レギュラーガソリン126.5円!5週連続の値上がりに

8420.jpg

資源エネルギー庁が11月9日に発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、11月7日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は前週の調査から0.2円値上がりし126.5円となった。レギュラーガソリンの値上がりは5週連続。

地域別では、中国で0.5円、近畿と中部、四国で0.3円、九州・沖縄で0.2円、東北と関東で0.1円値上がり。北海道では0.7円値を下げた。

ハイオクガソリンは0.2円高の137.4円、軽油は0.1円高の105.1円だった。

60万人の会員を持つガソリン価格投稿/愛車燃費管理サービス「e燃費」によると、11月9日のレギュラーガソリンの全国平均購入価格は118.3円/リットル、ハイオクは129.0円/リットル、軽油は92.4円/リットルだった。

なお資源エネルギー庁による平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。

画像一覧

  • レギュラーガソリン実売価格(「e燃費」調べ)
  • ハイオクガソリン実売価格(「e燃費」調べ)
  • 給油所のガソリン小売価格推移(資源エネルギー庁の発表をもとにレスポンス編集部でグラフ作成)

提供元

関連記事

関連記事

トランプ米大統領が誕生したら…「為替大荒れ&日本への影響」予測

アメリカ大統領選挙は、ヒラリー候補とトランプ候補の討論会を終え、あとは11月8日の本選挙投票日を迎えるのみとなりました。

ヒラリー氏優勢との報道が多いですが、もしもトランプ候補の大逆転劇が繰り広げられたら、市場は暴落すると噂されています。

■トランプ大統領誕生で為替相場にショックが走る!

もし、トランプ候補が大統領に当選すればどうなるでしょうか?
おそらく、最終的な投票結果が出るまで、クリントン候補が優勢な状況は変わらないと思います。そこで、もし、トランプ氏当選になれば、サプライズで瞬間的に金融市場は反応する筈。それは、今年の6月23日に英国のEU離脱派が勝った国民投票と似た内容。

トランプ大統領誕生による混乱を怖がって、短期的な売りが大量に生じて、全体として、株安やドル高・円高・スイスフラン高を引き起こすことになるでしょう。米ドル/円ベースでは、円高に動く可能性が高い。そして、後世に「トランプショックの日」と名付けられると思います。

■長期的なトランプ大統領の影響は?

さて、本当に大事なのは、トランプ大統領誕生による長期的な影響です。戦争や移民差別というフレーズを思い浮かべる方もいるかと思います。しかし、アメリカはどこと戦争するのでしょうか。ちなみに小さい国や組織とは今も戦争中ですからね。

ロシアのプーチン大統領は、トランプ候補を現実的な話が分かる人と歓迎しています。中国に対しては厳しい姿勢ながら、ここで、戦争・紛争が起きるとすれば、米国側よりも中国側の要因の方が大きく、クリントン候補でもあまり変わらないと思います。

日本に対して防衛に関する負担を求めるのも、当たり前の話。これまでは、水面下で政治家・官僚だけで交渉していた話を堂々と発言しているだけにすぎません。

では、何も変わらないと安心していいのでしょうか。

■元俳優のレーガン氏に似ているのが心配

心配なのが、共和党政権・大衆受けという点で、共通するレーガン元大統領。すでにお金持ちのトランプ候補が、さらに求めるのは、名誉や人々からの尊敬の念。虚栄心の強そうな性格はもちろん心配のタネ。議会も共和党が握っていることから、民主党政権よりも政策を実行しやすい環境にあるという事実を忘れてはいけません。

トランプ候補が当選するとしたら、他国よりも米国を優先して欲しいという米国人の声であり、中長期的に、思い切った政策を実行してくる可能性があります。

考えられるのは…
・米ドルの大幅切り下げ⇒ 米ドルを安くして、米国経済を良くする。緩やかではなく突発的にやるかもしれません。
・世界共通通貨の米ドルを利用した経済制裁の発動⇒ 中小国との関係が悪化する可能性。
・米国のインフラ整備に巨額の財政支出⇒ 景気を良くして、ドル安に動く効果もあります。デメリットは財政赤字。
・環境やビジネスに関する規制撤廃⇒ ビジネスを優先して環境に関する様々な規制を撤廃。そして、様々な規制撤廃でグローバル企業に戦いを挑む可能性も残っています。

