マツダ ロードスターの「RF」、米国価格公表!3万1555ドル~

8122.jpg

マツダの米国法人、北米マツダは10月上旬、『MX-5 ミアータRF』(日本名:『ロードスター RF』)の米国価格を公表した。ベース価格は3万1555ドル(約328万円)。

ロードスター RFは2016年3月、米国で開催されたニューヨークモーターショー16で初公開。同車は、ロードスターが26年間一貫して守り続けてきた「Lots of Fun」の価値を体現する、ロードスターファミリーの一員。「オープンカーの楽しさを身近なものにする」という先代のリトラクタブルハードトップモデルが目指した価値を引き継ぎながら、従来の考え方に捉われることなく、さらなる進化に挑戦した。

その結果、ルーフからリアエンドまでなだらかに傾斜するルーフラインを特長とするファストバックスタイル、そして、独自のリアルーフ形状と開閉できるバックウィンドウによる新しいオープンエア感覚を実現。さらに電動ルーフは、10km/h以下での走行中の開閉を可能とするフル電動式へと進化した。

また、限られたスペースにコンパクトかつ効率的に収納できる構造とし、ファストバックスタイルのデザインとソフトトップモデルと同じ荷室容量を両立させた。なお、北米仕様車には、「SKYACTIV-G 2.0」を搭載する。

北米マツダは今回、ロードスター RFの米国ベース価格を3万1555ドル(約328万円)に設定。この価格は、「クラブ」グレードの6速MT車に適用される。

画像一覧

  • マツダ MX-5 RF(ロードスター RF)
  • マツダ MX-5 RF(ロードスター RF)
  • マツダ MX-5 RF(ロードスター RF)
  • マツダ MX-5 RF(ロードスター RF)
  • マツダ MX-5 RF(ロードスター RF)
  • マツダ MX-5 RF(ロードスター RF)
  • マツダ MX-5 RF(ロードスター RF)

提供元

関連記事

関連記事

【節約絶景ドライブ】パンダを見に行こう!~南紀白浜に浮かぶ円月島を満喫ドライブ~

●節約絶景ドライブ:熊野街道を通って南紀白浜に浮かぶ円月島を満喫ドライブ編

これまで見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

そんな体験をもっと身近に感じるためにこんな企画を用意してみました。題して「節約絶景ドライブ」。

みんなが知っているドライブスポットから地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします

●大自然が作り出した絶景を無料で楽しもう

伊勢志摩サミットで注目を集めた紀伊半島。実は紀伊半島は日本の秘境として知る人ぞ知る絶景が多く眠っている穴場スポット。太平洋に浮かぶ多くの奇岩や海岸線が、夕日に染まる光景は格別のもの。今回はそんな紀伊半島の誇る一大リゾートして有名な、南紀白浜を中心にしたドライブガイドをお届けします。

おすすめスポット●13

真っ赤に染まる円月島の美しい夕陽を見に行くプラン
・ルート:
すさみ南IC→県道36号→国道42号(熊野街道)→エビとカニの水族館→恋人岬→すさみ海中郵便ポスト→リヴァージュ・スパひきがわ→県道34号(南白浜道路)→アドベンチャーワールド→三段壁→千畳敷→白浜温泉→白良浜→円月島
・距離:約45km
・所要時間:約60分

▼夕陽が美しいことで有名な和歌山県。その中でもひと際美しいことで知られるのが円月島に沈む夕日の絶景です。
和歌山県の円月島に沈む夕日の絶景、節約絶景ドライブ、マネーゴーランド

紀伊自動車道の終点からスタート

今回は円月島に夕暮れどきに到着するのが理想のため、出発は南紀白浜から少し離れたすさみ南ICからスタート。大阪から紀伊半島の海沿いを南下する阪和自動車道・南紀田辺ICを通過すると、そのまま紀伊自動車道に接続。ここは無料通行区間のため高速料金を気にせずお使いいただけます。

すさみ南ICを下りて県道36号を海に向かうと国道42号に合流。ここから国道42号右折して南紀白浜に向かいます。ちなみにこの交差点すぐ近くにある道の駅すさみには、知る人ぞ知る「エビとカニの水族館」が併設されています。甲殻類だけにこだわった珍しい水族館で、館内はDIYムードの漂うアットホームな雰囲気が魅力です。

