【世界グルメ旅】1食78円でハワイ気分☆節約「ロコモコ弁当」

このレシピを実行して

一日約400貯まる!
<材料>

・豚ひき肉

・玉ねぎ

・厚揚げ

<Point>

1厚揚げでかさまし

2ハンバーグを焼いた後のフライパンでソース作り

3厚揚げで水切り不要

※一般的なお弁当(¥500)と比較 米・調味料等の金額は除いて計算を出しています。

8360.jpg

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

11月は、日本の文化でもあるお弁当と世界のおかずを組み合わせ、さらに真由美流節約アレンジもコラボさせた「国際色豊か節約弁当」をお届けしています。

11/7掲載分は、タイ料理のスパイス香る【ガパオライス弁当】

11/14掲載分は、韓国料理の定番【チャプチェ弁当】

11/21掲載分は、シンガポールの海南鶏飯で【海南鶏飯弁当】

タイ⇒韓国⇒シンガポールとくれば、

次のお弁当は何でしょう?

今回は、ハワイのロコモコをお弁当にアレンジ!【ロコモコ弁当】です。

ロコモコ弁当

☆お料理のときのお約束☆

お料理の前には、必ず指先・指の間までしっかり手洗いしましょう。

では!作り方です。

========================================

材料:作りやすい分量(2人分)


豚ひき肉 100g
厚揚げ 小1枚
玉ねぎ(みじん切り) 1/8個
マヨネーズ 大さじ1
パン粉 大さじ4
塩・粗びき胡椒 各少々

サラダ油 大さじ1


ケチャップ 大さじ3
ウスターソース 大さじ2
砂糖 小さじ1

レタス(グリーンリーフ) 1枚
ミニトマト 4個

========================================

作り方

1:ビニール袋にAを加え、袋の上からよくこね、袋を切り開いて肉ダネの形を整える。

ビニール袋にAを加え、袋の上からよくこねる

袋を切り開いて肉ダネの形を整える

2:フライパンにオリーブ油を熱し、目玉焼きを焼いて取り出し、空いたフライパンに肉ダネを加えて、両面色よく焼いて取り出す。

フライパンにオリーブ油を熱し、目玉焼きを焼いて取り出し、空いたフライパンに肉ダネを加えて、両面色よく焼いて取り出す

3:あわせたBを空いたフライパンに流し入れ、煮つめる。

あわせたBを空いたフライパンに流し入れ、煮つめる

4:レタスは食べやすくちぎる。

5:お弁当箱にご飯を詰め、4.の野菜を添え、2.のハンバーグをのせて、3.のソースをかける。上から目玉焼きをのせる。

お弁当箱にご飯を詰め、4.の野菜を添え、2.のハンバーグをのせて、3.のソースをかける。上から目玉焼きをのせる

厚揚げでかさまししたハンバーグです。
厚揚げを使って、水切りなしでハンバーグが作れます。

ビニール袋でこねることで、ボウルを洗う手間が省けて、後片付けがラクチンです。

※2人分で作るほうが作りやすいので、このハンバーグは2人分のレシピで作りました。

ロコモコ弁当 完成

ぜひ、お試しくださいね☆

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

========================================

今回の1人あたりの材料費

豚ひき肉…73円
厚揚げ…39円
玉ねぎ…3円

レタス(グリーンリーフ)…18円
ミニトマト…22円

合計 ¥155/2人分→¥78/1人分

========================================

画像一覧

  • ハワイを感じるロコモコ弁当

執筆者

武田真由美

『真由美さんの1週間2500円節約レシピ』http://ameblo.jp/bistromayumi/ で紹介する簡単おいしい節約レシピが好評。近著に『節約女王・武田真由美の一汁二菜15分150円晩ごはん』(主婦と生活社)、雑誌やテレビなどで活動中。

武田真由美

関連記事

関連記事

食欲の秋!「厚揚げと鶏肉のポン照り」節約かさ増し105円レシピ

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

食欲の秋まっしぐら!という方もおおいのではないでしょうか!?
私もその一人。
ごはんがおいしくてついつい食べすぎてしまう…。

そんなときは、節約ワザ「かさ増し」を使いましょう!

