22日はローソン大人気ロールが苺付き!食品チェーン「毎月あるお得な日」

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・毎月あるキャンペーン

<Point>

1毎月キャンペーンを行っているチェーン店は多い

2その中で厳選3店舗を紹介

3キャンペーンをお得に使おう

8234.jpg

特別セールが好きな人は多いでしょう。毎週、あるいは毎月決まった日にお得なポイントサービスやセールを行っている店では、特別セール日に人がごった返している光景を見ることも多いです。

そんな様々な店で行われている特別セールですが、実はまだまだあなたが知らない特別セールが存在します。今回は、そんな知って得する有名チェーンの特別日をご紹介します。

■毎月15日:コージーコーナー『お菓子の日』

銀座コージーコーナーといえば、非常に食べ応えのある大きなスイーツが特徴ですよね。ケーキはもちろんワッフルやシュークリーム、パフェまで様々な種類があり、お気に入りだという人も多いでしょう。

そんなコージーコーナーは毎月15日にキャンペーンをやっています。そのキャンペーンとは、600円(税別)以上の購入により、先着30人には季節限定のマドレーヌがもらえるのです。ギフト用に購入して、おまけのマドレーヌは自宅で食べるなんて、上手な買い物ができますね。

■毎月22日:ローソン『プレミアム ロールケーキ』いちご付き

セブンイレブン、ファミリーマートと並ぶコンビニチェーンのローソンで、お得な日があります。ローソンでは大人気の『プレミアム ロールケーキ』に、値段は普段と同じまま、22日になるといちご入りが販売されているのです。

コンビニスイーツには心を惹かれる方も多いと思いますが、ローソンのプレミアムロールケーキはその火付け役といっても過言ではありません。そんなプレミアムロールケーキが特別キャンペーンをやっている機会を逃すわけにはいかないですよね。ぜひ甘酸っぱいいちごが乗ったプレミアムロールケーキを食べてみてください。

■毎月28日:ケンタッキー『にわとりの日』

おなじみケンタッキーフライドチキンの特別日をご紹介します。ケンタッキーといえば、食べ放題のキャンペーンを行ったり、オリジナルチキンの無料お試しクーポンを配布したりとお得なイベントが盛りだくさんですよね。

そんなケンタッキーでは、毎月28日に“にわとりの日”ということで、ローソンなどで使えるPontaポイントが2倍になるサービスを行っています。どうしてもケンタッキーへ行くと、食べ過ぎてしまう人もいるかもしれませんが、その分ポイントがつくと考えれば28日に通うのもいいかもしれませんね。

画像一覧

  • 22日はローソン大人気ロールが苺付き!食品チェーン「毎月あるお得な日」

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

カルビもビフテキも半額!「肉の日に割引になる」人気焼肉店3選

今日は9月29日で肉の日ですね。子どもから大人まで、肉が好きで好きでたまらない!という人は少なくないでしょう。

そんな肉の日には各店舗で特別なメニューを提供していたり、普段よりもお得なセールをしているお店が数多くあります。今回は、そんな肉の日に割引サービスを実施しているお店を紹介します。

■『甘太郎』

まずは居酒屋の『甘太郎』です。甘太郎といえば、豊富なメニューと手頃な価格で学生から社会人まで人気の居酒屋ですが、そんな甘太郎が肉の日にはとんでもないメニューを準備しているのです。

そのメニューとは、鉄板に収まりきらないほどの巨大1ポンド(約450g)ビフテキが通常1,999円のところ、半額の999円になるんです。これ以外にも肉料理7品が全店で全品半額になります。ただしクーポンやチラシを持参した人のみなので、事前にお店のウェブサイト等をチェックしましょう。

■『焼肉でん』

せっかくの肉の日ですから、肉を低価格でお腹いっぱい食べたいという方も多いでしょう。そんな方は、家族全員で『焼肉でん』の食べ放題へ出かけてみてはいかがでしょうか。

焼肉でんの肉の日キャンペーンでは、焼肉食べ放題がなんと90分1,980円(小学生は1,000円)。普段の焼肉オーダーバイキングは最も高価なコースで120分3,280円ですから、この破格っぷりがわかるでしょう。1,980円でも、食べられるため品数は80品目以上と非常に豊富です。

肉の日には席が埋まりやすくなることが予想されるので、事前に予約を入れておくことをおすすめします。

■『焼肉トラジ』

『焼肉トラジ』でも毎月29日の肉の日は、スペシャルメニューが用意されています。トラジ名物の、ダイヤモンドカットされたカルビとハラミのランチ御膳がそれぞれ1000円で楽しめます。カルビ&ハラミのミックス御膳もあるので、欲張りの方にピッタリ。

ディナータイムにはタン、カルビ、ハラミ、それに生ビールがすべて半額になり、おまけに3,000円の優待券ももらえる嬉しい特典付きです。ただし肉の日は90分制で半額メニューは数量限定のため、ご注意を。

肉の日をお得に楽しんで、明日への精力をつけていきましょう!また焼肉食べ放題に行くなら、事前に「焼き肉食べ放題で元を取る!“カルビ何皿”オーダーすべき?」をチェックすることをおすすめします。

3,000円の飲み放題で損しない!「元をとる」にはビール何杯飲むべき?

