実写映画『無限の住人』福士蒼汰が初の悪役に挑戦 市原隼人、戸田恵梨香ら追加キャスト発表

[コメント]

8393.jpg

実写映画『無限の住人』は2017年4月29日に全国公開を迎える。主人公・万次役には木村拓哉、ヒロイン・浅野凜役には杉咲花が起用され、大きな話題となった本作。このたび追加キャストとして、福士蒼汰ら豪華メンバーの起用が明らかになった。

福士蒼汰は剣客集団・逸刀流統主・天津影久役として、自身初の初の悪役を担当する。刀を使った本格的な立ち回りも初めてだったものの、運動神経と筋の良さは指導にあたった殺陣師の折り紙付き。万次との決闘シーンは見どころの一つとなった。三池監督も「今までと違う一面を自分の内面から出してきた。大変なプレッシャーすらも自分に取り込んでしまう彼の性格がうまく作用した」と太鼓判を押している。
逸刀流を狙う集団・無骸流に所属し、天津を倒すべく万次に共闘を持ちかける尸良役には市原隼人が起用された。市原は自分の役どころについて「間違いなくこれまで演じたことのない最恐の役でした」と語っている。

天津がもっとも信頼を寄せる最強の女剣士・乙橘槇絵役を演じる戸田恵梨香は、本作が初のアクション映画となる。戸田は「槇絵はかっこよさと儚さと可憐さもつすごく魅力的な女性で、そういう女性像は今まで演じたことがなかったですし演じていてとても気持ちが良かったです」とコメント。なお戸田と木村の共演は2005年放送のドラマ『エンジン』以来となる。
そのほか、逸刀流の刺客・閑馬永空役の市川海老蔵をはじめ、伊羽研水役に山崎努、吐鉤群役に田中泯、黒衣鯖人役に北村一輝、百琳役に栗山千明、凶戴斗役に満島真之介と実力派が起用された。原作者の沙村広明は「木村拓哉さんはもちろんですが、お会いしたキャストの皆様が、原作のイメージよりも美男美女の方が揃っており、本当にいい俳優の方々に演じてもらったなと感謝の念がすごくあります」と期待のコメントを発表している。

『無限の住人』
2017年 4月29日(土・祝)全国ロードショー

福士蒼汰(天津影久役)
最初は悪役と聞いて、自分自身そのような役を演じたことがなかったので素直に楽しみだなと思いました。天津影久は、一本芯が通っていて、志を持って生きている人物です。ただの「悪人」というわけではないので、悪の中にある人間味をどう演じるか意識しました。三池監督とは『神さまの言うとおり』以来、2作目のお仕事になります。前回同様、自分が思う天津影久を体現していくとそれを監督が受け止め、もっとこうしようとアドバイスを下さりました。自分にとって、挑戦しながら沢山の勉強ができる現場でした。木村さんとは初めて共演させて頂きましたが、全力でぶつかってきて下さるので、自分も全力で挑むことができました。そのような環境を作っていただいたので、緊張しながらもとても刺激になる撮影でした。

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

画像一覧

  • 映画『無限の住人』キャスト(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

提供元

関連記事

関連記事

時間を選ばない!好きなときに映画を格安で楽しむ方法

映画館。通常大人は1,800円ぐらいしますよね。曜日や時間で割引になることはありますが、該当する時間にいけないこともあるでしょう。その映画館の費用を安く上げることができるとしたら・・・?映画を安く見る方法をご紹介します。

まずは株主優待
映画館の株主優待なら、映画を無料で見ることができます。株券を購入する必要がありますが、1,000株購入して年間で36回の映画を見るなど、映画館のヘビーユーザーならとてもオススメ。
例えば109シネマズを運営している東急レクリエーションなら、1,000株買っても7万円いかないぐらいです。そこで、株主優待を手に入れて、映画館に行くといいでしょう。株の利回りとしても最適ですよ。

当日なら、金券ショップも
株は事前に仕込んで配当の日を待たなければなりませんが、映画館に今行きたい!という場合は、金券ショップにまず行かれることをおすすめします。金券ショプなら、株主優待券も売っていますし、お目当ての映画のチケットが安く買える場合も多々あるのです。ただし、座席指定の映画館もたくさんあるので、早めに金券ショップに行って、購入したあとはギリギリの時間にならないように、早め早めで行動しましょう。節約はいつも時間との戦いですね。

映画館は同じ所でポイントゲット
映画館は、独自のポイントシステムを使っています。例えばユナイテッドシネマグループのシネプレックスなら、6回映画を見れば1回無料!これは映画好きにはたまらない割り引きですよね。映画館のヘビーユーザーであればあるほど、お得なシステムなのです。コツコツとポイントを貯めれば、あっという間に、無料で映画を見ることができますよ。

まとめ
日本の映画館は結構高いですよね。ですので、さまざまなテクニックを駆使して、安く上げましょう。まずは株主優待を考えて、その次は金券ショップ、そしてポイントなどを駆使することによって、割高な映画館をお得に楽しむことが可能となります。

