コロンブスの標的も金!世界から狙われた「黄金の国ジパング」の歴史

8098.jpg

欧州の人々が巨大な帆船を操って、大海原に乗り出した大航海時代。アメリカ大陸を発見したコロンブスが目指したものは、そう、黄金の国「ジパング」

彼ら船乗り達は、自由やロマンのために冒険したのではなく、いたるところに金がある「ジパング」を見つけて、大金持ちになろうという野望ゆえだったのです。

■黄金の国「ジパング」が狙われた!

日本が海外の国や勢力に狙われたのは、大きく二回。一度は鎌倉時代の元寇(モンゴル~中国の王朝)。二度目はコロンブスに代表される大航海時代。二度とも、襲来した理由は共通しており、金=ゴールドを求めて日本を征服・航路探しが目的。

■マルコ・ポーロの東方見聞録

黄金を求めて、コロンブスがジパングに向かう元ネタとなったのは、ご存じ、『マルコ・ポーロの東方見聞録』。東方見聞録にある、ジパングに関する主な記述を読むと、少年の冒険物語に出てくる黄金の島そのものの姿が描かれています。ジパング目指して船を出したくなってきますよね。

「島では、金が見つかるので、彼らは限りなく金を所有している。しかし大陸からあまりに離れているので、この島に向かう商人はほとんどおらず、そのため法外の量の金で溢れている。

この島の君主の宮殿について、私は一つ驚くべきことを語っておこう。その宮殿は、ちょうど私たちキリスト教国の教会が鉛で屋根をふくように、屋根がすべて純金で覆われているので、その価値はほとんど計りきれないほどである。床も二ドワの厚みのある金の板が敷きつめられ、窓もまた同様であるから、宮殿全体では、誰も想像することができないほどの並外れた富となる。」

『マルコ・ポーロ 東方見聞録』月村辰雄・久保田勝一訳 岩波書店より一部抜粋

■マルコ・ポーロと元寇の共通点

ただし、マルコ自身は、日本に来たことはありません。彼は、中国「元」の宮廷で皇帝クビライ(フビライ・ハーン)に仕えただけ。つまり、黄金の国ジパングに関する記述は、当時の中国にあった噂話をまとめたもの。マルコ・ポーロは、当時の中国及びイスラム世界にあった「はるか東の国ジパング」への憧れをまとめたのです。

帆とオール(櫂)しかない船で、海を渡るには、風と海流を利用する知識と経験が必要で、そう簡単にわたることはできません。実際、日本から送った遣隋使・遣唐使の船は何艘も海の底に沈んでしまい、死を覚悟しての船旅だったのです。

黄金の国「ジパング」を狙うコロンブス、マネーゴーランド

■イブン・フルダーズベのワクワクの国

マルコ・ポーロのジパング伝説の元になったお話しが、中世アラブの伝説「ワクワクの国」。聞くだけで何だかワクワクしてくる名前ですが、これが、日本のことを指しているのです。ワクワクの語源は、日本の旧名「ワ(倭・和)の国」ではないかとも言われています。

「ワクワクは金を豊富に産し、住民は犬をつなぐ鎖や猿の首輪そしてチュニックを金の糸で織っている。」

この話を、アッバース朝(今のイラン)の役人だったイブン・フルダーズベは、『諸道と諸国の書』という書籍にまとめて発行しています。そして、モンゴル民族が東欧から中東そして中国を征服する中で、東西交流が盛んになることで、様々な話が伝わりました。

ワクワクの国の話を聞いたクビライは、金を求めて元寇を起こし、ヨーロッパに帰ったマルコ・ポーロが記した東方見聞録によって、黄金の国への憧れが強まり、コロンブスをはじめとした大航海時代が始まりました。

欧州・中国と異なる二つの脅威、その動機こそ「ジパング=黄金伝説」だったのです。

元寇が起きたのは、日本の鎌倉時代。1274年と1281年。そして、大航海時代は、元寇を起こしたモンゴル帝国の衰退後、15世紀半ばごろから。日本はちょうど戦国時代の頃で、戦慣れた武士と強力な兵器を持つ国になり、外国勢力の脅威を打ち破ることに成功しています。今も昔も人の心は変わりません。常に過去の歴史から学べることは多いのではないでしょうか。

歴史の陰に黄金あり。日本史・世界史ともに、教科書や書籍に載っているのは、人物名や出来事が中心。しかし、人を突き動かすのは、いつだって未知なるモノへの好奇心やお金や名誉への欲望。表だって語られる歴史の裏には、お金=経済面の動機が潜んでいることがほとんどです。

次回も金について触れて行きます。お楽しみに!

