旅行や出張に最適!超小型モバイル式の衣類圧縮マシン「VAGO」が登場

8326.jpg

 旅行や出張の際、心配になってあれもこれもと荷物に入れていると、スーツケースがパンパンになってしまうことはないだろうか。そんな時は、クラウドファンディングMakuakeに登場したモバイル式の圧縮マシン「VAGO(ヴァーゴ)」を使うと良さそうだ。

 「VAGO」は、縦7センチ×横3.6センチで、重さはわずか86グラムという超小型の圧縮マシン。真空バッグのコネクターに接続し、電源を入れると、あれよあれよと言う間に圧縮袋内の容積が約50%ほどに圧縮される。

 Micro USB形式で接続するので、スマートフォンなどのモバイルバッテリーでも利用が可能。外出先でもサッと出して使えるのはありがたい。

 カラーラインナップはブラック・パープル・ホワイト・ピンク・アイロンレッド・キャプテンブルーの6色で、2017年1月出荷予定。Makuakeでは2016年12月中旬まで支援を受け付けているが、当初の目標金額を大幅にクリアし、現在は税込4,800円から入手が可能な状態となっている。

画像一覧

  • 旅行や出張に!超小型でモバイル式の圧縮マシン「VAGO」が登場
  • 旅行や出張に!超小型でモバイル式の圧縮マシン「VAGO」が登場
  • 旅行や出張に!超小型でモバイル式の圧縮マシン「VAGO」が登場
  • 旅行や出張に!超小型でモバイル式の圧縮マシン「VAGO」が登場
  • 旅行や出張に!超小型でモバイル式の圧縮マシン「VAGO」が登場
  • 旅行や出張に!超小型でモバイル式の圧縮マシン「VAGO」が登場
  • 旅行や出張に!超小型でモバイル式の圧縮マシン「VAGO」が登場
  • 旅行や出張に!超小型でモバイル式の圧縮マシン「VAGO」が登場

提供元

関連記事

関連記事

国産品の半額で大満足!「松茸食い倒れ韓国旅行」が人気の理由

秋の味覚の「王様」松茸。年に一度は味わいたいものですが、スーパーやデパ地下に並んでいるのを見ても高価でなかなか手が出せないですよね。そこで、この秋は韓国で松茸食いだおれ旅しませんか? 韓国なら比較的旅費も安く済みますし、週末旅行にもおすすめです!

■そもそも韓国の松茸ってどうなの?

アカマツなどの根元に生育する松茸は、風味豊かなだけでなく、食物繊維やカリウムなどを豊富に含む栄養価の高いきのことしても知られています。しかし、人工栽培できないうえ生育条件も厳しく、収穫量がとても少ないのです。

そういうわけで日本の市場では国産松茸は高価なのですが、外国産の松茸は産地によってばらつきがあるものの、国産に比べるといずれも安価です。ただ、外国産は香りも味もイマイチというイメージがあるのも事実。理由のひとつに、輸送に時間がかかり鮮度が落ちることがあります。つまり産地まで食べに出かければ、それなりに美味しい松茸が食べられるはずなのです。

日本に松茸として輸入されるものの産地は、中国、韓国のほか北米、北欧、地中海沿岸など。なかでも韓国の松茸は比較的日本のものに味わいが近いとされています。韓国でも日本と同じように松茸は高級食材ですが、嬉しいことに日本よりもリーズナブル! 1キロあたりの価格が日本で7〜9万円のところ、韓国では3万円前後といったところ。もちろん収穫年や品質によって変動はあります。

■松茸を本場で楽しむなら、ここを目指すべし

ソウルでも9〜10月の松茸シーズンになると市場に松茸が並び、レストランで松茸料理を味わうことはできますが、せっかく行くなら本場で鮮度のいい松茸を味わいたいもの。江原道(カンウォンド)の襄陽(ヤンヤン)郡や、慶尚北道(キョンサンブット)の蔚珍(ウルジン)郡・奉化(ポンファ)郡・清道(チョンド)郡といった産地を訪ねてみましょう。

