JR旅客6社、冬の臨時列車。東海道新幹線は過去最多の本数に

8160.jpg

JR旅客6社は10月21日、冬の期間中(12月1日~2017年2月28日)に運行する臨時列車の概要を発表した。東海道新幹線では過去最多の運行本数を確保する。

JR北海道は期間中、計282本の臨時列車を運行。このうち北海道新幹線では56本運行し、年末年始を中心に『はやぶさ』を増発する。在来線では函館本線の函館~新函館北斗間で運行している新幹線アクセス列車『はこだてライナー』を増発。道東エリアでも『SL冬の湿原号』や『流氷物語号』を運行する。

JR東日本では3939本の臨時列車が運行される。新幹線の増発本数は2547本で、GALA湯沢スキー場のオープン(12月17日)にあわせて東京~ガーラ湯沢間を直通する『たにがわ』『Maxたにがわ』を運行。アート列車「現美新幹線」は引き続き週末を中心に越後湯沢~新潟間で運行される。在来線では1392本を増発。『SL勝浦』や『マリンエクスプレス踊り子』など、各地のイベントやキャンペーンに合わせた臨時列車が運行される。

JR東海は期間中、東海道新幹線の定期列車と臨時列車を合わせた運行本数を、過去最多の3万2252本とする。1日平均では358本(年末年始期間は401本)で、『のぞみ』は1時間あたり最大10本を運行。在来線でも年末年始や3連休を中心に特急列車を増発する。東京~大垣間の夜行快速『ムーンライトながら』は、東京発12月22日~2017年1月2日、大垣発12月23日~2017年1月3日に1日1往復運行する。

JR西日本は、山陽新幹線で前年冬季より57本多い1289本の臨時列車を運転。北陸新幹線でも前年冬季より22本多い700本の臨時列車を運転する。在来線では201本の臨時列車を運転し、寝台特急『サンライズ出雲』を年末年始に増発するほか、『花嫁のれん』『ラ・マル せとうち』などの観光列車を運行する。

JR四国では、寝台特急『サンライズ瀬戸』の運転区間を東京発のみ琴平駅まで臨時延長。金刀比羅宮や薬王寺などの初詣に対応した臨時列車も運転する。

画像一覧

  • JR旅客6社は冬季の臨時列車運行計画を発表。東海道新幹線では過去最多の運行本数が確保される。
  • 北海道新幹線では『はやぶさ』が増発される。
  • JR西日本では『花嫁のれん』などの観光列車が引き続き運行される。

提供元

関連記事

関連記事

電車VS高速…「帰省の交通費」最強コスパはどれ?【東京−大阪編】

帰省時、その交通手段は考えものです。混雑具合や金額、移動のスピード、そしてさらには、リラックス度などあれこれ悩ましいですよね。

今回は自動車(高速道路)、新幹線(自由席)、高速バス、飛行機の四種類で、東京ー大阪間などを比較してみます。

■帰省時の費用比較

まず東京ー大阪間の片道交通費を比較してみましょう。
・高速道路:約15,000円前後(高速道路料金はETC割引適用後の料金で試算)
・新幹線(自由席):13,600円前後
・高速バス:5,500円程度
・飛行機:15,000円程度

しかしここで注意したいのは、上記の料金は一人の料金ということ。2人もしくは4人など家族で利用する場合は当然金額に差が出てきます。例えば、家族がいくらいても高速道路では料金はほぼ一緒ですし、飛行機や高速バスなどでは大人料金か子供料金かで大きく変わってきます。ご自身の状況で再検討してみましょう。

■帰省の頻度を考えてみよう

ちなみに新幹線は買い方、会員などによっても金額は異なってきます。例えば、新大阪から品川・東京まで行くときに、通常ののぞみの場合14,000円台かかりますが、東海道新幹線をよく利用する方なら、JR東海の『プラスEX会員』に入会するのがおすすめ。これなら13,000円台の会員価格で購入することができるなど特典があります。頻繁に帰省する方は各種会員制を検討してみましょう。

■金券ショップを利用する

交通チケットは総じて「早めに買って、安くする」ということが節約テクニックになります。いろいろなものの早割を使うのはもちろんですが、金券ショップを使うのも一手です。筆者の場合は、地方などへ出かけるときは大抵金券ショップで購入して、正規で購入するよりも1,000円前後安く購入しています。

東京大阪間はいつでも人気のチケットで、街の金券ショップでもよく売っています。利用したことのない人は、ぜひ一度試してみましょう。

子どもに電子マネーを渡そう!【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【つづみ、ひとりで習い事に行く】

最近ある習い事を始めた、小学2年生のつづみ君。ある日ママにこう言いました。

つづみ:ママー、ぼくも一人で習い事行きたいな。バスで3つ乗れば着くんでしょ?もう行けるよ。

ママ:本当?一人で行ってくれたら、かのんのお迎えも早く行けるし、ママ助かるわ。

つづみ:うん!大丈夫だよ!友達もバスで一人で行っているんだ。

ママ:そっか。じゃあチャレンジしてみようか。

【つづみ、電子マネーを持つ】

ママ: まずバスに乗る時に使う電子マネーのカードを買いましょう。このカードがあれば、お金を毎回準備しなくても大丈夫なのよ。

つづみ:わー!ママがいつも「ピッ」ってやっているやつだね!