イノブタ料理に舌鼓を打つ

ここから国道42号を西へ向かいますが、この道は別名熊野街道と呼ばれています。京都や大阪から熊野三山に参詣するために古くからある街道として歴史好きには有名。ところどころから見える太平洋の絶景を助手席側に感じながら軽快なドライブが楽しめます。途中には夕陽の名所となる恋人岬もあり、車を停めてひと休みするのもおすすめ。

その先には、ユニークな名前の「イノブータン王国」という観光施設もあり。和歌山県すさみ町はイノブタ発祥の地であり、そのためすさみ町にはイノブタ肉を取り扱ったグルメスポットが多く、ランチをいただくのもよさそう。

人混みが苦手な方におすすめの海水浴場

まだまだ熊野街道である国道42号は続きます。途中でトンネルを数か所くぐると、すさみ海水浴場のすぐ近くを通過。ここは海の家がないこじんまりとした海水浴場ですが、水の透明度が非常に高く、人混みもほとんどないのが特徴。目の前には稲積島というこんもりした小島が浮かんでおり、海水浴をしなくても楽しめる穴場スポットです。

そのすさみ海水浴場を少し進むと、ダイバーには有名なすさみ海中郵便ポストのあるスポットが現われます。海底10mの深さに設置された郵便ポストで、なんと実際にここに投函すると実際に配達してくれるのです!! ただし陸の上からは郵便ポストはまったく見えないでご注意ください。

太平洋の大パノラマを見ながら温泉を楽しもう

日置川を渡ってまだまだ熊野街道をひたすら西に進むと、有名な温泉施設の「リヴァージュ・スパひきがわ」が登場。この一帯は日置川温泉として知られており、ここは日帰り入浴ができるのでドライブの途中に汗を流すのもおすすめです(大人650円)。湯船から太平洋が一望できる開放感が味わえます。

さらに進むと今度は椿温泉という温泉郷があり、ここにも多くの温泉施設や海水浴場があるので、立ち寄ってみるのもおすすめ。椿温泉郷にそびえ建つ大きなリゾートマンションを尻目にドライブはまだまだ続きます。

南紀白浜でパンダが見られるんです

椿温泉を出て今度は熊野街道を北上するように進み、県道34号方面に左折してに冨田川を超えるといよいよ南紀白浜に到着。関西方面では有名なリゾート地にもなっている南紀白浜には、多くの見どころがあるので、時間にあまり余裕のない方は最初から南紀白浜を目指すのもいいのでは。

ルート沿いには和歌山県の誇る観光施設「アドベンチャーワールド」があるのですが、ここにはなんとジャイアントパンダが7頭も暮らしています。ガラス越しではなく自然の状態でパンダを目の前で見られるため、パンダ好きにはたまらない場所。ほかにもイルカやクジラ、さらにはライオンやチーターまでと動物好きなら1日居ても飽きないところになっています。

一生にいちどは見たい美しすぎる夕陽

さらに県道34号を進み南紀白浜空港をまたぐようにして通過すると再び太平洋沿いに到着。こから海沿いを北上すると有名な三段壁とその中にある洞窟が現われます。この一帯は観光地として有名なので、まわりにはレストランやカフェ、お土産物屋が数多くあるので、車を停めて散策するのもおすすめです。

さらに進むとこちらも有名な千畳敷という景勝地が登場。ここからでも美しい夕陽が見られるのですが、もう少し頑張って北上を続けましょう。白浜温泉、白良浜海水浴場を通り過ぎ、海方面に目を移すと不思議なカタチをした円月島が見えてきます。このあたりでちょうど夕暮れを迎えると円月島の真ん中に夕陽が沈む大絶景を楽しむことができます。

■節約絶景スポット1 三段壁と地下洞窟

高さおよそ50mという目も眩むほどの断崖絶壁が太平洋に向かって突き出しており、その長さはおよそ2kmにも渡っているという景勝地。

▼景勝地として知られる三段壁。地下にある洞窟に下りることもできます。
和歌山県の円月島、景勝地として知られる三段壁と地下洞窟、節約絶景ドライブ、マネーゴーランド

その岸壁の下には地下洞窟が広がっており、展望台からエレベーターを使って洞窟の中に入ることができるようになっています。洞窟の中に波が入り込むさまは圧巻のひと言。ちなみにここは、かつて源平合戦のときにその名を知られた熊野水軍の隠し洞窟として使われていたのだとか。

■節約絶景スポット2 千畳敷

幾層にもなった岩盤が敷き詰められ、まるで広い岩畳のような絶景が広がる千畳敷。その広さはおよそ4ヘクタールにもなるほど。

瀬戸崎の先端から太平洋に向かって突き出したスロープ状の岩盤は、第三紀層と呼ばれる6,430~230万年前の時代に出来上がったもの。南紀白浜の荒波にさらわれるうちに浸食され、この壮大で力強い景色に仕上がったと言われています。