<金に関するおすすめ記事>
消費税8%分丸儲け!金密輸入が急増「日本が狙われる理由」とは
やっぱり純金積立は魅力的?最強の安全資産「金の買い方」基本ガイド
大富豪は「金」が大好き!お金持ちがゴールドを資産に選ぶ理由

画像一覧

執筆者

上村 和弘 (かみむらかずひろ)

アセットクラス&WEBコンサルティングLLC 代表CEO・ファウンダー 日本ファイナンシャルプランナーズ協会CFP会員、1級FP技能士 1990年 現三菱UFJモルガン・スタンレー証券入社を皮切りに、証券リテール業務や企画調査、ファンド事業等に従事。1999年より、FX事業の新規立ち上げ後、複数社での金融ネット事業の立ち上げ、事業再構築・運営等の統括マネージメントを経て2011年独立。現在、金融情報サービス事業をコアに、投資教育系、システムツールのサポート業務を行う他、シンクタンク系企業、金融システムベンダー等の顧問等を兼務する。1968年生、宮崎県出身。

上村 和弘

関連記事

関連記事

消費税8%分丸儲け!金密輸入が急増「日本が狙われる理由」とは

金のお話しの中でも、ちょっとドキドキするのが「金の密輸」という怪しげな響き。

映画『007』のジェームズ・ボンドも金密輸業者と対決したことがありますね。第3作『007 ゴールドフィンガー』は、金マニアで密輸から金製造まで何でもありの悪役ゴールドフィンガー氏が、米国の金貯蔵庫を襲うというお話でした。

■近年日本への金密輸が増えている

さて、本題に戻ると、外国から日本に金を密輸しようとして税関で摘発されるというニュースは、金額が大きい時に報道されることも。実は2014年から急激にその件数が増えています。
財務省の発表によると、金密輸事件は2014年の7月から2015年の6月までの1年間で、何と177件もの金密輸が摘発されており、前年同期の8件から約22倍も急激に増加しているのです。

なぜ、急に金の密輸が増えたのでしょうか?

その答えは・・・消費税です。2014年の4月から消費税は5%から8%へと引き上げられました。このことが、空前の金密輸ブームを呼ぶことになるとは、怪しい世界は、儲け話の匂いに敏感ですね。

■消費税の増税で金の密輸が増える理由

金自体の価格は、世界中でほとんど同じ、違うのは税金や購入時の制限があるかどうか。インド人は金が大好き。国民が金を購入しすぎて、国の貿易収支が赤字になってしまい、金の輸入や購入に制限をかけた事例もあります。

日本国内で金を売買すると消費税がかかります。ところが、国によって、金購入時に必要な税金はまちまち。金密輸のメッカである香港は、金を購入する時の税金はなし。韓国は、購入時に税金がかかるものの、輸出する際にその税金を還付してもらえる制度があります。そのため、両国が密輸業者に人気。

ということは、海外で税金のかからない金を購入して、日本に密輸。日本だと消費税上乗せの価格で買い取ってくれるので、税金の8%分が利益になります。

1g:4500円で1kgの金を密輸すれば、金の代金は450万円となり、8%の消費税は36万円。10kgの密輸に成功すれば10倍の360万円になります。

金は腐る心配もありませんし、珍獣のように生死も問いません。人間の身体に隠したり、機械・パソコンに隠したりと様々な方法での密輸が盛んになっており、税関は目を光らせています。

年間100件以上も摘発されている【金の密輸というビジネス!】、マネーゴーランド

■金密輸のリスク

上手くいけば、かなり儲かりそうな金の密輸ビジネス。リスクはないのでしょうか。

なんといっても犯罪であるという事実は大きい。正式な手続きでは、海外で1kgを超える金を購入した場合は、事前に税関での申告が必要で、この時に消費税を支払わなければいけません。立派な犯罪行為ですから、実施してはいけません。この金密輸ビジネスは非合法組織がかかわることが多く、密輸を実行してくれる人を募集していることがあります。くれぐれも関わらないでくださいね。

さて、その他のリスクとしては、価格の下落リスクがあります。海外で購入する場合は、米ドルや現地通貨で支払うでしょうし、金自体の下落リスク通貨の下落リスクの二つが生じます。消費税5%の時に少なかった金密輸が、8%になると急増したのもそこが理由でしょう。5%の利益だと、価格変動リスクを考えると割に合わない。ところが8%だと、少々の変動で損するリスクを入れても採算に合うということでしょう。金密輸業者もリスクとリターンをちゃんと計算しているものと推測されます。

下落すれば損失ですが、現地で金を購入した後に、値上がりすれば、その分も利益に上乗せされますからね。

次回も金について触れて行きます。お楽しみに!

