トランプ相場が根強い!株価1万9000ドル台の最高値更新、円安加速1ドル112円台

8579.jpg

日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2016年11月24日付

●NY一時112円台、8か月ぶり(読売・2面)

●雪に備え急ピッチ、冬用タイヤ交換作業(読売・29面)

●VW、米でディーゼル車撤退へ(産経・11面)

●ソニー中国工場、売却反対でスト、従業員が補償要求(東京・6面)

●ビルの谷間都心疾走「フォーミラE」デモ走行(東京・25面)

●トヨタグループ、期間工1000人超正社員に、今年度長期的に技能伝承(日経・9面)

●電動車システム実演店舗を拡大、三菱自(日経・9面)

ひとくちコメント

ドナルド・トランプ氏が次期米大統領に決まってから2週間。「手のひら返し」の発言が相次ぐ中で景気の先行きへの期待感が一段と加速している。米にニューヨーク市場でダウ工業株30種平均は1万9083ドルと過去最高値を更新。為替は1ドル=112円台まで円安ドル高が進み、4月上旬以来約8カ月半ぶりの高値をつけた。

きょうの各紙も「欧米で一時112円台。8か月ぶり円安」などと報じている。米国の耐久財の受注が市場の予想を大きく上回ったため、FRB(連邦準備制度理事会)が追加の利上げに積極的になるという見方が広がり、ドルを買って円を売る流れが強まっているそうだ。

ただ、トランプ氏は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱を明言したことを受け、日本でも警戒感が広がっている。

地球をほぼ一周する形で米国、南米訪問から帰国した安倍首相だが、きょうの日経によると「強固な日米同盟と長期政権を背景に国際社会で存在感を高めてきた安倍外交にじわりと逆風が吹いてきた」と取り上げている。

「TPPでトランプ次期米大統領に翻意を促す試みは出だしでつまずき、手応えを感じていたロシアとの北方領土交渉も暗雲が垂れこめる」と指摘している。

トランプ氏のTPP離脱宣言は、日本車に高い関税をかける姿勢を示していることからも、自動車メーカーなどにも動揺がみられる。今期は1ドル=100円前後を想定レートとしている中で、円安に傾いていることは業績の回復に大きなメリット。だが、今後のトランプ政権の動向次第では対米輸出の戦略見直しにもつながりかねない不安材料も抱えている。

米国市場がドル箱のホンダや富士重工業の経営陣は、手のひら返しのトランプ氏の政策に一段と神経をとがらせざるを得ない。

画像一覧

  • 米大統領選、トランプ氏が勝利。 (c) Getty Images
  • 「フォーミラE」デモ走行(東京丸の内) 〈撮影 高木啓〉 

提供元

関連記事

関連記事

トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?

米大統領選挙は、現地時間11月8日の当日どころか開票が始まってしばらくすると、クリントン氏有利の前評判を覆して、トランプ氏大逆転勝利。

速報がトランプ氏有利に傾くにつれて、為替相場は円高、株式市場は下落と、EU離脱を問う6月23日の英国国民投票と同じ流れが、今回も起きました。

■トランプ大統領の誕生で起きること

トランプ大統領誕生で、米国はどのような道を歩むのでしょうか。まず、彼が掲げている政策を見ていきましょう。マスコミの言うことを鵜呑みにしないで自ら確かめてください。

トランプ氏の主張は、移民反対・所得税の単純化や減税(実はお金持ち有利)・TPP反対・オバマケア反対などが中心。行き過ぎたグローバル化や環境規制に反対し、保護貿易主義・環境協定からの脱退などを訴えてきました。ここの方向転換がこれまでとの違い。TPP実現はどうなることやら、、、。

■トランプ氏の主張する政策一覧

大逆転!トランプ大統領誕生の情勢、マネーゴーランド

いかがでしょう。これ、日本の貿易黒字のせいで、米国が苦しんだ1980年代からのバブル時代に米国が取っていた政策に似ています。外交は、仮想敵国をソ連にして圧力をかけた共和党のレーガン&ブッシュ氏が大統領だった時期。

