Apple Pay、ついに日本で提供開始か?

8163.jpg

 ついに、日本でも25日にAppleの決済サービス「Apple Pay」がスタートしそうだ。すでに、同社のティム・クックCEOが来日時、JR東日本 山手線の改札でテストしたほか、JR東日本とドコモが、それぞれ運営しているSuicaおよびiDの公式ウェブページを25日未明にメンテナンス予定であると案内していることからも、外堀は埋まってきている。

 では、「Apple Pay」が日本でリリースされると、一体何ができるようになるのか。我々の日常生活のなかで、iPhoneおよびApple Watchの役割が増えるシーンは、大きく分けて3つある。

 まず1つはiPhoneで、Android端末向けに展開されている「モバイルSuica」に似たサービスが利用できるようになる。iPhone 7シリーズや、Apple Watch Series 2など、各種対応デバイスで改札をタッチするだけで通過(タッチ&ゴー)可能となる。サービスリリース後、JR東日本のSuicaアプリに、手持ちのSuicaを登録するだけと、その利用方法も実にシンプルなものになりそうだ。また、登録したSuicaへのSF チャージ(入金)や定期券の更新についても、「Apple Pay」に登録したアメリカン・エキスプレス、Master Card、JCBのクレジットカード、ビューカードなどから簡単にできるようになる。駅で券売機やチャージ機に並ぶ必要はもはやない。

 次に、各種電子決済サービスへの対応。いわゆる「おサイフケータイ」に似たサービスがiPhone 7シリーズおよびApple Watch Series 2で利用可能となる。対応する電子決済サービスは、iDとQUICPay。これらは、全国のコンビニエンスストアや大型流通施設、外食チェーンでは、必ずと言っていいほど導入されているので、これからは財布からカードなどを取り出すことなく、対応デバイスをタッチするだけで、買い物ができるようになる。先に登場したSuicaも、こうした電子決済サービスとして登録されているシーンが多いが、iDおよびQUICPayと同様に支払い手段としても利用できるので、毎日の買い物がより便利になりそうだ。

 最後に、さまざまなアプリ内やウェブ上での決済も、「Apple Pay」が利用できる。この機能はiPhone、iPad、Mac上から使えるのが特徴。たとえば、Mac上でショッピングをしている時、ユーザーのiPhoneまたはApple Watchで、支払いを完了させるように求めるメッセージが自動的に表示されるようになる。現時点では、じゃらんや東宝シネマズ、出前館、minneなどが対応を発表しているが、今後順次拡大していきそうだ。

 Apple Payが2014年に登場したが、ついに日本に上陸することになる。再度案内しておくと、Apple Payに完全に対応するのはiPhone 7シリーズおよびiPhone 5以降の機種とペアリングしたApple Watch Series 2。これら端末に対する評価はグローバルでさまざまだが、こと日本においては利便性の向上が間違いなくある。サービススタートまで、あと数日。ユーザーにとっては、楽しみな毎日が続きそうだ。

画像一覧

  • iPhoneの利用シーンがこんなに広がる! Apple Pay、ついに日本で提供開始へ
  • iPhoneの利用シーンがこんなに広がる! Apple Pay、ついに日本で提供開始へ
  • iPhoneの利用シーンがこんなに広がる! Apple Pay、ついに日本で提供開始へ
  • iPhoneの利用シーンがこんなに広がる! Apple Pay、ついに日本で提供開始へ
  • iPhoneの利用シーンがこんなに広がる! Apple Pay、ついに日本で提供開始へ
  • iPhoneの利用シーンがこんなに広がる! Apple Pay、ついに日本で提供開始へ
  • Apple Pay (c) Getty Images
  • iPhoneの利用シーンがこんなに広がる! Apple Pay、ついに日本で提供開始へ
  • iPhoneの利用シーンがこんなに広がる! Apple Pay、ついに日本で提供開始へ
  • iPhoneの利用シーンがこんなに広がる! Apple Pay、ついに日本で提供開始へ
  • iPhoneの利用シーンがこんなに広がる! Apple Pay、ついに日本で提供開始へ
  • iPhoneの利用シーンがこんなに広がる! Apple Pay、ついに日本で提供開始へ

提供元

関連記事

関連記事

子どもに電子マネーを渡そう!【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【つづみ、ひとりで習い事に行く】

最近ある習い事を始めた、小学2年生のつづみ君。ある日ママにこう言いました。

つづみ:ママー、ぼくも一人で習い事行きたいな。バスで3つ乗れば着くんでしょ?もう行けるよ。

ママ:本当?一人で行ってくれたら、かのんのお迎えも早く行けるし、ママ助かるわ。

つづみ:うん!大丈夫だよ!友達もバスで一人で行っているんだ。

ママ:そっか。じゃあチャレンジしてみようか。

【つづみ、電子マネーを持つ】

ママ: まずバスに乗る時に使う電子マネーのカードを買いましょう。このカードがあれば、お金を毎回準備しなくても大丈夫なのよ。

つづみ:わー!ママがいつも「ピッ」ってやっているやつだね!