やっぱり純金積立は魅力的?最強の安全資産「金の買い方」基本ガイド

金保有する人のタイプは資産全体を守る「安全性重視」と積極的に金で儲ける「利益重視」の二つに大きく分けられます。

両方を狙いすぎるとアブハチ取らずになりやすいので、どちらをメインテーマに取引するのかハッキリしておくことが大切。

金融商品として金を購入する時は、現物の金を持つ時よりも「価格の動き」に注目します。

金融商品の場合、金融機関がパッケージ化した商品を提供しており、金の現物のデメリットとなる保管方法に悩まなくて済みます。金価格の変動で利益を得ることを目的に取引している人も多く、投資としても人気があります。

ただし、戦争・国家破綻といった100年に一度レベルの大惨事が起きて、金融機関が軒並み破たんするような場合には、金融商品としての金が価値を維持できないことがあります。その場合は、現物の金が最強の安全資産となるでしょう。

では、金融商品としての金にどんなものがあるか見ていきましょう。

■純金積立

もっとも気軽な金の購入方法の一つ。毎月一定金額で金を購入していきますので、続けていけば、かなりの量の金を積立てることができます。純金積立は、金価格の変動で儲けるというより、少額の金を毎月積み立てることで、資産を確実に増やしていく商品。金だけでなくプラチナを積み立てることもできます。

購入した金は、取引会社に預ける形で、様々な報告書で金が溜まっていくのを見て喜びを感じることができます。最低額は毎月千円からのところが多く、田中貴金属をはじめ銀行・証券会社等で取り扱っています。

■金ETF

株式の投資信託と同じ仕組みで、金上場投資信託とも呼びます。株式市場に上場されていて、市場が開いている時は自由に売買できるため、資産運用の一つとして利用しやすい商品です。

金ETFの価格は金価格に連動して同じ動きをします。現在、金ETFは数本運用されており、ロンドン金価格に連動しているものと日本国内の金価格に連動しているものとがあります。そのため、同じ金ETFでも連動の対象となる価格が違うことに注意が必要です。

銘柄により最低購入額は違い、数千円もしくは数万円から取引ができます。

■金の商品先物取引

金・銀・プラチナといった貴金属を取引する専門の取引所が商品先物取引所。最低売買単位が1kg(約450万円)もしくは100gと大きく、金取引に慣れている人向け。金地金の現物を受け取れる現受けもできるため、大口の顧客で利用している人もいます。

その分、値上がり益を狙うだけでなく、値下がりでの利益を狙うこともできますし、レバレッジ(担保になる一部の証拠金を預けることで、大きな取引が可能となる)により、少ない資金で大きな取引を行うことができます。取引にかかる手数料も金取引の中では、安いため、金の売買を積極的に行う人の間で人気があります。

■金のCFD取引

CFD取引は、金先物と同じく価格変動による売買益狙いの金融商品。レバレッジ・値下がり利益を狙えるのも同じ。金先物との違いは、現物を受け取ることができないことや24時間取引ができるなど取引の利便性が高いこと。また、米ドル建てで取引できるために、為替の影響を受けずに金を取引できることはメリットと言えるでしょう。

金融商品としての金の購入!「金&プラチナの買い方」基本ガイド2、マネーゴーランド

ちなみに、、、
ロコ・ロンドン金取引などを電話や訪問営業で勧誘してくるケースもごくごく稀にありますが、かなり怪しい為、手を出さない方が無難です。金価格の変動を100%当てることは誰にもできません。金を買いたい場合は、自分自身で買いに行くこと。見ず知らずの他人や知人からの儲け話をうのみにすれば、お金は無くなり残るのは後悔だけです!

