借金も不勉強も大歓迎!庶民は仰天「お金持ち流逆転の発想」とは

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・お金持ちになるために必要な、一般人が「悪」と捉えること

<Point>

1学校での勉強をしないことは悪?

2借金をすることは悪?

3人に迷惑をかけることは悪?

8209.jpg

一般的に日本人は、借金を悪と見なす傾向があります。借金と聞くと、返済地獄への入り口であり、自分の口座からお金を奪っていく悪者というイメージがあるのかもしれません。

しかし、その一方で、お金持ちは借金を必ずしも悪とは捉えません。きちんとリスク管理をして、将来的に借金以上のリターンが得られるのであれば、借金はむしろ良いこととすら思われているのです。

このようにお金持ちは、一般的に悪とされていることも悪と思わないことがよくあります。今回は、一般的に悪とされている、お金持ちが悪と思わないことについて考えてみます。

■学校で勉強しないことは悪?

一般的な人は、優秀な大学に進み、博士号を取ることや大企業に入ることが素晴らしいと考えています。しかし、お金持ちにとって学校での教育は、それほど重要なことではないかもしれません。

それよりもお金持ちが重視するのは、「いつまでも自分の力で勉強し続けられるかどうか」ということ。多くの人が、サラリーマンになると勉強を辞めてしまう一方で、お金持ちは勉強を辞めません。このような継続は、長い目で見たときに大きな差ができるため、必要な能力と言えそうですね。

■借金はしても良い?

先ほども少しお話をしたように、お金持ちは借金をすること自体が悪とは思わない傾向にあります。例えば、ソフトバンクグループは多くの営業利益を出しているにも関わらず、多くの借金を抱えている企業でもあります。

これは、借金をすることによって将来の利益を確保する、いわゆる投資なのです。つまり、借金をしてでもそれを超えるだけのリターンを得られるのであれば、借金も厭わないという姿勢のようですね。しかもお金を借りていても、「その金額を返せる相手であるから、貸し手もお金を貸してくれている」という捉え方をすることもできるわけです。

だから自分を満足させるためだけの借金は明らかに浪費なだけで、それとは全く違うということです。

■人に迷惑をかけても良い?

日本人は子どものころから、「人の迷惑になることは辞めなさい」と教育されます。ですから、一般人は「人に迷惑をかけることは必ずやってはいけない」という思いを持ってしまいます。

しかし、お金持ちは他人を上手く利用することを悪とは思いません。大きなお金を動かすためには、自分1人では限界があり、他人に少なからず影響を及ぼしたり時には迷惑をかけることになるからです。

それを割り切ってでも自分の考えていることを進める意志がお金持ちにはあります。人に迷惑をかけてでもやりたいことは、強い意志を持って進むことがお金持ちになる第一歩なのかもしれませんね。

画像一覧

  • 借金は本当に悪?一般人が知らないお金持ちになるための逆転の発想

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

お金も幸運も呼び込む!「お金持ちがいつも言ってる」口癖3選

一般的にお金持ちは共通した考えを持っているといいます。

一般的な人は、一般的な考え方を持っているために一般的な生活を送ります。一方で、お金持ちは、お金持ちの考え方を持っているためにお金持ちになれたと考えられるでしょう。

多くの場合、お金持ちは、ある共通した考え方を持っており、同じようによく口にする言葉があると考えられるでしょう。今回は、そんなお金持ちに共通する口癖についてお話します。

■口癖1:とにかくやってみよう

お金持ちになる人は、物事に対して積極的であるといいます。というのも、何事にも消極的な人は、今の安定した生活を抜け出してチャレンジすることができません。

一方で、何事もやってみようと考える人は、失敗を恐れません。リスク管理さえしっかりしていれば、失敗したからといって人生が終わるわけではないのです。何事にもチャレンジする口癖は、まさにお金持ちになる最低条件と言えそうです。

■口癖2:仕方ないね

何事にもチャレンジするために、よほどの天才でない限り、失敗はつきものです。しかし、その失敗を「ああ、もうだめだ」と考えるのか「こうしたら、もっと良くなったのでは?」と捉えるのでは、結果が大きく変わります。

