今夜がピーク!「オリオン座流星群」観察のポイントは?

8101.jpg

 オリオン座流星群が10月21日、活動のピークを迎える。2016年は、月が明るいため条件はよくないが、前後4~5日間の未明は観察チャンスがある。10月21日夜には、国内3か所からオリオン座流星群を生中継する特別番組も放送される。

 オリオン座流星群は、ハレー彗星を母天体とする流星群。国立天文台によると、2006年に突然1時間あたり60個以上、観測者によっては100個を超える流星数が観察され、にわかに注目されるようになった。

 アストロアーツでは、観察チャンスについて「10月21日の未明から明け方、もしくは22日の未明から明け方」と解説。下弦前の月が夜空を照らしているため流れ星は見えにくく、条件のよいところでも1時間あたり10個未満程度と予想している。また、国立天文台の10月のほしぞら情報では、「見頃は前後4~5日間の未明。1時間に3個程度」としている。

 ウェザーニュースが10月17日に更新したオリオン座流星群の「流星見えるかなマップ」によると、10月21日夜は北陸から東北までの広いエリアで「バッチリ見える」と予想されている。ただ、関東から静岡にかけては、雲が広がりやすく、雲の隙間からの観察になりそうだという。

 最新のマップは、「ウェザーニュースタッチ」内の「星空Ch.」、またはウェザーニュースのWebサイト「オリオン座流星群」で随時更新される。

 10月21日23時から25時までは、全国3か所からオリオン座流星群のようすを生中継する「オリオン座流星群特別番組」も放送される。24時間生放送の天気番組「SOLiVE24」をはじめ、ウェザーニュースのWebサイト、YouTube LIVE、ニコニコ生放送、LINELIVEなどから視聴できる。

◆オリオン座流星群特別番組
放送日時:2016年10月21日(金)23:00~25:00
配信予定メディア:ウェザーニュースのWebサイト、SOLiVE24、YouTube LIVE、ニコニコ生放送、LINELIVE、Flesh by ameba、FacebookLIVE、Mキャス

画像一覧

  • 2016年10月22日0時の「オリオン座流星群」のシミュレーション (c) アストロアーツ
  • オリオン座流星群の「流星見えるかなマップ」
  • オリオン座流星群特別番組

提供元

関連記事

関連記事

今日はフルムーン!お金持ちになれる「満月の日にやるといいコト」【声優ナレーション付】

「お金持ちになりたいなあ」そんなことを思う時はありませんか?

人生はお金じゃないと思いながらも、やはりお金があるに越したことはありませんからね。そこで、今回は“満月の力”を借りてお金持ちになる方法についてお話しします。

■満月には解明されていないパワーがある!?

なぜ、満月とお金が関係あるんだ!と言われるかもしれませんが、特別根拠があるわけではありません。しかし、昔から満月になると出産が増えるとか、犯罪が増える…なんてことも言われており、未だ全ては解明はされていないものの、月は人間だけでなく生命の誕生から発展まで密接な関係があるのです。

つまり、科学的な根拠はないものの月にはなんらかのパワーがあると昔から信じられているのです。8月の満月は「中秋の名月」と呼ばれ、豊作の祈りをされていたという説もあり、昔から人々の間で信じられていることを感じますね。

■満月の日にやるべき⁉︎ お金持ちになるおまじない

では、実際のところ満月の日にどんなことをすれば良いのでしょうか。ネットを中心に噂になっているのが満月に向かって財布を振り続けるということ。満月の日に、曇り空で月が見えなくても、月に向かって振り続け、最後にお月様に対してお礼を言うことがポイントだそう。

こうすることによって、財布の中に貯まったレシートや割引券を処分することができるので、財布の中をスッキリさせるという視点からも金運アップしそうですよね。

他にも様々な満月に行うおまじないがありますが、どれも共通して言えるのが、お金を入れるものをきれいにして、月の光に当てるといったことでした。信じるか信じないかはあなた次第ですが、目に見えない力を信じれば何かいいことがあるかもしれませんね。

本日、7月20日は満月です。お金が増えることを祈って財布を月に向かって振り続けてみてはいかがでしょうか。

<お金持ちになれる関連記事>
「“1億円貯める”近道は?毎月貯蓄or投資…?【もしもシリーズ】」
「億万長者を目指せ!“宝くじに当選する人”4つの共通点」
「3つの質問ですぐジャッジ!“年収1,000万円になれるか⁉”自己診断」