ソウルから高速バスで約3〜4時間のところにある襄陽は TVドラマ『冬のソナタ』のロケ地になったことで、日本人観光客の間でもブレイク。南大川や雪岳山の大自然に抱かれたこの一帯は、花崗岩の土質で数十年かけて松が生育、肉厚で高品質の松茸がとれることで有名です。毎年9月下旬から10月にかけて松茸祭りが開催され、松茸狩りを体験できる松茸狩りプログラムも好評です(2016年は9/21〜10/3)。

このほかソウルから高速バスで約7時間の蔚珍も松茸の生育に適した地質で、襄陽と同じく肉厚で香り高い松茸の産地です。ここでも毎年10月に松茸祭りが開催されます。祭りの日程に合わせて行けなくても、松茸の旬にあたる9月から10月なら、街中のレストランなどでいろいろな松茸料理が楽しめるのでぜひ訪れてみましょう。

日本と同じように炊き込みご飯にしたり、ホイル焼きにしたり、松茸の風味だけを楽しむこともありますが、韓国では松茸は他の食材と一緒に味わうのが一般的のようです。実際、現地のレストランなどのメニューを見ると、高級食材のアワビや上質の牛肉と一緒に調理された滋味豊かな料理の数々が用意されています。

この時期の韓国では、ワタリガニや大正海老も旬。秋の味覚をまるごと楽しむ充実した旅ができそうですね。

海外旅行で生じる不可解な手数料…「不要な請求を防ぐ」抜け道とは

数回海外旅行をしたことのある人なら、ネットに書かれているツアー価格通りに旅行なんてできないことは知ってますよね? ツアー料金はいろんなものが含まれたり含まれなかったり、なんとも理解しにくいものがあります。

最近話題になったのは、飛行機の「連席料金」。並び席を頼むと追加料金を取られるというものです。これは確かにおかしい。航空会社の席指定には料金はかかりません。ほとんどの旅行会社ではこんな追加料金を取りません。

■手数料が生まれた理由

でも取る側にも理由があります。こうした設定があるのは格安ツアー。安く仕入れるために航空会社からもらえる席もバラバラ。連席にするには、数ある席から並び席を選ばなくちゃいけない。その手数料なのでしょう。こういった「向こうの都合で追加料金」が必要なものは少なくありません。

ツアーではありませんが、航空券の「発券手数料」も気になります。発券は旅行会社の仕事なのに、別に請求するというのはおかしな話。ですがこれにも理由があります。

以前、発券手数料は「航空会社から旅行会社に支払われた報酬」だったのです。それが2009年以降廃止され、そこで収入の減った分を利用者に振り替えたのです。しょうがないと言ってしまえばそれまでですが、自分で直接ネット予約するとかかりません。

■キャンセル料もグレーゾーン

ホテルなどで直接キャンセルする場合、殆どの場合1ヶ月前までキャンセル料は無料です。しかし旅行会社経由で頼むと料金がかかることもあります。これは手間賃と考えるべきでしょう。

また入金済みの場合はキャッシュバック(振込等)されますが、振込手数料やカード手数料の扱いはホテルや旅行会社の規定によります。なにもかも無料というわけにはいかないのです。

■ツアーと個人旅行は違い

同様に個人旅行とツアーで違うのがホテルの「アーリーチェックイン料金」。ホテルのチェックイン時間はたいてい3時か4時。個人客の場合、ホテルのサービスがしっかりしていると、すでに掃除の終わった部屋に案内してくれることがあります(ただし泊数で部屋割りなどが決まっているので、難しいことも)。

しかしツアー客の場合アーリーチェックイン料金をほぼ確実に取られます。この追加料金はホテルと旅行会社が折半するので、ホテルの一存で取らないというわけにはいきません。もしサービスされた客が「取られなかった!」とSNSなどに書き込むと、逆に不公平が起きるからです。

