一年で1番安くなる日⁉︎ 「ブラックフライデー実施店」先取りチェック

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・ブラックフライデーセール

<How to>

1日本でブラックフライデーセールが行われる店は?

8556.jpg

ハロウィンもクリスマスも日本で一般的な行事として定着しましたが、それと同様にアメリカの文化で日本に浸透しつつあるのが、ブラックフライデーというイベント。日本でも、イオンを始めブラックフライデーを実施する店が増えています。

■ブラックフライデーとは何か?

ブラックフライデーとは、元々は米国における感謝祭(サンクスギビングデー、11月の第4木曜日)の翌日のことを指します。

公的な休暇ではありませんが、会社によっては休暇になることもあり、一年で一番買い物が多くなる日と言われています。感謝祭のプレゼントの一掃セールが行われ、ここからクリスマス商戦が激化するのです。

なぜブラックフライデーというかというと、小売業者が儲かることで、「黒字になる」という意味が込められていますが、元々は、フィラデルフィアの警察官が、人が街にあふれて仕事が増えるために「真っ黒な金曜日」と読んだことがきっかけだとか。

■実施している日本企業が増えつつある

そんなブラックフライデー、実は日本でも行われつつあります。日本での2016年のブラックフライデーは、11月25日(金)~11月26日(月)あたりとされていますが、開催する企業によっても微妙に異なります。以下にいくつかの企業のブラックフライデーセールをご紹介していきましょう。

■イオンのブラックフライデーセール

全国のイオンモールで、2016年11月25~27日に行われます。ぎりぎりにならないと商品公開がされないキャンペーンページになっていますが、ブラックフライデーならではの衝撃価格・目玉商品が多く並ぶようです。また、豪華賞品のプレゼントキャンペーンなども実施される模様です。

■ギャップ(GAP)のブラックフライデーセール

昨年に続いて今年もセールを行うのが大手アパレルのギャップです。アメリカブランドとして、アメリカンカルチャーを紹介するという意味でも同セールを導入したとのこと。こちらも詳細はぎりぎりにならないと分からないですが、前年はデニムが100円になるなど、破格のセールが行われ話題となりました。今年は規模を拡大し、都内の路面店以外にも、全国の限定店舗での開催が検討されているとのことです。

日本人にはあまりなじみがブラックフライデー。実施している企業を調べ、ぜひともお得な買い物をしましょう。

画像一覧

  • 一年で1番安くなる日⁉︎ 「ブラックフライデー実施店」先取りチェック

執筆者

吾郎

大学卒業後、新聞社、雑誌社勤務。 現在、フリーランスで執筆活動中。 得意分野はグルメ、金融、経済など。

吾郎

関連記事

関連記事

お金がどんどん逃げる!「貧乏を呼び込む」言ってはいけない口癖5選【声優ナレーション付】

「お金がないなあ」

そんな口癖を無意識にしてはいませんか? 口は災いの元という言葉もあるように、自分の言葉に気をつけられない人は、成功することは難しいでしょう。それはキャリアアップといったことに限らず、あなたの財布にも影響を与えているかもしれません。

ネガティブな言葉は、あなたの財布にお金を呼び込むことはありません。いつまでも泣き言を言い続けて、これから先もずっと貧乏生活を続けることになりかねないのです。
そうならないためには、日頃からの口癖を注意する必要があります。今回は、お金にまつわるNGフレーズを紹介します。

■「お金がない」

まず「お金がない」という人は、潜在的にお金がないと考えているので、いくらお金があっても足りない人でしょう。お金がないと考えることによって自分の生活に余裕があったとしても、常に苦しい思いをしている気分になります。「お金がない」というのは自分を苦しめる言葉なので、必ず辞めるようにしましょう。

■「お金さえあれば○○する」

「お金があれば旅行する」「お金があれば自己投資する」「お金があれば…」
そんなことを考えていませんか。本当に必要なことであれば、例えお金がなくても実際にやるべきです。お金がないからやりたいことをしないのは本末転倒とも言えるでしょう。お金がなくても優先順位の高いことはきっちりと行動に移しましょう。

