タクシー券がばら撒かれた背景は…「バブル景気とカネ」本当にあった話

このレシピを実行して

STORIES円貯まる!
<材料>

・バブル時代の錬金術

<Point>

1もうひとつの通貨タクシー券

21枚持っていると人気者に

8437.jpg

バブルというと金額の多さばかりが話題にのぼりますが、ごくフツウの生活をしていた人も、いろんな形でバブルの恩恵を享受していました。もっとも身近なバブルグッズ「タクシー券」のお話をしてみましょう。

■もうひとつの通貨、タクシー券

バブルを象徴するもののひとつに「タクシーチケット(タクシー券)」があります。いまでもたまーに見かけることがありますが、当時は1000円札……は大げさですが、2000円札くらい馴染みがある金券だった、という人も多いのでは。

ちなみにタクシー券とは、タクシー会社が発行する白紙の利用券です。この券を持っていると、発行タクシー会社のタクシーに「1回自由に乗れる」というもの。「ふーん……」と思うかも知れませんが、その距離や金額に制限がなかったのですから、これはまさしく「庶民のプラチナチケット」でした。

どういう仕組かというと、タクシー券を持ったお客さんがタクシーに乗ると、お金を支払う変わりに乗車賃を券に書き込んで運転手に渡します。運転手はそれを売上げと一緒に計上。タクシー会社の経理は、その金額をチケットを出した会社に請求する、というものです。

バブルってどんな日常?紙1枚でタクシーに乗れた時代、マネーゴーランド

■学生の会社訪問にも配られた

企業の中には福利厚生の一環としてタクシー券を利用していたところもあるようです。また領収書処理が面倒だからとタクシー券を渡していた会社も多かったのです。
これは、たとえば「お車代」に使えました。

催し物に招いたお客様に、まさしく「お車代」としてタクシー券を渡す。こんなことがよく行われていたのです。もちろん現在も行われていますが、よほどの上客に限られるでしょう。当時は会社訪問で訪れた学生にまで渡されるほど、ハードルが低かったのです。

この券を、バカ正直に帰りのタクシー代に利用する人ばかりではありませんでした。だって電車で帰れるのですから。大切にキープしておいて、別の機会に使うというわけです。タクシー券が威力を発揮するのは深夜、そして長距離。たとえば飲み過ぎで終電が終わってしまった時、誰かがタクシー券を持っていると、飲み会のメンバーの家をまわって送り届ける。そんな使い方ができたのです。

もちろん持っている人はみんなに感謝され、しかも懐はまったく痛みません。これってまさに「庶民のプラチナチケット」ではありませんか? バブルがいい時代だった、というひとつの思い出です。

バブルってどんな日常?紙1枚でタクシーに乗れた時代、マネーゴーランド

■意外と合理的だったタクシー券

でも、タクシー券は魔法のチケットではありません。使われたタクシー料金は、回り回って配った企業が払わなければならないわけです。ところが、それが緩かったのがまさにバブル。

会社にとってもタクシー券は便利でした。お車代と違い現金決済をする必要がありませんし、なにしろ領収書が出るので経費で落とすことができます。
また他の金券と違い、タクシー券には利用金額が記入されていません。そのため金券ショップなどに売ることは(表向き)できなかったのです。渡した相手もほぼわかっていますから、あまり無茶をする恐れはありませんでした。今なら反社会的勢力の手に渡ると面倒なことになりそうですが、当時の彼らは土地転がしなどもっと大きなシノギに夢中でした。こんなチンケな稼ぎには目もくれなかったのです。

さらに、これは噂話のレベルですが、タクシー券を利用する企業とタクシー会社の間には、さまざまな取り決めがあったようです。タクシー料金はいってみればサービス料、原価がきっちりしているものではありません。そこで企業とタクシー会社が「月にいくら」という利用契約を結んでいた、という話がありました。使っても使わなくても、です。

たとえばその額が一億としましょう。企業は毎月出ていく金額が決まっているので、煩雑な事務処理が省けるうえ、先の見通しが立てやすい。タクシー会社は多少の割安感があっても定期収入があるのがうれしい。そんな上のほうのウィンウィンの関係が下々にまで恩恵を及ぼしていたのです。