結論として、為替・株式市場は、上下に荒れる可能性が高くなります。メディアの悲観論程、心配する必要はありませんが、いきなり市場を動かす政策が出てくるリスクがあるでしょう。

トランプ候補の暴言で株価暴落⁉︎ 「米大統領選挙と為替」考察レポート

米大統領選挙(*)は、いよいよクライマックス。クリントン候補とトランプ候補が互角の争いを繰り広げています。これから、11月8日の本選挙投票日に向けて盛り上がること必至。

その中で、トランプショック・市場が暴落という噂が飛び交っていることをご存じの方は多いと思います。

クリントン候補が当選した場合は、為替相場や株式相場への影響は少ないでしょう。民主党の現職オバマ路線を継続しますし、共和党が大勢を占める議会との対立もあり、大きな変化をもたらしにくい大統領になりそう。変化がないということが人気のない理由という皮肉な現状。

■トランプ大統領で市場がパニック?

一方、トランプ候補が当選した場合、世界中で戦争が起きる・株価暴落するなどというパニック系のニュースが出ています。でもちょっと待ってください。トランプショックや過激な発言は、トランプ候補に反対する米メディアが過剰に騒ぎ立てた面があるから、割り引いて考える必要があります。

メディアの言いなりでは、投資の世界で生き残ることができません。ここは冷静にトランプ候補を見ておきましょう。

和迫る米大統領選挙!トランプ大統領が誕生すれば、株式・為替は暴落する?、マネーゴーランド

■トランプ候補は暴言で注目を集めるだけ!

まず、トランプ氏は、頭が良く大衆に受ける発言を良く分かっています。代表的な例は、「麻薬や犯罪を持ち込む不法移民を止めるためにメキシコ国境に壁を作り、メキシコにその費用を払わせる」という発言でしょう。

ところが、実際に、メキシコのペニャニエト大統領と会談した時、メキシコ側は壁の費用を負担しないと伝えたのに対して、トランプ氏は、費用については話さなかったと説明。これ、どちらがウソをついていると思いますか?

ウソつきは、明らかにトランプ氏の方。つまり、トランプ氏は、過激発言を実行する気はないということ。過激な発言はするけれど、相手に合わせて柔軟に引っ込めることをしてくるでしょう。もともと、彼は政治家ではなく、不動産を中心にしたビジネスマンにしてエンターテイナー。信念を持っている政治家よりも柔らかい頭を持っていても不思議ではありません。

<*用語解説ワンポイントレッスン>
本日のワード:米大統領選挙
四年間に一度、実施される米国の大統領を決める選挙。世界最大の大国であるアメリカのトップを決める選挙だけに、世界中の関心を集める。11月8日が今回の選挙における投票日で、就任式は2017年1月20日。

自転車事故で9千万円の請求!実際にあった賠償金「高額ランキング」

ここ数年、自転車での事故は問題視されてきましたが、まだまだ軽んじられる傾向にあります。しかし、実は自転車事故でも、被害の大きさによっては数千万もの多額の賠償金を払わないといけないこともあります。

今回は、『一般社団法人 日本損害保険協会』のウェブサイトの情報をもとに、自転車事故において高額の判決容認額になった5つのケースをランキング形式でご紹介します。

■第5位【4,746万円】

東京地方裁判所にて平成26年1月に判決が下された事故です。日中、青信号で横断歩道を歩行中の75歳の女性に、交差点の赤信号を無視して侵入してきた男性が衝突。女性は脳挫傷などの怪我を受け、事故の5日後に死亡しました。

■第4位【5,438万円】

東京地方裁判所にて平成19年4月に判決が下された事故。男性が昼間に信号標識を無視して交差点に猛スピードで侵入。青信号で横断中だった55歳の女性と衝突し、女性は頭蓋骨損傷等で事故の11日後に死亡しました。

