海外旅行で生じる不可解な手数料…「不要な請求を防ぐ」抜け道とは

7707.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・旅行代金の見える化

<Point>

1手数料は理由を確認

2ツアーは手続きに料金がかかる

数回海外旅行をしたことのある人なら、ネットに書かれているツアー価格通りに旅行なんてできないことは知ってますよね? ツアー料金はいろんなものが含まれたり含まれなかったり、なんとも理解しにくいものがあります。

最近話題になったのは、飛行機の「連席料金」。並び席を頼むと追加料金を取られるというものです。これは確かにおかしい。航空会社の席指定には料金はかかりません。ほとんどの旅行会社ではこんな追加料金を取りません。

■手数料が生まれた理由

でも取る側にも理由があります。こうした設定があるのは格安ツアー。安く仕入れるために航空会社からもらえる席もバラバラ。連席にするには、数ある席から並び席を選ばなくちゃいけない。その手数料なのでしょう。こういった「向こうの都合で追加料金」が必要なものは少なくありません。

ツアーではありませんが、航空券の「発券手数料」も気になります。発券は旅行会社の仕事なのに、別に請求するというのはおかしな話。ですがこれにも理由があります。

以前、発券手数料は「航空会社から旅行会社に支払われた報酬」だったのです。それが2009年以降廃止され、そこで収入の減った分を利用者に振り替えたのです。しょうがないと言ってしまえばそれまでですが、自分で直接ネット予約するとかかりません。

■キャンセル料もグレーゾーン

ホテルなどで直接キャンセルする場合、殆どの場合1ヶ月前までキャンセル料は無料です。しかし旅行会社経由で頼むと料金がかかることもあります。これは手間賃と考えるべきでしょう。

また入金済みの場合はキャッシュバック(振込等)されますが、振込手数料やカード手数料の扱いはホテルや旅行会社の規定によります。なにもかも無料というわけにはいかないのです。

■ツアーと個人旅行は違い

同様に個人旅行とツアーで違うのがホテルの「アーリーチェックイン料金」。ホテルのチェックイン時間はたいてい3時か4時。個人客の場合、ホテルのサービスがしっかりしていると、すでに掃除の終わった部屋に案内してくれることがあります(ただし泊数で部屋割りなどが決まっているので、難しいことも)。

しかしツアー客の場合アーリーチェックイン料金をほぼ確実に取られます。この追加料金はホテルと旅行会社が折半するので、ホテルの一存で取らないというわけにはいきません。もしサービスされた客が「取られなかった!」とSNSなどに書き込むと、逆に不公平が起きるからです。

一方、ホテルの「一人利用追加料金」は、ホテルの室料(海外ではツインが標準)を基準に決められているので、ひとりだと高くなるのはしようがありません。逆に3人だとエキストラで安くなるので、これは納得です。

■旅行会社に入らないお金もある

ただし「現地諸税」「空港使用料」は旅行会社の儲けにはなりません。現地諸税は通常出国税。空港使用料は本来空港が利用者に請求するものです。旅行会社はそれを代行して払っているだけ。これらは旅行会社の「約款」にかかれているので、納得できなければ確かめてみましょう。

さて、少し前までは旅行代金の他に「燃油サーチャージ」が数万円別にかかることもありましたが、2016年4月以降非適用になっています。これは航空会社ごとのルールなので、原油価格が上がるとまた復活することになります。サーチャージは乗機する日ではなく発券日ベースで課金されるので、サーチャージが復活するとわかったら、早めにチケットを買っておくとかなりの節約になります。

<関連記事>

画像一覧

  • 見えないところで生まれる手数料の謎

執筆者

ノーション

雑誌やウェブコンテンツなど、幅広く手掛ける編集プロダクション。 旅行関係から健康、結婚、受験、マネタイズまで取り上げるテーマも広い。 突然のノンジャンルテーマもあり、カオスな話題を提供します。

ノーション

関連記事

特集

関連記事

どんどん金欠!「使うたびにお金がなくなる」ATMの使い方

「やばい!今手持ちのお金がない!」

そんな状況になったとき、あなたはどうしますか? クレジットカードを使う、買い物を諦める、お金を引き出すなど様々な選択が考えられます。ここでATMからお金を引き出すと考えた人は黄信号かもしれません。

それは、お金の使い方として、あまり良い使い方とは言えないからです。というのもATMでこまめにお金を使う人ほど、散財しやすい傾向にあるからです。今回は、散財しやすい人の共通点についてお話しします。

■お金をこまめに引き出す人は散財する?