▼もうひとつの景勝地がこちらの千畳敷。3ヘクタールもの岩壁が折り重なるようにして作られた自然の造形美は見事のひと言。
千畳敷、節約絶景ドライブ、マネーゴーランド

■節約絶景スポット3 円月島

南紀白浜のシンボルといえるのがこの円月島。臨海浦という湾の会場に浮かぶ小島で、その大きさは南北130m×東西35m×高さ25mというもの。

ヒョウタンのように真ん中が楔状にくびれたカタチをしており、そのくびれた部分に円月形の穴(海蝕洞)が開いていることから円月島と呼ばれています。このくびれ部分に夕陽が沈み、円月形の穴に夕陽がすっぽりとおさまることから、和歌山県の夕日100選にも選ばれているほど。正式には高嶋という名前となっています。

■節約テクニック

紀伊半島の南端から、南紀白浜に向かって進む今回のルート。白浜をぐるりと周るだけでは物足りないという方にもおすすめできるドライブコースです。距離自体も短く、ルートも分かりやすいので運転に自信のない方にもおすすめです。

途中には甲殻類の水族館や穴場的海水浴場、ダイバーにはおなじみの海底スポットなどがあり、お金をかけずにドライブを満喫することができます。さらに白浜にはまさかのパンダたち(!?)が間近で見られる観光施設もあるので、ここは動物好きならぜひ立ち寄りたいところ。目的地の円月島で夕陽をたっぷり楽しんだら、近くの南紀白浜ICですぐに移動できるというアクセスの良さも魅力です。

●【節約絶景ドライブ】 シリーズ
おすすめスポット●1 伊豆半島編
おすすめスポット●2 房総フラワーライン編
おすすめスポット●3 富士パノラマライン編
おすすめスポット●4 日立シーサイドロード編
おすすめスポット●5 日本ロマンチック街道で行く軽井沢編
おすすめスポット●6 箱根・芦ノ湖スカイライン編
おすすめスポット●7 伊勢志摩国立公園を満喫ドライブ編
おすすめスポット●8 石川県・能登半島を満喫ドライブ編
おすすめスポット●9 青森県・奥入瀬渓流を満喫ドライブ編
おすすめスポット●10 ビーナスライン満喫ドライブ編
おすすめスポット●11 世界遺産・白川郷ドライブ編~
おすすめスポット●12 四万十川・足摺岬ドライブ編~

【節約絶景ドライブ】レンタカーで洞爺湖の絶景を見に行こう

●節約絶景ドライブ:登別・室蘭・洞爺湖を満喫ドライブ編

これまで見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

そんな体験をもっと身近に感じるためにこんな企画を用意してみました。題して「節約絶景ドライブ」。

みんなが知っているドライブスポットから地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします

●今が最高!! 北海道ドライブに出かけよう

ドライブには最高のシーズンがやってきました。そんな季節にこそおすすめしたいのが北海道。そこで今回は新千歳空港からレンタカーを借りて、気軽に出かけられるドライブコースをご紹介します。登別から室蘭、そして洞爺湖にたどり着くころには、すっかり北海道の雄大な景色に魅入られてしまうはず。途中には見どころも満載ですよ。

おすすめスポット●14

新千歳空港から日帰りで行けるおすすめプラン
・ルート:
新千歳空港IC→登別東IC→登別温泉→国道36号→地球岬→白鳥大橋→国道37号→国道453号→有珠山ロープウェイ→洞爺湖
・距離:約200km
・所要時間:約150分

▼日本百景にも選ばれた洞爺湖は、北海道を代表する人気絶景ポイントのひとつ。見るだけでなく温泉やグルメも楽しめます。
レンタカーで洞爺湖の絶景を見に行こう、節約絶景ドライブ、マネーゴーランド

新千歳空港ICからレンタカーでスタート

今回は北海道まで飛行機で向かい、そこからレンタカーでまわることを想定したプラン。さっそく新千歳空港でレンタカーを借りたら道央自動車道に乗りまずは登別へ向かいます。レンタカーはどのグレードにもほぼナビが付いているので道に迷う心配もありません。

苫小牧を過ぎて心なしか硫黄の匂いが漂ってくると登別東ICが出てくるのでここで下車。道道2号(登別温泉通り)を北上し、道道350号に入ると登別温泉街が出現。地獄谷の周辺には遊歩道が完備されており、ここで車を停めてゆっくりと散策するのがおすすめです。間欠泉から吹き上がる湯けむりを間近で見ることができます。

