生活の質が劣悪に…お金がなくても「絶対節約してはいけないもの」4選

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・お金をかけるべきもの

<Point>

1椅子にお金をかける

2寝具にお金をかける

3食事にお金をかける

4人間関係にお金をかける

8091.jpg

お金を稼ぐことや節約することに関して興味関心がある!という人は多いでしょう。将来への備えとして、まとまったお金を貯める選択をするのは何も不思議な話ではありません。

しかし、あなたの生活を豊かにするために高額でも買った方がいい商品もあります。それらの商品は生活の質を向上させ、十分なパフォーマンスを発揮する手助けになります。そうなるとキャリアアップや仕事効率アップといったことも考えられますよね。

今回は、あなたの生活を豊かにする、お金をかけた方がいいものについてお話します。

■椅子

まず、あなたの生活の中で、過ごす時間が多い場所はどこでしょうか。自分の部屋や通勤電車を思い浮かべるかもしれませんが、その中で職場を思い浮かべる人もいるでしょう。

職場での椅子にストレスを抱えている場合、仕事効率が悪くなります。また自宅でくつろぐソファや仕事机の椅子だって同じことです。自分の好みに合った椅子に座ることが、仕事を上手く進めるきっかけになるかもしれません。

■寝具

朝起きるのが辛いという人はいませんか。睡眠時間が短いからかもしれませんが、実は睡眠の質が良くないということも考えられます。

眠り心地の良い布団は良い睡眠をもたらします。そして良い睡眠は良いパフォーマンスをもたらすのです。睡眠時間が足りない!と思われる方は、寝具を見直してみてはいかがでしょうか。

■食事

節約するとなると、真っ先に食費を削ろうと考える人も多いのではないでしょうか。自炊であれば大きな問題にはなりませんが、ランチをコンビニで買う人などは費用対効果が小さいと言えるでしょう。

例えば、会社でのランチを毎回200円節約したとしても月に節約できる金額は4,000円。月に4,000円の違いでストレスを抱えるとなれば、お金をかける方が賢明と言えます。あくまでも食費はストレスのかからないように、お金を使うようにしましょう。

■人間関係

最後に人間関係や周りの環境というのは、大切にしておく必要があるでしょう。しっかりとした人間関係を構築しておくと、チャンスや手助けといったお金で買えないようなものを提供してくれることがあります。

あなたの生活の質を向上させるためだけでなく、困ったときには助け合い、上手くいったときには喜びあえるような人間関係を構築するとより充実した人生が送れそうですね。ぜひ、このような人間関係にはしっかり投資しておきましょう。

画像一覧

  • ここだけは節約NG!必ずお金をかけるべきもの4選

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

全国貯金額調査で丸わかり!「貧乏&裕福」都道府県ランキング

まわりの人の貯金事情は、面と向かって聞きづらいけれど気になるものではありませんか? そこでマネーゴーランド編集部では『貯金額に関する意識調査』を独自に実施し、その実態を探ってきました。

貯金のない人、たくさん貯金している人が最も多い都道府県はそれぞれどこなのでしょうか。是非みなさんも予想しながらご覧ください!

■全国1097名の貯金の実態は?

まず、全国の20代以上の男女1097名に聞いた、貯金額や理想の貯金額について見てみましょう。

現在の貯金額は50万円以下の方が最も多く、100万以下で約半数を占めています。貯金がゼロの方が18.9%という結果も見逃せません。

Q1:あなたの世帯の、現在の貯金額はいくらですか?
貯金額に関する意識調査、マネーゴーランド意識調査

Q2:あなたは現在の貯金額に満足していますか?
貯金額に関する意識調査、マネーゴーランド意識調査

Q3:あなたは貯金がいくらあれば安心ですか?
貯金額に関する意識調査、マネーゴーランド意識調査

また、83.4%もの人が現在の貯金額に満足していないという結果で、理想の貯金額は「1000万円くらい」が最も多く、次いで2位にくるのは「5000万円以上」となりました。

<お金を貯めるのに最適!おすすめ関連記事>
億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点
「会社は禁止だけどやってる派」47.6%!副業の裏事情レポート
1年後に66,795円GET!本当にお金が貯まる「貯金箱活用法」3つ
目指せ貯金2000万円!「月1万円で始められる」貯蓄生活

では次に、貯金額の都道府県別ランキングを次ページで見てみましょう!

