ポルシェ米国販売10.7%増…「マカン」が2.3倍に!

8494.jpg

ポルシェの米国法人、ポルシェカーズノースアメリカは11月1日、10月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は4506台。前年同月比は10.7%増と、3か月連続で前年実績を上回った。

モデル別では、SUVの『マカン』が2120台で、最量販車に。前年同月のおよそ2.3倍の大幅増で、2か月連続で増加した。『カイエン』は1206台。前年同月比は17%減と、2か月連続で前年実績を割り込む。

一方、スポーツカーは、『ボクスター』と『ケイマン』が合計で、441台を販売。前年同月比は20.1%減と、3か月連続で前年実績を下回った。

『911』シリーズは444台で、前年同月比は44.7%減と、3か月連続で減少。『パナメーラ』は295台。新型の発売を控え、前年同月に対して16.5%の減少となった。

なお、ポルシェの2015年の米国新車販売は、初の5万台超えとなる5万1756台。前年比は10.1%増と伸びた。2016年1‐10月は、前年同期比3.2%増の4万4752台を販売している。

画像一覧

  • ポルシェ マカン
  • ポルシェ 718ケイマン
  • ポルシェ 718ボクスター
  • ポルシェ カイエン
  • ポルシェ 911 カレラ 改良新型

提供元

関連記事

関連記事

【パリモーターショー16】フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様初公開!

初公開となったフェラーリ『488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様』は、かつてフェラーリのF1で活躍したミハエル・シューマッハ氏に、敬意を示す1台。[写真25点]

この488 GTBのボディカラーは、フェラーリ、そしてフェラーリF1を象徴するレッド。ルーフには、ホワイトのストライプが添えられた。フロントリップスポイラーやサイドスカートなどにも、往年のF1マシンを彷彿とさせるアクセントが施された。

インテリアは、タンカラーのレザーシートを装備。ステアリングホイールのパドルシフトをはじめ、空調吹き出し口の一部はイエローで仕上げられるなど、テイラーメイドの経験を活かしたカスタマイズが施されている。

やっぱり富豪の象徴!「BMW・ロールスロイス等」世界販売8月新記録

BMWグループは9月13日、8月の世界新車販売の結果を明らかにした。BMW、MINI、ロールスロイスの3ブランドの総販売台数は、8月の新記録の16万5431台。前年同月比は5.7%増と、8か月連続で前年実績を上回った。

ブランド別では、BMWが前年同月比5%増の14万2554台と、8か月連続の増加。MINIは10.3%増の2万2575台と、8か月連続の前年実績超え。ロールスロイスは、302台という結果。

グループ全体の8月市場別実績は、中国を含めたアジア全体が、前年同月比13.8%増の5万9047台を販売。このうち中国は1‐8月、前年同期比9.4%増の32万9972台だった。北米は8月、前年同月比4.4%減の3万8200台と減少傾向。欧州は6万2653台を売り上げ、前年同月比は6.3%増と、回復基調が続く。

8月のBMWブランド実績では、セダン系では新型『7シリーズ』が、5000台以上。前年同月の3倍以上と大きく伸びた。

SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)では、新型『X1』が、前年同月の2倍の1万6612台と大きく増加。『X3』は、29.7%増の1万2663台を販売した。『X4』は10.6%増の4118台。『X5』も9.9%増の1万2321台と好調だった。

BMWグループの2015年世界新車販売は、5年連続で前年実績を上回り、過去最高の224万7485台。前年比は6.1%増だった。2016年1‐8月は、前年同期比5.5%増の150万8659台。BMWグループのイアン・ロバートソン営業&マーケティング担当取締役は、「全ブランドで続く販売の成功は、商品ラインナップ強化のおかげ」と述べている。

【節約絶景ドライブ】埼玉長瀞の岩畳を楽しむ大迫力ドライブコース

●節約絶景ドライブ:都心から気軽に行ける秩父・長瀞をドライブ編

これまで見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

そんな体験をもっと身近に感じるためにこんな企画を用意してみました。題して「節約絶景ドライブ」。みんなが知っているドライブスポットから地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします。

●国道299号のワインディングを楽しんで秩父・長瀞をドライブ

旬のシーズンに見られる絶景スポットを“節約”をテーマにしてご紹介している節約絶景ポイント。今回ご紹介するのは、都心からわずか1時間ほどで行ける便利なドライブコース。長瀞にある岩畳をはじめ、秩父には見どころスポットが満載です。涼しげな渓流の流れや森林浴が楽しめる神社群でリフレッシュできること間違いなし。

おすすめスポット●20

秩父・長瀞渓谷の岩畳を鑑賞するプラン
・ルート:狭山日高IC→国道299号→巾着田→正丸峠→羊山公園→秩父神社→長瀞渓谷
・距離:約50km
・所要時間:約100分

▼長い年月を経て地球が作り出した長瀞渓谷の美しい光景。舟で下るだけでなく、散策するのもおすすめです。
大迫力の長瀞・岩畳の絶景を楽しもう、節約絶景ドライブ、マネーゴーランド

車好きにはおすすめの国道299号

今回の目的地は秩父・長瀞渓谷にある岩畳の大絶景。目的地に向かうためには関越道・花園ICがいちばん近くて便利なのですが、ドライブを楽しみたいという方におすすめなのが国道299号を走るルート。

埼玉県入間市から秩父を経て、長野県茅野市まで到達する国道299号は、くねくねと曲がる高麗川沿いに作られており、途中には有名な正丸トンネルなど、走っているだけでも十分楽しめるおすすめルートです。

