競馬場でVIP待遇を満喫!庶民なのに「馬主席に入る方法」

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・馬主席に入る方法

<Point>

1一般人でも馬主席に入れる

2馬主席に入るときに気をつけることとは?

7835.jpg

飛行機のファーストクラスやアリーナの特別席など、VIP席は非常に特別な空間ですよね。広々とした豪華な空間で非日常のような特別感を味わうことができます。

そんなVIP席が競馬場にもあることをご存知でしょうか。ずばり馬主席ですよね。馬主席では一般的に、馬を持っている人かその知り合いしか入れませんが、一般人でも実は入る方法が存在するのです。

今回は、そんなVIP気分を味わいたい人のために、一般人でも馬主席に入る方法についてご紹介します。

■キャンペーンで馬主席に入ろう

では、一般人でも馬主席に入る方法とは一体どのような方法なのでしょうか。それは、競馬場が行っているキャンペーンに応募するという方法です。

例えば、福島競馬場の馬主席のご招待券をペアプレゼントする企画では、福島競馬開催期間中の各日に25組50名が当たるというもの。こちらの応募期間はもう終わってしまいましたが、同様のキャンペーンがあれば十分に当せんする確率がありそうですよね。

確実に馬主席に入れる!というわけではありませんが、馬主席に入ってVIP気分を味わいたいのであれば、応募する価値はありそうですね。

■馬主席に当せんしたら気をつけること

馬主席といえば、普通の人が入らず、なんとなく“お金持ち”が入りそうなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。ですから、馬主席に入るためには、服装をある程度フォーマルにしておかなければなりません。

馬主席に入るためには、全身スーツでびっしり固めるという必要はないですが、福島競馬場ではジャケットやネクタイ、革靴の着用が条件となっています。あとは、競馬場を見渡すことができるVIP席から、いつも通り勝ちそうな馬を予想するだけです。

食事がオーダーできるかは競馬場によって異なるために、事前にネット等で調べておくといいでしょう。

馬主席に入れるキャンペーンはいつも行っているわけではなく、この機会を逃すと、次にいつ同じようなキャンペーンをするのかわかりません。ですから、憧れの馬主席に入りたい!と思われる方は、今すぐ抽選に応募してもらえたらと思います。

画像一覧

  • VIP気分を満喫!庶民なのに「競馬場の馬主席に入る方法」

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

馬主&別荘所有も夢じゃない!「庶民でもオーナーになれるもの」3選

「馬主や不動産を持っている」というと、お金持ちのステータスですよね。実は、そんなお金持ちだけの世界だと思っていたオーナーというものに、一般人である私たちもなることができるんです。

手が届く金額でオーナーになれちゃう、今注目のシェア制度をご紹介します。

■シェアをすることでオーナーになれます!

最近注目されている、シェア制度。ひとつのものに対して、オーナー権利を多数の人でシェアをするというものです。これまで、オーナーになるには1人が大金をはたいてその権利を獲得していましたが、みんなで権利を分け合って共同で所有する時代がやってきているんです。特別な資格や経験が必要ないという手軽さも、注目を集めている要因のひとつといえます。

では、シェアしてオーナーになれるもの3つを仕組みや必要経費などとあわせてご紹介します。

■馬主になる:一口馬主

なんと、あの馬主になれるシェアオーナー制度。『一口馬主DB』というサイトでは、競走馬の出資を数百口に分割して募集し、そこに個人が出資をしてオーナーになるというものです。出資は1口単位から可能で、えさ代などを毎月支払う代わりに、レースで獲得した賞金のおよそ60~70%を出資口数に応じて受け取ることが出来ます。500口に分割された権利の場合、1か月にかかる費用は1口の出資でおよそ4,000円(会費と馬の維持費の合計)と、気軽に馬主になることができます。

■リゾート物件のオーナーになる:タイムシェア

こちらは、ホテルや別荘、大型クルーズ船やヨットなど、リゾート物件のオーナー権利をシェアするというものです。たとえばハワイにある『ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ』なら、ハワイの高級コンドミニアムの部屋を1週間単位で所有します。別荘を購入する何千万円、何億円というお金も、掃除などのメンテナンスの手間も必要なく、それよりも低価格でリゾート物件を所有することができます。しかも、相続対象なので、家族に代々受け継ぐことも可能です。

