食欲の秋!「厚揚げと鶏肉のポン照り」節約かさ増し105円レシピ

7893.jpg

このレシピを実行して

一日約250貯まる!
<材料>

・鶏肉

・厚揚げ

・ポン酢

<Point>

1鶏肉と厚揚げがあう

2ポン酢とバターで旨みアップ

3厚揚げでかさ増し

※一般的な惣菜(¥400)と比較 米・調味料等の金額は除いて計算を出しています。

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

食欲の秋まっしぐら!という方もおおいのではないでしょうか!?
私もその一人。
ごはんがおいしくてついつい食べすぎてしまう…。

そんなときは、節約ワザ「かさ増し」を使いましょう!

☆節約用語の解説☆

かさ増しとは?
肉・魚介類をたっぷり使いたいけど、食費がかさみます。
そんなときに、相性の良いリーズナブルな食材を組み合わせて、おかずのかさを増やすことをいいます。

今週の”かさ増しワザ”を使った節約レシピは、こちら!

【厚揚げと鶏肉の甘辛炒め】です。

厚揚げと鶏肉の甘辛炒め

甘辛いタレがごはんにあうー!

もちろん、ビールのおつまみにもピッタリです♪

☆お料理のときのお約束☆

お料理の前には、必ず指先・指の間までしっかり手洗いしましょう。

では!作り方です。

========================================

材料(2人分)

厚揚げ…小1枚
鶏もも肉…1枚
小麦粉…大さじ1

A ポン酢しょうゆ…大さじ2
A みりん…大さじ1

バター…10g

刻みねぎ…大さじ2程度(お好みで調整してください)

サラダ油…大さじ1

========================================

作り方

1:厚揚げ・鶏肉はそれぞれ一口大に切り、小麦粉を薄くまぶす。

厚揚げ・鶏肉はそれぞれ一口大に切り、小麦粉を薄くまぶす

2:フライパンに油を熱し、鶏肉を片面焼き、ひっくり返してふたをして蒸し焼きにする。

フライパンに油を熱し、鶏肉を片面焼く
ひっくり返してふたをして蒸し焼きにする

3:火が通ってきたら、厚揚げ・バターを加えて炒め、あわせたAを流しいれ、煮詰めながら味をなじませ、刻みねぎをちらしてできあがり。

火が通ってきたら、厚揚げ・バターを加えて炒め、あわせたAを流しいれる
煮詰めながら味をなじませ、刻みねぎをちらしてできあがり

厚揚げと鶏肉の甘辛炒め完成!

鶏肉と厚揚げのコラボ、とても味がなじんで美味しくいただけます。
おかずだけでなく、ごはんにのっけて丼にもできますよ。
行楽の秋、お弁当おかずに使うのもいいですね。

ぜひ、お試しくださいね☆

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

========================================

今回の1人あたりの材料費

厚揚げ…¥39
鶏もも肉…¥145
バター…¥15
刻みねぎ…¥10

合計 ¥209/2人分 → ¥105/1人分

========================================

<関連記事>

画像一覧

  • 厚揚げと鶏肉のポン照り

執筆者

武田真由美

『真由美さんの1週間2500円節約レシピ』http://ameblo.jp/bistromayumi/ で紹介する簡単おいしい節約レシピが好評。近著に『節約女王・武田真由美の一汁二菜15分150円晩ごはん』(主婦と生活社)、雑誌やテレビなどで活動中。

武田真由美

関連記事

特集

関連記事

300円で作れる!ドライカレー弁当

【1週間1000円以内でお弁当を作る】

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

6月は

「1週間1000円以内でお弁当を作る」

をテーマにお届けしております。

1週目は、1日目のお弁当⇒厚揚げのそぼろ炒め弁当
2週目は、2日目のお弁当⇒鶏肉のケチャップ炒め弁当
3週目は、3日目のお弁当⇒厚揚げと野菜のスタミナ炒めのっけ弁当

をご紹介しました。

今週は、4日目のお弁当をお届けしますよ。

レシピの前に!
1週間のお弁当で使う予定の食材リストと気をつけたいことです。


1週間(5日間)のお弁当で使う予定の食材リスト

  • 厚揚げ1パック(小2個入り)78円
  • 豚挽き肉200g 146円
  • 玉ねぎ1個 20円
  • 鶏むね肉1枚 174円
  • 人参1本 20円
  • ピーマン2個 40円
  • ブロッコリー1株 100円
  • ミニトマト1パック 128円
  • クラウドレタス1パック 158円

合計 864円


梅雨らしい日が続いています。
調理前の手洗いや食材の取り扱いにも、しっかりと気をつけたいですね。
炒めものを作るときは、火をしっかり通しておくことにも気をつけましょう。

今週は、4日目の「ドライカレー弁当」 です。

ドライカレー弁当

ドライカレー レシピはこちら!