平野ノラ風バブリー妄想体験!朝と夜で値段が違う「不動産とバブル」

バブル期というのは「すべての価格が上がった」時期だと言うことができます。つまり収入は必ず高くなる。いま売っているものもこれから高くなる。だから買っちゃえ、という時代だったのです。その典型的な例が土地でしょう。

最近はそんなバブル期をネタにした芸人、平野ノラさんが登場して人気を博しているとか。

今回は、バブル期を経験した筆者が、当時の不動産とお金についてご紹介します。

■朝晩で値段が違った不動産

バブル期の住宅地価の推移を表したグラフがあります。これを見ると1985年に平米あたり200万だった土地が翌年には800万に。最盛期の88〜91年には1200万円を超えています。つまり、85年に200万円で仕入れた土地が、たった3年で6倍になったわけです。

なにしろ、土地さえあれば利益が見込めるのです。最盛期には「朝4000万で買った物件が、夕方6000万で売れた」なんて話もよく聞いたものです。

バブルといえば株、土地ですが、上がり下がりで利益を出す株と違い、土地は「買えば高く売れる」というシンプルさ。不動産業は人気の職業のひとつでした。学歴も要らない、経験も要らない。営業力さえあれば大金を稼げるのですから、不動産業は中高卒でも大金を手に入れることができる。

大金が動くこともあり羽振りもよく「毎月フランス料理店で社員全員の食事会」「社員旅行は海外、しかも家族も招待」なんて会社も多かったと聞きます。

■確実に上がる=買えば儲かる

さて、土地は絶対に安くならないと分かれば、買って売ってを繰り返すだけで利益が生まれることになります。そこで土地の売り買いを繰り返して利ざやを稼ぐ「土地転がし」というビジネスが生まれました。

仕事はカンタン。土地を買って、その値段より高く他に売るのです。土地価格の高騰を受け、ビルやマンションを建てるにはまとまった土地を買うよりも、小分けの土地を端から買って大きな土地にするほうが安くなる。

デベロッパー側のそんな意向を受けて、土地を買い漁る人も数多くいました。中には多少乱暴なことをしてでも土地を手放させようという輩もいて、なかなか賑やかな業種だったようです。

■人気の資格が「宅建業免許」

さて、土地を売買するには宅建業の免許が必要です。この宅建免許は当時人気の資格でした。難しさも「簿記2級と同程度」とそこそこ。大体200時間くらい勉強すればなんとかかなったのです。

そして宅建免許を取ってしまえば不動産業への就職はほぼ確定。そんな理由もあって、毎年のように20万人くらい受験し、合格者は約3万人ほど。この数字は今も変わりません。合格率16〜17%は国家試験の中では高いほうと言えるでしょう。

バブル期は自分で宅建免許を持ち、一匹狼で不動産売買をする人も多くいました。もっとも免許がなくても土地売買はできました。不動産会社に籍をおかせてもらい、自分で営業。成約時には重要事項説明を会社の人間におこなってもらう、免許もないのに売買担当をしている人もいっぱいいたのです。

ご存知の通り仕事はいくらでもありました。だから「割のいい仕事」を選ぶなら不動産だったのです。才覚があれば大金と自由が手に入る仕事。バブル期ならではの人気職業だったといえるでしょう。

本木雅弘主演映画『永い言い訳』ローマ国際映画祭に登場!

10月14日(金)より全国公開となる西川美和監督の最新映画「永い言い訳」(AOI Pro.出資・制作)が、10月13日(木)に開幕する「第11回ローマ国際映画祭」の“OFFICIAL SELECTION”に登場します。日本映画としては、今回唯一の招待となっています。

2006年に創設されたローマ国際映画祭は、ローマ市の全面的なバックアップで一般市民が審査を行う市民参加型の映画祭です。過去には「Seventh Code セブンス・コード」の黒沢清監督が最優秀監督賞を受賞、三池崇史監督の「神さまの言うとおり」がコンペティション部門に出品されています。
※映画祭のリニューアルに伴い、コンペティション部門はなくなり、現在は観客賞のみを設けています。

9月には北米最大規模の映画祭「第41回トロント国際映画祭」に出品され、今月の「第21回釜山国際映画祭」にも招待が決定しており、海外でも注目を集める本作。本映画祭においては、7名の選定委員の満場一致により選出されており、観客賞獲得の期待が高まっています。

主演の本木雅弘さんと西川美和監督は、10月16日にローマに向け出発。現地時間の18日午後に行われるフォトコールや記者会見の後、レッドカーペットと上映に参加する予定です。

■『永い言い訳』本予告

ゴジラが現実に現れたら、日本はどうなるのか?「シン・ゴジラ」が描く“組織の美学”

 映画『シン・ゴジラ』の快進撃が続いている。興業収入は8月19日に40億円を突破した。SNSでは議論が盛り上がっており、リピーターも後を絶たない。50億円突破も確実と言われており、今年一番の話題作となりそうだ。