実は大損してる⁉︎ 頑張るほど逆効果「家計を圧迫する節約術」3選

将来のために貯蓄を…と考える人も多いでしょう。子どものこともそうですし、これからお金が必要になるケースはどんどんと出てきます。そのために今から貯蓄をすることで、お金のかかるイベントに備えることが必要ですよね。

貯蓄をしようと考えれば“節約”というキーワードが重要になります。しかし、間違った節約術をしていると、あなたの財布からお金をどんどん奪うことになるかもしれません。

そこで今回は、やってはいけない「間違った節約術」についてお話します。

■価格の安いものばかりを買う

安いものを買うことは良いことだ!と妄信的に信じている人がいます。しかし、価格が安くても壊れやすければ、改めて買い直すことになるかもしれません。他にも、価格が安くても使い勝手が悪いものもありますよね。

このように価格の安さだけに目を引かれると、長期間に渡って使用することが難しくなるかもしれません。上手な節約をするためには、「価格の安さ」と「実生活の利便性」のバランスを上手に取ってくれる商品を購入する必要がありそうです。

■食費を節約する

節約するとなると真っ先に手をつけやすいのが食費ではないでしょうか。自分で作る料理に関しては、ある程度具材を変えることで節約をすることも可能かもしれません。

しかし、例えば「お昼のコンビニ代を節約する」といった節約は、あまり効果が期待できません。というのも、例えば毎日ランチ代を200円節約したとしても月に節約できるのはせいぜい4,000円。その節約した4,000円がストレスとなって仕事に悪影響を及ぼす可能性もありますよね。

そうなると4,000円以上の損失をする可能性があります。将来のキャリアアップの話がなくなるかもしれませんし、ボーナスの金額が減ることも考えられます。食事への余裕は精神の余裕と捉えて、ほどほどにしておいた方がよいでしょう。

■電化製品のスイッチをこまめに消す

節約をする上でこまめに電源のオンオフを繰り返してはいないでしょうか。この動作は逆に電気代を上げることになっているかもしれません。

例えば、エアコンはつけたときが最も電気を消費するので、付けっぱなしの方が、電気代が安くなることがあります。ものによっては電化製品をこまめに消すことも節約にならないということを覚えてもらえたらと思います。

正しい知識を身につけて賢く節約することで、将来に必要な貯蓄を作りましょう。またお金の賢い使い方については、「自然とお金がたまる!FPも感心“貯蓄賢者の成功例”3つ」 「10年後に明らかな差!将来に役立つ“正しいお金の付き合い方”は?」を参考にしてみてください。

金欠一家も大満足!「食べ盛りの子どもも喜ぶ」食費節約法とは

夏貧乏という言葉を聞いたことがありますか?

言葉の通り夏には出費が多くて、お金がない!という状況ですね。旅行や帰省、そしてボーナスを一気に使える時期とあって、散財してしまう人も少なくないようです。

そんなとき、おそらく真っ先に節約しようと考えるのは食費ではないでしょうか?毎日かかる大きな出費ですし、安く済ませようと思えば安く済ませられるということもポイントですよね。

しかし、同時にお腹いっぱいになるまで食事をしたい!と考える人もいるでしょう。今回は、安い食費で夏貧乏を乗り切る方法についてお話しします。

■まずは自炊しよう

まず、食費を抑えるためには、なんといっても自炊することが最も有効な方法です。自炊であれば、家族に応じた必要な量だけ作ることができますし、食材を自分で調達するため、1食の値段を調整できるメリットがあります。