☆節約用語の解説☆

かさ増しとは?
肉・魚介類をたっぷり使いたいけど、食費がかさみます。
そんなときに、相性の良いリーズナブルな食材を組み合わせて、おかずのかさを増やすことをいいます。

今週の”かさ増しワザ”を使った節約レシピは、こちら!

【厚揚げと鶏肉の甘辛炒め】です。

厚揚げと鶏肉の甘辛炒め

甘辛いタレがごはんにあうー!

もちろん、ビールのおつまみにもピッタリです♪

☆お料理のときのお約束☆

お料理の前には、必ず指先・指の間までしっかり手洗いしましょう。

では!作り方です。

========================================

材料(2人分)

厚揚げ…小1枚
鶏もも肉…1枚
小麦粉…大さじ1

A ポン酢しょうゆ…大さじ2
A みりん…大さじ1

バター…10g

刻みねぎ…大さじ2程度(お好みで調整してください)

サラダ油…大さじ1

========================================

作り方

1:厚揚げ・鶏肉はそれぞれ一口大に切り、小麦粉を薄くまぶす。

厚揚げ・鶏肉はそれぞれ一口大に切り、小麦粉を薄くまぶす

2:フライパンに油を熱し、鶏肉を片面焼き、ひっくり返してふたをして蒸し焼きにする。

フライパンに油を熱し、鶏肉を片面焼く
ひっくり返してふたをして蒸し焼きにする

3:火が通ってきたら、厚揚げ・バターを加えて炒め、あわせたAを流しいれ、煮詰めながら味をなじませ、刻みねぎをちらしてできあがり。

火が通ってきたら、厚揚げ・バターを加えて炒め、あわせたAを流しいれる
煮詰めながら味をなじませ、刻みねぎをちらしてできあがり

厚揚げと鶏肉の甘辛炒め完成!

鶏肉と厚揚げのコラボ、とても味がなじんで美味しくいただけます。
おかずだけでなく、ごはんにのっけて丼にもできますよ。
行楽の秋、お弁当おかずに使うのもいいですね。

ぜひ、お試しくださいね☆

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

========================================

今回の1人あたりの材料費

厚揚げ…¥39
鶏もも肉…¥145
バター…¥15
刻みねぎ…¥10

合計 ¥209/2人分 → ¥105/1人分

========================================

【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】1週間(5日間)1,000円以内で作るお弁当~3日目~

【1週間1,000円以内でお弁当を作る】

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

6月は「1週間1,000円以内でお弁当を作る」をテーマにお届けしております。

1週目は、1日目のお弁当⇒厚揚げのそぼろ炒め弁当
2週目は、2日目のお弁当⇒鶏肉のケチャップ炒め弁当をご紹介しました。

今週は、3日目のお弁当をお届けします♪
今週のお弁当はなーんでしょ?!

その前に!

まず最初に、1週間のお弁当で使う予定の食材リストと気をつけたいことです。
========================================
1週間(5日間)のお弁当で使う予定の食材リスト

厚揚げ1パック(小2個入り)78円
豚挽き肉200g 146円
玉ねぎ1個 20円
鶏むね肉1枚 174円
人参1本 20円
ピーマン2個 40円
ブロッコリー1株 100円
ミニトマト1パック 128円
クラウドレタス1パック 158円
合計 864円
========================================

梅雨入り以降は、いつも以上に気をつけたいのが「食材の取り扱い」です。
調理の前には「手洗い」をしっかりすることをお忘れなく☆
そして、加熱調理のときは、中までしっかりと火を通すことも大切です。

さぁ、今週は3日目の「厚揚と野菜のスタミナ炒めのっけ弁当」ですよ。

厚揚と野菜のスタミナ炒めのっけ弁当

今回は、おかずをどーんとのっけた“のっけ弁当”です。
毎日のお弁当作りの中で、「どうやって詰めようか?」と迷うこともあるでしょう。でも、忙しい朝の時間に迷っている時間なんてなーい!そんなときは、“のっけ弁当”に限ります♪
おかずを1品作って、ごはんの上にのせるだけ!あっという間に完成です♪

のっけるおかず:厚揚と野菜のスタミナ炒め

のっけ弁当にあう“のっけるおかず”は、ごはんと相性のよいおかずがオススメです。おかずのタレなどをごはんが吸い込むので、お弁当箱の油汚れもほとんどなく、洗うときもラクチンですよ。

のっけおかず「厚揚と野菜のスタミナ炒め」の作り方です。

========================================
材料(1人分)