■この記事は声優のナレーションでもお楽しみいただけます


ナレーター 水野らむね

■今回のナレーター

水野らむね(みずの らむね)

・主な活動歴
小劇場を中心に舞台で修行中。好きなことは、プラネタリウムでお昼寝。
テレビ東京『ドリームクリエイター』『ドリームドリームクリエイター』『つくり場』ナレーション、くぎうまちゃんキャラクターボイス
ツイッター  @Tann3sui

お金がどんどん逃げる!「貧乏を呼び込む」言ってはいけない口癖5選【声優ナレーション付】

「お金がないなあ」

そんな口癖を無意識にしてはいませんか? 口は災いの元という言葉もあるように、自分の言葉に気をつけられない人は、成功することは難しいでしょう。それはキャリアアップといったことに限らず、あなたの財布にも影響を与えているかもしれません。

ネガティブな言葉は、あなたの財布にお金を呼び込むことはありません。いつまでも泣き言を言い続けて、これから先もずっと貧乏生活を続けることになりかねないのです。
そうならないためには、日頃からの口癖を注意する必要があります。今回は、お金にまつわるNGフレーズを紹介します。

■「お金がない」

まず「お金がない」という人は、潜在的にお金がないと考えているので、いくらお金があっても足りない人でしょう。お金がないと考えることによって自分の生活に余裕があったとしても、常に苦しい思いをしている気分になります。「お金がない」というのは自分を苦しめる言葉なので、必ず辞めるようにしましょう。

■「お金さえあれば○○する」

「お金があれば旅行する」「お金があれば自己投資する」「お金があれば…」
そんなことを考えていませんか。本当に必要なことであれば、例えお金がなくても実際にやるべきです。お金がないからやりたいことをしないのは本末転倒とも言えるでしょう。お金がなくても優先順位の高いことはきっちりと行動に移しましょう。

■「○○のせいでお金がない」

お金が貯まらない一つの理由として、他人や物事のせいにすることが考えられます。何かに理由を押し付けていても事態が良くなることはありません。今ある現実を受け入れた上で、何をするかということを考えるのが正しい考え方ではないでしょうか。

■「時間がない」

「時間がないから」という人もあまりお金を呼び込むことはできないでしょう。そもそも時間は全ての人に平等に与えられているもの。その時間を上手くお金につなげられていないのであれば、それはその人の行動を見直す必要があります。「時間がない」という言い訳もお金を呼び込むために口にしないようにしましょう。

■「お金なんて…」

「お金なんて…」と思っている人は、お金を稼げていない人です。お金を稼いでいる人ほどお金を大切に使います。いつまでもお金に対して嫌悪感を持っているようでは稼げないのも当然かもしれません。

このような口癖はふとしたときに出てしまうかもしれませんが、意識的に使わないようにすることでお金持ちの一歩を踏み出しましょう。またお金を理由にした、夫婦ゲンカで言ってはいけないフレーズについては、「FPは見た!夫婦がお金でモメる“絶対言ってはいけない”8フレーズ」でご紹介していますから、参考にしてみてください。

■今回のナレーター

大谷 咲子(おおたに さきこ)

・主な活動歴
現在舞台を中心に声優、イベントコンパニオンなどの活動をしています。
ゲームが大好きです!
ツイッター  @sakiton69

気象予報士の女子アナが解説!「激しい雨」と「猛烈な雨」はどっちが深刻!?

 台風やゲリラ豪雨、雷や土砂災害など、気象災害による被害は今も昔も日本全国で起きている。先頃も台風10号の影響で北日本に記録的な大雨をもたらし、浸水や土砂災害、堤防決壊など、大きな被害が出た。

 そうした「気象災害から身を守る」というコンセプトのもと、1冊の本が7月に出版された。関東広域圏をカバーするラジオ局・文化放送のアナウンサーであり、気象予報士でもある伊藤佳子アナと鈴木純子アナによる著書『いざというときに身を守る 気象災害への知恵』(発行:求龍堂)がその本だ。

 同書の著者である伊藤アナと鈴木アナにお時間をいただき、ラジオの天気予報をもっと活用するためのポイントや、誰でも自分や家族を守れるようになるための「気象災害への知恵」を聞いてきたので、前後編に分けて紹介していこう。

 前編となる今回は、「ラジオの天気予報をもっと活用するためのポイント」ということで、天気予報に関する言葉をいろいろと解説してもらった。

●天気予報の「東京」はどこを指すのか?