ママ: そう、電子マネーっていうのよ。つづみもだいぶお金を大事にできるようになってきたし、小銭をジャラジャラ持つのも危険だからね。

つづみ: うん!大事にできるよ!やったー!

ママ: まず500円払って…と。

つづみ:え?なんで500円払うの?カードの値段が500円なの?

【デポジットって何?】

ママ:これはデポジットって言ってね、カードをなくしたり壊したりしないで大切に使うために払うお金なのよ。だからもしカードを使わなくなったときに、なくさずに壊さずに返したら、この500円が返ってくるの。会社によってはいらないところもあるけれど、つづみが使うバスの電子マネーは必要なのよ。

つづみ:そうなんだ。なくしたり壊したりしちゃだめなんだね。

ママ:それにカードにはお金がいっぱい入っているからね。カードをなくすのはお金を落とすのと一緒よ。

【電子マネーはお金と一緒】

つづみ:え!?お金を落とすのと一緒?

ママ:そうよ。だってバスに乗る時は110円出して払うでしょう?それを電子マネーでピッとやることで支払うんだから、お金と一緒よ。

つづみ:そうか。こんなに薄いカードだけどお金と一緒なんだね。やっぱりなくさないようにすごく気をつけなきゃ!!

【電子マネーでジュースも買える】

つづみ:ママさ、この間駅でこのカードでジュース買ってくれたよね。バスに乗るカードなのにジュースが買えるの?

ママ:あ…よく見てるわね(苦笑)そう、このカードはバスに乗るための電子マネーだけど、自動販売機やコンビニでもお金として使えるのよ。

つづみ:そうなんだ!!嬉しいな!

ママ:でもねつづみ、電子マネーにはこわい悪魔が住んでいるのよ。

つづみ:悪魔?何の悪魔?

【電子マネーに悪魔?】

ママ:それはね、持っている人にどんどんお金を使わせちゃうっていう悪魔よ。こわいでしょ。

つづみ:ひゃー。それは嫌だなー。なんで?

ママ:電子マネーって簡単に「ピッ」ってやればお金が使えるでしょう。お金を払っているっていう気持ちにならないから、いくら使ったかなと考えずにジュースやお菓子を買ってしまうの。気がつかないうちにお金を使いすぎちゃうのよ。だから、ママは電子マネーではジュースは買わないように気をつけているの。癖になっちゃうと、あっという間にお金がなくなっちゃうからね。この間はあまりに暑くて飲み物が欲しかったのに小さいお金がなかったから仕方なく…ね。

つづみ:そうなんだ。じゃあ僕もそうしよう。

ママ:えらい!何に使ったか機械を使うと確認できるから、ちゃんとルールは守ってね。ママも電子マネーでジュースは買わないように、小銭をちゃんと持つようにする!一緒にがんばろうね。

つづみ:悪魔はこわいからね!

<電子マネーを持たせるときのルール>
・ お財布と同じように大切にする
・ 残りの金額をいつも意識すること
・ 目的(バスや電車に乗るなど)以外のことには使わない

<登場人物>

つづみくん:小学2年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年中。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第16話 夏休みの宿題からお金のことも考えよう
第15話 ぼくたちが決める!おでかけプラン
第14話 お金を貯めることってえらい !?
第13話 モノのやり取りで大失敗
第12話 はじめてのおつかい
第11話 園児から始めるお小遣い
第10話 お小遣いの渡し方
第9話 お小遣いの値段の決め方
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

ポイントは2重でお得に!新生活を機に電子マネーをうまく活用しよう。

寒い寒い冬ももうすぐ終わり。暖かい春はもうすぐそこです。

春から新しい生活をスタートするという方、お引越しの準備はもう始めていますか。お引越しや新生活には何かとお金がかかりますよね。新生活を始めたもののお金があまりない。そんな不安もできるだけ解消したいものです。今回は、普段の支払いを電子マネーに切り替えてオトクな生活をはじめるコツをご紹介したいと思います。

1.現金を持ち歩かずに電子マネーで支払う
普段の生活では何かと現金でのお支払いが多いものですが、大手のコンビニエンスストアや、スーパーマーケット、あるいはクレジットカードの加盟店で使える電子マネーを使うと、通常のお支払いにポイントが必ずついてきます。あらかじめ料金をチャージしておくことで現金なしでのお支払いができるし、金額に応じてポイントがつくので、後々のお支払いの際にたまったポイントでお支払いもできます。つまり、現金で支払うよりも電子マネーでのお支払いの方が断然オトクになるわけです。電子マネーの種類はたくさんありますので、よく使いそうなお店で使えるものをお持ちになることをおススメします。