同じ金融商品でも、それぞれ特徴がありますね。少額の資金かつ経験の浅い方は、純金積立か金ETFがおすすめです。商品先物取引とCFD取引は、投資の経験を積んだベテラン向けの商品ですから、安易に手を出さない方が良いかと思います。

では、金価格って、何が起きれば動くの、というお話は次回に!

<これまでの金のシリーズ>
大富豪は「金」が大好き!お金持ちがゴールドを資産に選ぶ理由
泥棒&偽物の危険が…金を持つデメリット4つ【お金持ちは金がお好き】
お金を増やしたいなら知ってて当然!「金&プラチナの買い方」基本ガイド

お金を増やしたいなら知ってて当然!「金&プラチナの買い方」基本ガイド

金の事を勉強してきた本連載。いよいよ具体的に金を購入する方法をお伝えします。金そして同じ貴金属のプラチナは、きちんとしたところで買わないと、ニセモノを買ってしまうリスクがあります。その点に注意することがポイント。

まず、金やプラチナを購入する方法は二つに分けられます。一つは、金貨や地金などの現物としての金。そして、二つ目は、金ETFや金先物という金融商品としての購入。

この二つは、同じ金を買う方法でも、「自分の手元に金を持つかどうか」という違いがあり、おのずと購入する方法が異なります。

■現物としての金&プラチナを購入する方法

(1)金地金(インゴット)を購入する場合

金の塊を金塊といいますが、金塊だとニセモノの可能性、何かを混ぜられている可能性があります。そこで、金を買う時は、金地金(インゴットorゴールドバー)もしくは金貨の形で買うのが一般的。

金地金は信頼のおける販売元が刻印した物しか買ってはいけません。三菱マテリアル・田中貴金属工業・スイス銀行などの会社が刻印しているものを買うこと。油断できないのは、刻印入りのニセモノもあること。
ちなみに、金地金には、重量や品位が表示されており、999.9と表示されているのが純金です。

金の話、第3回「金&プラチナってどこで買えるの? 」

(2)金貨を購入する場合

金貨は鋳造にコストがかかるため、お値段は、金地金より少し高め。また、金貨にはいくつかの種類がありますので、ポイントをご紹介しておきます。

●地金型金貨:カナダのメイプルリーフ金貨が有名。金の純度が高く、小さなサイズから購入できるため、金を初めて買う方や贈り物に最適。
※参考:田中貴金属工業のメイプルリーフ金貨1/10トロイオンス(約3.11g)の小売価格は、税込で17,469円(2016年9月7日時)

なお、地金型金貨は金の純度を示す品位にご注意ください。メイプルリーフやウィーン金貨は99.99%の純金。ところが、米国のイーグルや南アフリカのクルーガーランドなどの金貨は、91.67%と品位で劣り、その分だけ価格も安くなっています。

●記念金貨やアンティークコイン:各国の記念行事や小国が財源確保のために企業と組んで販売する記念金貨。金の純度が低めで、いずれ売りに出す時に、どの程度の価値になるか分からないのが気になるところ。

さらに、古い金貨や銀貨の場合、アンティークコインと呼び市場が出来上がっています。欧州・日本などで、昔に作られた金貨は骨董品としての価値があり、1枚10億円以上の値を付けた金貨まであるほど。古代ギリシャや神聖ローマ帝国、日本で言えば、太閤秀吉の慶長大判などが代表例。しかし、金を買うというよりアンティーク品として扱う方がいい品物。

他に現物の金を買う方法には、指輪やアクセサリーを買う方法があります。いずれにせよ、金を買う鉄則は信用のあるところで買うこと。安い金は、品位が低い・ニセモノなどの理由があることをお忘れなく。

■金現物を購入するには?

それでは、実際に金を買うにはどこに行けばいいのでしょうか。メイプルリーフ金貨などは、銀行・地金商(貴金属商)・コインショップなどで気軽に買うことができます。そして、金地金は、専門家の金地金商や貴金属専門の会社で買うことをお勧めします。

なぜなら、ニセ札を掴む確率は低くても、ニセの金を掴む確率は高いから。もちろん、信頼できる専門店だと、ニセモノの可能性はありません。金を買う時は何よりも信用第一。金は換金できなければいけませんから、売る時のことを考えて買うべき商品です。

有名な貴金属専門店としては、『田中貴金属工業』『徳力本店』『三菱マテリアル』などがあり、全国の大都市に店舗を構えています。今は、便利になって、お店に行かなくても、ネットや電話で金を購入することができます。初めて金を買う時は、せっかくですからお店に足を運んでみてはいかがでしょう。ラグジュアリーな雰囲気を味わうことができますよ。

次回は、金融商品としての金のお話です。お楽しみに!