この時は、経済面で日本に対して、牛肉・オレンジ・自動車と様々な圧力がかかりました。今は、日本よりも中国が米国の雇用を奪っているという意識が強い点が当時との違い。つまり、米国の圧力を最も受けるのは、日本よりも中国です。懸念点として、中国にかなり厳しいことになるのではと予想。ここは、経済面・軍事面の双方で、隣国として非常に心配。

次に大事なのは、大きく流れが変わるグローバル化の点。これまでのグローバル経済推進・環境重視の流れから、保護貿易・規制緩和型へと米国は大きく舵を切ることになりました。議会でも共和党が上下両院を握る可能性が高く、そうなると大統領の政策実行力も上がります。

あまり、日本では、話題になっていませんが、「環境・安全・健康などの規制」によって、迷惑をこうむっている人・企業が多数あることは大事な点。特に都市ではなく、郊外の自営業者や中小企業・土地を所有する人達が「過剰な規制」によって、様々な問題を抱えています。

■トランプ大統領によって世界で起きるであろうこと!

●世界の警察
強い米国を取り戻し、軍事力増強の意向から、オバマ大統領が放棄した「世界の警察」の役割を強めるのではないかと考えます。もっとも米国一国ではなく、他国を巻き込んでいく方向で、力を発揮するでしょう。IS国打倒をはじめとした過激派勢力との対立・中国への圧力強化などが起きえるシナリオ。兵士ではなく兵器とサイバー部隊・後方支援部隊を出せば、米経済にはプラス。

●米ドル/円相場への政治的圧力
トランプ氏の発言・主張を見ていると、他国の通貨安誘導を強くけん制していること、米国内の製造業を大事にすることが経済面での柱。性格的にもパフォーマンス好きで強い発言を好むことから、日本に対しても強い態度で臨むはず。そのため、米国はドル安に誘導する可能性が高い分、日本はトランプ政権が続く間は、円高圧力が起きやすいでしょう。

●中長期的な株式市場
トランプ氏は何をするか分からないとの考えから、一時的にリスクオフで株安に動く公算大。実際、11月9日の日経平均株価は、919円84銭の大幅安。しかし、政策自体を見ると、株式市場に優しい政策が目白押し。トランプショックが収まった後に、インフラ整備への支出・規制緩和が実行されれば、株式市場が回復する可能性があります。ただし、米企業との競争に敗れた場合、為替の円高とあわせて日本株は下がるリスクあり。

もっとも、株価については、FRB・ECB・日銀の利上げや緩和終了の影響も大きいことをお忘れなく。

■トランプリスクのシナリオも見ておきましょう。

1、保護貿易から戦争へと・・・
トランプ氏の主張する保護貿易が、戦争を引き起こす可能性があることは、第一次・第二次の世界大戦が起きたことからも分かる通り。トランプ反対派はここへの懸念が大。トランプ大統領の誕生で、各国の競争・格差が広がり、最後は武力に物を言わせることになれば最大のリスク。

2、威圧的な性格が敵を作る
エキセントリックで威圧的なトランプ大統領。各国の首脳や国民を怒らせることで余計な敵を作る可能性あり。これもまた、世界中で争いのタネをまき散らして、戦争や訴訟が増えるリスクがあります。また、金融市場にとっては、余計な発言を繰り返して波乱の原因になると思います。

勝利演説では、ヒラリー・クリントン氏を称え、米国を癒し団結させると話したトランプ氏。米国を再生させる偉大な大統領となることを願います。

トランプ米大統領が誕生したら…「為替大荒れ&日本への影響」予測

アメリカ大統領選挙は、ヒラリー候補とトランプ候補の討論会を終え、あとは11月8日の本選挙投票日を迎えるのみとなりました。

ヒラリー氏優勢との報道が多いですが、もしもトランプ候補の大逆転劇が繰り広げられたら、市場は暴落すると噂されています。

■トランプ大統領誕生で為替相場にショックが走る!