■田んぼのオーナーになる

年間契約をし、区画単位で田んぼのオーナーになれるというもの。1口1アールの面積で、およそ48kgもの米が収穫できます。収穫できた米はすべてオーナーのものとなり、友人・知人で共同出資も可能なので、とれたてのお米をみんなで楽しむことができます。収穫した米は、1年を通して希望の量を発送してもらえ、お歳暮などではギフト対応も可能。田植え体験や収穫体験も可能なので、お子さんの農業体験としても役立ちます。

億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点

7月6日から『サマージャンボ宝くじ』の販売がスタートします。サマージャンボでは1等の5億円が23本も設定されており、まさに夢を買いたい人に絶好のチャンスともいえるでしょう。

『全国自治宝くじ事務協議会』のウェブサイトによると、宝くじを一度でも購入したことがある人は全国18歳以上の人口のうち78.5%になり、一攫千金を狙って数百枚購入するような人もいるそうです。

今回は『宝くじ公式サイト』の情報をもとに、宝くじで1,000万円以上の当選金を受け取った人に行われたアンケート結果から見えてくる、高額当選者の共通点にフィーチャー。5億円を獲得するための方法についてお話しします。

■高額当選を狙う方法1:購入枚数

宝くじによって一発でお金を稼ぎだした人たちは一体どれほど多くの宝くじを購入しているのでしょうか。結論からいうと、高額当選者の最も多い購入枚数は、男性は30枚、女性では10枚と少し分かれる形になりました。

しかし、宝くじが一口300円ということを考えると、男性であれば1万円近くの金額を宝くじに使っているのです。やはり宝くじを当てようと考える人はそれなりの金額を宝くじにかけていることがわかりますね。

■高額当選を狙う方法2:購入へのこだわり

宝くじの高額当選者には購入にこだわっている人も少なくありません。最も多かったこだわりポイントは「連番・バラの割合」という解答でした。連番であれば前後賞で一攫千金も狙えますが、外れた時は一瞬でわかるのでむなしくなりますね。

逆にバラで買う場合でも、縦バラや特バラといった購入方法もあり、いろいろな工夫をしている人が多いことが読み取れますね。

■高額当選を狙う方法3:ゲン担ぎ

やはり当選者の多くはゲン担ぎをしている人が多く、なんと高額当選者の76%もの人が何らかのゲン担ぎを行っているということでした。やはり風水の影響もあるのか、気分がいいときには運気を呼び寄せるのかもしれません。

なんとなくでも「今日は気分がいい!」「いいことがあった!」という日に購入すると当選確率も上がるかもしれませんね。

■高額当選を狙う方法4:保管場所

宝くじで高額当選した人は宝くじの結果が出るまで一切妥協しないようですね。ここまでくれば感心する部分もありますが、高額当選した人の4人に1人が神棚や仏壇に供えているそうです。

宝くじを当てるためには数を買うだけでなく、購入した後にどのような行為をするのかということまで非常に重視していることがわかりますね。この記事を読んでくださった方は、ぜひ購入から結果が出るまでこだわってみてください。

参考:もし共通点がなくても諦めないで!!

億万長者とは言わなくても!?マネーゴーランドでこれまでに扱った高額記事。
■5,000万~1億円
ほとんどの大人が投資しているファンドがあるんです!
あなたの自転車ライフ大丈夫?安心して乗る自転車のための保険

■3,000万~5,000万円
自転車事故で多額の損害賠償を求められたら、どうする?
老後の生活、公的年金だけでは大きく不足!退職金・企業年金の考え方

■目指せ年収1,000万!
年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは
3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断
年収1,000万円を超える人の共通点!「引きずらない思考」が良いワケ

食べるだけでお金持ち!「金運がアップする」注目の食材3つ

毎日の食事を何気なくとっている人は少なくないでしょう。基本的に何を食べるかを意識していない人は、「美味しい」「美味しくない」の基準以外で食事を選ぶことはあまりないかもしれません。

しかし、それだけで口に運ぶ食事を選ぶのは少々もったいないと言えるかもしれません。というのも金運を上げてくれる食べ物を意識して口にすることで、お金持ちになれるかもしれないからです。

