お金も幸運も呼び込む!「お金持ちがいつも言ってる」口癖3選

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・お金持ちになる口癖

<Point>

1積極的に物事に取り組む口癖をつける

2失敗を受け入れる口癖をつける

3感謝の口癖をつける

7988.jpg

一般的にお金持ちは共通した考えを持っているといいます。

一般的な人は、一般的な考え方を持っているために一般的な生活を送ります。一方で、お金持ちは、お金持ちの考え方を持っているためにお金持ちになれたと考えられるでしょう。

多くの場合、お金持ちは、ある共通した考え方を持っており、同じようによく口にする言葉があると考えられるでしょう。今回は、そんなお金持ちに共通する口癖についてお話します。

■口癖1:とにかくやってみよう

お金持ちになる人は、物事に対して積極的であるといいます。というのも、何事にも消極的な人は、今の安定した生活を抜け出してチャレンジすることができません。

一方で、何事もやってみようと考える人は、失敗を恐れません。リスク管理さえしっかりしていれば、失敗したからといって人生が終わるわけではないのです。何事にもチャレンジする口癖は、まさにお金持ちになる最低条件と言えそうです。

■口癖2:仕方ないね

何事にもチャレンジするために、よほどの天才でない限り、失敗はつきものです。しかし、その失敗を「ああ、もうだめだ」と考えるのか「こうしたら、もっと良くなったのでは?」と捉えるのでは、結果が大きく変わります。

上手く進められなかったなら、失敗を受け入れることも重要です。「仕方ない」と結果を受け止めた上で、その失敗を次に生かすこともお金持ちになるために必要な条件と言えるでしょうね。

■口癖3:ありがとう

お金持ちになるためには、やはり感謝の気持ちが必要でしょう。自分の努力によって物事が上手く進んだときにも、周りの協力や助けがあったからこそ成し遂げることができたということも多いのです。

お金持ちの人は、そのような自分が行った過程に対する感謝を忘れません。感謝を積み上げていると自分がピンチになったときには手を差し伸べてくれる人がいるでしょう。そして事態を好転させることもあるかもしれませんね。

自分がどれだけ大きなことを成し遂げたとしても、周りの感謝を忘れることなく、さらなる成長を目指してお金持ちになっていきましょう。また、逆にお金に嫌われる口癖については お金がどんどん逃げる!「貧乏を呼び込む」言ってはいけない口癖5選 を使わないように、気をつけてください。

画像一覧

  • お金持ちになるための新法則!成功者になるための口癖3つ

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

お金がどんどん逃げる!「貧乏を呼び込む」言ってはいけない口癖5選【声優ナレーション付】

「お金がないなあ」

そんな口癖を無意識にしてはいませんか? 口は災いの元という言葉もあるように、自分の言葉に気をつけられない人は、成功することは難しいでしょう。それはキャリアアップといったことに限らず、あなたの財布にも影響を与えているかもしれません。

ネガティブな言葉は、あなたの財布にお金を呼び込むことはありません。いつまでも泣き言を言い続けて、これから先もずっと貧乏生活を続けることになりかねないのです。
そうならないためには、日頃からの口癖を注意する必要があります。今回は、お金にまつわるNGフレーズを紹介します。

■「お金がない」

まず「お金がない」という人は、潜在的にお金がないと考えているので、いくらお金があっても足りない人でしょう。お金がないと考えることによって自分の生活に余裕があったとしても、常に苦しい思いをしている気分になります。「お金がない」というのは自分を苦しめる言葉なので、必ず辞めるようにしましょう。

■「お金さえあれば○○する」

「お金があれば旅行する」「お金があれば自己投資する」「お金があれば…」
そんなことを考えていませんか。本当に必要なことであれば、例えお金がなくても実際にやるべきです。お金がないからやりたいことをしないのは本末転倒とも言えるでしょう。お金がなくても優先順位の高いことはきっちりと行動に移しましょう。

■「○○のせいでお金がない」

お金が貯まらない一つの理由として、他人や物事のせいにすることが考えられます。何かに理由を押し付けていても事態が良くなることはありません。今ある現実を受け入れた上で、何をするかということを考えるのが正しい考え方ではないでしょうか。

■「時間がない」

「時間がないから」という人もあまりお金を呼び込むことはできないでしょう。そもそも時間は全ての人に平等に与えられているもの。その時間を上手くお金につなげられていないのであれば、それはその人の行動を見直す必要があります。「時間がない」という言い訳もお金を呼び込むために口にしないようにしましょう。

