋骨を骨折するなどの障害を負い、意識が戻らない状態となってしまいました。

なお、判決認容額とは、裁判における裁判文において、加害者が支払いを命じられた金額のことで、判決後の上訴等によって、加害者が実際に支払う金額とは異なる場合があります。 

ちなみに、上記のような場合の賠償責任は、未成年であっても免れることはありません。自転車による事故増加を受け、自転車保険を義務化する自治体が増えてきています。自転車保険の詳細については、9500万円の賠償金実例も…義務化が進む「自転車保険」FP推奨の加入法 でも紹介しています。自転車は安全に、人に迷惑をかけないように乗りましょう。

自転車事故で多額の損害賠償を求められたら、どうする?

子どもからお年寄りまで、幅広い年齢の人が手軽に乗ることができる自転車ですが、万一事故を起こすと、大きなケガに繋ながったり、他人を傷つける凶器にもなります。自転車事故を起こして、5,000万円~1億円近い損賠賠償を求められた判例もあるほどです。

では、このような万一の事態にどのように備えるとよいのでしょうか?
ひとつは、「自転車保険」に加入する方法です。自転車保険には、主に以下のような補償がセットされます。

1. 入院の補償:1日あたり4,000~6,000円
2. 通院の補償:1日あたり1,000~2,000円(補償がないタイプもあり)
3. 死亡・後遺障害補償:300~500万円
4. 個人賠償責任補償:最大5,000万円~1億円  など
  1~3は自転車に乗っている時だけでなく、歩行中に自転車や車にぶつかった時も補償されます。

「個人賠償責任補償」は日常的な生活の中で、偶然他人に損害を与えた場合に支払うべき賠償金を補償してくれるもの。「日常生活賠償補償」と呼ばれることもあります。他人にケガを負わせた時だけでなく、他人のモノを壊した場合も補償されます。自分のケガや死亡の補償は、他の医療保険や生命保険でもカバーできますが、自転車保険の最大の特徴は、個人賠償責任補償がある点。そのために加入すると言っても過言ではありません。さらに、個人賠償責任保険では、加入する本人の自転車事故以外に、「子どもがデパートでうっかり高級な花瓶を割ってしまった」など、家族が引き起こす日常生活のさまざまな事故も補償してくれる優れものです。人間だけでなく、ペットも対象で、「愛犬が他人に噛みついてケガを負わせた」といった場合も支払われます。その上、保険料は毎月500円程度とリーズナブルですから、入っておくと安心です。自転車保険はインターネットからも簡単に申し込めます。

個人賠償責任補償は、自動車保険や火災保険、またはクレジットカードなどに付帯する保険にオプションで付けられるケースがあります。もしかすると既に付いているかもしれませんので、加入中の保険の内容を確認してみてください。「保険証券」や「契約内容確認書」と呼ばれる書類で調べることができますが、わからなければ保険会社に問い合わせてみましょう。付いていない場合も途中から付けられるケースもあります。月100円程度の保険料を追加するだけで、家族全員が補償されます。入院や死亡の補償がないぶん、自転車保険に加入するより保険料は安くなります。個人賠償責任保険は2つ以上加入していても、ダブルでもらえるわけではありませんので、一家に1つあれば充分です。

2015.5.27更新

地下街で大地震が起きたら…?シーン別防災対処法まとめ【外出編】

地震はいつどこで起こるかわかりません。もしも電車に乗っているときだったら、もしも地下街を歩いているときだったら…。

外出先でもできるだけ慌てず冷静に行動できるように、今から様々なシーンでのやるべきことを把握しておきましょう。

■1.オフィスにいた場合

オフィスには、複合機や何台ものパソコン、キャビネットなど、身に降りかかったりぶつかってきたら大けがをするものがたくさんあります。まずは、そのようなものから離れ、机の下などに身を隠し、身の安全を守ることを最優先しましょう。とにかく揺れが収まるまでは、身の安全が確保できる場所で動かない事が大切です。