一方、ホテルの「一人利用追加料金」は、ホテルの室料(海外ではツインが標準)を基準に決められているので、ひとりだと高くなるのはしようがありません。逆に3人だとエキストラで安くなるので、これは納得です。

■旅行会社に入らないお金もある

ただし「現地諸税」「空港使用料」は旅行会社の儲けにはなりません。現地諸税は通常出国税。空港使用料は本来空港が利用者に請求するものです。旅行会社はそれを代行して払っているだけ。これらは旅行会社の「約款」にかかれているので、納得できなければ確かめてみましょう。

さて、少し前までは旅行代金の他に「燃油サーチャージ」が数万円別にかかることもありましたが、2016年4月以降非適用になっています。これは航空会社ごとのルールなので、原油価格が上がるとまた復活することになります。サーチャージは乗機する日ではなく発券日ベースで課金されるので、サーチャージが復活するとわかったら、早めにチケットを買っておくとかなりの節約になります。

そうだ、京都に行ったフリしよう!嘘がバレない旅行先&アリバイ工作テク

毎日ストレスを抱えていると、「ちょっと遠くにでも出かけて羽を伸ばしたい」なんて思うことはありませんか? かと言って、行き先やそんな事情を周囲の人に正直に伝えるのは面倒…。

そんなときに便利なのが、“遠出したたことにできる”アイテムです。旅先で手に入るお土産を用意できれば、もらった相手はそこに出かけたものと疑うことはないでしょう。そんなアリバイ作りのときに便利なショップをご紹介します。

■アリバイ作り:京都編

出張や、旅行の定番?でもある京都。鉄板のおみやげといえば「八ツ橋」ですよね?実は東京でもバッチリ買うことができちゃうんです。その名もズバリ『京都館』。JR東京駅八重洲中央口から徒歩1分なので、本当におみやげを買い忘れてしまった!!という時にもぜひ利用してみてくださいね。

・『京都館』
住所 : 東京都中央区八重洲2丁目1番1号ヤンマー東京ビル1F

■アリバイ作り:北海道編

お次は北海道編です。『北海道どさんこプラザ』というアンテナショップをご存知ですか?こちらでは多くの名産品の取り扱いがあるようです。催事などを催していることもあるようで、現在は「秋鮭ねぎ味噌漬」、「ピュアホワイト(トウモロコシ)」「サーモン粕漬」といった商品が並んでおり、本当に北海道に行ったかと自分で錯覚してしまうかもしれません。

・『北海道どさんこプラザ』 有楽町店
住所 : 東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館1階

■アリバイ作り: 諸国ご当地プラザ編

一番の禁じ手であるところのアンテナショップがコチラになります。東京駅構内にある「諸国ご当地プラザ」ですが、諸国の名に恥じぬ品揃えとなっています。山梨、静岡、岡山、青森、博多、沖縄という主要なアリバイ作りが一気に可能になってしまいます。

有楽町店『諸国ご当地プラザ』
住所 : 東京都千代田区丸の内1丁目9−1 JR東京駅

■アリバイ作り: 海外編

京都などのメジャーな場所であれば、行ったことにしているのがバレてしまうことも考えられますよね。逆に言えば、それほど有名でない土地のお土産を手に入れることができれば、より疑われることなくアリバイ作りができるかもしれません。

もし、そのような有名でない場所のお土産を手に入れたいと思うのであれば、通販で各地のお土産品を購入できる『ギフトランド』を利用するのもいいでしょう。日本だけではなく、海外のお土産も手に入れることができるのが嬉しいですね。

■バレないようにするためには

本当のことを隠しているからといって、いつもと違う行動をしないことが大切です。例えば、いつも出かけた先でお土産を買わないのであれば、お土産を買っていくと不自然で目立ってしまうし、知らない土地のことをたくさんしゃべるとかえってボロが出るかもしれません。

