どんどん金欠!「スーパーに行くたびにお金に嫌われる」主婦の特徴4つ

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・スーパーの利用法

<Point>

1ポイントカードは十分利用できてる?

2現金払い or カード払い?

3目的以外のものも買ってしまう

4レシートで財布がパンパン

8079.jpg

日々の生活にかかせないスーパーだからこそ、節約になるような利用の仕方をしたいものです。でも、もしかしてやっていませんか? お金がどんどんなくなるスーパーの利用法。

「え?何それ」と思った方、これからご紹介することをしていたら、すぐに改善してくださいね。

■ポイントカードを有効利用していない

スーパーでよくあるポイントカード、持っているという人は多いと思いますが、有効利用できていますか? あまり気にせずとりあえず支払い時に出しているという方は、もう少し注意してみましょう。

例えば、通っているスーパーでポイント5倍や10倍デーなどの曜日や日がありませんか? 週の食材をまとめ買いする時や、少し高いものを買おうという時はポイントが倍になったり、より増える日を狙って購入したほうが、どんどんポイントが貯まります。

■いつも現金払い

現金払いでスーパーのポイントカードのポイントがつく利率と、カード払いでカードにつくポイントの利率、どちらが高いのか計算したことはありますか?

例えば、スーパーのポイントカードが100円毎に1ポイントだった場合、500円分買うと5ポイントつくことになりますよね。一方、クレジットカードの還元率が1.5%の場合、500円分買うと7.5ポイント貯まります。比較すると、一目瞭然。クレジットカードの方がお得ということになります。

■セール品以外も買ってしまう

チラシなどで見たお得なセール品をゲットしようと行ったのに、特別安くもないものまで買っちゃった……。新商品などが目に付くと、ついつい買ってしまいますよね。これではせっかくセール品でお得にゲットしようと思ったのに、反対にお金を使ってしまうことに。目的のもの以外は買わないことが大切です。

■お財布がレシートでパンパン

スーパーによく行く方なら、その分どんどん財布にレシートが溜まっていきますよね。財布はお金を管理・保管するところ。そこが整理整頓されていなければ、金運が下がってしまうとよく言われています。お財布の中はスッキリと。レシートを取っておくなら、別にレシート専用の保管所をつくりましょう。

また、お金に嫌われる人の特徴として、どんどんお金がなくなる!財布でわかる「絶対お金持ちになれない人の特徴」どんどん金欠!「使うたびにお金がなくなる」ATMの使い方 も参考にしてみてください。

画像一覧

  • どんどんお金に嫌われる!「行くたびに金欠になる」スーパーのNG利用法

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

関連記事

どんどんお金がなくなる!財布でわかる「絶対お金持ちになれない人の特徴」

お金持ちは長財布を使うという話を聞いたことがある人もいるでしょう。長財布であれば、お金を折らずに使用できます。そのお金を大切にする姿勢が新たなお金を呼び込む、という事実かわからない迷信のようなものから来るのでしょう。

このように、お金持ちの人にまつわる財布には噂などがあるもの。そこで今回は、そんなお金持ちと貧乏人を分ける、財布の使い方についてお話しします。

■注目すべきは財布そのものよりも使い方?

そもそも財布が、直接お金持ちであるかどうかを結びつけることはできません。お金持ちでも貧乏人でも、長財布も二つ折り財布を使うでしょうし、カード払いか現金払いかも好みが別れるでしょう。

ですから、お金持ちと貧乏人を分けるポイントは、財布そのものではなく財布の使い方です。財布の使い方はお金の使い方といっても過言ではありません。お金の使い方はお金持ちになるかどうかを分ける鍵になるのです。

■財布をシンプルに使う

一般的にお金がきっちり貯められる人は、自身の収支を把握しています。それはお金持ちでも例外ではなく、レシートや1度行っただけのポイントカードで溢れている財布を持ち歩く人は少ないでしょう。

財布をできるだけシンプルに整理した方が、お金の把握は楽になります。そうすると無意識に自分の収支に目がいき、物を買うかどうかの判断も素早く行うことができます。これらの動作は時間の短縮にも繋がり、新たな時間に投資することが可能になるかもしれません。

■お金持ちの準備をしよう

先ほどもお話ししたように財布を変えただけでお金持ちになれるわけではありません。同じように、使い方を変えたからといって必ずお金持ちになれるわけでもないでしょう。

しかし、もしあなたの使えるお金が今の2倍、3倍に増えたとして、今と同じ財布はヨレヨレでレシートが詰まっている、小銭はジャラジャラと音を立ててうるさい財布を持ち歩いているとどうでしょうか。