ママ: そう、電子マネーっていうのよ。つづみもだいぶお金を大事にできるようになってきたし、小銭をジャラジャラ持つのも危険だからね。

つづみ: うん!大事にできるよ!やったー!

ママ: まず500円払って…と。

つづみ:え?なんで500円払うの?カードの値段が500円なの?

【デポジットって何?】

ママ:これはデポジットって言ってね、カードをなくしたり壊したりしないで大切に使うために払うお金なのよ。だからもしカードを使わなくなったときに、なくさずに壊さずに返したら、この500円が返ってくるの。会社によってはいらないところもあるけれど、つづみが使うバスの電子マネーは必要なのよ。

つづみ:そうなんだ。なくしたり壊したりしちゃだめなんだね。

ママ:それにカードにはお金がいっぱい入っているからね。カードをなくすのはお金を落とすのと一緒よ。

【電子マネーはお金と一緒】

つづみ:え!?お金を落とすのと一緒?

ママ:そうよ。だってバスに乗る時は110円出して払うでしょう?それを電子マネーでピッとやることで支払うんだから、お金と一緒よ。

つづみ:そうか。こんなに薄いカードだけどお金と一緒なんだね。やっぱりなくさないようにすごく気をつけなきゃ!!

【電子マネーでジュースも買える】

つづみ:ママさ、この間駅でこのカードでジュース買ってくれたよね。バスに乗るカードなのにジュースが買えるの?

ママ:あ…よく見てるわね(苦笑)そう、このカードはバスに乗るための電子マネーだけど、自動販売機やコンビニでもお金として使えるのよ。

つづみ:そうなんだ!!嬉しいな!

ママ:でもねつづみ、電子マネーにはこわい悪魔が住んでいるのよ。

つづみ:悪魔?何の悪魔?

【電子マネーに悪魔?】

ママ:それはね、持っている人にどんどんお金を使わせちゃうっていう悪魔よ。こわいでしょ。

つづみ:ひゃー。それは嫌だなー。なんで?

ママ:電子マネーって簡単に「ピッ」ってやればお金が使えるでしょう。お金を払っているっていう気持ちにならないから、いくら使ったかなと考えずにジュースやお菓子を買ってしまうの。気がつかないうちにお金を使いすぎちゃうのよ。だから、ママは電子マネーではジュースは買わないように気をつけているの。癖になっちゃうと、あっという間にお金がなくなっちゃうからね。この間はあまりに暑くて飲み物が欲しかったのに小さいお金がなかったから仕方なく…ね。

つづみ:そうなんだ。じゃあ僕もそうしよう。

ママ:えらい!何に使ったか機械を使うと確認できるから、ちゃんとルールは守ってね。ママも電子マネーでジュースは買わないように、小銭をちゃんと持つようにする!一緒にがんばろうね。

つづみ:悪魔はこわいからね!

<電子マネーを持たせるときのルール>
・ お財布と同じように大切にする
・ 残りの金額をいつも意識すること
・ 目的(バスや電車に乗るなど)以外のことには使わない

<登場人物>

つづみくん:小学2年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年中。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第16話 夏休みの宿題からお金のことも考えよう
第15話 ぼくたちが決める!おでかけプラン
第14話 お金を貯めることってえらい !?
第13話 モノのやり取りで大失敗
第12話 はじめてのおつかい
第11話 園児から始めるお小遣い
第10話 お小遣いの渡し方
第9話 お小遣いの値段の決め方
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

そうだ、京都に行ったフリしよう!嘘がバレない旅行先&アリバイ工作テク

毎日ストレスを抱えていると、「ちょっと遠くにでも出かけて羽を伸ばしたい」なんて思うことはありませんか? かと言って、行き先やそんな事情を周囲の人に正直に伝えるのは面倒…。

そんなときに便利なのが、“遠出したたことにできる”アイテムです。旅先で手に入るお土産を用意できれば、もらった相手はそこに出かけたものと疑うことはないでしょう。そんなアリバイ作りのときに便利なショップをご紹介します。

■アリバイ作り:京都編

出張や、旅行の定番?でもある京都。鉄板のおみやげといえば「八ツ橋」ですよね?実は東京でもバッチリ買うことができちゃうんです。その名もズバリ『京都館』。JR東京駅八重洲中央口から徒歩1分なので、本当におみやげを買い忘れてしまった!!という時にもぜひ利用してみてくださいね。

・『京都館』
住所 : 東京都中央区八重洲2丁目1番1号ヤンマー東京ビル1F

■アリバイ作り:北海道編

お次は北海道編です。『北海道どさんこプラザ』というアンテナショップをご存知ですか?こちらでは多くの名産品の取り扱いがあるようです。催事などを催していることもあるようで、現在は「秋鮭ねぎ味噌漬」、「ピュアホワイト(トウモロコシ)」「サーモン粕漬」といった商品が並んでおり、本当に北海道に行ったかと自分で錯覚してしまうかもしれません。

