11月1日発売開始!「エヴァ」と「プリキュア」の年賀状がWEB限定で登場!

8235.jpg

11月1日、日本郵便は「エヴァンゲリオン」と「魔法つかいプリキュア!」のウェブキャラ年賀を発売する。描き下ろしイラストで多彩なキャラクターが表現され、年賀状での年始の挨拶を華やかに彩るデザインとなっている。

ウェブキャラ年賀はネット限定販売のキャラクター年賀はがきである。テーマは全14作品で、それぞれ3枚のイラストが描き下ろされている。日本のアニメからは日本動画協会の協力で、「エヴァンゲリオン」と「魔法つかいプリキュア!」の2作品がラインナップされた。
「エヴァンゲリオン」ウェブキャラ年賀のデザインは、エヴァ初号機がメインに描かれたスタイリッシュなデザインをはじめ、碇シンジや綾波レイなどの人気キャラクターがSDキャラになったものや、碇ゲンドウがお馴染みのポージングを披露したものが登場。あて名面の切手部分は富士山と「NERV」マークの初日の出が描かれており、細部にまでこだわりが注がれている一品である。

「魔法つかいプリキュア!」はキュアミラクルやキュアマジカルがキュートなデザインや、酉年にちなんでキャラクターたちがニワトリ姿のコスプレをしているものなど、こちらもユニークな内容となった。切手部分はマスコットキャラのくまのぬいぐるみ・モフルンがニワトリに変身したオリジナルデザインで、女児を中心に人気を集めそうだ。
販売期間は11月1日から12月26日まで。価格ははがき代52円とは別に、印刷代・送料などが必要となる。そのほかの作品には、人気ゲームキャラの「スーパーマリオ」や、ピクサーの人気アニメ「トイ・ストーリー」、年末には最新作の公開が控える「スター・ウォーズ」などが揃っている。公式サイトでは全デザインの詳細を公開中だ。

「エヴァンゲリオン」
(c)カラー
「魔法つかいプリキュア!」
(c)ABC・東映アニメーション  

画像一覧

  • (c)カラー
  • (c)ABC・東映アニメーション
  • (c)カラー
  • (c)ABC・東映アニメーション

提供元

関連記事

関連記事

おうちに眠っていませんか? 余った年賀状の再活用法

今年も届いた年賀状。ネットが発達した社会でももらうとやっぱりうれしいのが年賀状。

ところで、年賀状の余りってどうしてますか?
張り切って購入したものの、結局使い切れずに年賀はがきが余っちゃった……なんてことはありませんか。年賀はがきは、お正月を過ぎたらもう使えない?! そんなことはありません! 今回は余った年賀はがきのおトクな活用法をお伝えします。

1.余った年賀はがきを懸賞に使う
年賀はがきは、「年賀」という部分を消せばふつうのはがきとして活用できます。でも、一般のお便りに使いまわすのは抵抗があるという方も多いでしょうから、懸賞用にするのがおすすめ。
懸賞に使うときでも、必ず「年賀」という部分を消してくださいね。さもないと、来年の元日に届くように配達されてしまう可能性もあるようです。
本当に懸賞が好きな人は、年賀はがきをわざと多めに買ってまずはお年玉くじを楽しみ、そのあと余ったはがきを懸賞にまわすそうですよ。

2.余った年賀はがきは手数料を払えば郵便局で交換できる
余った年賀はがきは、未使用なら5円を払えば郵便局でふつうのはがきと交換できます。これなら一般のお便りに使いまわせるようになりますが、5円分損をしてしまいます。もし金券ショップで3~5円引きで買った年賀はがきだとしても、トントンか2円程度の損です。
ふつうのはがきのほかに、切手やエクスパックにも交換できるので、ネットオークションなどでこれらをたくさん使うという方は、5円引きになってしまいますがこちらに交換してもいいかもしれませんね。