上手く進められなかったなら、失敗を受け入れることも重要です。「仕方ない」と結果を受け止めた上で、その失敗を次に生かすこともお金持ちになるために必要な条件と言えるでしょうね。

■口癖3:ありがとう

お金持ちになるためには、やはり感謝の気持ちが必要でしょう。自分の努力によって物事が上手く進んだときにも、周りの協力や助けがあったからこそ成し遂げることができたということも多いのです。

お金持ちの人は、そのような自分が行った過程に対する感謝を忘れません。感謝を積み上げていると自分がピンチになったときには手を差し伸べてくれる人がいるでしょう。そして事態を好転させることもあるかもしれませんね。

自分がどれだけ大きなことを成し遂げたとしても、周りの感謝を忘れることなく、さらなる成長を目指してお金持ちになっていきましょう。また、逆にお金に嫌われる口癖については お金がどんどん逃げる!「貧乏を呼び込む」言ってはいけない口癖5選 を使わないように、気をつけてください。

蛇と水が金運を引き寄せる!「お金持ちになれる」吉夢3つ

収入を増やしてお金持ちになるためには、稼ぐための知識やスキル、それに努力が必要であることは間違いないでしょう。多くの成功者はビジネスで際立った成果やキャリアアップを達成しているのです。

しかし、どれだけ実力があったとしてもお金持ちになるためには「運」も必要です。むしろ運さえ良ければ宝くじで一等を引き当てたり、臨時収入が獲得できるかもしれません。

今回は、そんなあなたの金運を上昇させる夢についてお話しします。

■白蛇や黄金の蛇を見ると金運アップ

蛇の夢を見ると金運がアップするという話を聞いたことがある人もいるでしょう。蛇は幸運の象徴で、夢の中で見るだけでお金が巡ってくるかもしれません。特に蛇の中でも、白蛇や黄金の蛇はかなりの金運上昇が見込めるといわれています。もし、夢の中で白蛇や黄金の蛇を見たならば、すぐに宝くじを買いにいくとラッキーな結果が期待できるかもしれません。

■湧き水や湖を見ると金運アップ

湧き水や湖といった、自然の水が夢の中で出てくれば、こちらも金運上昇が見込めます。風水でも水が非常に重要視されていることからも、幸運を呼び寄せるきっかけとなりそうです。ただし濁った水ではよくないとか。

また、日本各地の寺や神社では、銭洗いというご利益のある行いをしている場所もあります。このようなことからも水とお金は縁が深く、相性が良いことがわかりますね。

■お金をなくす夢を見ると金運アップ

日本には「逆夢」という言葉があることをご存知でしょうか。つまり、夢で見たことと真逆のことが現実の世界で起こるということです。このような逆夢に関するエピソードがある方もいるかもしれません。

そんな逆夢は金運にも大きく関係します。実は、お金を落とす夢やお金を失くす夢、そして泥棒にお金を取られる夢なども実はお金を引き寄せる結果につながることもあるそうです。

金運アップにつながる夢はたくさんあります。少し気になる夢を見たのであれば、ぜひどんな意味があるのか調べてみて下さい。もしかしたら今夜見る夢もあなたの金運アップを引き寄せるものかもしれません。

どんどんお金がなくなる!財布でわかる「絶対お金持ちになれない人の特徴」

お金持ちは長財布を使うという話を聞いたことがある人もいるでしょう。長財布であれば、お金を折らずに使用できます。そのお金を大切にする姿勢が新たなお金を呼び込む、という事実かわからない迷信のようなものから来るのでしょう。

このように、お金持ちの人にまつわる財布には噂などがあるもの。そこで今回は、そんなお金持ちと貧乏人を分ける、財布の使い方についてお話しします。

■注目すべきは財布そのものよりも使い方?