室蘭で地球の丸さを目の当たりにする

登別を後にしたら、再び来た道を戻り海沿いを走る国道36号に合流。ここから室蘭を目指します。幌別近くでは海を見ながらドライブが楽しむことができ、広々とした道と海、反対側には山々を眺める光景を見ると、北海道に居ることを実感するはず。

室蘭の市街地を抜け道道919号を走ると、絵鞆半島から突き出した地球岬に到着します。断崖の上から太平洋を見渡すと、本当に地球の丸さを見ることができる超おすすめスポット。駐車場が完備され近くには散策路もあり、お土産屋さんでは軽食も食べられるのでひと息つくのもおすすめです。

いよいよ洞爺湖を目指します

地球岬を後にしたら、いよいよ洞爺湖を目指して北上を開始。絵鞆半島から祝津町をつなぐ白鳥大橋(はくちょうおおはし)は、東日本最大のつり橋で平成10年に開通。非常に造形が美しく夜にはライトアップもされ、地元の方にはおなじみの隠れた観光スポット。自動車専用道路なのでぜひドライブコースに加えてみてください。

白鳥大橋を通過したら、今度は国道37号を伊達方面に向かいます。室蘭本線の長和駅を過ぎたらすぐに右折して国道453号に合流。しばらく走ると左手に有珠山が登場。昭和新山から有珠山頂にかけてロープウェイが設置されており、山頂に登ることも可能です。

まずはビジターセンターへ

国道453号から道道2号に入ると、目の前には洞爺湖の大絶景が登場。湖の中央には中島が浮かび独特の風景を作り出しています。道道2号をそのまま西に向かって進むと、洞爺湖ビジターセンターに到着。無料駐車場に車を停めたら、のんびり歩いて洞爺湖に向かいます。観光地のため周囲には多くのレストランやお土産屋が点在し賑わっています。湖畔に到着すると、中島まで行くことができる遊覧船乗り場があるので、ぜひ乗船してみてください。

洞爺湖を一望できる絶景ビューポイント

洞爺湖を間近でたっぷり堪能した後は、洞爺湖の全景を楽しむのがおすすめです。再び車に乗り込んだらさらに道道2号を西に進みます。続いて国道230号を北上し、洞爺湖サミットで有名なウインザーホテルを過ぎるとサイロ展望台と呼ばれる絶景スポットに到着。洞爺湖をはじめ、有珠山や昭和新山、さらに羊蹄山の山並みを一望することができる超おすすめスポットです。

今年2016年のサミットが開催された伊勢志摩も節約絶景ドライブシリーズでご紹介しています!
◇「サミット開幕!! レンタカーでも行きたい注目スポット ~伊勢志摩国立公園を満喫ドライブ編~」はこちら

帰る前に洞爺湖温泉で汗を流す

北海道でしか味わえない雄大な景色が見られる洞爺湖ですが、もうひとつ忘れてはならないのが温泉。洞爺湖温泉は有珠山の噴火によって生まれた温泉で湯量が豊富。そのため北海道でも随一と言われるほど。多くの旅館やホテルが立ち並んでいます。立ち寄り温泉も多いので、ぜひ帰路に着く前に汗を流してみるのはいかがでしょうか。さらに登別にも立ち寄って温泉ざんまいを満喫するのも一興です。

■節約絶景スポット1 地球岬

北海道の内浦湾に突き出るようなカタチの絵鞆半島。3方を海に囲まれた独特の地に作られたのが室蘭です。太平洋に面する海岸線は断崖絶壁が連なっており、別名「室蘭八景」と呼ばれているほど。そんな八景のひとつに数えられているのが地球岬です。

▼地球の丸さを目の当たりにできる地球岬。晴れた日には下北半島まで望める絶景ビュー。
レンタカーで洞爺湖の絶景を見に行こう、地球岬、節約絶景ドライブ、マネーゴーランド

高さ130mの展望台から太平洋を見渡すと、本当に水平線が丸みを帯びている様子が分かり、地球の丸さを体感することができます。晴れた日には函館・駒ヶ岳の山並みだけでなく、遠く本州の下北半島さえ見えるほど。運が良ければ太平洋ではイルカの泳ぐ姿を見ることもできます。駐車場は無料、展望台までは駐車場から徒歩3分とアクセスも良好。

