銀座線で車内無料Wi-Fi 12/1よりスタート!東京メトロも順次導入

8625.jpg

東京地下鉄(東京メトロ)は11月29日、銀座線の車両内で訪日外国人向けの無料Wi-Fiサービスを提供すると発表した。丸ノ内線や日比谷線でも順次導入する。

発表によると、銀座線の新型車両である1000系電車に導入。12月1日から1編成で無料Wi-Fiサービスを開始し、本年度末までに5編成に導入する。2020年度までには全40編成への導入を完了する予定だ。

丸ノ内線への導入が予定されている新型車両の全53編成にも、無料Wi-Fiサービスが導入される。2018年度からの導入開始、2022年度の導入完了を目指す。日比谷線では、本年度から導入される新型車両の13000系電車に無料Wi-Fiサービスを導入し、2020年度には全44編成への導入を完了する予定だ。これ以外の路線も導入に向け準備中という。

提供される無料Wi-Fiサービスは、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)による「Metro_Free_Wi-Fi」「Japan Connected-free Wi-Fi」と、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)の「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」。ただし日比谷線では当面の間、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のみ提供の予定だ。

画像一覧

  • 銀座線で運用されている1000系。今年12月1日から2020年度にかけて無料Wi-Fiサービスが導入される。
  • 日比谷線でも新型の13000系に無料Wi-Fiが導入される。
  • 丸ノ内線では2018年度から無料Wi-Fiが導入されるが、導入車両は新型車両になる。写真は現在の車両(02系)。

提供元

関連記事

関連記事

無料の上さらに便利に!「スタバのフリーWi-Fi」ワンタップ認証へ

 スターバックスコーヒージャパンとワイヤ・アンド・ワイヤレスは26日、両社がスターバックスの店舗で提供するフリーWi-Fi「at_STARBUCKS_Wi2」をリニューアルしたことを発表した。

 今回のリニューアルでは、これまでフリーWi-Fiを利用するためには、メールアドレスやSNSアカウントでの認証が必要だったのを、利用規約に同意するだけで利用できるワンタップ認証に変更した。これにより、メールアドレスやSNSアカウントの認証は終了するという。

 また、青少年保護の観点から、閲覧が望ましくないと判断されるサイトへのアクセスを制限する「フィルタリング機能」も導入している。

 「at_STARBUCKS_Wi2」は、全国のスターバックスで提供(一部を除く)。日本語のほか、英語、中国語(簡・繁)、韓国語、タイ語に対応している。利用可能時間は1時間で、繰り返し使える。

スタバ無料Wi-Fiの改良が高評価!地味なのに便利なサービスって

 スターバックスのフリーWi-Fi「at_STARBUCKS_Wi2」が26日にリニューアルされ、これまで利用するためには、メールアドレスやSNSアカウントでの認証が必要だったのを、利用規約に同意するだけで利用できるワンタップ認証に変更した。これにより、メールアドレスやSNSアカウントの認証は終了。

 最近ではファーストフードやカフェなどさまざまな場所でフリーWi-Fiが導入され、身近な存在になってきているが、スタバのフリーWi-Fiはその代表格と言ってかもしれない。そうした状況もあり、今回のリニューアルに対して、ネット上では、「こりゃ便利」「地味だけど、素晴らしい改良。いつもWi-Fi繋ごうと思って、メールアドレス入れるあたりで面倒になったから」、「最初のハードルを下げるというのは素晴らしい」といった声があがるなど、概ね好意的なコメントが続いている。

 「at_STARBUCKS_Wi2」は、全国のスターバックスで提供(一部を除く)。日本語のほか、英語、中国語(簡・繁)、韓国語、タイ語に対応している。利用可能時間は1時間で、繰り返し使える。

Spotifyが日本上陸/任天堂、小型ファミコン【週刊話題のニュース!まとめ読み】

 今週、RBB TODAYで扱った記事を振り返る「週刊!まとめ読み」。なかでも、日本に上陸したSpotifyや任天堂の小型ファミコンなどに注目が集まった。

 音楽ストリーミングサービス「Spotify」が29日より日本国内でのサービスを開始した。Spotifyは日本でのサービス開始に向けて2009年から足場を固めはじめて、Twitterなどで日本上陸を予告してきたが、いま世界中で約1億人が利用すると言われる最大級の音楽配信サービスが満を持して日本進出を果たした格好だ。日本はSpotifyのサービスが提供される60番目の国になる。無料プランと有料プランの違いなどサービス詳細のほか、日本におけるビジネス戦略などについて取材している。

 任天堂は30日、1983年に発売された家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)」の本体サイズを約60%に縮小し、あらかじめ収録された往年の30タイトルをカセットの交換なしに楽しめる家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を、11月10日に発売すると発表した。価格は、5,980円(税抜)。

■今週のピックアップ
・ついに日本上陸の「Spotify」、無料版と有料版でどこが違う? 本社担当者に聞いてみた!
・物販、歌詞機能、アーティスト発掘……。Spotifyが日本で勝つための秘策とは?本社キーパーソン単独インタビュー
・任天堂、手のひらサイズの“ミニファミコン”を11月10日に発売!価格5,980円

■注目のニュース
・radiko、過去1週間分の聴取が可能に!10月11日にスタート
・ソニー、AIが作曲したクオリティ抜群の楽曲を発表!2017年にはアルバム化も
・えっ、イスに座ったまま行列が進む!? 自動運転技術を生かした日産の「プロパイロットチェア」がスゴい
・カメラやプロジェクターで“拡張できるスマホ”!「Moto Z」「Moto Z Play」が国内で販売へ
・オフライン再生が可能なYouTubeアプリ「YouTube Go」がリリースへ
・ローソンのLINE公式アカウント「あきこちゃん」、女子高生AI「りんな」とコラボ!
・やはり出たか! イヤホンジャックアダプタ内蔵のiPhone 7/7 Plus向けケース登場
・超欲しい! 元祖スマートウォッチのSEIKO「UC-2000」、デッドストックで販売中!

