あぁ借金地獄…古人も苦しんでた!「俳句で学ぶ・昭和のお金事情」

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・俳句でわかるお金事情

<Point>

1保険制度のありがたみがわかる

2集金システムのありがたみがわかる

3お金の貸し借りは変わらない

8433.jpg

俳人でもある筆者は過去の先輩たちの俳句を読む機会がたくさんあります。俳句には日常生活が現れますが、当時のお金事情もいろいろな形で表れています。いくつか面白そうなものをピックアップしてみました。

■1.保険事情

俳句で学ぶ昭和のお金事情, マネーゴーランド

芍薬(しゃくやく)や枕の下の金減りゆく(石田波郷)

この句の作者は大正から昭和にかけての人で、保険制度が十分機能していなかった当時、病気になった時のお金の心配を現した句です。大事なお金を枕の下に隠してとってあるけれども、それがどんどん減っていくという内容の句です。

国民健康保険制度が始まったのは1938年ですが、当初は戦争などの影響もあり、保険料支払いも滞ってあまりうまく機能していませんでした。現在の健康保険制度に改定されたのは1961年、また民間の医療保険は1976年、アリコ・ジャパンが発売開始してからのことです。保険制度のありがたみに気づかされます。

■2.集金事情

俳句で学ぶ昭和のお金事情, マネーゴーランド

妻留守に集金多し茎立てる(杉本 寛)
集金は残り一軒雨蛙(納谷一光)

どちらもそう古い句ではありません。ほんの30~40年前の光景ですが、今ほど口座振替やオンラインの決済方法が発達していなかったので、お金の支払いはその場で行うか、集金がもっぱらでした。奥さんが留守の時に限って集金が多く来る気がする、集金あと1件だけど雨が降ってきそうだ、そんな内容の句です。

IT化が進み、海外送金も仮想通貨を使えば安く行えるようになった現在、ずいぶんと楽な時代になりました。

■3.お金の工面・借金事情

俳句で学ぶ昭和のお金事情, マネーゴーランド

金借りて 冬本郷の 坂くだる(佐藤 鬼房)
金貸してすこし日の経つ桃の花(長谷川 双魚)
金借りにきて 懐手解かぬとは(ねじめ 正也)

個人に対して銀行が貸付を行うのは昭和初期からありましたが、金利が6~8%と高かったり、保証人を立てなければいけなかったり、また戦争の影響で一時中断していたため、一般の人がお金を工面しなければならないときは持ち物を売るか、個人からお金を借りるしかありませんでした。

人にお金を貸す、人からお金を借りる時の気持ちというのは、時代が変わっても変わりません。「高利貸しでも借りるしかないんだ、つらいなぁ」「貸した金返ってくるかなぁ」「お金借りに来てなんだその態度は」そんな内容の句です。

お金事情の昔と今を比較すると、お金のありがたみもわかってきます。これを機に、お金を稼ぐ、貯める、増やす。いろいろな付き合い方を研究してみましょう。

画像一覧

執筆者

阿部理恵

約20年間商社勤務。貿易部門、印刷部門などで営業職として従事。保険部時代に個人向け医療保険・法人損保などを担当し、 FPの資格取得。 自ら大病、転職、起業を経験し、お金の知識が必須であると実感。 心理カウンセラー、LABプロファイルインストラクターなどの知識と併せ、メンタル面からお金の話を解説。 俳人としての顔も持ち、経済的豊かさと心の豊かさをテーマに活動中。 ★ブログ:http://ameblo.jp/kittywhite2000/

阿部理恵

関連記事