■「お金なんて…」

「お金なんて…」と思っている人は、お金を稼げていない人です。お金を稼いでいる人ほどお金を大切に使います。いつまでもお金に対して嫌悪感を持っているようでは稼げないのも当然かもしれません。

このような口癖はふとしたときに出てしまうかもしれませんが、意識的に使わないようにすることでお金持ちの一歩を踏み出しましょう。またお金を理由にした、夫婦ゲンカで言ってはいけないフレーズについては、「FPは見た!夫婦がお金でモメる“絶対言ってはいけない”8フレーズ」でご紹介していますから、参考にしてみてください。

■今回のナレーター

大谷 咲子(おおたに さきこ)

・主な活動歴
現在舞台を中心に声優、イベントコンパニオンなどの活動をしています。
ゲームが大好きです!
ツイッター  @sakiton69

お金持ちになるための常識!「貯めグセをつける」小さな習慣5つ

貯金がなかなか続かない……と悩むひとは多いのではないでしょうか。ストレスを感じてやめてしまったという人もいるのでは?

今回は、いつの間にかお金がたまっている「貯めグセ」をつける習慣についてご紹介します。貯めグセをつけることで、無理なくムダなく貯金を続けることができますよ!

■1:お給料が入ったら

毎月給与が入ったら、一定額は先に貯金へまわすことが確実な貯金をするコツです。あらかじめ決めておいた額を先に貯蓄用として確保してしまうことで、「今月も全部つかっちゃって貯金するお金がない!」という残念な事態を防ぐことができます。

方法としては、金融機関の定期積立サービスを利用するか、貯蓄用口座を新しく作っておき給与が振り込まれたらすぐに決めた額を貯蓄用口座にうつすという2つがおすすめです。決めた額を先にとっておくことで、残りのお金はなくなるまで使えて気持ちに余裕が生まれます。

■2:毎日の行動を見直そう

毎日の行動を見直して、ムダづかいをしているところや工夫できるところを見つけて改善していきましょう。小さなお金も、ちりも積もれば大きな額になります。日々のちょっとした出費をおさえる習慣をつけるだけで、貯めグセをつけることができますよ。

■3:コンビニにはいかない

コンビニの商品は、基本的に価格が高めです。同じ500mlのペットボトル飲料でも、コンビニなら150円くらい、スーパーなら100円以下で買うことができます。1本だとたかだか50円ですが、2日に1回買っていたとすると月に750円もの差が。年間だと9000円。結構大きな額になります。

「年間29万円の支出!“コンビニ立ち寄り”が無駄使いを助長するワケ」でも紹介していますが、コンビニでの支出は無視できないものがあります。

■4:衝動買いはしない

心ときめく商品をみつけたら、思わず財布の紐もゆるんでしまいますよね。しかし、衝動買いをする人はいわゆる浪費家の傾向があり、なかなか貯金できない人が多いんです。心ときめく商品を見つけても、とりあえずその日は買わないことを習慣にしましょう。

次の日にまだ心がときめいたら、予算と相談してください。たいがい、次の日になると「そんなに欲しくないかも」と、冷静になることができます。

■5:ストレスは溜めない

貯金をはじめたものの続かないという大きな原因は、貯金によるストレス。「これだけ貯めなきゃ」「ここは我慢しなきゃ」など、自由にお金を使えないストレスが大きくなっていくと、「もういいや!」と貯金をしなくなってしまいます。

毎月決められた額を先取り貯金していれば、あとは何につかっても大丈夫なので、このストレスも多少軽減されますね。また、たまにはご褒美も大切。年1回の旅行や欲しいもの1つだけは買う!など、「これからも貯金を頑張ろう!」と前向きになれる自己投資も大切ですよ。

お金持ちに近づく最初の一歩⁉︎ 「1000万円を最速で稼ぐ」方法とは?

お金持ちになりたい!

誰もが一度は考える欲求ではないでしょうか。お金が人生の全てではありませんが、何かをしようと考えると多くのことにお金がかかります。いい生活を送るためにも、美味しいご飯を食べるためにも、少し良い暮らしをするためにもお金は必要です。

しかし、お金持ちも最初からお金を持っていたわけではありません。お金がお金を呼ぶとの言葉もあるように、手持ちのお金が少ない頃から大切に扱うことで、さらなるお金を呼んできたのです。今回はお金持ちのきっかけということで、1,000万円を稼ぎだすためにはどのような方法があるか考えてみましょう。

■1,000万円は実は現実的な金額!?

