年末年始に買ってはいけないFX&外貨は?変動リスク要因3つを整理

8572.jpg

今年の年末年始はリスク要因が例年より多く、市場自体の変動が大きくなるのではと思います。そこで年末年始にかけて、重要なリスク要因を3つピックアップ。

■2016-17年の年末年始:ビッグイベント!

1、トランプ大統領の誕生(1/20)
:トランプさんが実際にどのような人事・政策を取るのか本番はこれから!

参考:●トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?

2、FRBの利上げ(12/13・14)
:12月の利上げは高確率。そして、利上げは、米ドルにリンクする新興国にダメージを与える可能性!

3、イタリアの憲法改正に関する国民投票(12/4)
:レンツィ政権は負ければ辞任を明言。2017年の欧州は選挙の年。それは、イタリアから始まります。

年末年始に買ってはいけない外貨・FX、マネーゴーランド

■トランプ大統領の誕生とFRBの利上げ

トランプ大統領の誕生で、米政府の財政支出が増えると予想。さらに、減税・規制緩和を行い、経済成長と雇用増加の目標を達成する「ビジネスフレンドリー政策」を実施するともと考えます。

これを先取りして、米国は「株価上昇・金利上昇・米ドル高」のトリプル高がすでに起きています。この流れは、今後も続くのでしょうか?

実は、そうとも限りません。トランプ氏は、以前より、今の株価は高すぎる・金利は低すぎると発言しています。そして、彼の経済政策の根幹にあるのは、「低金利のうちに、政府は借金をして財政出動を行い、インフラを整備する。」という考え。

ということは、今、起きているトリプル高は、避けたいシナリオなのです。トランプ氏とそのブレーンは、今の状況をやきもきしながら見ているはず。就任前に株価が暴落し、金利も下がった状態で、新しい経済政策を掲げて颯爽と登場したいのが本音。

その鍵を握るのはFRB(米国の中央銀行)の利上げ。いよいよ12月の利上げが確実視。利上げによる米ドル高と金利上昇は、米ドルでお金を借りている新興国の借金を増やします。また、新興国に投資していたお金の一部は、金利が上がった米国へと戻ることになるでしょう。そのため、米利上げは、新興国の経済にダメージを与えます。これは、過去の米利上げ局面で起きたこと。

参考:「米国の利上げ」って何?なぜ重要なの?【1万円で始める初心者FX】

■年末年始にリスクの大きい通貨は?

年末年始にかけて、FXや外貨預金で買ってはいけない通貨は新興国通貨。メキシコやトルコ・南アフリカをはじめとした新興国通貨のリスクは例年以上に高まっています。トランプ氏が勝利したことで、NAFTA(北米自由貿易協定)の見直し・米企業の国内回帰の可能性を見越して、メキシコやブラジルなどの通貨や株価は下がっていますからね。中国に対しての圧力も強まりそうですので、人民元も要注意。

■イタリアから始まる欧州の危機!

さて、3つ目のリスク要因は、イタリアの憲法改正問題。

イタリアの議会は、上下両院ともに権限が平等なことから、政権が安定しません。そのため、法案も通り難い欠点を解消する目的で、下院優位にする憲法改正問題。これだけ聞くと改正した方が良さそうですよね。でも、背景には、イタリアの不良債権問題やイタリアに外資投資を増やすために法律を通したいEUの意向があります。

そう、ここでも、グローバルを巡る対立・EUの中央集権or国家分権かという英国・米国と同じ構図。そして、いよいよ来年に控える欧州各国の選挙の行方を占う大イベントになるでしょう。

ユーロは、この辺りの話を踏まえて売買してくださいね。そして、欧州の混乱で起きる過度なユーロ安は米ドル高の裏返しであり、トランプ政権を苦しめることになりかねません。

【FX知識とお得な情報を解説!上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから
●第20回 初心者に向いている分析方法は?
●第22回 投資リスクの低減!分散投資ならFXがいい理由
●第31回 米雇用統計公表!FXは金利に注目
●第49回 為替変動の要因&ビギナーが見るべき項目は
●第57回 成功者の法則「コツコツ負ける作戦」とは
●トランプ米大統領が誕生したら…「為替大荒れ&日本への影響」予測
●トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?