もし、トランプ候補が大統領に当選すればどうなるでしょうか?
おそらく、最終的な投票結果が出るまで、クリントン候補が優勢な状況は変わらないと思います。そこで、もし、トランプ氏当選になれば、サプライズで瞬間的に金融市場は反応する筈。それは、今年の6月23日に英国のEU離脱派が勝った国民投票と似た内容。

トランプ大統領誕生による混乱を怖がって、短期的な売りが大量に生じて、全体として、株安やドル高・円高・スイスフラン高を引き起こすことになるでしょう。米ドル/円ベースでは、円高に動く可能性が高い。そして、後世に「トランプショックの日」と名付けられると思います。

■長期的なトランプ大統領の影響は?

さて、本当に大事なのは、トランプ大統領誕生による長期的な影響です。戦争や移民差別というフレーズを思い浮かべる方もいるかと思います。しかし、アメリカはどこと戦争するのでしょうか。ちなみに小さい国や組織とは今も戦争中ですからね。

ロシアのプーチン大統領は、トランプ候補を現実的な話が分かる人と歓迎しています。中国に対しては厳しい姿勢ながら、ここで、戦争・紛争が起きるとすれば、米国側よりも中国側の要因の方が大きく、クリントン候補でもあまり変わらないと思います。

日本に対して防衛に関する負担を求めるのも、当たり前の話。これまでは、水面下で政治家・官僚だけで交渉していた話を堂々と発言しているだけにすぎません。

では、何も変わらないと安心していいのでしょうか。

■元俳優のレーガン氏に似ているのが心配

心配なのが、共和党政権・大衆受けという点で、共通するレーガン元大統領。すでにお金持ちのトランプ候補が、さらに求めるのは、名誉や人々からの尊敬の念。虚栄心の強そうな性格はもちろん心配のタネ。議会も共和党が握っていることから、民主党政権よりも政策を実行しやすい環境にあるという事実を忘れてはいけません。

トランプ候補が当選するとしたら、他国よりも米国を優先して欲しいという米国人の声であり、中長期的に、思い切った政策を実行してくる可能性があります。

考えられるのは…
・米ドルの大幅切り下げ⇒ 米ドルを安くして、米国経済を良くする。緩やかではなく突発的にやるかもしれません。
・世界共通通貨の米ドルを利用した経済制裁の発動⇒ 中小国との関係が悪化する可能性。
・米国のインフラ整備に巨額の財政支出⇒ 景気を良くして、ドル安に動く効果もあります。デメリットは財政赤字。
・環境やビジネスに関する規制撤廃⇒ ビジネスを優先して環境に関する様々な規制を撤廃。そして、様々な規制撤廃でグローバル企業に戦いを挑む可能性も残っています。

結論として、為替・株式市場は、上下に荒れる可能性が高くなります。メディアの悲観論程、心配する必要はありませんが、いきなり市場を動かす政策が出てくるリスクがあるでしょう。

トランプショックで金相場大荒れ!「新大統領と金の値段」今後の予想は…

11月8日に起きたトランプショック。メディアや世論調査に反してトランプ候補が勝ったことで、市場はパニックに陥り、金(ゴールド)に投資家達が集まり、値段は急上昇。金は資産のラストリゾートと言われる通り、パニック時に買われる資産。

ところが、パニックは一夜で静まり、株高・円安へと動いたために、金も値下がりしています。あれ・・・トランプショックって何だったの?

<アメリカ大統領選挙おすすめ記事>
トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?
大統領選トランプ氏勝利で相場激変!【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】
トランプ米大統領が誕生したら…「為替大荒れ&日本への影響」予測

トランプパニックと金の値段、マネーゴーランド
※引用:GMOクリック証券

一時的に上昇した金はすぐに値下がり、その代りに金利と株価が上昇しています。今後の金はどのように動くのでしょうか。まず、状況を見てみましょう。

■メディアの報道に偏り!

まず、マスコミや市場の大統領選挙予想にバイアス(偏り)があったということ。実際は、思った以上に、クリントン候補の人気が低く、トランプ候補の人気が高かった。これは、来年に控える欧州各国の選挙で、問題になる点ですから、記憶しておくこと。

■トランプ氏は経済に強い!