3.服喪で不要になったはがきは無料で交換できる
張り切って年賀状を用意して、さあ書こう! としたときに、近しい人の不幸があって喪中になったしまった……。服喪の場合であれば、未使用の年賀はがきは手数料を払わずに無料交換ができます。無料での交換期間は、その年賀はがき、年賀切手の発売日からその年の12月28日までです。服喪であることを申し出て、所定の手続きをとりましょう。

4.余った年賀はがきで国際貢献をする
NPO「シャプラニール」では、未使用や書き損じの年賀はがきを回収して郵便局で切手シートに交換したのち、専門業者で現金化。バングラデシュやネパールに暮らす恵まれない子どもたちの教育資金としています。また、ユニセフやほかの福祉団体でも同様の活動をしているので、今年の締めくくりに福祉活動に参加してもいいかもしれません。

そろそろ年賀状の季節!一円でも安く年賀はがきを購入する方法!

もうあっというまに11月も半ば。10月29日からは、2016年のお年玉つき年賀はがきも発売されました。「えっそんな時期?!」と思うかもしれませんが、そんな時期なんです。

年賀はがきの値段は「無地 52円」「無地(インクジェット紙) 52円」「無地(インクジェット紙写真用) 62円」となっています。郵便局で買うかぎり、割引などは基本的にありません。

今回は、年末年始のご挨拶に欠かせない年賀はがきについて、オトクに購入する方法を紹介します。

■年賀はがきをオトクに購入する方法その1:金券ショップで購入する
年賀はがきの郵便局での取り扱いとほぼ同時期に、金券ショップでも取り扱いが始まります。いろいろな事情で年賀はがきを大量購入し、金券ショップに換金に来る人がいるのでしょう。一時期、郵便局員が年賀はがきの販売ノルマを達成するために、自腹で購入する「自爆営業」が問題になりましたね。
金券ショップだと、だいたい48~50円程度で販売されています。10枚セットで購入し、100枚などまとまった単位で購入すると値引きする店舗もあるようです。

■年賀はがきをオトクに購入する方法その2:ビックカメラとソフマップで買う
ビックカメラとソフマップでは、店頭や公式オンラインショップで年賀はがきの取り扱いをしています。価格の割引はありませんが、ポイントでの支払いが可能です。ポイントがなんとなく貯まっているという方、ここで使うチャンスです。

■年賀はがきをオトクに購入する方法その3:郵便局のオンラインショップで買う
郵便局のオンラインショップでもはがきを購入できます。価格の割引はありませんが、クレジットカードが使えるので、ポイントが貯まります。たとえば、ポイント還元率2%の高還元クレジットカードを使えば、52円のはがきを100枚買うと、104ポイントついてきます。1枚あたりにすると、1円程度安く購入していることになりますね。なお、5000円以上で送料無料ですので、ポイント還元なども考えると、100枚以上のまとめ買いのときにおトクになります。

ネット年賀状サービスの早割でお得にオリジナル年賀状を作成しよう

いよいよ年末。年賀状の季節です。お得に年賀状を作成するなら、自宅のプリンターが一番!と思うかもしれません。

しかし、年末のなにかと忙しい時期に、仕事がさしせまる中で年賀状作成まで手が回らないという人も多いはず。そこで利用したいのが、オンラインで年賀状印刷ができるサービスです。
今回は、早割を使って年賀状をおトクに印刷する方法を紹介します。

1.早割利用でおトクに印刷
ネットプリントジャパンでは、12月1日までまだまだおトクな「早割」価格で注文受付中です。早割を利用すると、通常1枚20円のところ、17円で印刷ができます。
安さだけでなく、今年もハイクオリティな「デザイナー年賀状」を大幅に追加し、様々なジャンル・テイストのデザインを数多く取り揃えました。あらかじめ用意されたテンプレートの中には、出産・結婚・転居など用途に応じたデザインも多数あるので、目的別の年賀状印刷にもぴったりです。宛名印刷も無料です。