 普段何気なく聞いている天気予報だが、「東京は晴れ」と言われたらどこまでが東京なのか? 「明日の東京の降水確率は50%です」と言われたら、“降るか降らないならいつでも50%じゃないの?”と思ったり、「最高気温は、36度です」と言われても“絶対36度以上あるでしょ?”と思うことは珍しくない。

 まず、天気予報で言われる“東京”の定義だが、伊藤アナは次のように説明する。

「私たちがサラッと“東京”と放送でいう時には、東京23区と多摩地区を含めた地域を指します。ご存じのように伊豆諸島や小笠原諸島も東京都なんだけれど、場所も天候も違いますでしょ。ただ、東京に含まれる23区と多摩地区も広いので天候が異なることもあります。例えば夏の暑い日などには、“ところによりにわか雨があるでしょう”と聞くことがあると思いますが、この“ところにより”は、東京における山沿い地区である“多摩西部”であることが比較的多いです。これは、夏は地上付近が暖められて、山沿いではにわか雨が降りやすくなるからです。もちろん具体的な地名を入れた方が詳しい情報にはなるんですが、音声だけで伝えるラジオの場合は、情報が多すぎると、かえって伝わりにくい面もあるので、伝わりやすい表現は常に意識しています」

 今回は、東京を例に出してもらったが、その他の地域でも天気予報をよく聞くと、「山沿い」「海沿い」「平野部」といった地形面での注釈付きで天気を伝えられることはよくある。実はそうした注釈もポイントで、天気を知りたいエリアが山沿いなのか、海沿いなのか、平野部なのかをあらかじめ把握しておけば、天気予報をサラッと聞き流すだけでも、ある程度の天候の予想がつく。

●降水確率0%でも雨が降ることもある理由は?

 続いてが“降水確率”について。今度は鈴木アナが説明してくれた。

「降水確率に関しては、前提として一定時間内に1mm以上の雨が降る確率となります(今日・明日の天気予報の場合は6時間内)。イメージとしては、過去に同じような大気の状態が100あった場合に何回雨が降ったのかという数字です。例えば“今日午前の東京の降水確率は50%です”という場合は、“東京のどこかで6時から12時に1mm以上の雨が降る確率が、過去の同じような大気の状態においては100回中50回降りました”という意味になります。端数は四捨五入されるので、0%と天気予報で言っていても、数%は雨が降る可能性がありますし、1mm未満の雨が降る可能性は含まれていません。ちなみに、1mm以上という数字は、あまりピンとこないかもしれませんが、傘を差さなかった場合に服がしっとりと濡れるくらいの雨です」

 “降水確率”は何となく理解しているつもりでいたが、話を聞いてみると意外と基本を知らなかったことに気付く。筆者も今までは、「降水確率0%だったのに雨降ったじゃん!」とブツブツと文句を言っていたクチだが、仕組みを知ると納得だ。

●最高気温はどこで計られたもの?

 そしてもう1つ、押さえておきたいのが最高気温に関して。再び伊藤アナが解説する。

「そもそも天気予報で伝えられる最高気温というのは、全国900か所以上に設置されているアメダスの温度計で測定された温度なんです。東京の場合は、少し前まで大手町にある気象庁の敷地内にアメダスが設置されていたんですが、現在は、周りに木々がある北の丸公園内に移設されたので、最高気温は以前より低めに出るようになりました。アメダスの設置場所は、一定の規定があり、発表される気温は芝生や人工芝・防草シートの上から1.5mの高さの通風筒内の温度計で測定された気温です。黒いアスファルトの地面付近の気温なら、天気予報で発表された気温より10度以上違うこともあります」」

 この伊藤アナの説明を聞くと、天気予報で伝えられる最高気温は参考にしつつも、自分の行動エリアの周辺環境まで考慮しておくことで、熱中症のリスクなども抑えられるかもしれない。また、自分の家などにも気温計を設置して、天気予報で伝えられる最寄りのアメダスの最高気温と自宅の最高気温の差異などを把握しておけば、もっと有効に天気予報を活用することができるだろう。

●「激しい雨」と「猛烈な雨」はどっちが深刻!?