次に、トランプ候補の経済政策は、財政出動と減税・規制緩和で米国の雇用を回復させるということが柱になっており、「インフレ・高金利・株高に動きやすい政策」いうこと。このビジネス有利というトランプの政策が全く、マスコミや市場に検討されていなかったことが挙げられます。

それゆえに、当選直後は、皆がパニックになり、資産を処分して金に逃げましたが、落ち着いてみると、「待てよ、トランプって・・・元はビジネスマンで経済に強いのでは」という視点が浮上してきました。

■トランプパニックが瞬間的だった理由

次に具体的な事を見ていきましょう。
ポリティカル・コレクトネス:差別や偏見のない正しい言葉や行動を行うという考え方。反面、本音を言えない・理想主義で現実に即していないという欠点を持ちます。
この考え方が、メディアや世論調査でのトランプ反対に繋がった理由の一つ。暴言&本音のトランプはポリティカル・コレクトネスを推進するリベラル派から嫌がられます。そして、メディアの多くはリベラル派です。

トランプさんの方が経済に強い:トランプさんは、元々は不動産業のビジネスマン。プロレスのWWEばりの派手なパフォーマンスと暴言に気を取られがちですが、ビジネスや経済に対する理解はクリントン候補より上。実地で叩き上げたビジネス感覚を持っている方です。

財政出動:ここ数年、日米欧の中央銀行は、必死に金融緩和(低金利・通貨供給)で経済を支えてきました。しかし、なかなかデフレ退治と景気回復に繋がりません。そこで、もう一つの手である政府の財政出動なのですが、財政支出を増やせば赤字になり、将来に災いをもたらすとして反対多数で手つかず。その点、今回の選挙で、大統領と議会が揃って共和党になったために、財政支出の障害が一つなくなりました。

規制緩和でビジネスにプラス:もう一つの大切な点が規制緩和を行うと発言していること。先進国で、新たにビジネスを起こすには、様々な規制をクリアしなければいけません。そこを壊せば、新規開業・競争が起きて、ビジネスにプラスです。

結果的に、トランプ大統領で、経済成長を達成できるかもと、市場は色めき立っています。デフレや超低金利の時代をトランプさんがぶっ壊してくれる可能性があるということです。ただし、これまた、行き過ぎると副作用が怖いところ。

トランプパニックと金の値段、マネーゴーランド

■対立による政治・軍事危機

ここまでは、トランプさんのプラス面をご紹介してきましたが・・・やっぱりマイナス面も気になりますよね。
ここは、今までも話されてきた通り。米国が保護貿易に舵を切れば、新興国は、米国という最大の市場を失い路頭に迷うことになります。人種・主義・宗教などの違いが差別そして対立へと激化して紛争や戦争が起きやすくなるかも知れません。
また、トランプさんの財政出動&規制緩和の経済政策が失敗して、米国の財政悪化&金利急騰による経済悪化になるかもしれません。

これらの事を考えると、金への影響度合いとしては、下げる懸念が出てきそうです。
今後、経済成長やインフレが進み、金利が上がっていけば、(米10年債金利は2%超え)投資家達は、債券や金を売り、株や事業への投資を行うでしょう。金利を生まない金は、金利上昇局面で下がるリスクがあります。向かい風のイメージが出易い投資先になったかも知れません。

世界が安定したまま、経済成長の方に向かえば金は安くなります。しかし、世界で対立や不安定さが増して、株や不動産にリスクが生じれば、金に注目が集まり値段は上がっていくでしょう。さあ、これから、金利と金の動きに注目です。

ドナルド・トランプ氏って誰??【マネギャル】

今週のマネギャルたちへのお題は「ドナルド・トランプ氏」を知っていますか?というお題でした。
みなさんはドナルド・トランプ氏が誰かはご存知でしょうか?

資産額が約41億ドルと言われる大富豪。アメリカの不動産王とも呼ばれています。自身の名を冠するトランプタワーなどが有名ですね。
時期アメリカ大統領候補として現在各地で演説を行いながら、過激な発言を行いながらも根強い支持を獲得している人物です。

さて、マネギャルたちもさすがに名前は知っているかとおもいきや、フウカさんが全く聞いたことも無いというところからスタートし最終的にはトランプ氏にこうあってほしいというところまで導き出していきます。

今週も斜め上から新たな発想が!?違った思考を手に入れるチャンスかもしれません。本編は下記より御覧ください。

ランキング