■おすすめの連載・企画
・【Apple Watch Series 2レビュー Vol.1】GPSの搭載でたしかに進化! アクティブ志向なユーザー待望のウェアラブルに
・【Apple Watch Series 2レビュー Vol.2】防水ロック機能で水没しても全く問題なし!

■おしらせ
話題のインバウンドビジネスが分かる!「トラベルジャーナル MEMBERS」始動!

 RBB TODAYとトラベルジャーナルは、日本で最も歴史のあるツーリズムビジネス専門誌『週刊トラベルジャーナル』の記事のほぼ全てを会員限定コンテンツとして提供する「トラベルジャーナル MEMBERS」を開始しました。観光やインバウンドにまつわる経営戦略や行政の動きを幅広く追いかけ、地方創生、オリンピックといった注目のキーワードを分析・取材したコンテンツが満載です。

年収300万でフェラーリに乗る!庶民が高級外車を購入する方法

「愛車はフェラーリです」が実現できる

軽快なサウンドを奏でながら、街中を駆け抜ける真っ赤な跳ね馬。

圧倒的なブランドイメージをもつフェラーリに、普通の人が乗るにはどうすればいいか。「いつかはフェラーリに乗りたい」という方のためにとっておきのハウツーを伝授します。

第1章:普通の人でもオーナーになれる

■フェラーリに乗りたい理由

高級車の中でヒエラルキーに君臨するのが、イタリアの跳ね馬ことフェラーリです。車に興味のない女性や子供でも、フェラーリという名前だけは知っているほど。待ち合わせの場所にフェラーリであらわれた瞬間に、貴方に対する視線を一変させるほどの威光がこの車には備わっています。

高嶺の花だからこそ、そう簡単に手の届くものではありません。いちばんハードルを上げているのがその車両本体価格。ウン千万円単位は当たり前のスーパーカーは、それだけ乗るオーナーを選びます。

だからこそ、フェラーリの威光はほかの何物にも代えがたいのも事実。そこを逆手にとれば、フェラーリに乗ることで威光を手にすることもできるのでは? というのが、この本連載のテーマです(少々安直ですが)。

庶民がフェラーリに乗る方法、マネーゴーランド
工夫次第で憧れだったフェラーリのオーナーになることができます。

■お金持ちじゃなくても大丈夫

フェラーリ=お金持ちという固定観念が出来上がっていますが、現実は必ずしもそうではありません。フェラーリはオーナーに多くの喜び(と苦しみ!?)を与えてくれますが、お金持ちだけにフェラーリを所有する権利があるわけではないのです。たとえ年収300万円でも、やり方次第でオーナーになれるのです。

■フェラーリに乗るメリット

世界中のお金持ちを虜にするフェラーリには、それだけの魅力が詰まっています。メンテナンスが大変だったり、乗車定員が少なかったり(基本は2名)、パーツ代が高額だったりというデメリットを考慮してもなお、一流の人が認めるモノにはそれだけの理由があります。

お金持ちがウン千万円を支払わなければ体感できないとを、普通の人々がもっとお安い価格で体感できる。これこそが本連載の醍醐味です。

■新車はキッパリ諦めよう

現在新車で販売されるフェラーリは全部で6種類があります。いちばん安い488GTBでもお値段なんと3070万円。いちばん高いのはF12ベルリネッタで3730万円です。もちろん高級車の中にはそれ以上も数多くありますが(1億円オーバーもざら)、これは普通の庶民感覚ではほとんど不動産に近しい価格です。

この金額を支払うことは、普通の人にはほとんど不可能です。生活の一部を犠牲にしてもフェラーリのオーナーになりたいという方は別にして、もっと合理的にフェラーリのオーナーになれる方法があります。そのためには、まず新車でフェラーリを買うことをあらきらめることから始めましょう。

■ユーズドカーは夢がいっぱい

少し前の話ですが、1962年型のヴィンテージ・フェラーリ250GTOがオークションで落札されました。そのお値段は約47億円。

このようにフェラーリは古くなっても値段が落ちるどころか跳ね上がる名車が揃っていますが、狙うのはヴィンテージではなくユーズドのフェラーリ。ヴィンテージとユーズドの境目は、希少価値の高さで判断されます。ヴィンテージカーはメンテナンスも大変なので、普通の人はユーズドのフェラーリがおすすめです。

■お買い得は8気筒

もともとフェラーリは12気筒エンジンが主流でしたが、1975年に登場した308というモデルから8気筒エンジンが生まれます(DINOは除く)。12気筒に比べてコンパクトなエンジンを搭載した308は、ピッコロ(※ピッコロは伊語で小さいの意)フェラーリと呼ばれ、その系譜は488GTBまで続いています。

8気筒モデルは12気筒モデルよりも新車価格が控えめで、販売台数も多く、中古車市場でも比較的流通されているので、狙い目です。中古車は新車のようにみんな同じコンディションではありませんが、それでも新車を買うよりもずっとお得に購入できます。

■第1章のまとめ

・フェラーリは普通の人でもオーナーになれる
・フェラーリでしか体感できないことをお得に味わう
・新車はやめて、賢く中古車を選ぼう
・8気筒フェラーリを選ぶのが現実的な選択肢

第1章では普通の人がフェラーリを買うための心得をご紹介しました。8気筒モデルを選ぼうといっても、どれを選べばいいのか分からないという方も多いはず。そこで次回ではより具体的な選択肢をご紹介したいと思います。

ランキング