<金のシリーズ>
大富豪は「金」が大好き!お金持ちがゴールドを資産に選ぶ理由
泥棒&偽物の危険が…金を持つデメリット4つ【お金持ちは金がお好き】

泥棒&偽物の危険が…金を持つデメリット4つ【お金持ちは金がお好き】

金(ゴールド)は持つ人の心を動かし魅了するものです。美人が薄命・薄幸と言われることもあるように、魅力的だからこそ、生じるデメリットが金には存在します。

金を持つデメリットを重要な順番に紹介していきます。これを読まずにいきなり金を売買することは無謀ですからね、おやめください。

■金のデメリット1:価格変動で損するリスク

まず、金も為替や株式と同じく、価格変動があることを理解しましょう。日々、金の価格は変わります。つまり、値上がりで利益を得る場合と値下がりで損失となる場合があるということ。では、どれくらい値動きがあるのか具体的な価格を見てください。

田中貴金属の金小売価格、節約絶景ドライブ、マネーゴーランド
参考:田中貴金属の金小売価格

1970年代のオイルショック時に上昇した金は、その後、下がり続けます。ついに、2000年前後の金価格は1g1,000円を割りこんで底打ち。ぐんぐんと値上がりし続けて2013年に5,000円を超える価格まで上がりました。わずか13年で5倍にも上昇したのです。

ちなみに、現在は1g4,500円前後の価格で上下しています。金の値段は、変動することと、かなり値動きすることにご注意ください。

■金のデメリット2:金利が付かない!

銀行預金や株式を持っていれば、保有している額に応じた利息・配当をもらえます。それに対して、金は持っていても利息や配当が付きません。金で得られるのは安心や心の潤いだけ!

金に金利が付かないというのは、資産運用を行う場合に大きなデメリット。儲けたい場合は、値上がりした時の売買益を狙うことになります。

■金のデメリット3:盗まれると大変!

金を自宅に保管していると盗まれるリスクがあります。泥棒も金を見つけたら、喜んで持って帰るでしょう。しかも金は、刻印を溶かしてしまえば、どこから盗まれたのか分からなくなってしまいます。

金は、資産としてメリットが大きい分だけ、盗まれるリスクを心配しなければいけません。だからといって、銀行の貸金庫や貴金属会社の保管サービスを利用すれば、預かってもらうための保管料がかかります。

金貨数枚や少額だと盗まれる心配は小さくなりますが、1kg単位の金を保有している場合は、大きなリスクとして考えなければいけません。もっとも、金を数キロ保管できるということは、他にも不動産や絵画・宝石などを持っている筈ですから、資産全体で保管やリスクへの備えが必要になります。

■金のデメリット4:ニセモノを掴むリスク!

本物の金を持ったことがある方は、その重みを覚えていませんか。鉄や銅などより比重の重い金は、持った瞬間にずしりと重みを感じます。そのため、鉄や銅に金箔や金メッキを貼った程度のニセモノには、簡単に騙されません。

ところが、タングステン合金という熱に強く、金とほぼ同じ比重を持つ金属があります。これだと、持った感触も金と同じ。精巧につくられたニセモノは、時には、販売店の眼すら通り抜けて、X線など特殊な機械を使わなければ分からない程。

「金塊や金の延べ棒なんて買わないから大丈夫」と安心するのはまだ早い。あなたの持っている金のブレスレットやネックレスなどのアクセサリーにニセモノが含まれているかもしれませんよ。香港や欧州の裏町で怪しい人から金を買えば、かなりニセモノ率が高いのは言うまでもありません。

金を持とうと思ったあなたは、ぜひ、デメリットに気を付けた上で、投資や保有をしてください。さて、金のメリット・デメリットをお伝えしたので、次回はいよいよ、金を購入する方法をご紹介します。お楽しみに!

<金に関するおすすめ関連記事>
大富豪は「金」が大好き!お金持ちがゴールドを資産に選ぶ理由
金メダル1個は238万円の価値⁉︎「金にまつわる」気になるアレコレ

ランキング