 東京湾・羽田沖に水蒸気爆発とともに姿を現した巨大不明生物。日本政府の楽観的な観測をよそに巨大不明生物は東京に上陸。政府の対応が遅れる中、巨大不明生物は急速に進化を遂げていき、やがて東京を火の海に変える。

 キャッチコピーは現実(ニッポン)vs虚構(ゴジラ)。本作は圧倒的な力を誇る巨大不明生物・ゴジラに対して政治家、官僚、自衛隊、民間企業が力を結集して立ち向かう姿が描れている。ストーリー自体は単純明快だが、もしもゴジラが現実に現れたら、日本はどうなるのか。どう政府は対応するのか、という手続きの部分を徹底的に描いている。

 総監督はアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下、『エヴァ』)で知られる庵野秀明。監督は平成ガメラシリーズの特技監督や映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の監督で知られる樋口真嗣。特撮やアニメが好きならオタクにとっては、文句なしの最強の制作陣だ。

 とはいえ「怪獣が出てくるような映画にはそもそも興味がわかない」という人も多いだろう。しかし、この『シン・ゴジラ』に関しては、アニメや特撮には興味がない人「怪獣映画なんて自分には関係のない」と思っている人が見ても面白いのではないかと思う。

 もちろん、庵野秀明と樋口真嗣が作り上げたゴジラが東京を破壊するシーンは凄まじく、一番のみどころなのだが、そんなゴジラがもたらす破壊の恐怖を描くために繰り返されるリアルな会議場面こそが本作の面白さを支えている。

 そこに、10~20代の時に『エヴァ』を見て育ってきたオタク世代にとっての“仕事における組織の美学”が描かれている。

 政府の対応が遅れる中、内閣官房副長官(政務担当)の矢口蘭堂(長谷川博己)を中心に、ゴジラに対応するために、各省庁のはぐれ者たちを集めた巨大不明生物特設災害対策本部、通称「巨災対」が結成される。

 意思決定が遅い政府に対して「巨災対」は極めて合理的で、自分のやるべきことを一人一人が邁進していく。

 本作を見て圧倒されるのは、情報量の異様な多さだ。登場人物が多く早口でしゃべり。画面には次々とテロップが登場しては、カットがすぐに切り替わっていく。そこには、情報の塊がひたすら押し寄せてくるような威圧感がある。それは映画としてはいびつで、11年の東日本大震災の時にネットやテレビから速報が押し寄せてきた時のメディアパニックの時の感触をそのまま再現しているかのようだ。

 物語性が弱く登場人物に感情移入できないという批判もあるが、おそらく本作は物語である前に、巨大生物上陸という現象を、膨大な情報の塊として処理しようとしているのだろう。そのスタンスはそのまま「巨災対」にも当てはまる。彼らはゴジラをあくまで生物だと捉えて、冷静に分析することで最良の結果を導き出そうとする。

 アニメや映画に限らず、日本人は物語の中で組織を描くことが苦手である。もっと言うと組織自体を嫌悪している。『エヴァ』はその最たる作品なのだが、その根底には第二次世界大戦時における軍国主義化に対する反省がある。戦後の日本は、国や組織にがんじがらめになるよりも自由にふるまえる個人の方が素晴らしいという戦後民主主義的な考え方で進んできたのだが、だからこそ組織を肯定的に描くことができなかった。

 そんな中、唯一描かれたのが理想の組織が、組織内のアウトロー集団だ。

 『シン・ゴジラ』に影響を与えたとされるアニメ『機動警察パトレイバー』やその影響下にある『踊る大捜査線』(フジテレビ系)や『相棒』(テレビ朝日系)といったポリティカルフィクションの要素が強い刑事ドラマにそれは顕著で、『シン・ゴジラ』も、その構造から、完全には逃れることはできていない。

 本作では、日本政府のふがいなさを散々描いた後、生き残った矢口を中心とした「巨災対」が対ゴジラ戦の指揮をとることになるのだが、逆に言うとゴジラが出てくるくらいのパニックがなければ、世代交代も組織の合理化も今の日本では難しいのかもしれない。だが、矢口を『相棒』の杉下右京のようなアウトローの天才にしないで、あくまで組織の調整役としたのは大きな一歩だといえる。本作では繰り返し書類のやりとりや、何かをする際に許可を貰う場面が登場するのだが、そういった煩わしい手続きを一つ一つクリアしていく姿がカッコよく見えるのが何より素晴らしい。

 国家規模の話だと大きすぎるが、根底にあるのは膨大な情報を処理して、複数の人間の利害を調整し、いかに合理的に回していくのかというシンプルな組織論だ。本作ではそれを政府の問題として描かれているが、民間企業で働いている人が見ても、本作が描いた“組織の美学”は共感できるのではないかと思う。

★成馬零一(なりまれいいち)
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

ランキング