■第3位【6,779万円】

東京地方裁判所にて平成15年9月に判決が下された事故。夕方ごろ、男性がペットボトルを持ちながら下り坂を猛スピードで走行し、そのまま交差点に進入したところで、横断歩道を横断中の38歳の女性と衝突しました。事故の3日後、女性は脳挫傷等で死亡しました。

■第2位【9,266万円】

東京地方裁判所にて平成20年6月に判決が下された事故ですが、日中、男子高校生が自動車横断帯の手前の歩道から車道をななめに横断しました。対向車線を自転車で進んでいた24歳の男性と衝突し、その後、男性は言語機能の喪失など、重大な障害が残りました。

■第1位【9,521万円】

神戸地方裁判所にて平成25年7月に判決が下された事故。11歳の男子小学生が夜間に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において、歩行中の62歳の女性と正面衝突。女性は頭蓋骨を骨折するなどの障害を負い、意識が戻らない状態となってしまいました。

なお、判決認容額とは、裁判における裁判文において、加害者が支払いを命じられた金額のことで、判決後の上訴等によって、加害者が実際に支払う金額とは異なる場合があります。 

ちなみに、上記のような場合の賠償責任は、未成年であっても免れることはありません。自転車による事故増加を受け、自転車保険を義務化する自治体が増えてきています。自転車保険の詳細については、9500万円の賠償金実例も…義務化が進む「自転車保険」FP推奨の加入法 でも紹介しています。自転車は安全に、人に迷惑をかけないように乗りましょう。

年間19万円の出費!なんとかしたい「車の維持費」を見直す方法

「えっ、車の維持費ってこんなに高いの?」

ふと自分の使っているお金を整理していると誰もが思うことではないでしょうか。車にかかる維持費を考えると、続々と出てきます。保険、ガソリン、車検、駐車場代、税金…といった様々なことにお金がかかるのです。

これだけ様々なお金をかけていると維持費は馬鹿になりません。今回は車の維持費をどうやって安くするのかということについて検討してみました。

■みんなの平均は?

『ソニー損保』のウェブサイトの情報によると、車の平均使用頻度は週5回でひと月辺りの走行距離は410km。また保険料やガソリンなどの維持費は、12年間で約228万円です。これを1年で換算すると年間約19万円となります。

確かに、ほとんど毎日乗るために維持費がかかることは仕方ないという意見もありますが、もう少し安く抑えられないのかと考える人がいることも納得です。

■19万円の内訳は?

では、もう少し細かく見ていきましょう。この年間約19万円の内訳はどのようになっていると考えられるでしょうか。

・車検費用 ・・・ 8万円
・ガソリン代 ・・・ 3万5,000円
・駐車場代  ・・・ 3万円(かかる人とかからない人がいるため)
・保険料   ・・・ 4万円
・洗車費用  ・・・ 5,000円

あくまでも予想ですが、おおまかな内訳はこれくらいではないでしょうか。では、これだけかかるお金をどこで節約すれば良いのでしょうか。

■レンタカーを考える

ここで車の維持費の中で削ることができるのが、駐車場代。では、駐車場代のかからないレンタカーであれば、どれくらいの回数ならお得と言えるでしょうか。

レンタカーで1回あたりにかかる費用を5,000円とすると年間で38回以内、つまり、車に乗る回数が月に約3回以内であればレンタカーの方が安く運用できます。あまり運転しないという方は、車を手放すことも一つの選択かもしれません。
またカーシェアリングのサービスも一般化してきているので、それを利用するのもよいかもしれません。

■燃費のいい軽自動車を考える

続いて、自動車を軽自動車に切り替えた場合はどうでしょうか。まず、車検費用が何割か安くなります。そして燃費も良いものを選べばガソリン代も安くできるでしょう。

その他保険料も少し安くなるかもしれませんが、軽自動車にするだけで、維持費が2万円ほど安くできると考えられます。

他にもできるだけ駐車場代を安くするといったこも考えられますし、維持費を安くする方法は存在します。ぜひ一度見直してもらえたらと思います。

ランキング