まずは圏央道・狭山日高ICを下りたら県道347号を西に向かうと国道299号に合流。JR八高線の高架をくぐるとドライブが始まります。

彼岸花で有名な巾着田

国道299号を少し進み、西武池袋線・高麗駅の近くへ来ると有名な巾着田が見えてきます。大きくカーブを描く高麗川の中にある巾着田は、その名の通り巾着のようなカタチをした珍しい平地。河川敷には彼岸花(曼珠沙華)がおよそ500万本も植えられており、9~10月のシーズンには常に大渋滞。ちなみに夏には蓮の花が一面に植えられており、比較的空いているのでおすすめ。大自然の中で時間を過ごせます。

ひたすら続く国道299号の軽快ワインディング

巾着田を過ぎたら、秩父を目指してひたすら国道299号を北上します。もともとワインディング(曲がりくねった道)は山道に作られていることが多く、ほとんどは上りか下りというのが一般的ですが、こちらは川沿いを走っているため傾斜はほとんどありません。そのため小排気量の車でも軽快にワインディングのドライブが楽しめます。常に助手席側には高麗川の流れを望むことができ、その向こうには鉄道が走るという絶景が続きます。

正丸駅を通過すると走り屋アニメで一躍有名になった正丸峠が登場。その麓には全長2kmもの長さを誇る正丸トンネルがあるため、峠を越える心配はありません。ちなみにトンネルを通らずに峠を越えることも可能ですが、道幅が細いので運転に自信のある方以外は素直にトンネルを通った方が無難です。

羊山公園では花菖蒲が見ごろ

スタートからここまで、国道299号をひたすら北上するだけなので道に迷う心配がない今回のドライブコース。この299号は信号の数も非常に少ないのでずっと軽快なドライブが楽しめます。
芦ヶ久保駅を過ぎて秩父の市街地に入ると、国道299号は普通の国道になります。さらに少し進むと有名な羊山公園が助手席側に登場。ここは芝桜が有名な観光地ですが、夏には花菖蒲を見ることができ、高台に登れば秩父の市街地を一望することもできます。

駅のすぐ近くにある秩父神社

羊山公園を過ぎてさらに国道299号を北に向かうと秩父鉄道の秩父駅が見えてきますが、そのすぐ近くにあるのが秩父神社。およそ2000年も前に建立されたと伝えられており、徳川家康の手によって社殿が建てられたといわれています。境内にはあの左甚五郎の作品であるつなぎの龍などがあり見どころも満載。ちなみにここは数あるパワースポットの中でも特に強力な地とされています。

いよいよ長瀞渓谷へ

秩父神社を参詣したら、今度は国道140号でさらに北上します。町中を走る国道140号は横瀬川沿いを走りながら北へ向かい、やがて本流となる荒川沿いを走るようになります。やがて荒川に架かる長瀞親鼻橋を過ぎるころには自然豊かな景色へと変貌。上長瀞駅を過ぎたあたりに有名な岩畳がありますが、まずは少し北にある長瀞駅まで向かいましょう。

長瀞駅の周辺には有料駐車場がありますが、ライン川下りを利用する方は専用の無料駐車場もあります。ここに車を停めて船もしくは歩いて岩畳を楽しむのがおすすめ。岩畳はおよそ5kmもあり、川の中に足を浸すこともできます。

帰りは関越道の花園ICに出れば約40分で東京に戻ることができます。

絶景スポットをまとめて見てみよう!(次ページ)

年間19万円の出費!なんとかしたい「車の維持費」を見直す方法

「えっ、車の維持費ってこんなに高いの?」

ふと自分の使っているお金を整理していると誰もが思うことではないでしょうか。車にかかる維持費を考えると、続々と出てきます。保険、ガソリン、車検、駐車場代、税金…といった様々なことにお金がかかるのです。

これだけ様々なお金をかけていると維持費は馬鹿になりません。今回は車の維持費をどうやって安くするのかということについて検討してみました。

■みんなの平均は?

『ソニー損保』のウェブサイトの情報によると、車の平均使用頻度は週5回でひと月辺りの走行距離は410km。また保険料やガソリンなどの維持費は、12年間で約228万円です。これを1年で換算すると年間約19万円となります。

確かに、ほとんど毎日乗るために維持費がかかることは仕方ないという意見もありますが、もう少し安く抑えられないのかと考える人がいることも納得です。

■19万円の内訳は?

では、もう少し細かく見ていきましょう。この年間約19万円の内訳はどのようになっていると考えられるでしょうか。

・車検費用 ・・・ 8万円
・ガソリン代 ・・・ 3万5,000円
・駐車場代  ・・・ 3万円(かかる人とかからない人がいるため)
・保険料   ・・・ 4万円
・洗車費用  ・・・ 5,000円

あくまでも予想ですが、おおまかな内訳はこれくらいではないでしょうか。では、これだけかかるお金をどこで節約すれば良いのでしょうか。

■レンタカーを考える

ここで車の維持費の中で削ることができるのが、駐車場代。では、駐車場代のかからないレンタカーであれば、どれくらいの回数ならお得と言えるでしょうか。

レンタカーで1回あたりにかかる費用を5,000円とすると年間で38回以内、つまり、車に乗る回数が月に約3回以内であればレンタカーの方が安く運用できます。あまり運転しないという方は、車を手放すことも一つの選択かもしれません。
またカーシェアリングのサービスも一般化してきているので、それを利用するのもよいかもしれません。

■燃費のいい軽自動車を考える

続いて、自動車を軽自動車に切り替えた場合はどうでしょうか。まず、車検費用が何割か安くなります。そして燃費も良いものを選べばガソリン代も安くできるでしょう。

その他保険料も少し安くなるかもしれませんが、軽自動車にするだけで、維持費が2万円ほど安くできると考えられます。

他にもできるだけ駐車場代を安くするといったこも考えられますし、維持費を安くする方法は存在します。ぜひ一度見直してもらえたらと思います。

ランキング