画像一覧

執筆者

上村 和弘 (かみむらかずひろ)

アセットクラス&WEBコンサルティングLLC 代表CEO・ファウンダー 日本ファイナンシャルプランナーズ協会CFP会員、1級FP技能士 1990年 現三菱UFJモルガン・スタンレー証券入社を皮切りに、証券リテール業務や企画調査、ファンド事業等に従事。1999年より、FX事業の新規立ち上げ後、複数社での金融ネット事業の立ち上げ、事業再構築・運営等の統括マネージメントを経て2011年独立。現在、金融情報サービス事業をコアに、投資教育系、システムツールのサポート業務を行う他、シンクタンク系企業、金融システムベンダー等の顧問等を兼務する。1968年生、宮崎県出身。

上村 和弘

関連記事

関連記事

成功者の法則「コツコツ負ける作戦」とは【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる! 知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

毎月数千円から数万円のお小遣いが欲しい…FXを一生の仕事にしたい…日本円だけでは不安だから外貨が欲しい…とFXに対するニーズは様々。共通しているのは儲けたい、勝ちたいという情熱。

これまでも大事だと紹介してきた損切りですが、今回は、少し踏み込んでお話します。

成功の秘訣は損切り! コツコツ負けることが大事! 【上村和弘のFX基本講座】、マネーゴーランド

■何よりも損切りが大事!

投資家の中には、「損切りしない」という信念を持っている人がいます。損切りせずに、いつか価格が戻れば、結果オーライですよね。実際、損切りをしないことで、成功した投資家がいることも事実。ところが、その反対に損切りをしなかった為に、含み損が大きくなりすぎて、我慢しきれずに退場していく投資家が多数います。

まず、「損切りしない信念」を貫き通す場合は、以下を守った投資をすること。

・レバレッジをできるだけ低くする!
・限りなく持ち続けられるだけの余裕を持つこと!

大幅な損失が出ても問題ない取引を守れる方は、損切りをしなくても概ね大丈夫。例えば、1ドル(約100円)や10ドルをFXで取引するだけなら、簡単に上の条件を満たせると思います。

もし、これを守れずに、いつか損切りを行うならば、最初からそのことを踏まえて売買を行うべきです。何回・何十回と勝ちトレードが続いても、たった一回の損失で全てを失うこともあるのがFXを含めた投資の掟。特にレバレッジを掛けて運用する金融商品は、想定以上に損益が膨らむ場合が有ることを考慮しておきましょう。

相場予測ばかりに頼るのではなく、損切りを上手に出来る方が勝てるようになる、ということを念頭においてトレードしていく事を推奨します。

成功の秘訣は損切り! コツコツ負けることが大事! 【上村和弘のFX基本講座】、マネーゴーランド

■具体的な損切り方法目安

1、直近の高値や安値をポイントとする!
チャートを見て、直近の高値や安値(*)を確認。そこを超えると、トレンドが続くと考えられるため、直近の高値・安値を超えたところで損切りをする方法。

2、利益と損失の割合を決めておく!
以前に勝率:利益と損失の関係で、利益2:損失1の割合をお勧めしました。
そのように、利益や損失の割合を常に一定にしておく方法です。
(関連記事:第52回「1勝9敗でも勝てるのがFX!」

3、投資額の1%~5%の損が出たら損切りする!
毎回計算をすると大変なので、ある程度の目安を事前に計算しておきます。20万円の投資金があれば、一回のトレードで許容できる損失は2,000円~1万円程度。そんなに少ないのと思われるかもしれませんね。生き残ったトレーダーが実践している、それは、とにかく損切りが重要だという事を理解されているからです。コツコツ負けて、大きく儲けるのがポイントです。

4、テクニカル上の節目サインを活用!
慣れてきたら、テクニカル分析上の節目サインで対応、移動平均線などの相場分析は、
損切りや利食い(利益確定)のポイントを決める役目を持っています。

FXで損切りを試してみれば、損切りがどんなに嫌か分かります。含み損が現実になるよりも、もう少し様子を見たいという心理的な抵抗感は強いですね。でも、損切りしない事で大きな損失、コツコツと貯めた利益をドカンと失うことになってしまいます。上手に負けることが、実は本当に大事なのです。