ちなみにある出版社ではギャラの数倍もタクシー代がかかっていたアルバイトがいました。大らかな時代のお話です。

画像一覧

執筆者

ノーション

雑誌やウェブコンテンツなど、幅広く手掛ける編集プロダクション。 旅行関係から健康、結婚、受験、マネタイズまで取り上げるテーマも広い。 突然のノンジャンルテーマもあり、カオスな話題を提供します。

ノーション

関連記事

関連記事

退職金&企業年金が廃止⁉︎ 「マイナス金利で庶民が受ける」思わぬ余波

マイナス金利の影響が思わぬところに出ています。それは、会社が運用している退職金や企業年金です。

■金利収入を見込んで積み立てられる退職金・企業年金

会社は従業員のために、退職金や企業年金の将来の支払いに必要なお金を「退職給付債務」として積み立てていますが、運用で得られる収益を見込んで掛け金を積み立てているので、その分掛金は少なくてすみます。

例えば、新入社員の太郎さんが定年を迎える40年後に退職金が2000万円必要とします。会社は毎年掛け金を積み立てて、将来の支払いに備えるのですが、毎年50万円(2000万円÷40年)を積み立てている訳ではありません。運用益を考慮して、その分積み立てる掛け金の額を減らしているのです。

仮に2%の金利収入が見込めるとすると毎年積み立てる掛け金は約33万円ですみます。40年間金利が2%で推移すれば、当初計算した通りの掛け金でいいのですが、金利が下がれば見込みの金利収入が得られないので企業の持ち出し(特別損失)が必要となります。つまり「退職給付債務」が膨らむことになるのです。

■「退職給付債務」が膨らむ企業が続出

退職金や企業年金の掛け金は、国債などでも運用されていますが、この度のマイナス金利の導入で、国債の一部の利回りがマイナスになったため、見込んでいた収益が得られなくなりました。

大手住宅メーカー『大和ハウス工業』の場合、今年3月期の決算で「退職給付債務」が膨らんだことにより849億円の特別損失を計上しました。このほか、『住友林業』は退職金などの関連費用として115億円を計上、『日清食品ホールディングス』は来年3月期の業績予想について「退職給付債務」として45億円を上乗せするとしています。

金融政策として導入されたマイナス金利ですが、このように上場企業の財務に大きな影響を与えているのです。この状態が長期化すればするほど、「退職給付債務」はどんどん膨らんでいき、将来的に退職金の引き下げを迫られたり、最悪の場合、退職金制度が破綻する企業すら出てきかねません。

■確定給付は優良企業でないと維持ができない時代に!

以上、マイナス金利が「退職給付債務」に与える影響を見てきましたが、ここから考えられることは、確定給付企業年金は、自己資本の潤沢な優良企業でないと維持することが難しいということです。マイナス金利状態が長期化すると、今後ますます確定給付年金から確定拠出年金へ移行する企業も増えてくるのではないでしょうか。

10年前にプレイバック!もしも株購入してたら…ミクシィで216万ボロ儲け

ツイッターやインスタグラムといったSNSが盛んですが、その先駆け的な存在といえば『ミクシィ』。十数年前ころ大ブームになり、東証マザーズに上場したのが、今からちょうど10年前の2006年9月のことです。

それから、さまざまな荒波を越えて現在はゲーム市場に参入しているわけですが、今回はそんな『ミクシィ』にスポットをあて、株価の変化とともに10年間の出来事やマーケットを振り返ってみます。 

■SNSの先駆けとして一大ブームに

会員になるには既存の会員からの招待が必要で、「一見さんお断り」のお店に連れていってもらうような特別感と安心感が人気だったのが、mixi(ミクシィ)。フェイスブックができたのが2004年、ツイッターは2006年なので、それよりも前にブームとして大人気を博したのが、『ミクシィ』でした。そんな評判が後押しして、今から10年前の2006年に上場することになったわけです。