あくまでもいつも通りの対応や、いつも通りの行動をすることによって初めて成立するのです。もし、ゆっくりと休みたいのであれば、このようなことに気をつけながら行動してもらえたらと思います。

旅行中も安心!利食い&ストップロス注文とは【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる! 知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

今回は「忙しい夏休み中でもFXで運用したい」「旅行中に為替相場が急に動いたらどうすればいいの?」という方に、対策をお伝えします。海外旅行や海水浴、避暑地でスポーツ、家族サービス…FXを運用しながら夏休みを満喫しましょう。

為替相場は24時間動いており、私達が休みの間も外貨のポジションを持っていれば、損益が発生します。そのため、そろそろ利益を確定したい、これ以上の損失を避けたいという時のために、決済注文を先に出しておくことが一法です。8月は夏枯れ相場(*)になることもあれば、大荒れ相場になることもありますからね。

■夏休みは利食い注文やストップロス注文を出しておきましょう!

リミットとも呼ぶ利食い(利益確定)注文と損失を限定するためのストップロス注文を活用すれば、夏休み中でも心配せずに、楽にFXを運用できます。

「利益を確保するための利食い注文」
まず、為替相場が自分の予想通りに動いた時は、ちょうど良いところで決済しないと、その後の動き次第で、利益が減ったり逆に損失に転じたりします。そのため、相場が予想通りに動いた場合に、目標とする価格を決めておき、利益を確保する利食い注文を出しておきます。

「損失を限定するストップロス注文」
為替相場が自分の予想と反対に動いた時の方法、これ以上は損したくないポイントに出しておくストップロス注文。FXで儲けるには、このストップロスの活用がとても大事。夏休みで相場のチェックをできない間に、思わぬニュースが飛び込んで、損失が一気に膨らむというのは最悪の事態。これを避けるために出しておくのがストップロス注文です。

これらの注文方法を活用するだけで、為替レートを見ていなくても、ゆっくり夏休みを過ごせます。
(関連記事:「第39回(FX注文の基本)」)

■利食い注文とストップロス注文を両方出す複合注文で対応!

さらに進化形として、二つの注文を同時に出しておけば、上下のどちらに動こうとも、安心して過ごせます。 第40回 FX注文の基本2「複合注文」)で記載しましたが、この方法を活かせば為替相場を眺めていなくても大丈夫です。忙しいアナタでも楽ちんです。

FXは主婦や会社員等の投資参加者が多い金融商品ですが、それはFXが自由度の高い金融商品である他、様々な注文方法を活用する事で、片手間に取引する事が出来るからです。

以下、復習の意味で記しておきます。

「OCO注文」
利食いとストップロスを同時に出す注文がOCO注文。これから米ドル/円が上昇すると考えて買いポジションを持っている場合、ここまで上がれば利食い・ここまで下がれば損切りを同時に出しておくことができます。注文さえ出しておけば、後は自由に夏休みを満喫できますね。

らくちんFX! 夏休み、楽に運用したい! 【上村和弘のFX基本講座】、マネーゴーランド

遊びも投資も、楽に行きたいですね。
次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

<*ワンポイントレッスン>
本日のワード:夏枯れ相場
8月は夏休みで参加者が減り、相場の動きが小さくなる傾向にあります。値動きが小さくなり、取引量が減る事を夏枯れ相場と呼びます。しかし、取引量が少ない時に、大きな材料が出ると、一転、急落や急騰する場合がありますので、リスク管理をしなければいけません。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから

●第10回 数十%の利回りも可能!外貨預金より有利なFXのスワップポイント!
●第16回 円高リスクを防ぐ。FXでヘッジしましょう!
●第21回 手数料80%カット!夏休みに活用したい外貨両替
●第26回 外国為替市場の1日、FXで儲けたいなら流れを知ろう!
●第32回 ファンダメンタルズ分析で大事なことは?
●第33回 儲けたいならテクニカル分析を学べ!
●第36回 サラリーマンこそFXをやるべし!

ランキング