まず、1,000万円を稼ぎだすことは、それほどハードルが高いことなのでしょうか。1億円と聞くと現実味がないと思われるかもしれませんが、実は1,000万円を貯めるのはそれほど非現実的なことではありません。

仮に毎月5万円を貯めることができれば17年で達成することができますし、利回りのいいものを扱えば、さらに短い期間でお金を貯めることも可能です。しかし、ただ給料を貯めるだけではもったいないので、実際に1,000万円を貯める様々なケースを考えてみましょう。

■副業で稼ぐ

1億円を稼ぎだすのは難しいですが、1,000万円なら稼ぎだすことも可能です。例えば副業で毎月1万円の収入があるだけでも10年貯め続ければ120万円になります。毎月1万円で1,000万円に到達させることは難しくても、それを10万円まで増やすことができれば、9年で達成できます。

副業で稼ぐことに興味があるという人は1,000万円を貯蓄する可能性を多いに秘めているのです。堅実に1,000万円を作る人には副業で稼ぐことも視野に入れてみて下さい。

■やっぱり投資は捨てられない!

1,000万円を貯めようと考える上で、やはり投資の魅力を話さないわけにはいきません。投資は損をするイメージが先行しがちですが、それ以上に「複利」と呼ばれるものによりあなたの資産をだるま式に増やしていくことができます。

複利のイメージとして、例えば1万円がどのように増えていくかを考えてみましょう。年間で20%の利子がつくと1万円は、1.2万円、1.44万円、1.72万円というように、利子によって稼いだお金がさらなる利子を生み出してくれるのです。

ですから、毎月5万円を貯めて年率110%で運用することができれば、11年で1,000万円に到達することができます。稼ぐだけよりも断然早いですね。1,000万円稼ぐのは時間さえかければ誰でも達成可能です。ぜひ、今日からお金持ちのきっかけ作りを考えてもらえたらと思います。

<おすすめ関連記事>
「1億円貯める」近道は?毎月貯蓄or投資…?【もしもシリーズ】
目指せ貯金2000万円!「月1万円で始められる」貯蓄生活
億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点

どんどん金欠!「使うたびにお金がなくなる」ATMの使い方

「やばい!今手持ちのお金がない!」

そんな状況になったとき、あなたはどうしますか? クレジットカードを使う、買い物を諦める、お金を引き出すなど様々な選択が考えられます。ここでATMからお金を引き出すと考えた人は黄信号かもしれません。

それは、お金の使い方として、あまり良い使い方とは言えないからです。というのもATMでこまめにお金を使う人ほど、散財しやすい傾向にあるからです。今回は、散財しやすい人の共通点についてお話しします。

■お金をこまめに引き出す人は散財する?

なぜ、ATMでしょっちゅう引き出す人は散財しやすいのでしょうか。一見、こまめにお金を引き出す人の方が必要なときに必要な分だけお金を使っているため、節約できるように感じる人もいるでしょう。

しかし、お金を頻繁に引き出す人はお金の管理ができているようでできていない傾向にあります。というのも、こまめに引き出す人ほど自分の無駄遣いに気づきにくく、また、自分の所持金に対する意識が薄いと言えるから。

例えば、1ヶ月に1度お金を引き出す人と毎日お金を引き出す人で、現金と通帳に書かれた数字を見て、使ったお金に対する意識の差が出るのは火を見るより明らかといえます。1ヶ月でまとめてお金を出すのは気が引けるかもしれませんが、決められたときにだけお金を出すという意識を持っておくことは必要かもしれません。

■ATMの手数料が1万円!?

最近では様々な場所にATMが設置されるようになりました。コンビニやスーパー、駅にまでATMが設置され、私たちの生活は非常に便利なものになっています。

その反面、お金を失う機会も多くなりました。便利な場所にあるATMの多くは手数料がかかります。手数料が必要なATMの増加に伴って、手数料に対する抵抗が減っているようにも感じます。しかし、1回100円の手数料も週に2回使えば月額で800円。年単位で考えれば1万円近くになります。やはりこまめにお金を引き出すのは、あまり賢いお金の使い方とは言えなさそうですね。

■賢いお金の使い方とは

では、賢いお金の使い方とはどのような方法なのでしょうか。やはり、週単位、月単位で決まった日にお金を引き出すのが賢いお金の使い方といえます。

そうすることで、使ったお金、財布の中の残額を嫌でも気にしなければなりません。何か予定がある週にはあらかじめ多めに引き出しておくことで、追加でお金を引き出すことも防げます。ぜひ、日々のお金に対する実感を忘れず持ってもらえたらと思います。

ランキング