<*ワンポイントレッスン>
本日のワード:高値・安値
一定期間の高い位置、安い位置を総称して高値・安値と呼びます。相場の重要なポイントとなるために大事。その年の高値や安値は「年初来高値」と呼ぶ他、過去における最高値や最安値は、市場の注目を集めます。価格が上昇して、過去の高値を抜いた時は「新高値」、安値を抜いた時を「新安値」といいます。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから
●第5回 FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい
●第20回 初心者に向いている分析方法は?
●第44回 儲けたいならトレンドを味方につけよう!
●第50回 意外に当たる⁉︎ 星占術で為替相場を予想するテク
●第53回 FX勝利に必須!移動平均線をマスターしよう

意外に当たる⁉︎ 星占術で為替相場を予想するテク【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる! 知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

FXの相場を星占いで予測する方法があることをご存知でしょうか。12宮の星座の位置関係が、地球上の動き、そして人々の行動に大きな影響を与える。聞いているとなかなか面白そうですよね。

FXに限らず、マーケット=金融市場の動きを星占いで予想する方法は昔からマジメに研究されています。為替相場・株価・商品市場の動きを占星術(*)で予測できれば、大金持ちになれるとの思惑でしょうか?!

これは、タイムマシンや透明人間並に人気のあるテーマです。そして、占星術を金融に活かす金融占星術という相場予測手法は、プロトレーダーの一部に愛されている手法。

星占いで為替相場を予想!【上村和弘のFX基本講座】、マネーゴーランド

■FXと占星術

宇宙にある星座や太陽系の惑星たちの動きや位置が為替相場に関係あるの? と思って当たり前ですよね。でも、これ意外に当たる時があるのです。

太陽や月の動きや満ち欠けが、多少なりとも人間の行動に影響しているというのは、世間話でも良く出てきます。満月の時に交通事故が多いというのも統計的に証明された事例もあります。
ならば、天体や星座の動きが人の行動や相場に影響してもおかしくありません。

■占星術を少しだけ紹介

牡羊座は火を表し、おうし座は地を表す。すなわち、火を表す牡羊座が特定の位置にくると、火の力が強まり、地球では、熱波や猛暑が起きやすい。金融占星術では、このような考え方を元に相場を予測します。

もう一つお伝えすると、水星の逆行という見方があります。水星が地球の近くを通過している状態で、地球と水星の間に太陽が入らず、水星の影響を強く受けます。この水星逆行時は、情報・コミュニケーションに不具合が起きて、様々な乱れが生じます。為替相場もその影響を受けて、乱高下しやすく、テクニカル分析が当たらなくなる時期。
(関連記事:第34回「テクニカル分析はなぜ当たるの?」

「2016年の水星逆行は残り二回」
・2016年8月30日の21:49~9月21日
・2016年12月19日の19:59~2017年1月7日
この期間にトレードする時は、注意した方が良いかもしれません。

現在、金融占星術で最も有名な方は、米国のレイモンド・A・メリマン氏。彼は、金融占星術とサイクル理論で株式や為替相場を予測しており、証券会社や商品先物市場で活躍し、相場の世界で生き残っています。米国大統領選挙も占星術で予測するスゴイ人。

星占いはオカルトだから信じないというのもありでしょう。しかし、どんなに研究しても100%当てることはできない相場予測。金融占星術に興味を持てば、恋愛運や仕事運も上向いていくかも!

男性の皆様は、金融占星術を少しでもかじっておけば、女性との共通話題が出来るかもしれませんよ。

<*ワンポイントレッスン>
本日のワード:西洋占星術
西洋占星術は、アラビア・欧州で発達した占いの手法、天体がどの位置にあるのかをホロスコープに描き出して、その解釈を占う方法。オカルト扱いされることも多いが、現代占星術を真剣に研究している方も多い。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから
●第2回 FXって何?
●第4回 FX会社はどうやって儲けるのか?
●第16回 円高リスクを防ぐ。FXでヘッジしましょう!
●第17回 レバレッジの上限規制、利益率向上ならハイレバレッジ!
●第20回 初心者に向いている分析方法は?
●第32回 ファンダメンタルズ分析で大事なことは?
●第39回 FX注文の基本「成行・指値・逆指値」とは?
●第40回 FX注文の基本2「複合注文」で安定運用を!
●第44回 儲けたいならトレンドを味方につけよう!
●第45回 五輪終了後は…新興国BRICsは今後どうなる?