今回はそんな風水で良いとされている、金運アップの食べ物を紹介します。

■鶏肉と牛肉

風水において肉料理は金運アップに最も効果のある食べ物のひとつ。なぜ鶏肉と牛肉?と思われるかもしれませんが、これは金運に関わる方位と十二支に関係しています。簡単に説明すると金運に関わる方位は西と北であり、鳥(酉)と牛(子)はそれに対応しているのです。

短期的な収入を得たい方は鶏肉、長期的な収入を得たい方は牛肉料理を食べると金運アップに効果的と言われているようです。まずは、手始めに肉料理で活力をつけてみてはいかがでしょうか。

■大豆

風水的に集中力を上げてくれる食材は「金の食材」と呼ばれています。大豆は集中力を上げる食材としてもよく知られています。

また、栄養価を見ても大豆は「畑の肉」とも言われるほどで、良質のタンパク質とバランスの良い必須アミノ酸を含んでいるなど、日本人が昔から長寿である理由は大豆にあるといっても過言ではありません。金運アップもできて健康にもなれるなんて一石二鳥でお得ですよね。

■根菜

大地で取れた野菜には強いパワーを備えています。さらに、旬であれば旬であるほどそのパワーは強いと言われています。根菜のように大地のエネルギーを存分に受けた野菜を食べることで、真面目さや根気を養うと言われており仕事の成果も上がることは間違いないでしょう。

仕事の成果が上がれば収入ももちろんアップも考えられますし、お金持ちの一歩となるかもしれません。

このように毎日の食事には、あまり人には知られていないパワーが存在します。意識的に口にすることで、金運アップ、そしてお金持ちを目指していってみましょう。

今日はフルムーン!お金持ちになれる「満月の日にやるといいコト」【声優ナレーション付】

「お金持ちになりたいなあ」そんなことを思う時はありませんか?

人生はお金じゃないと思いながらも、やはりお金があるに越したことはありませんからね。そこで、今回は“満月の力”を借りてお金持ちになる方法についてお話しします。

■満月には解明されていないパワーがある!?

なぜ、満月とお金が関係あるんだ!と言われるかもしれませんが、特別根拠があるわけではありません。しかし、昔から満月になると出産が増えるとか、犯罪が増える…なんてことも言われており、未だ全ては解明はされていないものの、月は人間だけでなく生命の誕生から発展まで密接な関係があるのです。

つまり、科学的な根拠はないものの月にはなんらかのパワーがあると昔から信じられているのです。8月の満月は「中秋の名月」と呼ばれ、豊作の祈りをされていたという説もあり、昔から人々の間で信じられていることを感じますね。

■満月の日にやるべき⁉︎ お金持ちになるおまじない

では、実際のところ満月の日にどんなことをすれば良いのでしょうか。ネットを中心に噂になっているのが満月に向かって財布を振り続けるということ。満月の日に、曇り空で月が見えなくても、月に向かって振り続け、最後にお月様に対してお礼を言うことがポイントだそう。

こうすることによって、財布の中に貯まったレシートや割引券を処分することができるので、財布の中をスッキリさせるという視点からも金運アップしそうですよね。

他にも様々な満月に行うおまじないがありますが、どれも共通して言えるのが、お金を入れるものをきれいにして、月の光に当てるといったことでした。信じるか信じないかはあなた次第ですが、目に見えない力を信じれば何かいいことがあるかもしれませんね。

本日、7月20日は満月です。お金が増えることを祈って財布を月に向かって振り続けてみてはいかがでしょうか。

<お金持ちになれる関連記事>
「“1億円貯める”近道は?毎月貯蓄or投資…?【もしもシリーズ】」
「億万長者を目指せ!“宝くじに当選する人”4つの共通点」
「3つの質問ですぐジャッジ!“年収1,000万円になれるか⁉”自己診断」

■この記事は声優のナレーションでもお楽しみいただけます


ナレーター 水野らむね

■今回のナレーター

水野らむね(みずの らむね)

・主な活動歴
小劇場を中心に舞台で修行中。好きなことは、プラネタリウムでお昼寝。
テレビ東京『ドリームクリエイター』『ドリームドリームクリエイター』『つくり場』ナレーション、くぎうまちゃんキャラクターボイス
ツイッター  @Tann3sui

ランキング