さらに地球岬の西側には地球岬緑地という散策路が整備されており、夏シーズンは北海道の自然を楽しみながらハイキングを楽しむことができます。

■節約絶景スポット2 有珠山の山頂

洞爺湖に向かう途中にそびえる有珠山。標高737mの活火山で、その山頂に向かうためのロープウェイが昭和新山の麓から用意されています。山頂駅に到着後、駅から伸びる外輪山遊歩道を歩くと、有珠山の活動を間近で見られる銀沼大火口があり、現在も水蒸気を上げる光景を見ることが可能。大迫力あふれる光景はぜひとも間近で体感していただきたいものです。

こちらはロープウェイ料金だけでなく駐車場料金も発生するので、時間とお財布に余裕がある方におすすめです。

▼有珠山の山頂では、もくもくと水蒸気が立ちのぼる大迫力ビューが堪能できます。
レンタカーで洞爺湖の絶景を見に行こう、有珠山、節約絶景ドライブ、マネーゴーランド

■節約絶景スポット3 サイロ展望台

火山の噴火によってできるカルデラ湖として、日本で3番目に大きな洞爺湖。その周辺は支笏洞爺国立公園に指定されており、日本百景、新日本旅行地100選にも選ばれた北海道を代表する景勝地。その絶景を高台の上から見下ろすようにして眺望できるのが、湖西に位置するサイロ展望台です。

洞爺湖の全景が見られるだけでなく、右手には有珠山や昭和新山、左手には羊蹄山という雄大な大自然のパノラマが見られる人気スポット。100台以上停められる無料駐車場が完備され、展望台のほかにもお土産屋や展望レストランも完備されています。

■節約テクニック

本州に住んでいるとあまりイメージが湧きませんが、とにかく北海道は広い!! 地図を眺めていると実際に走るのでは大違いなので、まずは新千歳空港から日帰りできるドライブコースをご紹介しました。

どの絶景ポイントでも本州では味わえない地球の広さを体感することができます。ルートも道幅が広く街並みが道路に迫っておらず、変わった信号機の取り付け風景に見慣れた頃にはすっかり北海道の良さを味わえているはず。グルメや温泉スポットもあちこちにあるので、気軽にのんびりと北海道を楽しみたいという方におすすめのルートです。

今回は登別や室蘭に立ち寄るルートをご紹介しましたが、千歳から洞爺湖まで道央自動車道で直接向かうことも可能。とりあえず洞爺湖に向かってから、ゆっくり札幌方面に向かってドライブするのもおすすめです。

●【節約絶景ドライブ】 シリーズ
おすすめスポット●1 伊豆半島編
おすすめスポット●2 房総フラワーライン編
おすすめスポット●3 富士パノラマライン編
おすすめスポット●4 日立シーサイドロード編
おすすめスポット●5 日本ロマンチック街道で行く軽井沢編
おすすめスポット●6 箱根・芦ノ湖スカイライン編
おすすめスポット●7 伊勢志摩国立公園を満喫ドライブ編
おすすめスポット●8 石川県・能登半島を満喫ドライブ編
おすすめスポット●9 青森県・奥入瀬渓流を満喫ドライブ編
おすすめスポット●10 ビーナスライン満喫ドライブ編
おすすめスポット●11 世界遺産・白川郷ドライブ編~
おすすめスポット●12 四万十川・足摺岬ドライブ編~
おすすめスポット●13 紀伊半島・南紀白浜ドライブ編~

【節約絶景ドライブ】雲海の広がる美ヶ原高原を駆け抜ける~ビーナスライン満喫ドライブ編~

●節約絶景ドライブ:~ビーナスライン満喫ドライブ編

見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

そんな体験をもっと身近に感じるための連載企画。題して「節約絶景ドライブ」。みんなが知っているドライブスポットから、地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします。

●どんなにお金をかけても見られない大絶景

その名前の響きからして期待が高まる美ヶ原高原。八ヶ岳中信高原国定公園の中にあり、長野県松本市、上田市、小県郡長和町にまたがる高原で、日本百名山のひとつにも数えられています。標高は2,000mに達し、雲海を間近に見ることができる絶景スポットとしても知られています。今回はそんな美ヶ原高原に続くドライブコースをお届けします。

おすすめスポット●10

全線無料になっておトク!! ビーナスラインで行く美ヶ原高原プラン
・ルート:諏訪IC→ビーナスライン→蓼科→白樺湖→車山高原→霧ヶ峰→八島ヶ原高層湿原→三峰山→美ヶ原高原
・距離:約80km
・所要時間:約120分

