11月12日はお祭りだ!宮城県『ポケモンGO』ポケストップ追加イベントの詳細情報を公開

8365.jpg

宮城県は、11月12日に同県の中瀬公園で開催する『ポケモンGO』のイベント「Expore Miyagi」の詳細情報を公開しています。

「Expore Miyagi」は、宮城県石巻市・東松島市・女川町・南三陸町を対象に、『ポケモンGO』ユーザーがポケストップを追加できるイベント。ポケストップを追加したい場所をこちらの申請用紙に記入し、11月12日に石巻市中瀬公園拠点会場内のポケストップ申請受付に提出すると追加される事があります。(申請した全ての場所がポケストップになるとは限らず、申請の手続きには、様々な条件があるので、同イベントの特設サイトをしっかりとチェックしておきましょう)

また、被災地を旅して新しいポケストップ候補を探すバスツアーの参加者も募っています。「牡鹿エリアツアー」「雄勝エリアツアー」「奥松島エリアツアー」「南三陸エリアツアー」の4つのツアーが行われる予定で、応募は先着50名で締め切られるそうです。これらの応募は11月6日まで受け付けています。

そして、宮城県石巻市中瀬の中瀬公園で『ポケモンGO』ユーザーのためのイベントが開催。会場内のポケストップすべてにルアーモジュールが使用されるうえ、捕まえたコイキングの重さを競う「コイキング計量大会」、タマゴからかえった指定のポケモンの重さを競う「タマゴふか大会」、被災地の復興を感じさせる風景をポケモンと一緒に撮影する「『ポケモン GO』フォトコンテスト」などが行われます。これらのイベントに積極的に参加すると、更なる賞品がゲットできるとのことです。

なお、中瀬公園で開催予定のイベントは、11月12日の10時00分から15時00分まで行われる予定です。

画像一覧

  • 宮城県『ポケモンGO』ポケストップ追加イベントの詳細情報を公開―11月12日はお祭りだ!
  • 宮城県『ポケモンGO』ポケストップ追加イベントの詳細情報を公開―11月12日はお祭りだ!

提供元

関連記事

関連記事

市場最速で売上6億ドルを達成!『ポケモンGO』モバイルゲーム―海外調査会社調べ

世界的に人気の、iOS/Android向けARモバイルゲーム『ポケモンGO』。本作の売上がモバイルゲーム市場として最速で6億ドル(約625億円)を達成したと、海外の市場調査会社App Annieが発表しているようです。

この情報をもたらしたのは海外ニュースサイトVentureBeat。同報告を伝える記事によれば、この情報は第3四半期の市場指数からわかったもので、『ポケモンGO』サービス開始の7月から9月の終わりまでで、6億ドル以上の売上を達成していた模様。この速度は同じく人気モバイルゲームである『Candy Crush Saga』に比べて2.5倍以上、『パズル&ドラゴンズ』では5倍以上、『Clash of Clans』の場合は6.2倍以上と驚くべき速度となっています。

また、同じくApp Annieによれば、プレイ時間の長いゲームランキング上位20本の内、『ポケモンGO』の合計プレイ時間は、単体で全体の45%を占めるほどになっているとのこと。

同社は、『ポケモンGO』が独力で、プレイヤーが今までモバイルに触っていなかった時間を上手くモバイルに触る時間へと変換できていることを“最も印象的な功績”であるとしています。

任天堂、今夜23時に新型ゲーム機「NX」の映像を公式ホームページ上で公開

 任天堂は20日、開発コード「NX」と呼ばれる新型ゲーム機の映像を、同日23時に同社公式ホームページ上で公開すると発表した。

 映像は3分ほどの短いものであると案内されているが、全く新しいコンセプトのゲーム機と表現されていることから、市場の期待感は高まり、本稿執筆時点で前日比4%を超える株価をつける事態となっている。

ポケモンGO開発者は700万円⁉︎ ゲームプロデューサーの年収はいくら?

日本、海外を問わずに爆発的ヒットとなった『ポケモンGO』をプレイしている人も多いでしょう。自分の住んでいる町中にポケモンが次々で出てくるので、町中でモンスターボールを投げる人が急増しています。

今回はそんなポケモンGOをはじめとした、ゲームプロデューサーの仕事と年収について調査してみました。

■ゲームプロデューサーってどんな人?

あまり知られていないことですが、1つのゲームをリリースするためには、ゲームを実際に作る人以外にも多くの人が関わっています。ゲームを実際に作るプログラマーはもちろんゲーム内の絵を作るグラフィッカー。また、バグを修正するデバッガーなど役割は様々です。

そのような役割の中でゲームプロデューサーとは、ゲームの企画やスケジュール、クオリティーといったゲームの全体像を管理する役割です。当然、プロデューサーには多くの経験が求められ、ゲームがヒットするかどうかはゲームプロデューサーに懸かっていると言っても言い過ぎではありません。

■ゲームプロデューサーの年収は約700万円!

さて、そんなゲームプロデューサーの気になる年収はいくらなのでしょうか。
財団法人 デジタルコンテンツ協会が平成22年に発表した資料によると、ゲームプロデューサーの平均年収は695万2,000円。ディレクターは563万6,279円、プ
ログラマーが464万1,390円など。

日本人の平均給与が400万〜450万円ほどと言われていますから、それと比べれてみればかなりの高給取りということがわかるのではないでしょうか。

このような魅力的な収入であるからこそ、ポケモンGOのような素晴らしいゲームを世に送り出すことができるのかもしれませんね。

■ゲーム作成会社が激務は本当?

しかし、魅力的な年収である一方、体力面ではかなり厳しいことも求められます。ゲームプロデューサーに限らず、ゲーム作成会社では勤務時間が長くなりがちですし、リリース直前となると深夜まで働くこともざらにあるようです。ですから、労働環境は必ずしも良いとは言えないようです。

それでもポケモンGOのような多くの人に影響を与えるゲームを作ることに夢を持つ人も多いでしょう。そんな人はぜひ、ゲーム作成会社に入ってポケモンGOのような魅力的なゲームを作ってもらえたらと思います。

『ポケモンGO』に予算3000万を計上!─宮城県、被災地誘客のためにイベントや地域限定ポケモンなど

河北新報は、宮城県がiOS/Android『Pokemon GO』のイベント開催やシステム改修などに使用する予算3,000万円を、2016年度の一般会計補正予算案に計上すると報じています。

『Pokemon GO』は、『ポケットモンスター』シリーズを題材にした位置情報を活用して遊ぶゲームです。現実世界で「ポケモン」の捕獲が体験でき、家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーとのバトルなども楽しむことができるようになっています。

宮城県は、東日本大震災で被災した沿岸部への誘客、そして観光復興を行うためこの予算を計上。3,000万円の内訳は、2016年10月に宮城県内で開くイベント費用として1,000万円、被災地を周遊してもらうため「ポケストップ」をまとめた地図を作るなど広報宣伝費に1,500万円、そしてNianticへのシステム改修費に500万円が充てられます。

宮城県はNianticに、被災地限定のポケモンを期間限定で出現させてもらうように提案しているとのこと。なお、『ポケットモンスター』シリーズでは、被災地に向け「ポケモンセンタートウホク」限定で特別なポケモン「ジラーチ」が配布されるといったイベントが行われています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『Pokemon GO』は配信中。基本プレイ無料(アイテム課金あり)です。


(C)2016 Niantic, Inc.
(C)2016 Pokemon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

ランキング