材料(1人分)

  • 豚挽き肉 100g
  • 人参 1/3本
  • 玉ねぎ 1/4個
    • A
    • ケチャップ 小さじ2
    • カレー粉 小さじ1
    • しょうゆ 少々
    • おろししょうが 小さじ1/3
    • サラダ油 小さじ1


作り方

  1. 人参と玉ねぎは、粗みじん切りに切る。フライパンに油を熱し、1.を炒め、人参に火が通ってきたら、豚挽き肉を加えて炒める。
    人参と玉ねぎは、粗みじん切りに切りフライパンに油を熱し炒める
    人参に火が通ってきたら、豚挽き肉を加えて炒める
  2. 合わせたAを流しいれ、汁気を飛ばすように炒める。
    合わせたAを流しいれ、汁気を飛ばすように炒める

豚挽き肉を使いました。合いびき肉を使ってもOKです。
鶏ひき肉を使うと、少しあっさりした味わいのドライカレーができあがります。その時の“お安いひき肉”を選んで、作ることができます。

この“ドライカレー”は、毎回作るより、多めに作って作りおきするとよいでしょう。
1回分ごとに小分けし、ラップで包んで冷凍保存しておきます。
電子レンジで温めなおして、ごはんにのせるだけでOKです。

今回は、ごはんの上にのせるようにしましたが、ごはんと一緒に炒めて、カレーチャーハンのようにアレンジすることもできます。
冷ごはんが余っていたら、ぜひ冷ごはんと一緒に炒めてみてください。

味付けに殺菌効果の期待できる「おろしショウガ」を入れて炒め、日持ちする工夫をするようにしています。
おかずづくりの中で、殺菌効果の期待できるスパイス・調味料・食材を積極的にとり入れていきましょう。

ドライカレー弁当完成

☆お弁当の詰め方

お弁当箱の半分のスペースににごはんを詰めてから、「ドライカレー」を作ります。
粗熱の取れてきたごはんの横に「ドライカレー」を盛り、粗熱をとります。

お弁当のふたの内側に水滴がつかないように、うちわなどを使って、しっかり熱をとっておきましょう。

今週のお弁当いかがでしたか?

5回目のお弁当は、7月1週目にお届けします。お楽しみに♪

ぜひ毎日のお弁当作りのご参考にしていただけると嬉しいです。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】ビールに合う100円節約おつまみレシピ-4-

【ビールに合う100円節約おつまみレシピ】

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

8月は、「ビールに合う100円節約おつまみレシピ」をテーマにお届けしています。

8月8日は、「厚揚げとしそのみそマヨ焼き」
8月15日は、「ビールがススム☆チキンステーキ」
8月22日は、「もやしナムルの冷やっこ」
8月25日の即席ラーメン記念日は番外編ですが、「栄養バランスもOK!パスタ感覚サラダラーメン」をご紹介しました。

そして、今週はこちら!
とろ~りチーズがビールに合います、「なすのミートグラタン」 です。

なすのミートグラタン

一見、手間がかかりそうですが、市販のミートソースを使えば、ミートグラタンもあっという間にできあがります。

☆お料理のときのお約束☆

夏場の衛生面は、いつも以上に清潔を意識しましょう。
お料理の前には、必ず指先・指の間までしっかり手洗いしましょう。

では!作り方です。

========================================
材料(2人分)

なす 小2本
塩 小さじ1/2
市販のミートソース 大さじ6程度(1パック240g入りの半分程度の量)
ピザ用チーズ 30g

========================================

作り方

1. なすは縦半分に切り、一口大の乱切りにする。なすを塩でもみ、水にさらしてぎゅっと水気を絞る。

なすは縦半分に切り、一口大の乱切りにする。なすを塩でもみ、水にさらしてぎゅっと水気を絞る

2. 耐熱皿に1.のなすを入れ、市販のミートソースをかけ、ピザ用チーズをのせる。オーブントースターで約10分、チーズがとろけるまで焼く。

耐熱皿に1.のなすを入れ、市販のミートソースをかけ、ピザ用チーズをのせる。オーブントースターで約10分、チーズがとろけるまで焼く

パセリ(または乾燥パセリ)をちらせば、彩もよくなりますよ。

なすのミートグラタン完成

ナスだけでなく、ピーマンやししとう、ズッキーニを入れるのもオススメです。
お好みの夏野菜を使ってみてくださいね。

ぜひ、お試しくださいね☆

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

========================================

今回の1人あたりの材料費

なす…¥18
市販のミートソース…¥49
ピザ用チーズ…¥15

合計 ¥82

========================================

【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】夏バテを吹っ飛ばせ!100円スタミナどんぶり-3-

【夏バテを吹っ飛ばせ!100円スタミナどんぶり】

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

暑い日が続いていますね。

食欲がなかったり、「暑くてしんどいねー」「体調を崩しちゃったよー」という声もよくききますが、皆さんお元気ですか?

暑い夏はまだ始まったばかり!しっかり食べてスタミナアップしましょう♪

そこで!!