▼標高2,000mに位置する美ヶ原高原。
美ヶ原高原の画像

ドライブは中央自動車道の諏訪ICからスタート。国道20号から国道152号に入ると、さっそくビーナスラインが始まります。

国道152号をしばらく走り御座石神社交差点で県道192号に入ります。152号をそのまま進むとメルヘン街道に入ってしまうので注意が必要ですが、県道192号の標識の下にはビーナスラインの文字があるので、道を間違える心配はありません。蓼科高原に入るあたりから、美しい緑とつづら折りのカーブが続く本格的なドライブが始まります。

蓼科湖は白樺や落葉松の林に囲まれた人造湖。湖畔では釣りやボートを楽しむことができ、その先には立ち寄り湯もできる蓼科温泉郷やサイクリング、ゴーカートなどのアクティビティを楽しめる蓼科湖レジャーランドなどが揃っています。

さらにビーナスラインを進み、八ヶ岳一帯の絶景を見渡せる女の神展望台を過ぎると今度は白樺高原に入ります。白樺湖畔は有名な観光地で、白樺リゾートを筆頭にあらゆる観光スポットが目白押し。大人でも楽しめるレストランや老舗のそば屋、お洒落なカフェもあるので、ここで休憩がてらコーヒーを楽しんでみるのはいかがでしょうか。美術館や博物館も多く、車を停めてゆっくり散策するのもおすすめ。ビーナスラインは白樺湖の手前で県道40号になりますが、ビーナスラインの看板が続くため道に迷うことはありません。さらに白樺湖を過ぎ、瀟洒な別荘が見えてくると、今度は車山高原に入ります。

ビーナスラインを走り霧ヶ峰高原を過ぎると、有名な八島ヶ原湿原が登場。標高1,600mにある日本最南端の湿地で、その周囲をぐるりと巡ることができる遊歩道も用意されています。ちなみに湿地の中に入ることはできません。霧ヶ峰から八島ヶ原にかけてのビーナスラインは、一面に草原が広がり視界を遮るものがなく、緑と空の中をひたすら道が続く大絶景を楽しむことができます。

さらに県道194号、県道460号へと変わるビーナスラインを進み、かなり急なカーブが続く高原路を走ると、三峰茶屋のある大展望台が登場。ここでソフトクリームやきのこ汁で小腹を満たすのもおすすめです。ここから先はビーナスラインでも一番急な勾配が続くので、ハンドルさばきは慎重に。

そして一気に標高を上げると、ついに美ヶ原高原に到着します。とにかく見どころが満載なので、諏訪ICから一気に美ヶ原高原を目指し、ここでゆっくり1日を満喫するのもおすすめです。

帰りは県道62号から国道152号を経由して、上信越道方面に向かうのもいいですが、途中の道はすれ違いができないほど細い道が続くので注意が必要。同様に松本方面に向かう県道67号も山道を走り慣れていない人には厳しいかもしれません。運転に自信がない方はビーナスラインをいちど戻り、国道142号経由で諏訪湖に戻るのがおすすめです。

★節約絶景スポット1:ビーナスライン

ビーナスラインは茅野市から美ヶ原高原美術館まで続く全長約70kmの観光道路の総称。蓼科有料道路と霧ヶ峰有料道路を結ぶ愛称で、1986年より順次無料開放が行なわれ、2002年には全線が無料開放されました。途中には蓼科高原、白樺湖、車山高原、霧ヶ峰、八島ヶ原湿原、美ヶ原高原という観光スポットが続き、白樺林の中を通るワインディングから、高原地帯を進む開放感バツグンの道まで、このルート自体が観光スポットにもなっているほど。空気が澄んでいるため視界が良く、早朝から日の出にかけて走ると、非常に高い確率で雲海を見ることができます。車を運転しながら雲海を眺められる贅沢は、なかなか味わえません。

★節約絶景スポット2:車山高原

ビーナスラインのちょうど中間あたりに位置する車山高原。霧ヶ峰の主峰となる車山(標高1925m)を中心にしたなだらかな高原で、レンゲツツジやニッコウキスゲ、マツムシソウといった高山植物を見ることができます。車山高原スキー場があり、山頂まで向かうリフトは夏季でも営業中(往復1,600円)なので、車山の山頂まで登ることも可能。1年の平均気温が6.6度、夏でも涼しいことから避暑地としても知られており、都心の暑さから逃れるにもおすすめです。