高金利通貨を狙いスワップポイントで稼ぐ鉄則【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる! 知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

■スワップポイントをたくさん貰える高金利通貨の買い方について

日本は、マイナス金利が長引き、金利上昇はまだ先になりそう。こんな状態が続けば、いつまでたっても金利で稼ぐことはできません。

そこで、FXの魅力の一つ、高金利通貨を買って儲けるために必要なことを解説します。豪ドルやNZドルで外貨預金をすれば金利が貰えるように、FXは高い金利の通貨を買うとスワップポイントを貰えます。

スワップポイントをたくさんもらいたいなら、高金利の通貨で取引することが鉄則。以前に、スワップポイントについてお伝えしていますので、詳しく知りたい方はそちらをご参照ください。
(関連記事:第30回「ボーナスは外貨預金よりFXを勧めるワケ」第10回「外貨預金より有利なFXのスワップポイント」

■高金利の通貨とは

世界には、多くの国があり、独自通貨の数は約170。その全ての通貨をFXで取引できるわけではありません。有名な国(通貨)の中でも「ブラジルレアル」「ロシアルーブル」は、日本で取引できるFX会社のほとんどで扱っていません。個人のお客様に提供できるだけの流動性が少ないためです。

それでは、一般的なFX会社で取引できる通貨の中で、高金利が貰える国はどこでしょうか?

■通貨ごとの政策金利の比較

金利比較(2016年9月16日現在)
スワップポイントで稼ぐための鉄則!【上村和弘のFX基本講座】、マネーゴーランド

かつて、高金利の代表だったニュージーランドとオーストラリアの金利はかなり下がりました。日本・ユーロ・米国と経済大国の金利はゼロもしくはマイナスレベルですから、比較すると高いレベル。そして、トルコと南アフリカは、政情不安・経済不安を抱えているだけに今でも金利は高め。そして、その分だけリスクも高くなります。先日もトルコでクーデター未遂が起きましたよね。

■高金利通貨の取引

さて、それでは、高金利通貨のスワップポイント狙いの時は、どのような点に注意して取引をすれば良いのでしょうか?

スワップポイントはポジションを持っていなければ生じません。1日の終りに(NYクローズ)高金利通貨を買い低金利通貨を売る。例えば、「豪ドル/円」「NZドル/円」の買いポジションを持っていることが必要です。

リスクを抑えるために、NYクローズ(*)のスワップポイントが付く時間だけ、ポジションを持っても良いのですが、朝起きるのが面倒なうえに、ポジションを持った瞬間に大きく相場が動けば、得られるスワップポイント以上に損をする可能性があります。素直にポジションを持ち続けましょう。

そうなると、「とにかく、決済・損切りをしないこと」を前提に取引をすることになります。損切りをしないで済むために、守ってもらいたいことが3つ。

1、長期の月足チャートを見て、かなりの安値にある時を狙って取引する!
2、数か月では短く、1年以上の長期間、保有し続ける余裕を持つ事!
3、取引額(ポジション量)をできるだけ小さくする事!

南アフリカランド/円の月足チャート

スワップポイントで稼ぐための鉄則!【上村和弘のFX基本講座】、マネーゴーランド
※引用:GMOクリック証券 

2000年以降の南アフリカランド/円を見ると10円以下が安値圏。現在の7円台はかなりの安値であることが分かりますね。まだ下げる余地はありますが、長期的には買いやすい水準にあると言えます。

決済しないことを前提にしていますから、少々の含み損が出ても耐えます。いずれ、為替相場が戻る・スワップポイントで含み損以上の利益を得ることを狙って、そのままにしておくこと。中途半端に損切りするのはNGとなります。

逆に言えば、少々の損失で決済しなければいけない程、大きな取引をしてはいけないということ。その目的のために、値動きを長期チャートで確認して底値だろうと思えるところで買って、何もせずにじっとスワップポイントがたまるのを待つのです。