2.入金の際は、クレジットカードで支払う
電子マネーへの入金は現金以外にもクレジットカードで支払うほうが断然オトク。なぜなら、ポイントの二重取りができるからです。電子マネーによっては入金金額に応じてポイントが付与するものもあります。加えて、クレジットカードで支払いを行うことで、クレジットカードにもポイントが付くため、1度の支払いでポイントが二重で獲得できるのです。また、クレジットカードと相性のいい電子マネーというのもあります。たとえば、JR東日本「Suica(スイカ)」は、ビューカードが発行するクレジットカードで入金すると、1000円ごとにポイントが6ポイントと通常の3倍ものポイントが発生します。「リクルートカード(VISA)」では、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで使えるナナコ、楽天エディ、スイカへの入金で1.2%分のポイントが発生します。ポイント賢くゲットしてオトクな新生活はじめましょう。

iphoneでsuicaが使える!「Felica搭載!」iPhone 7/7 Plus、10月下旬に提供開始へ

 噂されていたiPhone 7/7 PlusなどへのFelica搭載が現実のものとなった。

 Appleは、同デバイスおよびApple Watch Series 2へのFelica搭載、および電子決済サービス「Apple Pay」の10月下旬スタート(予定)をアナウンスしている。

 Felica搭載によって、ユーザーはJR東日本が発行するSuicaをデバイスに登録し、「モバイルSuica」端末として、読み取り機にかざすだけで、改札を通過できるようになる。

 また、Suica物販にも対応するので、駅ナカをはじめとした店舗での支払いが、これまでよりも格段にスムーズになることは間違いない。さらに、iPhone 7/7 Plus上からは、Suicaのチャージや、Suica定期券の購入も可能だ。

 Apple Payについては、QUICPAYおよびiDに対応。アプリケーション内での買い物や、タクシーの運賃支払いにも利用できる。

 長年待ち望まれてきた機能の搭載ということで、日本では、かなり注目機種となりそうだ。

ポイントも節約レシピも総動員!「給料日前の金欠時」やるべきこと5つ

給料前はいつも金欠。そんな方は多いかと思います。給料日前にお財布がさみしくなる原因はさまざまです。

お金の管理が苦手でついつい買い物しすぎてしまう人もいれば、たまたま結婚式など出費が伴うイベントが重なってしまった人、給料の支払いが遅れたりや予期せぬ事故で思わぬ出費、という方も中にはいるでしょう。

そんな不測の事態に備えて、金欠時に何をすべきか。5つのポイントを紹介します。

■1.ポイントを使う

現金がないならポイントを使えば良いのです。いつ使うかわからないポイント、使うのは今です。コンビニやスーパー、ドラッグストアでも現金の代わりにポイントで支払うことで金欠を回避しましょう。『Tポイント』、『楽天ポイント』、『マイル』など通常の生活で溜まるポイントカードは常に携帯しておくようにしましょう。

■2.食費を抑える

食費はなんだかんだ出費がかさむものです。家で自炊をして極限まで食費を抑えましょう。幸いネット上には節約レシピが山のように掲載されています。『マネーゴーランド』では、1食100円以下で作れる節約レシピを紹介していますから、ぜひ参考にしてみてはいかがですか?

<おすすめ節約レシピ>
⚫️【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】夏バテを吹っ飛ばせ!100円スタミナどんぶり
⚫️【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】ビールに合う100円節約おつまみレシピ-1-
⚫️【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】忙しい朝でもしっかり食べれる!食パンレシピ

■3.不用品を売る

自宅の不用品、もしくは本当は必要だけど手放せるものを売って現金を獲得しましょう。リサイクルショップや古本屋、さらに個人でのフリマアプリやオークション、ネット買取りサービスなど様々な方法が用意されています。手っ取り早いのはお店に持ち込むことですが、すこしでも多く稼ぎたいならばフリマアプリやオークションを活用してみるのも良いでしょう。

■4.短期的な仕事で副収入を得る

ある程度の技術・技能を持っている場合は、「クラウドワークス」などクラウドソーシングプラットフォームを利用して短期的な仕事で副収入を得ましょう。単純な入力作業から、デザイン、ロゴ制作などある程度品質を求められるものまで様々な仕事があります。

<おすすめ副業>
⚫️副業は難しくない!誰でも趣味の延長でお金を稼ぐ方法
⚫️最短わずか1日!緊急事態でも大丈夫「すぐにお金が手に入る」副業3つ

■5.クレジットカードを利用する

最終手段ですが、どうしてもというときは、手元にお金がなくても使えるクレジットカードを利用するのも一手です。ですが、これが慢性化して使いすぎてしまうと、結局請求日に慌てることになりかねませんので、くれぐれもご注意を。

<クレジットカードを使い際の注意点>
⚫️リボ払いは得?知らないと大損「賢いクレジットカードの支払い方」

ランキング