そもそも財布が、直接お金持ちであるかどうかを結びつけることはできません。お金持ちでも貧乏人でも、長財布も二つ折り財布を使うでしょうし、カード払いか現金払いかも好みが別れるでしょう。

ですから、お金持ちと貧乏人を分けるポイントは、財布そのものではなく財布の使い方です。財布の使い方はお金の使い方といっても過言ではありません。お金の使い方はお金持ちになるかどうかを分ける鍵になるのです。

■財布をシンプルに使う

一般的にお金がきっちり貯められる人は、自身の収支を把握しています。それはお金持ちでも例外ではなく、レシートや1度行っただけのポイントカードで溢れている財布を持ち歩く人は少ないでしょう。

財布をできるだけシンプルに整理した方が、お金の把握は楽になります。そうすると無意識に自分の収支に目がいき、物を買うかどうかの判断も素早く行うことができます。これらの動作は時間の短縮にも繋がり、新たな時間に投資することが可能になるかもしれません。

■お金持ちの準備をしよう

先ほどもお話ししたように財布を変えただけでお金持ちになれるわけではありません。同じように、使い方を変えたからといって必ずお金持ちになれるわけでもないでしょう。

しかし、もしあなたの使えるお金が今の2倍、3倍に増えたとして、今と同じ財布はヨレヨレでレシートが詰まっている、小銭はジャラジャラと音を立ててうるさい財布を持ち歩いているとどうでしょうか。

あまり、かっこいい財布の使い方とは言えませんね。ぜひ今のうちから、お金持ちの準備として、シンプルな財布の使い方を身につけてもらえたらと思います。

毎日の癖が不幸を招く…お金持ちはやらない「運気が下がるNG習慣」【声優ナレーション付き】

最近なんだかツイてないなあ、毎日なんだかどんよりな感じ……。そんなあなた、もしかすると運気が下がっているのかもしれません。

日々の生活習慣や自宅の状態でも、運気を下げてしまうことがいくつかあります。ここを見直せば、あなたの運気も上がるかも? あわよくば金運も上がってお金持ちに…そんな、お金持ちは絶対やっていない、NG習慣をご紹介します。

■キッチンが整理整頓されていない

風水では、キッチンは金運にとても大切な場所と考えられています。また、使わないものや古いものは運気が下がるものとされています。賞味期限が切れているものが置いてあったり、食材や調味料が整理整頓されていなかったり、キッチンが片付いていないと、それだけ陰の気(運気を下げるもの)を呼び込みやすくなってしまうので、キッチンはきちんと整理整頓する習慣をつけましょう。必要のないものは捨て、賞味期限切れのものもきっちりと処分を。

■バッグや財布を床に置いている

財布はもちろんお金を入れているもの。そしてバッグは、その財布を入れている大切な場所です。そんな大切なものを床に置くなんてぞんざいな扱いをしてはNG。室内であっても外であっても、人が踏みつけて歩いているところに物を置くという行為は厄がついてしまうとされています。バッグや財布は椅子や収納かごへ。どうしても置く場所がないときは、膝の上に置く習慣をつけましょう。

■貯め込み癖がある

財布の中にある大量のレシート、バッグやポケットに入れたままのチラシやクーポン券、気づけば小銭がバッグのポケットにじゃらじゃらと……なんて人もいるのでは?なんでも貯め込んでしまうのは、整理整頓ができていない証拠。悪い陰の気まで貯め込んでしまいますよ。

特にお金を入れて置く財布はすっきりと整理をしましょう。いつのレシートかわからないものをずっと入れて置くのは絶対NG。レシートが必要なければ、その場で捨てるようにしましょう。レシートを収納する場所をつくっておいて、帰宅したらその日1日分のレシートを入れる、というルールを作るのも良いですね。

また普段口にしている言葉で不運が舞い込んでしまうこともあります。お金がどんどん逃げる!「貧乏を呼び込む」言ってはいけない口癖5選 も参考にしてみてくださいね。

■今回のナレーター

折原 優依(おりはら ゆい)

・主な活動歴
GREE/Mobage「武装少女」アリス・キャリック役、岩舟真紀役、
GREE/Mobage/mixi「幻獣姫」ワイバーン役、ピアサ役、
「丸の内キッズジャンボリー」イベント内ナレーションなど。
ツイッター  @ori_yui

<折原 優依さんのナレーション記事>
大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第一回 能力を貯金するということが成功への架け橋
大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第五回 思考を止めない、それが成功確率を高める方法
ダムカードが熱い!無料で入手&高額で売れる「マニア向けお宝グッズ」

ランキング