次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

<*ワンポイントレッスン>
本日のワード:NYクローズ
ニューヨーク市場が取引終了する時間。為替は1日中取引が行われるために、ニューヨークの取引終了時間を1日の終りの目安とされています。NYの午後5時がその時間で、日本時間は午前7時(米国夏時間時は午前6時)。この時にスワップポイントも受け払いされます。詳細は●第26回 外国為替市場の1日、FXで儲けたいなら流れを知ろう!をご覧ください。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから
●第9回 FXのスワップポイントで一石二鳥を狙う:長期投資に効果大
●第10回 数十%の利回りも可能!外貨預金より有利なFXのスワップポイント!
●第22回 投資リスクの低減!分散投資ならFXがいい理由
●第23回 投資リスクの低減No.2 時間の分散!
●第32回 ファンダメンタルズ分析で大事なことは?
●第33回 儲けたいならテクニカル分析を学べ!
●第39回 FX注文の基本「成行・指値・逆指値」とは?
●第40回 FX注文の基本2「複合注文」で安定運用を!

年末に株が急上昇⁉︎「今のうちに株購入しておきたい」注目の企業7つ

2016年も残すところあと3か月をきり、クリスマスやお正月などイベントが盛りだくさんな年末を迎えます。日頃は堅い財布のヒモが緩むこの時期は、消費拡大を願う企業にとっても特別な季節。

そんなイベント商戦に強みを持ち、年末のこの時期に株価上昇が見込まれる企業を選りすぐって紹介します。

■外食産業:カカクコム、ぐるなび

クリスマスを外で過ごすなら、お店選びは重要ですね。「食べログ」を運営している比較サイトの『カカクコム(2371)』は2014年10月につけた、1株あたりの最高値1594円が、同年12月には1914円となり、上昇率は約20%になっています。2015年になると10月に最高値が2277円だった株価は12月には2473円となり約8%上昇しました。

また、『ぐるなび(2440)』も2014年10月の最高値1535円が、同年12月には1828円となり約19%の上昇。2015年では10月の最高値2430円が12月には2772円と約14%上昇しています。年度によって差はあるけれど、大なり小なり株価が上昇しているのは魅力的だといえるでしょう。

■ケータリング・洋菓子:柿安本店、不二家

おうちでゆっくり過ごすクリスマスなら、お総菜やケータリングの利用が楽チンです。精肉店の老舗で、百貨店でもお肉や惣菜を販売している『柿安本店(2294)』の株価は、2014年10月につけた1株あたりの最高値1690円が、同年12月には1930円と約14%上昇し、2015年では10月の最高値1945円が12月には2030円と約4%上昇しています。

お土産用に不二家のクリスマスケーキも人気がありますね。『不二家(2211)』の株価は、2014年10月につけた1株あたりの最高値199円が、同年12月には212円になり約6%上昇し、2015年の10月には最高値197円が12月には206円と約4%上昇しています。

比較的緩やかな株価の上昇ですが、不二家の株を権利確定日(2016年の場合は12月27日)まで保有すると、自社製品・喫茶・料理で使える優待券が条件付きでもらえます。1000株以上5000株未満の保有だと、500円の優待券が6枚もらえるので、毎年3000円のホールケーキ1個がプレゼントされる計算です。値上がりの期待に加え株主優待も楽しみのひとつとなりそうです。

『ケンタッキーフライドチキン』と『ピザハット』も、年末年始に人気がありますよね。『日本KFCホールディングス(9873)』の株価を調べてみたら、イメージと違い残念ながら変化が見られずビックリしました。投資するにはイメージではなく下調べの時間が大切だな。と、改めて感じた次第です。

■プレゼント・年賀状など:ザ・パック、キタムラ、青山商事

百貨店や専門店向けに紙袋を開発・販売している『ザ・パック(3950)』はプレゼント需要が多く見込まれる冬のイベント時に売上が増える傾向にあります。

また、写真専門チェーン店の『キタムラ(2719)』は、ネット経由のプリントや年賀状の受注により年末年始に売上が増える傾向にあります。洋服の青山でおなじみの『青山商事(8219)』など、冬のボーナス支給が消費拡大のきっかけとなって株価が上昇している企業もあります。

「麦わら帽子は冬に買え」という格言は、周りの人が注目する前に株を購入しなさいという例えです。年末年始のこの時期だからこそ、毎日の生活から注目の企業を見つけることができるのかもしれませんね。

※筆者及び当メディアはここで紹介した株を推奨しているわけでなく、直近のマーケットを分析・解説しています。購入する場合は自己責任でお願い致します。

ランキング