豚挽き肉 50g
厚揚げ 小1枚
玉ねぎ 1/4個
ピーマン 1個
片栗粉 小さじ1

A
オイスターソース 大さじ1
しょうゆ・みりん 各大さじ1/2
酢 小さじ1

ごま油 小さじ1

========================================

作り方
1.ビニール袋に、一口大に切った厚揚げと片栗粉を入れ、よくふって片栗粉をまぶす。玉ねぎは薄く切る。ピーマンは細く切る。

2.フライパンにごま油を熱し、玉ねぎと豚挽き肉を炒める。

フライパンにごま油を熱し、玉ねぎと豚挽き肉を炒める

3.火が通ってきたら、厚揚げ→ピーマンの順に加えて炒め、合わせたAを流しいれ、汁気を飛ばすように炒める。

火が通ってきたら、厚揚げを入れて炒める

厚揚げの次にピーマンを入れて炒める

合わせたAを流しいれ、汁気を飛ばすように炒める

豚挽き肉の旨みがぎゅーっとしみ込んで、ごはんとおかずを一緒に食べると、とーってもおいしい♪

味付けに殺菌効果の期待できる「酢」を入れ、炒めている間に酸味は飛ばしてしまいます。
もし、時間に余裕があれば、しょうがのしぼり汁を加えてもよいでしょう。
おかずづくりの中で、酢・しょうがなど殺菌効果の期待できる調味料・食材をとり入れていくことも、意識しておくとよいですね。

厚揚と野菜のスタミナ炒めのっけ弁当、完成です

☆お弁当の詰め方

まず、お弁当箱の深さ半分程度の量のごはんを詰めます。
粗熱をとっている間に、のっけるおかず「厚揚と野菜のスタミナ炒め」を作ります。
粗熱の取れてきたごはんの上に、のっけるおかず「厚揚と野菜のスタミナ炒め」を盛り、粗熱をとります。
このとき、うちわであおぐと早く熱が取れます。
しっかりと熱をとっておくことも、お弁当を日持ちさせるポイントの一つです。

今週のお弁当いかがでしたか?
来週はどんなお弁当でしょうか、お楽しみに♪

ぜひ毎日のお弁当作りのご参考にしていただけると嬉しいです。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

食欲の秋!ミートボールもヘルシー食材でかさまし!65円節約レシピ

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

10/10は、【厚揚げと鶏肉の甘辛炒め】をお届けしました。

今週もかさ増しおかずをお届けしますね!

☆節約用語の解説☆

かさ増しとは?
肉・魚介類をたっぷり使いたいけど、食費がかさみます。
そんなときに、相性の良いリーズナブルな食材を組み合わせて、おかずのかさを増やすことをいいます。

今週の”かさ増しワザ”を使った節約レシピは、こちら!

【おからでかさまし!ミートボール】です。

厚揚げと鶏肉の甘辛炒め

おからがたっぷりなので、腹持ちも抜群です。
そして、肉の量を減らしておからでかさ増しすると、とてもヘルシーになります。
スタイルキープのために、うまくおからを使ってみるのもオススメですよ。

☆お料理のときのお約束☆

お料理の前には、必ず指先・指の間までしっかり手洗いしましょう。

では!作り方です。

========================================

材料(2人分)

豚ミンチ肉…150g
おから…50g
刻みネギ…大さじ2
マヨネーズ…大さじ1
片栗粉…大さじ1
塩・こしょう…各少々

サラダ油…大さじ5

A ケチャップ…大さじ1と1/2
A ウスターソース…大さじ1
A 砂糖…小さじ1/2

========================================

作り方

1:ビニール袋にサラダ油以外の材料をすべて入れ、袋の上からよくもみこむ。

ビニール袋にサラダ油以外の材料をすべて入れ、袋の上からよくもみこむ

2:肉ダネがまとまったら、ビニール袋を切り開き、肉ダネを一口大に丸める。

肉ダネがまとまったら、ビニール袋を切り開く
肉ダネを一口大に丸める

3:フライパンに油を熱し、2.を転がしながら揚げ焼きにする。

フライパンに油を熱し、2.を転がしながら揚げ焼きにする

4:合わせたAを3.のフライパンに流し入れ、味をからませる。

合わせたAを3.のフライパンに流し入れ、味をからませる

厚揚げと鶏肉の甘辛炒め完成!