あまり、かっこいい財布の使い方とは言えませんね。ぜひ今のうちから、お金持ちの準備として、シンプルな財布の使い方を身につけてもらえたらと思います。

どんどん金欠!「使うたびにお金がなくなる」ATMの使い方

「やばい!今手持ちのお金がない!」

そんな状況になったとき、あなたはどうしますか? クレジットカードを使う、買い物を諦める、お金を引き出すなど様々な選択が考えられます。ここでATMからお金を引き出すと考えた人は黄信号かもしれません。

それは、お金の使い方として、あまり良い使い方とは言えないからです。というのもATMでこまめにお金を使う人ほど、散財しやすい傾向にあるからです。今回は、散財しやすい人の共通点についてお話しします。

■お金をこまめに引き出す人は散財する?

なぜ、ATMでしょっちゅう引き出す人は散財しやすいのでしょうか。一見、こまめにお金を引き出す人の方が必要なときに必要な分だけお金を使っているため、節約できるように感じる人もいるでしょう。

しかし、お金を頻繁に引き出す人はお金の管理ができているようでできていない傾向にあります。というのも、こまめに引き出す人ほど自分の無駄遣いに気づきにくく、また、自分の所持金に対する意識が薄いと言えるから。

例えば、1ヶ月に1度お金を引き出す人と毎日お金を引き出す人で、現金と通帳に書かれた数字を見て、使ったお金に対する意識の差が出るのは火を見るより明らかといえます。1ヶ月でまとめてお金を出すのは気が引けるかもしれませんが、決められたときにだけお金を出すという意識を持っておくことは必要かもしれません。

■ATMの手数料が1万円!?

最近では様々な場所にATMが設置されるようになりました。コンビニやスーパー、駅にまでATMが設置され、私たちの生活は非常に便利なものになっています。

その反面、お金を失う機会も多くなりました。便利な場所にあるATMの多くは手数料がかかります。手数料が必要なATMの増加に伴って、手数料に対する抵抗が減っているようにも感じます。しかし、1回100円の手数料も週に2回使えば月額で800円。年単位で考えれば1万円近くになります。やはりこまめにお金を引き出すのは、あまり賢いお金の使い方とは言えなさそうですね。

■賢いお金の使い方とは

では、賢いお金の使い方とはどのような方法なのでしょうか。やはり、週単位、月単位で決まった日にお金を引き出すのが賢いお金の使い方といえます。

そうすることで、使ったお金、財布の中の残額を嫌でも気にしなければなりません。何か予定がある週にはあらかじめ多めに引き出しておくことで、追加でお金を引き出すことも防げます。ぜひ、日々のお金に対する実感を忘れず持ってもらえたらと思います。

お金がどんどん逃げる!「貧乏を呼び込む」言ってはいけない口癖5選【声優ナレーション付】

「お金がないなあ」

そんな口癖を無意識にしてはいませんか? 口は災いの元という言葉もあるように、自分の言葉に気をつけられない人は、成功することは難しいでしょう。それはキャリアアップといったことに限らず、あなたの財布にも影響を与えているかもしれません。

ネガティブな言葉は、あなたの財布にお金を呼び込むことはありません。いつまでも泣き言を言い続けて、これから先もずっと貧乏生活を続けることになりかねないのです。
そうならないためには、日頃からの口癖を注意する必要があります。今回は、お金にまつわるNGフレーズを紹介します。

■「お金がない」

まず「お金がない」という人は、潜在的にお金がないと考えているので、いくらお金があっても足りない人でしょう。お金がないと考えることによって自分の生活に余裕があったとしても、常に苦しい思いをしている気分になります。「お金がない」というのは自分を苦しめる言葉なので、必ず辞めるようにしましょう。

■「お金さえあれば○○する」

「お金があれば旅行する」「お金があれば自己投資する」「お金があれば…」
そんなことを考えていませんか。本当に必要なことであれば、例えお金がなくても実際にやるべきです。お金がないからやりたいことをしないのは本末転倒とも言えるでしょう。お金がなくても優先順位の高いことはきっちりと行動に移しましょう。