2.Tプリントなら印刷代から15%引き
Tポイントのネット年賀状印刷サービス「Tプリント」なら、11月30日までの申し込みで早割が適用され、印刷代金が15%引きとなります。
業務用カラーレーザーによるオンデマンド印刷なら1枚26円、銀塩方式で写真印画紙にプリントし、ハガキに貼り付ける写真年賀状は1枚30円です。
宛名印刷が無料でつくので、一度印刷を頼んでしまえば、あとは投函するだけとラクラクです。

3.年賀はがきはおトクに購入しよう
郵便局での年賀はがきの販売開始とほぼ同時期に、金券ショップなどでも年賀はがきが販売開始されます。
一時期、販売のノルマを達成するために郵便局員が年賀はがきを「自爆営業」という自腹で購入するのが問題になりましたが、おのおの事情があって、年賀はがきを大量購入し、すぐに金券ショップに換金しに来る人がいるのでしょう。
金券ショップでの相場は48~50円程度で100枚などまとまった数量で購入した場合、値引きする店舗もあるようです。

郵便局のお年玉付き年賀状印刷を知ってますか?→早期割引10%+ネッ ト割引5%で最大15%引きでお得!

もうすぐ年末、やってくるのは元旦です。元旦の1大イベントといえば…?

そう。年賀状ですね。スマートフォンやインターネットが広く普及したことで、年賀状を出したりもらったりする機会は減ったかもしれません。
しかしながら、やはり手書きの手紙をもらうのはうれしいものですし、まわりが年賀状を出さない今だからこそ、年賀状を送ってまわりの人をしたたかに出し抜きましょう。
そんな年賀状ですが、どうせ出すならクオリティの高いものを出したい、でもコストもかかるしお得にならないものでしょうか。今回はクオリティの高い年賀状をお得に出せてしまう方法をご紹介します。

1. 郵便局のお年玉付年賀状を送る

年賀状をもらうなら、やはり旅行券やふるさと小包などがもらえるお年玉付年賀はがきが嬉しいですよね。しかも3等のお年玉切手シートは100本に2本とかなりの確率で当選してしまいます。
そう考えるとやはり年賀状には郵便局のお年玉付年賀はがきを送るのがベストではないでしょうか。
年賀はがきの値段は2015年12月現在で1枚52円から。ちなみに2015年には発行枚数が減っているとはいえ、30億枚以上お年玉付年賀はがきが発行されたようです。
そんなどうせ送るなら大勢に贈りたい年賀はがきですが、1枚1枚手書きで書いていては腱鞘炎になりかねませんし、ミスも起こりかねません。
また、デザインも迷うところです。そんなときはお年玉付年賀はがき購入の際に印刷もセットにしてしまいましょう。

2. 郵便局の年賀状印刷は早期割引とネット割引の利用がお得

年賀状を送るなら、早めの行動が吉です。なぜならば、早期割引があるからです。郵便局では年賀状印刷を依頼する際、早期に依頼することでなんと10%の割引があるのです。
年賀状を受け取る側もきっと元旦に受け取ると気持ちがよいでしょうし、ぜひ早めの行動でお得にしちゃいましょう。
さらに、Webで申し込むことで5%の割引があります。デザイン選定の際はやはり自宅
にいながらWebで探すのが便利。Web限定のデザインもあり、ディズニーやジブリ、はたまたふなっしーからスターウォーズまでキャラクターものも充実しています。
しかもなんと、これらは併用可能なので最大15%も割引を受けることができるのです。
たとえばスターウォーズの年賀状を40枚出すとすると、5,745円の15%オフで4,883円、つまり860円程度お得になるのです。
これは利用しない手はないのではないでしょうか。もちろん郵便局以外にも年賀状印刷サービスはたくさんあるので比較検討しつつ、よりお得に素敵な年賀状を送りましょう。

ランキング