7月は「夏バテを吹っ飛ばせ!100円スタミナどんぶり」をテーマにお届けします。

1週目は、じゃがいもとウインナーを使った丼⇒「野菜とウインナーのガーリック炒め丼」

2週目は、豚肉を使った丼⇒「豚しゃぶ丼」

をお届けしました。

今週は、「ネバネバでパワーアップ☆オクラ丼」 です。

ガッツリお肉系ではなく、ヘルシーな野菜の丼です。
ダイエット中の方にもオススメのどんぶりですよ。

ネバネバでパワーアップ☆オクラ丼

☆お料理のときのお約束☆

暑い夏、調理のときはいつも以上に気をつけて、しっかり手洗いをしてからお料理しましょうね!

では!作り方です。

オクラ丼の材料・作り方どちらも、とてもシンプルですよ♪

========================================
材料(1人分)

オクラ…7本
ミニトマト…2個
塩…少々
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1

刻みのり…3つまみ程度(お好み量を使ってください)

ごはん 1膳分

========================================

作り方

1. オクラをまな板の上に並べて塩でしっかりとこすり、水洗いして、ヘタを落とし小口切りにする。ミニトマトは食べやすい大きさに切る。

オクラにまな板の上に並べて塩でしっかりとこすり、水洗い
ヘタを落とし小口切りにする
ミニトマトは食べやすい大きさに切る

2. ボウルに1.のオクラ・ミニトマト・めんつゆを混ぜる。

ボウルに1.のオクラ・ミニトマト・めんつゆを混ぜる

3. 器にごはんを盛り、2.をかけ、刻みのりをちらす。

器にごはんを盛り、2.をかけ、刻みのりをちらす

疲労回復の効果が期待できるオクラ。
オクラのネバネバの成分が胃腸の粘膜を保護してくれるので、疲れた胃腸にも優しいですね。

”暑い日に火を使った料理はしたくなーい!”と思うときでも安心♪
切って混ぜるだけ、お手軽に作ることができます。

ネバネバでパワーアップ☆オクラ丼完成

食べるときは、ごはんと混ぜながら食べるのがオススメです。
わさびを添えるのもいいですね。

上にたまごやうずらの卵を割り入れて絡めながら食べたり、納豆を一緒に混ぜたりするのも美味しいですよ。

アレンジ幅が広いネバネバ丼です♪

ネバネバでパワーアップ☆オクラ丼

ぜひ、お試しくださいね♪

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

========================================

今回の材料費

オクラ…¥50
ミニトマト…¥12
刻みのり…¥5

合計 ¥67

========================================

 

1人分70円!忙しい朝でもしっかり食べれる【デリ風サラダトースト】

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

5月のテーマは、【食パン】を使ったトーストレシピ!

今回の“トーストレシピ”は、デリ風サラダトーストです。

今回のレシピは食パンを焼いている(トーストしている)間に、トッピングを用意していく同時調理です。

ではさっそく作ってみましょう♪

デリ風サラダトースト

【デリ風サラダトースト】

■材料(1人分)

  • 食パン…1枚
  • アボカド…1/4個
  • トマト…1/4個
  • かに風味かまぼこ…10g程度
    • A
    • マヨネーズ…小さじ2
    • 酢・塩・粗びきこしょう…各少々

■作り方

  1. 食パンを斜めに半分に切り、オーブントースターで焼き色がつく程度焼く。
    食パンを斜めに半分に切る
    オーブントースターで焼き色がつく程度焼く
  2. アボカド・トマトを小さく切り、かに風味かまぼこは手でほぐしてボウルに入れる。Aを加えてよく混ぜる。
    アボカド・トマトを小さく切り、かに風味かまぼこは手でほぐしてボウルに入れる
    Aを加えてよく混ぜる
  3. 2.を1.の食パンにのせて、粗びきこしょうをかける。
    デリ風サラダトースト完成

今回は、デリ風サラダを、トーストした食パンにのっけるだけ!なのですが、すごく朝からオシャレな気分になりますね。

サラダとトーストを別々のお皿に盛り付けるより、使うお皿も少なくて済むのでラクチンです。洗い物が減るということは、時短にもなりますし、水道光熱費の節約にもなりますよ♪

食パンがサラダの水分をギュッと吸い込んで、しっとりとした食感とサクッとしたパン耳の食感が合わさって、とても食べやすくなります。

トーストしている間に野菜を切って調味料で混ぜるだけなので、時間がない朝も、休日の少し遅めの朝ごはんでも、どちらのシーンにも使えます。

おいしいデリ風サラダトースト

朝ごはんのトーストだけでなく、トッピングを晩ごはんのサラダとして、おつまみとして使うこともできますよ。

いかがでしたか?
ぜひお試しくださいね。


材料費リスト

1人分70円

  • 食パン…1枚30円
  • アボカド…1/4個25円
  • トマト…1/4個5円
  • かに風味かまぼこ…10g10円

※調味料等の金額は除いて計算を出しています。

ランキング