★節約絶景スポット3:美ヶ原高原

ビーナスラインの終点となっている美ヶ原高原。一番高い王ヶ原の2,034mを筆頭にして、2000m以上の高原が広がります。日本で一番標高の高い道の駅、野外彫刻が楽しめる美ヶ原高原美術館、高原のシンボルになっている美しの塔、標高2,008mに作られた王ヶ鼻展望台など見どころも満載。駐車場は3か所に用意され、いずれも無料。周辺にはホテルやレストラン、売店なども完備されています。このあたりも雲海を見られるスポットとして有名です。

▼美ヶ原に続くビーナスラインのワインディングロード。
ビーナスラインの画像

●節約テクニック

今回のドライブコースは、ぜひ夏シーズンにおすすめしたい推奨ルート。標高が高いため湿気が少なく空気が澄み渡り、夏でも長袖で過ごせるほど涼しい高原を快適に走ることができます。特に霧ヶ峰から美ヶ原にかけては標高が高く、天候が良ければ雲海を見ることも可能。どんな観光施設にもかなわない大自然の絶景を見ることができます。

さらにビーナスラインは全線が無料化されており、中央高速からアクセスができる気軽さも、節約絶景ドライブには欠かせないおすすめポイントといえるでしょう。

●【節約絶景ドライブ】 シリーズ
おすすめスポット●1 伊豆半島編
おすすめスポット●2 房総フラワーライン編
おすすめスポット●3 富士パノラマライン編
おすすめスポット●4 日立シーサイドロード編
おすすめスポット●5 日本ロマンチック街道で行く軽井沢編
おすすめスポット●6 箱根・芦ノ湖スカイライン編
おすすめスポット●7 伊勢志摩国立公園を満喫ドライブ編
おすすめスポット●8 石川県・能登半島を満喫ドライブ編
おすすめスポット●9 】青森県・奥入瀬渓流を満喫ドライブ編

【節約絶景ドライブ】千里浜なぎさドライブウェイなど見どころ満載 ~石川県・能登半島を満喫ドライブ編~

●節約絶景ドライブ:石川県・能登半島を満喫ドライブ編
これまで見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

そんな体験をもっと身近に感じるためにこんな企画を用意してみました。題して「節約絶景ドライブ」。みんなが知っているドライブスポットから、地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします。

●見どころが多すぎるドライブコース
北陸新幹線の開通とともに、いま一番注目が集まっている北陸地方。その中でも今回は石川県・能登半島を快適に走るドライブコースをご紹介します。輪島の朝市から国定公園の断崖絶壁の名勝地を辿り、日本で唯一の砂浜を車で走れる道路から夕陽を眺めれば、気分もリフレッシュされること間違いありません。

おすすめスポット●7
国道249号で行く能登半島の絶景を堪能プラン
・ルート:輪島朝市→国道249号→総持寺祖院→琴が浜→県道49号→ヤセの断崖→義経の船隠し→増穂浦海岸→国道249号→世界一長いベンチ→県道36号→能登金剛→巌門→国道249号→千里浜なぎさドライブウェイ
・距離:約90km
・所要時間:約120分

▼千里浜なぎさドライブウェイは、本当に砂浜を車で走ることができます。
千里浜なぎさドライブウェイの画像

今回は能登半島の海岸線に沿って絶景スポットをドライブ。日本海に面する能登半島は、断崖絶壁に沿って走ることができるため、常に日本海の美しい海の景色が堪能できます。
能登空港から車で20kmほど北上した、輪島朝市からドライブはスタート。1000年以上もの歴史を持つ朝市は、岐阜県高山市、千葉県勝浦市と並んで日本三大朝市に数えられる市場。朝8時から12時までという時間に開催されており、近くに駐車場も完備しているのでドライブのスタートにはうってつけ。

輪島朝市で買い物を楽しんだら、国道249号で南下します。鳳至川に沿って走る国道249号は能登半島の中央部を貫くバイパスですが、もし時間に余裕があれば海岸線を沿って南下できる県道38号を利用するも良いでしょう。国道249号を南下して八ヶ川沿いを走るころになると、大本山総持寺祖院の門前町が見えてきます。ここは1321年に開山された北陸地方随一の名刹。深き山中に構えられた荘厳な姿は拝観することもできます(大人400円)。

さらに道なりに沿って走ると、目の前に日本海が広がる大パノラマが飛び込んできます。そのまま海沿いを南下するルートは、開放感も抜群。途中にはトトロ岩のような奇岩を見ることもできます。