■「○○のせいでお金がない」

お金が貯まらない一つの理由として、他人や物事のせいにすることが考えられます。何かに理由を押し付けていても事態が良くなることはありません。今ある現実を受け入れた上で、何をするかということを考えるのが正しい考え方ではないでしょうか。

■「時間がない」

「時間がないから」という人もあまりお金を呼び込むことはできないでしょう。そもそも時間は全ての人に平等に与えられているもの。その時間を上手くお金につなげられていないのであれば、それはその人の行動を見直す必要があります。「時間がない」という言い訳もお金を呼び込むために口にしないようにしましょう。

■「お金なんて…」

「お金なんて…」と思っている人は、お金を稼げていない人です。お金を稼いでいる人ほどお金を大切に使います。いつまでもお金に対して嫌悪感を持っているようでは稼げないのも当然かもしれません。

このような口癖はふとしたときに出てしまうかもしれませんが、意識的に使わないようにすることでお金持ちの一歩を踏み出しましょう。またお金を理由にした、夫婦ゲンカで言ってはいけないフレーズについては、「FPは見た!夫婦がお金でモメる“絶対言ってはいけない”8フレーズ」でご紹介していますから、参考にしてみてください。

■今回のナレーター

大谷 咲子(おおたに さきこ)

・主な活動歴
現在舞台を中心に声優、イベントコンパニオンなどの活動をしています。
ゲームが大好きです!
ツイッター  @sakiton69

3問ですぐわかる!「一生貧乏苦労人で終わるか」自己診断

お金持ちになれる人と貧乏で一生を過ごす人には、その考え方に大きな差があることをご存知でしょうか。お金に対する考え方はもちろん、今の自分のことから将来の自分のことまで大きく考え方が異なります。

これらの考え方を知ることは直接あなたの収入にも影響を与えます。お金持ちの考え方を身につけることができれば、あなたはお金持ちに向けて大きく一歩を踏み出すことができますし、貧乏人の考えが捨てきれなければ、いつまでも収入は増えないでしょう。

今回は一生貧乏人で終わるかどうか自己診断してみましょう。以下の3つの質問に答えてみてください。

■1 見栄をはってブランド品を購入したことがある

まず、お金持ちと貧乏人ではお金に対する考え方が違います。お金持ちは自分が必要なものを必要な分だけしか買いません。一方で、貧乏人は自分が必要のないものまで買います。

逆じゃないのか?と思われたかもしれませんが、事実です。お金持ちは例えブランド品を買う場合であっても、周りからの評価を下げないために買うのです。つまり、自分がブランド品を身につけることで、自分の評価を上げることを知っているために買うのです。

その一方で、貧乏人は見栄で高いものを買うことが多いです。身分相応でないものを買った場合、そのブランド品だけが浮いて見えてしまいます。服はよれよれなのに財布はヴィトンなんて、違和感がありますよね。

■2 安い商品があると遠くのスーパーに買い物に行く

5分で行けるスーパーに卵が180円で売られており、20分かかるスーパーに卵が120円で売られている場合、どちらに買いにいきますか。このケースだと5分で行けるスーパーに卵を買いにいくのはお金持ちが圧倒的に多いでしょう。

往復で30分の違いしかないと思われるかもしれませんが、お金持ちはその30分があれば無駄にしたいとは考えないでしょう。30分を多く使って60円安く買い物するのなら、その30分で自分にとってよりよい時間の使い方があると思うのが、お金持ち流の考え方。生産性の高いものにお金をかえるというのがお金持ちの考えであり、時間も十分お金をかける価値があると考えられますね。

■3 身の回りの環境が変わることがきらい

貧乏人はとにかく今の環境を維持することに躍起になります。転勤や異動となると最も文句を言う人ほど仕事や自己管理もできない人でしょう。そして決められたことにいつまでも愚痴を言いあう飲み会を開いているのです。

お金持ちはむしろ環境の変化を好みます。というよりは環境の変化を受け入れ、対処するスピードが早いのです。また、自分の周りにいる人や友人なども良い人を選びます。愚痴を言いあうだけの人とお互いを高めあえる関係にある人であれば、後者と付き合う方がいいですよね。

さて、3つの質問で「はい」の数が多かったら、あなたはずっと貧乏になる可能性が高いと言えそうです。今回ご紹介したお金もちの考え方はもしかしたら突飛と感じられるかもしれませんが、お金持ちになるためにはまずはそのくらいの意識の改革が必要ではないでしょうか。

ランキング