■「○○のせいでお金がない」

お金が貯まらない一つの理由として、他人や物事のせいにすることが考えられます。何かに理由を押し付けていても事態が良くなることはありません。今ある現実を受け入れた上で、何をするかということを考えるのが正しい考え方ではないでしょうか。

■「時間がない」

「時間がないから」という人もあまりお金を呼び込むことはできないでしょう。そもそも時間は全ての人に平等に与えられているもの。その時間を上手くお金につなげられていないのであれば、それはその人の行動を見直す必要があります。「時間がない」という言い訳もお金を呼び込むために口にしないようにしましょう。

■「お金なんて…」

「お金なんて…」と思っている人は、お金を稼げていない人です。お金を稼いでいる人ほどお金を大切に使います。いつまでもお金に対して嫌悪感を持っているようでは稼げないのも当然かもしれません。

このような口癖はふとしたときに出てしまうかもしれませんが、意識的に使わないようにすることでお金持ちの一歩を踏み出しましょう。またお金を理由にした、夫婦ゲンカで言ってはいけないフレーズについては、「FPは見た!夫婦がお金でモメる“絶対言ってはいけない”8フレーズ」でご紹介していますから、参考にしてみてください。

■今回のナレーター

大谷 咲子(おおたに さきこ)

・主な活動歴
現在舞台を中心に声優、イベントコンパニオンなどの活動をしています。
ゲームが大好きです!
ツイッター  @sakiton69

セール品は本当にお得?知らない間にお金が貯まる「逆転の発想法」

「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざを聞いたことがありますか? このことわざは、風が吹けば巡り巡って桶屋が儲かるといったように、一見関係のないように見えるものが影響を与えるという意味です。

このようなことわざは日本に数多く存在し、よくある通例として考えられています。そして、それと同じようにお金に関することにも多くの人に信じられている常識があります。

今回は、そのような常識が本当なのかどうかを考え、本当の節約方法とは何かということについて考えてみます。

■100円ショップは安い?

店内全ての商品がワンコインで購入できる100円ショップは誰でも利用したことがあるでしょう。「たった100円でこんなものまで!?」という商品が数多く売られており、ついつい利用してしまうという方も多いのではないでしょうか。

そんな100円ショップですが、全ての商品が本当に安いというわけではないかもしれません。確かに100円で様々なものが購入できるというのは魅力的です。しかしその反面、実は割高な商品だってあるため、「本当で100円ショップで買うべきものなのか」考える必要があるでしょう。

■高いものは良いもの?

購入基準の一つとして、価格に重点を置くという人は少なくないでしょう。その一方で、「安かろう悪かろう」ではお金の無駄遣いだと言って、高い商品を好んで買う人もいます。

しかし世の中にある商品のうち、例えば、ブランドや不必要な機能、保証特典などによって値段が高く設定されているものもありますよね。自分が必要とする以上に高いものを求めることは、お金の無駄遣いにつながります。自分の購入条件をあらかじめ決めておくと無駄遣いをすることもないでしょう。

■キャンペーンやセールはお得?

生活に必要なもの全てを、まとめ買いで購入しているという人も多いでしょう。まとめ買いのメリットとして通常以上に安く買い物ができ、割引などがされることもあります。しかし、このようなキャンペーンやセールは本当にお得なのでしょうか。

セールの熱気や赤い値札に惑わされて購入してしまい、買った服を全然着ない、箱買いしたコーヒーを飲みきれずに捨ててしまう、700円クジを引くために追加で商品を買う…などといったことは、節約から遠のいてしまいます。

このようなことを頭に入れておきながら買い物をすると、これまで以上に財布にお金が貯まっていくでしょう。ぜひ、常識に捕われることなく正しいお金の考え方を持ってもらえたらと思います。

どんどん金欠!「使うたびにお金がなくなる」ATMの使い方

「やばい!今手持ちのお金がない!」

そんな状況になったとき、あなたはどうしますか? クレジットカードを使う、買い物を諦める、お金を引き出すなど様々な選択が考えられます。ここでATMからお金を引き出すと考えた人は黄信号かもしれません。

それは、お金の使い方として、あまり良い使い方とは言えないからです。というのもATMでこまめにお金を使う人ほど、散財しやすい傾向にあるからです。今回は、散財しやすい人の共通点についてお話しします。

■お金をこまめに引き出す人は散財する?