■2006年「ゼロ金利政策」を5年4か月ぶりに解除 日本ではSNSが人気

10年前にプレイバック!2006年9月上場したミクシィを例にマーケットを振り返ろう、マネーゴーランド
『ミクシィ』が新規上場した2006年9月14日の日経平均株価は、1万5942円39銭。この年の7月に日本銀行が「ゼロ金利政策」を5年4か月ぶりに解除、11月には内閣府が戦後最長の「いざなぎ景気」を越えたと発表しました。

2016年9月現在の日経平均株価は1万6000円前後で、ミクシィ上場時とは変わらない水準ですが、2016年7月に上場で注目された『LINE』の公募価格は3300円。売買単位の100株で計算しても33万円です。一方『ミクシィ』は155万円(当時は1株から購入できた)でしたので大きな差がありますね。

当時はGREEがKDDIと資本提携したというニュースもあり、景気上昇やSNSの将来を期待した投資家からの需要は大きいと見込まれていました。実際、上場当日は買い注文が殺到して売買が成立せず、翌日についた初値は295万円となり、公募価格の約2倍となり、155万円で買えていた方は140万円の儲けになりました。

■2008年リーマンショックの影響で株価は大暴落

10年前にプレイバック!2006年9月上場したミクシィを例にマーケットを振り返ろう、マネーゴーランド
2007年7月にはアメリカの格付け会社が米国の住宅市場を舞台としたサブプライムローンを担保にした証券を格下げ。このことを引き金に翌年2008年9月にはリーマン・ブラザーズが経営破たんに陥りました。日経平均株価も6994円90銭まで下落。バブル崩壊時の最安値7603円76銭を大きく割り込み、投資家の心もお金も凍り付いたことでしょう。

ミクシィも多分に洩れず、この時期大きく値を下げ、2009年3月には単位100株で57万9000円となりました。

■ライバルSNS企業の日本参入で出遅れるが…

10年前にプレイバック!2006年9月上場したミクシィを例にマーケットを振り返ろう、マネーゴーランド

2012年12月安倍内閣誕生から始まったアベノミクスによる株価上昇局面には残念ながら追随できませんでした。背景としては、2008年5月にフェイスブックの日本語版が発表され、2011年3月の東日本大震災をきっかけにLINEも誕生。景気の影響より同業他社と比べ魅力的なコンテンツを提供できないことが株価に響いたのではと予想されます。

そんな出遅れた感のあるミクシィも、2013年9月に配信したゲームアプリ『モンスターストライク』が大ヒット。今や収益の柱はSNSからゲームへ移行しています。

■公募価格でミクシィ株を購入していたら今いくら?

10年前にプレイバック!2006年9月上場したミクシィを例にマーケットを振り返ろう、マネーゴーランド

2016年9月8日の終値は3715円。公募価格で購入していたら、大きく損したと感じるかもしれませんね。ですがミクシィは2007年6月に1株を2株(株数が2倍)に、2013年3月には1株を100株(株数が100倍)に、また2014年6月にも1株を5株(株数が5倍)へと株式分割を行っています。

その結果当初1株だった持ち株数は1000株に増えており、1000株 × 3715円 =371万5000円が現在の価格となり、上場当時より216万円利益が出ている計算となります。

初値で売却することが新規上場株(IPO)で儲けるセオリーになりつつありますが、景気や時代の風を読み、長く保有するゆとりを持つことが、大きな利益を生む秘訣なのかもしれませんね。

※筆者及び当メディアはミクシィ株を推奨しているわけでなく、ミクシィ株を例に、直近10年間のマーケットを分析・解説しているにすぎません。購入する場合は自己責任でお願い致します。

馬主&別荘所有も夢じゃない!「庶民でもオーナーになれるもの」3選

「馬主や不動産を持っている」というと、お金持ちのステータスですよね。実は、そんなお金持ちだけの世界だと思っていたオーナーというものに、一般人である私たちもなることができるんです。

手が届く金額でオーナーになれちゃう、今注目のシェア制度をご紹介します。

■シェアをすることでオーナーになれます!