その後、会社の指示に従い逃げる準備をはじめます。逃げる際はエレベーターは使わず階段で避難しましょう。

■2.電車に乗っている場合

電車は、一定の揺れを感じると緊急停止します。座っている時は、カバンなどで頭をおおって落下物から身を守りましょう。立っている場合は、急な停止によって人が倒れてきたりぶつかったりすることがあります。満員電車でない限り、姿勢を低くして床に近い位置で身を守りましょう。満員電車の場合は、転倒などをふせぐため、しっかりとつり革や手すりにつかまってください。

駅のホームにいる場合はホームから転落しないように、近くの柱などの近くに移動しましょう。地下鉄の場合、早く地上へ出ようとパニックになる危険もありますから、揺れが収まったら駅員の指示に従いましょう。

■3.車を運転中の場合

地震に驚いて急ブレーキをかけたくなりますが、衝突の恐れがあるので、ハザードランプを転倒させ、ゆっくり減速しましょう。道路わきに車を止め、揺れが収まるのを待ちます。可能な限り広い場所に駐車できると良いです。車から離れて逃げる際は、キーはそのままにして、緊急の際に移動できるようにしておきましょう。また、連絡先をメモして置いておくことも大切です。

■4.地下街にいる場合

買い物などで地下街にいる場合は、まず壁や柱などに身を寄せて揺れが収まるのを待ちます。地下街は、地上と違って閉鎖的な空間なので、人々がパニックを起こしやすい場所。非常口や避難経路に人が溢れかえることであらたな被害が生まれる可能性もあるので、落ち着いて係員の指示に従いましょう。万が一火災が発生した場合は、姿勢を低くし、口にハンカチなどを当てて床を這うように移動しましょう。

■5.エレベーターに乗っていた場合

エレベーターに乗っている際に揺れを感じたら、全ての階のボタンを押し、エレベーターが止まった階で降りるようにします。もしも閉じ込められてしまったら、焦らずに緊急連絡のインターホンで連絡をとりましょう。

尚、ここで紹介した震災対策は、東京都が発行している『東京防災』の情報をもとにしています。

事故物件&騒音の被害が…本当にあった「住宅トラブル事例」

住宅に関しては、大きな買い物、大きな費用がかかるものでありながら、結構トラブルも多いもの。今回は国土交通省が公表している『不動産トラブル事例データベース』の情報をもとに、実際にあった住宅にまつわるトラブルをご紹介します。

■購入した中古住宅が”自殺物件”だった!

(概要)Aさんは、C社を媒介してB社が所有する物件を購入。ところが、入居してから物件について調べてみると、なんとその物件で2年前に自殺があったことが判明。AさんはB社がこの事実を隠していたとして900万円の賠償請求をし、C社に対しても説明がなかったと損害賠償金を請求しました。一方C社は、説明不足があったと仲介手数料の実費65万円を返還すると申し出ました。

(結果)B社は自殺があったとは知らなかった、900万円の請求も高額すぎると反論、訴訟で争うことに。またC社に対しては、告知義務違反があったとして和解金80万円で合意しました。

(注意ポイント)その地域の同条件の価格相場からあまりにも価格が低い物件や、やたらと早く売りたがっている業者の物件には、裏に何か隠れているのではないかと一度は疑い、何故安いのかをきちんと説明してもらいましょう。

■新たに入居してきた上階家族の騒音に耐えられない!

(概要)Aさんが8年前から住んでいるマンションの上階に、子どものいるB家族が越してきた。B家族が越してきた途端、B家族の3歳の息子が走り回ったり飛び跳ねたりする物音がAさんの部屋にかなりひどく響くように。Aさんは、B家と話し合いをしたり管理会社や警察にも相談したが、騒音は全く改善されない。Aさんの妻はその騒音により不眠症など体調を崩してしまいました。Aさんはやむを終えず、慰謝料200万円等の支払いを求め提訴しました。

(結果)裁判では、B家族がAさんの再三の申し入れに耳を傾けず、改善する意思も見せなかったとして、慰謝料30万円をAさんに支払うよう命じられました。

(注意ポイント)後からどんな人が隣や上階に引っ越してくるかわかりませんが、何かしらの被害を受けた場合はきちんと本人、管理会社、警察等に相談しましょう。

生活の一番の軸となる住宅。気をつけていても、様々なトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。トラブルの事例と対処の流れを知っておくことで、万が一のことがあっても焦らず、そして損をせずに問題解決に向けて動くことができるはずです。

ランキング