しばらくすると鳴き砂で有名な琴が浜が見えてきます。NHK朝ドラの舞台にもなったので知っている方も多いのでは。海水浴場になっているので駐車場も完備。車を降りて自分の足で鳴き砂をお試しするのも一興です。

国道249号から県道49号に入ると、関野鼻という観光スポットがあらわれます。海岸には遊歩道が完備され、関野鼻や義経一太刀岩、弁慶二太刀岩、裸弁財天を祀る洞窟などを見ることができます。さらに走るとヤセの断崖、能登金剛、義経の船隠しなどの絶景スポットが次々に出現。能登金剛は遊覧船に乗って観光できるので、ぜひお試しください。

さらに海岸線を辿って、日本小貝三名所のひとつ増穂浦海岸があらわれたら、再び国道249号に合流。途中にはギネスにも乗った世界一長いベンチが近くある道の駅『とぎ海街道』もあるので小休止するのもおすすめ。しばらく南下すると、いよいよ千里浜なぎさドライブウェイに続く道が見えてきます。波打ち際の砂浜を車が往来する光景は、初めての方にとってはかなり驚きの体験になるはず。全長約8kmも続く日本で唯一の砂浜道をたっぷり堪能すれば、ドライブは終了。なぎさドライブウェイに到着してゆっくり時間を過ごせば、日本海に沈む夕陽を見ることもできます。

★節約絶景スポット1:輪島朝市
日本三大朝市として有名な輪島の朝市。およそ360m続く通りに面して200以上もの露店が並び、威勢の良い掛け声と活気あふれる市場の光景を見ることができます。能登半島で採れば海産物以外にも、軽く食べられるおやつもあるので、食べ歩きしながら往来するだけでも気分が盛り上がります。定休日は毎月第2・4水曜日と正月3ヶ日となっているほか、8月と11月にも臨時定休日があるので調べてから出かけるのがおすすめです。12時前には終わってしまうので、出かけるならぜひ午前中に行きましょう。

★節約絶景スポット2:ヤセの断崖・義経の船隠し・能登金剛・巌門
能登半島きっての景勝地として有名な能登金剛・巌門。その近くには松本清張の名作「ゼロの焦点」の舞台となったヤセの断崖や、源頼朝から逃れるために義経と弁慶が舟を隠したという義経の船隠しなどがあるので、ぜひとも立ち寄りたい絶景スポット。ヤセの断崖には無料駐車場があり、そこに停めてヤセの断崖を眺めたのち、断崖沿いの遊歩道を歩けば約3分で義経の船隠しを見ることができます。能登金剛・巌門はぜひ遊覧船に乗って海上から眺めるのがおすすめです(大人1,100円)。

▼能登国定公園にある能登金剛。巌門をはじめ珍しい形状の奇岩や洞窟などを見ることができます。
能登国定公園にある能登金剛の画像

★節約絶景スポット3:千里浜なぎさドライブウェイ
日本で唯一ここだけという、車で砂浜の上を走れる道路がこちら。全長およそ8キロに渡って伸びる波打ち際の本当にすぐ横を車で走ることができます。通常の砂粒よりも粒子が細かいため、バスのような重たいものが乗っても砂浜がめり込むことがなく、安心して走行することが可能。実際に観光バスも数多く行き来しています。砂浜上には道路標識もきちんと整備され、通行は無料、24時間いつでも走ることができます(波が高い時などには規制あり)。ここから眺める夕陽は絶景なので、ぜひ夕暮れ時の訪れたい場所です。

●節約テクニック
能登半島の北部にある朝市からスタートして、夕暮れ頃になぎさドライブウェイにたどり着くように設定した今回のドライブコース。能登半島の海岸線部分は国定公園に指定されているほど美しい景観が楽しめる絶景スポットなので、次々に名勝地が出現し、じっくり見て回ると1日では回り切れないこともあるほど。能登空港まで飛行機で向かい、そこからレンタカーを借りて今回のドライブコースを回り、金沢駅でレンタカーを返却(乗り捨て)して、北陸新幹線で帰京するというのもおすすめです。

●【節約絶景ドライブ】 シリーズ
おすすめスポット●1 伊豆半島編

おすすめスポット●2 房総フラワーライン編

おすすめスポット●3 富士パノラマライン編

おすすめスポット●4 日立シーサイドロード編

おすすめスポット●5 日本ロマンチック街道で行く軽井沢編

おすすめスポット●6 箱根・芦ノ湖スカイライン編

おすすめスポット●7 伊勢志摩国立公園を満喫ドライブ編

ランキング