なぜ、ATMでしょっちゅう引き出す人は散財しやすいのでしょうか。一見、こまめにお金を引き出す人の方が必要なときに必要な分だけお金を使っているため、節約できるように感じる人もいるでしょう。

しかし、お金を頻繁に引き出す人はお金の管理ができているようでできていない傾向にあります。というのも、こまめに引き出す人ほど自分の無駄遣いに気づきにくく、また、自分の所持金に対する意識が薄いと言えるから。

例えば、1ヶ月に1度お金を引き出す人と毎日お金を引き出す人で、現金と通帳に書かれた数字を見て、使ったお金に対する意識の差が出るのは火を見るより明らかといえます。1ヶ月でまとめてお金を出すのは気が引けるかもしれませんが、決められたときにだけお金を出すという意識を持っておくことは必要かもしれません。

■ATMの手数料が1万円!?

最近では様々な場所にATMが設置されるようになりました。コンビニやスーパー、駅にまでATMが設置され、私たちの生活は非常に便利なものになっています。

その反面、お金を失う機会も多くなりました。便利な場所にあるATMの多くは手数料がかかります。手数料が必要なATMの増加に伴って、手数料に対する抵抗が減っているようにも感じます。しかし、1回100円の手数料も週に2回使えば月額で800円。年単位で考えれば1万円近くになります。やはりこまめにお金を引き出すのは、あまり賢いお金の使い方とは言えなさそうですね。

■賢いお金の使い方とは

では、賢いお金の使い方とはどのような方法なのでしょうか。やはり、週単位、月単位で決まった日にお金を引き出すのが賢いお金の使い方といえます。

そうすることで、使ったお金、財布の中の残額を嫌でも気にしなければなりません。何か予定がある週にはあらかじめ多めに引き出しておくことで、追加でお金を引き出すことも防げます。ぜひ、日々のお金に対する実感を忘れず持ってもらえたらと思います。

宝くじ当選者もやってる⁉︎ 「金運と幸せを呼び込む」携帯待受画像3つ

毎日毎日一緒に持ち歩くのが携帯電話です。その画面を見るのも、1日でも何十回となるのではないでしょうか。その携帯電話の待ち受けを、開運・金運アップが期待できると噂のものにすれば、運気だって上っていくはず。やらないよりはやってみた方が気持ちも盛り上がります。

さて、開運・金運アップが期待される待ち受け画面とは一体……?開運・金運アップが期待できそう!と街中で噂されているものをいくつかご紹介します。

■日本人といえば、やっぱり富士山

富士山の画像は開運、金運アップともに良いとされています。青空のもとそびえる雄大な富士山の画像は、見ているだけで心が洗われそうです。また、ご来光の瞬間を収めたものや、陽の光で赤く染まる赤富士の画像は特に金運や貯蓄運に効果があると噂とか。やはり、日本が誇る大自然富士山のパワーはとても大きなもののようです。

■福よ来い来い、招き猫

招き猫も、開運、金運アップに人気の待ち受け画像です。「福を招く」ということから、毎日何度も見ることでその効果を得ようと考えられている模様。特に金運アップを目指したいなら、金の招き猫がおすすめ。金は金を呼ぶ、という噂も。 ご利益スゴ過ぎ!パワースポット豪徳寺「招き猫だらけの理由」とは でご紹介していますが、東京都世田谷区にある豪徳寺は招き猫だらけの寺として有名。その画像を待ち受け画面にしてもよいかもしれませんね。

■意外?ロビンフッドの弓矢を打つ姿

ロビンフッドは実在の人物ではなく、中世イングランドの伝説上の人物です。ロビンフッドは、射た矢にさらにもう一つの矢を射ることができるほど、弓の技術と運を持った義賊だと伝えられています。技と運を兼ね備え持った、ギャンブルにとても強いものとして考えられているのです。大きな運をゲットしたい、ギャンブルで一発当てたいという方は、ロビンフッドのご利益にあやかってみるのもよいかもしれませんね。

ランキング