立っているだけで汗が流れるような夏の暑い日に、キンキンに冷えたビールをゴクゴクと喉に流しこむ。普段の仕事の疲れが一瞬で吹き飛ぶことを感じる最高の瞬間ですよね。

夏はそのような快感を味わいたくて、同僚や地元の友人と飲み会に出かける人も少なくないのではないでしょうか。そこで今回はより一層飲み会を楽しくするために、3,000円の飲み放題で元を取るためには一体何杯飲めばいいのか? ということについて考えてみましょう。

■1,000円分が飲み物代金の場合

3,000円の飲み放題といっても多くの場合、料理もついてくるところが多いかと思われます。そこで今回は支払った3,000円のうち、2,000円を料理代金、1,000円をお酒の金額と仮定して話を進めることにします。

そしてスーパーなどで販売されている缶ビールを350mlあたりで200円、一般的に居酒屋で出される中ジョッキは500ml程度と考えて話を進めてみます。

■ビール何杯で元が取れる?

上記の仮定であれば一体何杯飲めば“元が取れた”ということができるのでしょうか。居酒屋でビール中ジョッキ4杯を飲むなら合計で約2000mlを飲むことになり、これを350ml缶で計算すると5.7本分となります。スーパーで350ml缶のビールを6本を購入するなら200円×6で1,200円。

つまり結論を言うと、居酒屋でビールを4杯飲めば元を取れる計算になります。「意外と簡単に元を取れるのではないか?」と思われた人も多いかもしれませんね。しかし、飲み放題は2時間制と時間制限を行っている店も少なくありません。2時間で4杯ビールを飲むとなれば、おしゃべりしながらもハイペースで飲み進める必要があるかもしれませんね。

■カクテル・酎ハイよりビールが狙い目

余談になりますが、筆者は居酒屋で働いたこともあります。その居酒屋は特に一般的な居酒屋と変わりないところでしたが、やはり飲み放題で元を取りやすいのは生ビールだそうで、カクテルや酎ハイはさらに多くの量を飲まなければ元は取れないと聞きました。

ですから、少しでも元を取りたいと考えるのであれば生ビールを飲み進めるといいのではないでしょうか。そうするとお得感を感じながらも飲み会をエンジョイできるので、一石二鳥と考えることができるかもしれません。

給料日前の救世主!100円ショップ「買ってよかったもの&損したもの」

給料日が近くなってくると、お財布の中身が寂しくなってくる…。そんな金欠時に心強い味方になるのが、100円ショップです。しかし、バラエティ豊かな100円ショップの商品の中には、お得なものとそうではないものがあります。

そこで、マネーゴーランド編集部では『100円ショップに関するアンケート』を独自に実施し、本当に買っていいものと損するものを探ってきました。

■利用頻度と人気の100円ショップは?

まず、100円ショップの利用頻度について。「月1〜2回」という方が45.7%と最も多かったのですが、「週1〜2回」が15.7%、「週3回以上」が5.5%と、月1回以上の人で6割以上となりました。

また人気の100円ショップについては、大手の『ダイソー』と『Seria』が大半を占めるという結果になりました。

Q1:あなたはどのくらいの頻度で100円ショップを利用しますか?
全国民アンケート「100円ショップで買ってよかったもの&損したもの」、マネーゴーランド意識調査

Q2:あなたが一番好きな100円ショップはどこですか?
全国民アンケート「100円ショップで買ってよかったもの&損したもの」、マネーゴーランド意識調査

100円で購入して得するもの、失敗したもののリストは次ページへ!

どんどん金欠!「使うたびにお金がなくなる」ATMの使い方

「やばい!今手持ちのお金がない!」

そんな状況になったとき、あなたはどうしますか? クレジットカードを使う、買い物を諦める、お金を引き出すなど様々な選択が考えられます。ここでATMからお金を引き出すと考えた人は黄信号かもしれません。

それは、お金の使い方として、あまり良い使い方とは言えないからです。というのもATMでこまめにお金を使う人ほど、散財しやすい傾向にあるからです。今回は、散財しやすい人の共通点についてお話しします。

■お金をこまめに引き出す人は散財する?

なぜ、ATMでしょっちゅう引き出す人は散財しやすいのでしょうか。一見、こまめにお金を引き出す人の方が必要なときに必要な分だけお金を使っているため、節約できるように感じる人もいるでしょう。

しかし、お金を頻繁に引き出す人はお金の管理ができているようでできていない傾向にあります。というのも、こまめに引き出す人ほど自分の無駄遣いに気づきにくく、また、自分の所持金に対する意識が薄いと言えるから。

例えば、1ヶ月に1度お金を引き出す人と毎日お金を引き出す人で、現金と通帳に書かれた数字を見て、使ったお金に対する意識の差が出るのは火を見るより明らかといえます。1ヶ月でまとめてお金を出すのは気が引けるかもしれませんが、決められたときにだけお金を出すという意識を持っておくことは必要かもしれません。

■ATMの手数料が1万円!?

最近では様々な場所にATMが設置されるようになりました。コンビニやスーパー、駅にまでATMが設置され、私たちの生活は非常に便利なものになっています。

その反面、お金を失う機会も多くなりました。便利な場所にあるATMの多くは手数料がかかります。手数料が必要なATMの増加に伴って、手数料に対する抵抗が減っているようにも感じます。しかし、1回100円の手数料も週に2回使えば月額で800円。年単位で考えれば1万円近くになります。やはりこまめにお金を引き出すのは、あまり賢いお金の使い方とは言えなさそうですね。

■賢いお金の使い方とは

では、賢いお金の使い方とはどのような方法なのでしょうか。やはり、週単位、月単位で決まった日にお金を引き出すのが賢いお金の使い方といえます。

そうすることで、使ったお金、財布の中の残額を嫌でも気にしなければなりません。何か予定がある週にはあらかじめ多めに引き出しておくことで、追加でお金を引き出すことも防げます。ぜひ、日々のお金に対する実感を忘れず持ってもらえたらと思います。

ランキング