ビニール袋を使うことで、こねる⇒形を作るまでビニール袋の上でできるので、洗物が少なくてラクチンです!
もちろん、ビニール袋ではなく、ボウルに入れてこねてもOKです。

作り方3.までで味をつけずに素焼きのまま、粗熱をとって冷凍保存もできます。
酢豚のお肉代わりにも使えます。

ぜひ、お試しくださいね☆

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

========================================

今回の1人あたりの材料費

豚ミンチ肉…¥110
おから…¥10
刻みネギ…¥10

合計 ¥130/2人分 → ¥65/1人分

========================================

【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】1週間(5日間)1,000円以内で作るお弁当~4日目~

【1週間1000円以内でお弁当を作る】

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

6月は「1週間1000円以内でお弁当を作る」をテーマにお届けしております。

1週目は、1日目のお弁当⇒厚揚げのそぼろ炒め弁当
2週目は、2日目のお弁当⇒鶏肉のケチャップ炒め弁当
3週目は、3日目のお弁当⇒厚揚げと野菜のスタミナ炒めのっけ弁当

をご紹介しました。

今週は、4日目のお弁当をお届けしますよ。

レシピの前に!
1週間のお弁当で使う予定の食材リストと気をつけたいことです。
========================================
1週間(5日間)のお弁当で使う予定の食材リスト

厚揚げ1パック(小2個入り)78円
豚挽き肉200g 146円
玉ねぎ1個 20円
鶏むね肉1枚 174円
人参1本 20円
ピーマン2個 40円
ブロッコリー1株 100円
ミニトマト1パック 128円
クラウドレタス1パック 158円
合計 864円
========================================

梅雨らしい日が続いています。
調理前の手洗いや食材の取り扱いにも、しっかりと気をつけたいですね。
炒めものを作るときは、火をしっかり通しておくことにも気をつけましょう。

今週は、4日目の「ドライカレー弁当」 です。

ドライカレー弁当

ドライカレー レシピはこちら!

========================================
材料(1人分)

豚挽き肉 100g
人参 1/3本
玉ねぎ 1/4個

A
ケチャップ 小さじ2
カレー粉 小さじ1
しょうゆ 少々
おろししょうが 小さじ1/3

サラダ油 小さじ1

========================================

作り方
1.人参と玉ねぎは、粗みじん切りに切る。フライパンに油を熱し、1.を炒め、人参に火が通ってきたら、豚挽き肉を加えて炒める。

人参と玉ねぎは、粗みじん切りに切りフライパンに油を熱し炒める
人参に火が通ってきたら、豚挽き肉を加えて炒める

2.合わせたAを流しいれ、汁気を飛ばすように炒める。

合わせたAを流しいれ、汁気を飛ばすように炒める

豚挽き肉を使いました。合いびき肉を使ってもOKです。
鶏ひき肉を使うと、少しあっさりした味わいのドライカレーができあがります。その時の“お安いひき肉”を選んで、作ることができます。

この“ドライカレー”は、毎回作るより、多めに作って作りおきするとよいでしょう。
1回分ごとに小分けし、ラップで包んで冷凍保存しておきます。
電子レンジで温めなおして、ごはんにのせるだけでOKです。

今回は、ごはんの上にのせるようにしましたが、ごはんと一緒に炒めて、カレーチャーハンのようにアレンジすることもできます。
冷ごはんが余っていたら、ぜひ冷ごはんと一緒に炒めてみてください。

味付けに殺菌効果の期待できる「おろしショウガ」を入れて炒め、日持ちする工夫をするようにしています。
おかずづくりの中で、殺菌効果の期待できるスパイス・調味料・食材を積極的にとり入れていきましょう。

ドライカレー弁当完成

☆お弁当の詰め方

お弁当箱の半分のスペースににごはんを詰めてから、「ドライカレー」を作ります。
粗熱の取れてきたごはんの横に「ドライカレー」を盛り、粗熱をとります。

お弁当のふたの内側に水滴がつかないように、うちわなどを使って、しっかり熱をとっておきましょう。

今週のお弁当いかがでしたか?

5回目のお弁当は、7月1週目にお届けします。お楽しみに♪

ぜひ毎日のお弁当作りのご参考にしていただけると嬉しいです。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキング