2016年11月14日は、今年最大の満月(スーパーム―ン)!!

8378.jpg

 1年の満月の中でもっとも大きく見える満月「スーパームーン」が、11月14日に訪れる。月が最大となる時刻は午後10時52分。国立天文台では、2016年最大の満月とともに、表面のようすがわかりやすい上り始めの月も観察して、月の模様を楽しんでほしいと紹介している。

 地球の周りを公転する月の軌道は楕円形であるため、地球と月の距離は日々変化しており、月の見かけの大きさも変わっている。月と地球の距離がもっとも近づき、さらに満月となるのがその年で最大の月を見ることのできる「スーパームーン」。毎月1回の満月が訪れる2016年では、11月14日にあたる。

 11月14日の月は、もっとも地球に近くなる地点を午後8時21分に通過。南中時刻の少し前の午後10時52分に満月となり、今年もっとも大きく見える瞬間が訪れる。

 国立天文台のWebサイトでは、2016年最小だった4月22日の満月と11月14日の満月のイメージ図を掲載し、月の見え方の違いをわかりやすく比較している。また、日の入り前後に東の空から上ってきたばかり満月はそれほどまぶしくないので、表面のようすをよく観察できるという。東京都の場合、14日の月の出時刻は午後4時40分。満月とともに月の模様も楽しみたい。

画像一覧

  • 満月の大きさくらべ (c) 国立天文台 天文情報センター
  • 2016年月の視直径の年変化と満月 (c) 国立天文台 天文情報センター
  • 11月の星空カレンダー

提供元

関連記事

関連記事

11/14はスーパームーン!JALが鑑賞フライトに無料招待

 日本航空(JAL)とispaceが運営する民間月面探査チーム「HAKUTO」は、11月14日に「HAKUTOスーパームーン鑑賞フライト」を運航する。小学生親子、最大60組120名を無料招待。応募は、10月27日までWebサイトで受け付けている。

 地球の周りを公転している月の軌道は楕円形で、地球と月の距離は変化している。また、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けてわずかに変化するという。「スーパームーン」とは、満月または新月と、月の地球への最接近が重なることにより地球から見た月の円盤が最大に見える状態のこと。2016年は、11月14日に今年最大の満月「スーパームーン」を鑑賞できる。

 JALは、コーポレートパートナー契約を締結した民間月面探査チーム「HAKUTO」へのサポートの一環として、11月14日に「HAKUTOスーパームーン鑑賞フライト」を運航する。未来を担う子どもたちが航空・宇宙への好奇心を持ち、将来の夢を描くきっかけにしてほしいとしている。

 このフライトでは、高度3万フィートの上空からスーパームーンを鑑賞するほか、機内では民間月面探査チーム「HAKUTO」に関する講演を実施する。また、地上では折り紙ヒコーキイベントも行われ、参加する子どもたちは「夢」を発表する。

 「HAKUTOスーパームーン鑑賞フライト」は成田空港発着。対象は小学生と20歳以上の保護者で、最大60組120名を無料招待する。申込みは、Webサイトで10月27日まで受け付けている。

◆HAKUTOスーパームーン鑑賞フライト
日時:2016年11月14日(月)14:00~20:30
集合・解散場所:成田空港
対象:小学生と20歳以上の保護者(講演内容などは小学校高学年向けレベル)
参加費:無料
応募方法:Webサイトにて受付(抽選により当選者を決定する)
応募期間:2016年10月18日(火)~10月27日(木)23:59
当選者発表:2016年10月28日(金)以降順次、メールで通知
※詳細はWebサイトで確認できる

今日はフルムーン!お金持ちになれる「満月の日にやるといいコト」【声優ナレーション付】

「お金持ちになりたいなあ」そんなことを思う時はありませんか?

人生はお金じゃないと思いながらも、やはりお金があるに越したことはありませんからね。そこで、今回は“満月の力”を借りてお金持ちになる方法についてお話しします。

■満月には解明されていないパワーがある!?

なぜ、満月とお金が関係あるんだ!と言われるかもしれませんが、特別根拠があるわけではありません。しかし、昔から満月になると出産が増えるとか、犯罪が増える…なんてことも言われており、未だ全ては解明はされていないものの、月は人間だけでなく生命の誕生から発展まで密接な関係があるのです。

つまり、科学的な根拠はないものの月にはなんらかのパワーがあると昔から信じられているのです。8月の満月は「中秋の名月」と呼ばれ、豊作の祈りをされていたという説もあり、昔から人々の間で信じられていることを感じますね。

■満月の日にやるべき⁉︎ お金持ちになるおまじない

では、実際のところ満月の日にどんなことをすれば良いのでしょうか。ネットを中心に噂になっているのが満月に向かって財布を振り続けるということ。満月の日に、曇り空で月が見えなくても、月に向かって振り続け、最後にお月様に対してお礼を言うことがポイントだそう。

こうすることによって、財布の中に貯まったレシートや割引券を処分することができるので、財布の中をスッキリさせるという視点からも金運アップしそうですよね。

他にも様々な満月に行うおまじないがありますが、どれも共通して言えるのが、お金を入れるものをきれいにして、月の光に当てるといったことでした。信じるか信じないかはあなた次第ですが、目に見えない力を信じれば何かいいことがあるかもしれませんね。

本日、7月20日は満月です。お金が増えることを祈って財布を月に向かって振り続けてみてはいかがでしょうか。

<お金持ちになれる関連記事>
「“1億円貯める”近道は?毎月貯蓄or投資…?【もしもシリーズ】」
「億万長者を目指せ!“宝くじに当選する人”4つの共通点」
「3つの質問ですぐジャッジ!“年収1,000万円になれるか⁉”自己診断」

■この記事は声優のナレーションでもお楽しみいただけます


ナレーター 水野らむね

■今回のナレーター

水野らむね(みずの らむね)

・主な活動歴
小劇場を中心に舞台で修行中。好きなことは、プラネタリウムでお昼寝。
テレビ東京『ドリームクリエイター』『ドリームドリームクリエイター』『つくり場』ナレーション、くぎうまちゃんキャラクターボイス
ツイッター  @Tann3sui

宝くじ購入にも最適!幸運が万倍に増える「一粒万倍日」とは?

「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」という日をご存知でしょうか。一粒万倍日とは、たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実るということから、少しの幸せが万倍になる非常に縁起のいい日とされています。

■一粒万倍日とは?

先勝・友引・先負といった「六曜」以外の“選日”のひとつ。一粒万倍日に何かを始めると、仕事や趣味でも上手くいくと言われています。ですから、何か新しいことを始めるのであれば、一粒万倍日が絶好の機会なのです。

では、一粒万倍日にどんなことを始めたらよいでしょうか。

■一粒万倍日に新しい財布を買うといい?

先ほども少しお話ししたように、一粒万倍日は小さな幸せが万倍にも増えることを表しています。ですから、一粒万倍日に新しい財布を買うと、あなたの収入を万倍に増やすかもしれません。新しい財布は、今のお金を入れる非常に大切な場所です。そのお金が万倍に増えるまで保管する場所として良い財布を買うことは、縁起が良いと言えそうですね。

■他の吉日と重なると運気も倍増!?

通常でさえ縁起がいいとされている一粒万倍日ですが、さらに縁起がいいとされている日があります。それは、もうひとつの吉日と重なった場合、運気が倍増しになるという話があります。

一粒万倍日と大安が重なっている日に宝くじを買うというゲン担ぎをする人もいるくらいですし、何かを始めるときくらいは少しでも縁起のいい日に始めたいものですね。

■今年の一粒万倍日はどれだけ残っている?

さて、それだけ縁起のいい日とされている一粒万倍日は、今年にあとどれだけ残っているのでしょうか。11月には11、12、23、24日、12月には5、6、7、8、19、20、31日と残っています。

意外と多くてわからない!という人もいるかもしれません。そんな人は別の吉日と重なっている日をピックアップしてみたので、こちらも参考にしてみてください。

それは12月5日(大安)と12月8日(天赦日)、そして今日10月27日(大安)です。実は、今日も一粒万倍日と大安が重なっている非常に縁起のいい日なので、何か始めたい方は、ぜひ今から行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点
宝くじ当選確率が上がる⁉︎ 「購入から抽選までにやるべき事」3か条
土曜12時は当せん確率が上がる⁉︎「BIG6億円を当てる」四つの法則
億万長者の仲間入り!高額当選を毎年輩出「伝説の宝くじ売り場」4選
当せん者が通される「億の間」は実在する?宝くじ都市伝説4つの真実
当選金1億円でも手元に残るのは半分…⁉︎ 税理士が解説「宝くじと税金」

お金も幸運も呼び込む!「お金持ちがいつも言ってる」口癖3選

一般的にお金持ちは共通した考えを持っているといいます。

一般的な人は、一般的な考え方を持っているために一般的な生活を送ります。一方で、お金持ちは、お金持ちの考え方を持っているためにお金持ちになれたと考えられるでしょう。

多くの場合、お金持ちは、ある共通した考え方を持っており、同じようによく口にする言葉があると考えられるでしょう。今回は、そんなお金持ちに共通する口癖についてお話します。

■口癖1:とにかくやってみよう

お金持ちになる人は、物事に対して積極的であるといいます。というのも、何事にも消極的な人は、今の安定した生活を抜け出してチャレンジすることができません。

一方で、何事もやってみようと考える人は、失敗を恐れません。リスク管理さえしっかりしていれば、失敗したからといって人生が終わるわけではないのです。何事にもチャレンジする口癖は、まさにお金持ちになる最低条件と言えそうです。

■口癖2:仕方ないね

何事にもチャレンジするために、よほどの天才でない限り、失敗はつきものです。しかし、その失敗を「ああ、もうだめだ」と考えるのか「こうしたら、もっと良くなったのでは?」と捉えるのでは、結果が大きく変わります。

上手く進められなかったなら、失敗を受け入れることも重要です。「仕方ない」と結果を受け止めた上で、その失敗を次に生かすこともお金持ちになるために必要な条件と言えるでしょうね。

■口癖3:ありがとう

お金持ちになるためには、やはり感謝の気持ちが必要でしょう。自分の努力によって物事が上手く進んだときにも、周りの協力や助けがあったからこそ成し遂げることができたということも多いのです。

お金持ちの人は、そのような自分が行った過程に対する感謝を忘れません。感謝を積み上げていると自分がピンチになったときには手を差し伸べてくれる人がいるでしょう。そして事態を好転させることもあるかもしれませんね。

自分がどれだけ大きなことを成し遂げたとしても、周りの感謝を忘れることなく、さらなる成長を目指してお金持ちになっていきましょう。また、逆にお金に嫌われる口癖については お金がどんどん逃げる!「貧乏を呼び込む」言ってはいけない口癖5選 を使わないように、気をつけてください。

ランキング