最近注目されている、シェア制度。ひとつのものに対して、オーナー権利を多数の人でシェアをするというものです。これまで、オーナーになるには1人が大金をはたいてその権利を獲得していましたが、みんなで権利を分け合って共同で所有する時代がやってきているんです。特別な資格や経験が必要ないという手軽さも、注目を集めている要因のひとつといえます。

では、シェアしてオーナーになれるもの3つを仕組みや必要経費などとあわせてご紹介します。

■馬主になる:一口馬主

なんと、あの馬主になれるシェアオーナー制度。『一口馬主DB』というサイトでは、競走馬の出資を数百口に分割して募集し、そこに個人が出資をしてオーナーになるというものです。出資は1口単位から可能で、えさ代などを毎月支払う代わりに、レースで獲得した賞金のおよそ60~70%を出資口数に応じて受け取ることが出来ます。500口に分割された権利の場合、1か月にかかる費用は1口の出資でおよそ4,000円(会費と馬の維持費の合計)と、気軽に馬主になることができます。

■リゾート物件のオーナーになる:タイムシェア

こちらは、ホテルや別荘、大型クルーズ船やヨットなど、リゾート物件のオーナー権利をシェアするというものです。たとえばハワイにある『ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ』なら、ハワイの高級コンドミニアムの部屋を1週間単位で所有します。別荘を購入する何千万円、何億円というお金も、掃除などのメンテナンスの手間も必要なく、それよりも低価格でリゾート物件を所有することができます。しかも、相続対象なので、家族に代々受け継ぐことも可能です。

■田んぼのオーナーになる

年間契約をし、区画単位で田んぼのオーナーになれるというもの。1口1アールの面積で、およそ48kgもの米が収穫できます。収穫できた米はすべてオーナーのものとなり、友人・知人で共同出資も可能なので、とれたてのお米をみんなで楽しむことができます。収穫した米は、1年を通して希望の量を発送してもらえ、お歳暮などではギフト対応も可能。田植え体験や収穫体験も可能なので、お子さんの農業体験としても役立ちます。

どんどんお金がなくなる!財布でわかる「絶対お金持ちになれない人の特徴」

お金持ちは長財布を使うという話を聞いたことがある人もいるでしょう。長財布であれば、お金を折らずに使用できます。そのお金を大切にする姿勢が新たなお金を呼び込む、という事実かわからない迷信のようなものから来るのでしょう。

このように、お金持ちの人にまつわる財布には噂などがあるもの。そこで今回は、そんなお金持ちと貧乏人を分ける、財布の使い方についてお話しします。

■注目すべきは財布そのものよりも使い方?

そもそも財布が、直接お金持ちであるかどうかを結びつけることはできません。お金持ちでも貧乏人でも、長財布も二つ折り財布を使うでしょうし、カード払いか現金払いかも好みが別れるでしょう。

ですから、お金持ちと貧乏人を分けるポイントは、財布そのものではなく財布の使い方です。財布の使い方はお金の使い方といっても過言ではありません。お金の使い方はお金持ちになるかどうかを分ける鍵になるのです。

■財布をシンプルに使う

一般的にお金がきっちり貯められる人は、自身の収支を把握しています。それはお金持ちでも例外ではなく、レシートや1度行っただけのポイントカードで溢れている財布を持ち歩く人は少ないでしょう。

財布をできるだけシンプルに整理した方が、お金の把握は楽になります。そうすると無意識に自分の収支に目がいき、物を買うかどうかの判断も素早く行うことができます。これらの動作は時間の短縮にも繋がり、新たな時間に投資することが可能になるかもしれません。

■お金持ちの準備をしよう

先ほどもお話ししたように財布を変えただけでお金持ちになれるわけではありません。同じように、使い方を変えたからといって必ずお金持ちになれるわけでもないでしょう。

しかし、もしあなたの使えるお金が今の2倍、3倍に増えたとして、今と同じ財布はヨレヨレでレシートが詰まっている、小銭はジャラジャラと音を立ててうるさい財布を持ち歩いているとどうでしょうか。

あまり、かっこいい財布の使い方とは言えませんね。ぜひ今のうちから、お金持ちの準備として、シンプルな財布の使い方を身につけてもらえたらと思います。

ランキング