忙しくて自炊をする時間がない!と考える人もいるかもしれません。しかし、ネットで調べてみると、パパッと作れるレシピが山のように出てきます。忙しいと思っている方も、これを機に料理を始めてみてはいかがでしょうか。

■安い食材を買おう

またまた当たり前のように聞こえますが、安い食材を買うということも重要なポイントですね。スーパーでセールをしている日に1週間分をまとめ買いするというのも一つの手ですし、少し大きめな食材を2食分に購入するという方法もあります。

満足感を得るためにも、限られた食費の中で、できるだけ多くの食材を購入することは大切ですよね。ですからスーパーのセール情報には常にアンテナを張っておきましょう。

■満足感を得られるマル秘テクニック?

最後に子どもがいっぱい食べるから、なかなか食費を減らすのは難しい!と考える人もいるでしょう。そのような人は料理をかさ増しする方法を身につけてみてはいかがでしょうか。

例えば、こんにゃく、もやし、キノコ類は比較的安価でどのような料理にも合わせることができます。このような安い食材を上手く利用することで、食べ盛りの子どもにも満足感たっぷりでお腹いっぱい食べさせることができます。

食費を節約するとしても、このように満足感を得られる方法はたくさんあります。ぜひ、出費が多くて大変と感じている方は実践してもらえたらと思います。

1ヶ月で3万円!年末までの短期決戦に最適「お札専用貯金箱」活用術

お金を貯める基本の方法といえば貯金箱を使ったもの。でも、今回は普通とは少し違う、小銭ではなくなんとお札を貯めるタイプの貯金箱をご紹介します。貯めるコツもあわせてご紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

■お札を入れるオモシロ貯金箱

・主流派は缶タイプ!インテリアとしても素敵
タテ型の缶タイプで、お札サイズの挿入口にスッとお札を入れるというもの。ふた付きのものと、缶切りがないと開けられないものがあります。こちらのタイプの貯金箱は、なんと100円ショップで購入可能。とてもおしゃれで、洋書や辞書のような柄になっておりインテリアとしてもぴったりです。

・シュレッダー型!?お札貯金箱
なんと、シュレッダー型の貯金箱にお札を入れると、下の透明な箱の部分に切り刻まれたお札のくずたちが出てきます。お札を切り刻んで貯めるなんて斬新……というのはもちろんフェイクで、お札のくずは出てきますが偽物。きちんと30枚お札を貯めることができますから、1万円札だと30万円貯められる計算になりますよ。面白くて、ついついお札を入れちゃうかも。

■お札貯金箱で貯めるコツとは

お札って貯められるの?と思う方も多いでしょう。しかし、このコツを実践すれば、将来的にしっかりと貯めることができるはず!

・財布に○枚入っていたら貯金
千円札を貯めていく場合、帰宅後財布の中に千円札が2枚入っていたら1枚は貯金するという方法です。5千円札と千円札が入っていたなら、千円札1枚はお札貯金箱へ。このようにルールを決めておくことで、習慣として自然とお札を入れるようになります。千円札が5枚以上入っていたら1枚貯金という方法でも良いですね。

・月1回絶対1枚貯金
千円でも5千円でも、1万円札でも良いので、月に1度1枚は必ず貯金箱に入れるというルール。お財布に1万円しかなかった場合は、諦めて1万円を投入します。入れる時はためらいますが、入れてしまえば大きなことをやり遂げた時のようにスッキリした気分に。達成感が病みつきになりますよ。

■どのくらい貯まるか試算してみました!

缶タイプのお札貯金箱でどのくらい貯められるのか試算してみました。これから挑戦する方は、ぜひ参考にしてくださいね。

・とりあえず1缶満杯にしてみると
缶タイプのお札貯金箱の収容可能枚数は、約150~200枚。千円札を200枚貯めると20万円、5千円札だと100万円、1万円札だと200万円貯められることに!夢がふくらみます。

・1日千円ずつ貯金すると
1か月30日として、1か月で3万円、半年で18万円、1年後にはなんと36万円も貯まります。千円札360枚分。2缶分貯めればこの金額に。

ランキング