・『北海道どさんこプラザ』 有楽町店
住所 : 東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館1階

■アリバイ作り: 諸国ご当地プラザ編

一番の禁じ手であるところのアンテナショップがコチラになります。東京駅構内にある「諸国ご当地プラザ」ですが、諸国の名に恥じぬ品揃えとなっています。山梨、静岡、岡山、青森、博多、沖縄という主要なアリバイ作りが一気に可能になってしまいます。

有楽町店『諸国ご当地プラザ』
住所 : 東京都千代田区丸の内1丁目9−1 JR東京駅

■アリバイ作り: 海外編

京都などのメジャーな場所であれば、行ったことにしているのがバレてしまうことも考えられますよね。逆に言えば、それほど有名でない土地のお土産を手に入れることができれば、より疑われることなくアリバイ作りができるかもしれません。

もし、そのような有名でない場所のお土産を手に入れたいと思うのであれば、通販で各地のお土産品を購入できる『ギフトランド』を利用するのもいいでしょう。日本だけではなく、海外のお土産も手に入れることができるのが嬉しいですね。

■バレないようにするためには

本当のことを隠しているからといって、いつもと違う行動をしないことが大切です。例えば、いつも出かけた先でお土産を買わないのであれば、お土産を買っていくと不自然で目立ってしまうし、知らない土地のことをたくさんしゃべるとかえってボロが出るかもしれません。

あくまでもいつも通りの対応や、いつも通りの行動をすることによって初めて成立するのです。もし、ゆっくりと休みたいのであれば、このようなことに気をつけながら行動してもらえたらと思います。

たった2,370円で東京から九州へ!「青春18きっぷ」おさらい解説

今年の夏休みは「青春18きっぷ」を使って気ままで自由な旅に出かけませんか?遠くへ行けば行くほど、とってもお得な、夏休みの旅にぴったりなきっぷなんです。

「よく聞くけれど、実際のところどういったきっぷなの?」という青春18きっぷビギナーの方のために、今回は青春18きっぷについての詳細や使い方などをご紹介したいと思います。

■青春18きっぷの基本

使用条件や価格など、青春18きっぷの基本情報をご紹介します。

■概要

全国のJRの普通・快速列車の普通車自由席や高速バス、JR西日本宮島のフェリーで利用できるきっぷです。

■価格

11,850円(大人・子ども同額)

■購入できるところ

全国のJR各駅のみどりの窓口、おもな旅行会社などで購入できます。

■利用できる期間

夏:平成28年7月20日~平成28年9月10日
冬:平成28年12月10日~平成29年1月10日

■特徴

青春18きっぷ1枚は5回分がセットになっており、1枚を5人で使用することも可能です(5回分利用ということ)。つまり1日あたり2,370円で電車に乗ることができるのです。1回の利用期限は乗車日当日限りで、2日にまたいで利用する場合は、2回分使用することになります。

またJR北海道・JR東日本・JR東海・JR西日本・JR四国・JR九州のすべてで利用できます。普通車・快速列車であれば、指定席券を購入することで指定席が利用可能、グリーン車も、自由席であればグリーン券の購入で利用可能です(グリーン車指定席は利用不可)。

■間違いやすいところ

青春18きっぷという名前ですが、年齢制限はないので、どなたでも利用できます。1回の利用期限は乗車日当日です。例えば、1日AM8:00~2日AM1:00まで利用した場合、1日AM8:00~PM11:59までで1回、2日AM0:00~AM1:00で1回の、計2回分使用することになります。もしくは乗車中に0時を過ぎてから「青春18きっぷ」を利用する場合は、青春18きっぷ1回分と、0時を過ぎて最初に出発する駅までの乗車券を別に払うことでも対応できます。

■青春18きっぷでこんな旅ができる

東京駅から始発に乗って、最長どこまでいけると思いますか?実は、九州に上陸できます!!東京駅から横須賀線の始発(4:55)に乗車し、東海道をひた走ります。姫路から山陽地方を横断、当日の23:57頃に福岡県北九州市の門司駅に到着するんです。

おとなりは新幹線停車駅の小倉。1日で東京から九州まで、青春18きっぷ1回分の利用なので、2,370円で行けるということですね!新幹線を利用すると、自由席で21,170円(所要時間約5時間)ですから、費用だけでみれば約19,000円もお得に。

他にも、1回利用で東京から関西へ行き1泊、翌日もう1回分利用して九州へといった使い方もできますし、友達と2人で利用すれば4回分を使って往復の利用ができます。お住いの地方(関東、近畿、四国、九州など)をぐるっとめぐる旅も楽しそうです。

工夫次第でいろいろな使い方ができるので、ぜひ、夏休みの旅行やひとり旅などに役立ててください。

ランキング