 最後は、天気予報で雨の強さや振り方を示す際に使われる「激しい雨」や「猛烈な雨」といった予報用語に関して。この内容に関しては、著書『いざというときに身を守る 気象災害への知恵』の中でも表にまとめられているが、鈴木アナに改めて伺ってみた。

「雨の強さと降り方を表現する予報用語は、1時間の雨量によって5段階に分けられていて、やや強い、強い雨、激しい雨、非常に激しい雨、猛烈な雨という形で使い分けられています。感覚的な表現のように聞こえますが、“やや強い雨”なら、1時間に10mm以上20mm未満の雨量、“強い雨”なら20mm以上30mm未満の雨量といった形で、表現に当てはまる雨量が決まっているんです。ただ、これも分かりにくい場合もあるかなぁと思うので、“非常に激しい雨”と伝える場合には、補足情報として、“滝のような雨です”など、よりイメージしやすい表現は心がけています」

 鈴木アナが語るように、並べて聞けば違いは分かるが、天気予報で“激しい雨”と“猛烈な雨”という表現が立て続けに出てきた場合、どっちの降り方が深刻なのかは、にわかに判断が難しい。また、雨と同様に風に関しても、予報用語では平均風速に応じて表現が決まっていて、その点に関しても著書の中で表にまとめられている。

【雨の強さと降り方】

やや強い雨/1時間に10mm以上20mm未満の雨量

強い雨/1時間に20mm以上30mm未満の雨量

激しい雨/1時間に30mm以上50mm未満の雨量

非常に激しい雨/1時間に50mm以上80mm未満の雨量

猛烈な雨/1時間に80mm以上の雨量

 ちなみに毎日天気予報を伝えるお二人によれば、ひと昔前よりも“非常に激しい雨”と伝えることは、確実に増えているという。この状態だと、傘はまったく役に立たず、クルマの運転には危険が伴う。さらにはマンホールから水が噴き出したり、地下街や地下道が浸水するといったことも起きうるレベルだそうだ。

 また、“非常に激しい雨”や“猛烈な雨”と関連して、「記録的短時間大雨情報」という単語が天気予報から聞こえてきたら要注意だという。これは、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨(1時間に100mm前後の雨)を、観測や解析した時に、各地の気象台が発表するもので、“情報”というと、“注意報”や“警報”と比べると緊急性を感じにくいが、“災害発生につながりかねない雨量”であることを意味しているので、十分な注意をして欲しいと二人は口を揃えていう。

 このように何気なく使われている予報用語も、意味を知るとより深く天気予報を理解できるようになる。次回は、天気予報から一歩進んで、“気象災害”に対する知恵をお二人に解説してもらおう。

食べるだけでお金持ち!「金運がアップする」注目の食材3つ

毎日の食事を何気なくとっている人は少なくないでしょう。基本的に何を食べるかを意識していない人は、「美味しい」「美味しくない」の基準以外で食事を選ぶことはあまりないかもしれません。

しかし、それだけで口に運ぶ食事を選ぶのは少々もったいないと言えるかもしれません。というのも金運を上げてくれる食べ物を意識して口にすることで、お金持ちになれるかもしれないからです。

今回はそんな風水で良いとされている、金運アップの食べ物を紹介します。

■鶏肉と牛肉

風水において肉料理は金運アップに最も効果のある食べ物のひとつ。なぜ鶏肉と牛肉?と思われるかもしれませんが、これは金運に関わる方位と十二支に関係しています。簡単に説明すると金運に関わる方位は西と北であり、鳥(酉)と牛(子)はそれに対応しているのです。

短期的な収入を得たい方は鶏肉、長期的な収入を得たい方は牛肉料理を食べると金運アップに効果的と言われているようです。まずは、手始めに肉料理で活力をつけてみてはいかがでしょうか。

■大豆

風水的に集中力を上げてくれる食材は「金の食材」と呼ばれています。大豆は集中力を上げる食材としてもよく知られています。

また、栄養価を見ても大豆は「畑の肉」とも言われるほどで、良質のタンパク質とバランスの良い必須アミノ酸を含んでいるなど、日本人が昔から長寿である理由は大豆にあるといっても過言ではありません。金運アップもできて健康にもなれるなんて一石二鳥でお得ですよね。

■根菜

大地で取れた野菜には強いパワーを備えています。さらに、旬であれば旬であるほどそのパワーは強いと言われています。根菜のように大地のエネルギーを存分に受けた野菜を食べることで、真面目さや根気を養うと言われており仕事の成果も上がることは間違いないでしょう。

仕事の成果が上がれば収入ももちろんアップも考えられますし、お金持ちの一歩となるかもしれません。

このように毎日の食事には、あまり人には知られていないパワーが存在します。意識的に口にすることで、金運アップ、そしてお金持ちを目指していってみましょう。

ランキング