なぜ、ATMでしょっちゅう引き出す人は散財しやすいのでしょうか。一見、こまめにお金を引き出す人の方が必要なときに必要な分だけお金を使っているため、節約できるように感じる人もいるでしょう。

しかし、お金を頻繁に引き出す人はお金の管理ができているようでできていない傾向にあります。というのも、こまめに引き出す人ほど自分の無駄遣いに気づきにくく、また、自分の所持金に対する意識が薄いと言えるから。

例えば、1ヶ月に1度お金を引き出す人と毎日お金を引き出す人で、現金と通帳に書かれた数字を見て、使ったお金に対する意識の差が出るのは火を見るより明らかといえます。1ヶ月でまとめてお金を出すのは気が引けるかもしれませんが、決められたときにだけお金を出すという意識を持っておくことは必要かもしれません。

■ATMの手数料が1万円!?

最近では様々な場所にATMが設置されるようになりました。コンビニやスーパー、駅にまでATMが設置され、私たちの生活は非常に便利なものになっています。

その反面、お金を失う機会も多くなりました。便利な場所にあるATMの多くは手数料がかかります。手数料が必要なATMの増加に伴って、手数料に対する抵抗が減っているようにも感じます。しかし、1回100円の手数料も週に2回使えば月額で800円。年単位で考えれば1万円近くになります。やはりこまめにお金を引き出すのは、あまり賢いお金の使い方とは言えなさそうですね。

■賢いお金の使い方とは

では、賢いお金の使い方とはどのような方法なのでしょうか。やはり、週単位、月単位で決まった日にお金を引き出すのが賢いお金の使い方といえます。

そうすることで、使ったお金、財布の中の残額を嫌でも気にしなければなりません。何か予定がある週にはあらかじめ多めに引き出しておくことで、追加でお金を引き出すことも防げます。ぜひ、日々のお金に対する実感を忘れず持ってもらえたらと思います。

貧乏になる宿命なのは何型⁉︎ 【血液型別お金の貯め方】まとめ

お金を貯めようとしているのに「なかなか貯まらない」とか「長続きしない」と思っているのなら、それはあなたの性格に最適なやり方をしていないせいかもしれません。

今回は、心理カウンセラーの資格も持つFPの阿部さんに、血液型別のお金の貯め方について教えていただきました。

■A型女性の特徴は

A型の女性は几帳面で細かいことが得意。でも心配性で、人の評価も気にするタイプです。
A型女性に最適な資産運用と注意点はこちらのページをご覧ください。

■A型男性の特徴は

A型の男性は計画性があって管理能力に長けています。でも心配性でストレスを感じやすいので、株には不向き。
A型男性に最適な資産運用と注意点はこちらのページをご覧ください。

貧乏になる宿命なのは何型⁉︎ 【血液型別お金の貯め方】まとめ、マネーゴーランド

■B型女性の特徴は

B型女性はマイペースで単独行動が好き。ただし、人の意見を聞かず、自分のやり方を貫くのは危険。
B型女性に最適な資産運用と注意点はこちらのページをご覧ください。

■B型男性の特徴は

気まぐれで飽きっぽいところがあるのが、B型男性。浪費家でギャンブル好きな傾向があるので、基本的にお金が貯まりません。
B型男性に最適な資産運用と注意点はこちらのページをご覧ください。

貧乏になる宿命なのは何型⁉︎ 【血液型別お金の貯め方】まとめ、マネーゴーランド

■O型女性の特徴は

O型の女性は大雑把なので、計画的に貯金することは苦手。投資を行う際は、熱しやすく冷めやすい点に注意。
O型女性に最適な資産運用と注意点はこちらのページをご覧ください。

■O型男性の特徴は

豪快で気前がよく、人によくおごったりするため出費が激しいタイプ。ただ家族が大事なので、投資なら堅実な商品が最適。
O型男性に最適な資産運用と注意点はこちらのページをご覧ください。

貧乏になる宿命なのは何型⁉︎ 【血液型別お金の貯め方】まとめ、マネーゴーランド

■AB型女性の特徴は

AB型女性はセンスや嗅覚が良いので、お金になる商品を見抜く力を持っています。不動産投資が向いているかも?
AB型女性に最適な資産運用と注意点はこちらのページをご覧ください。

■AB型男性の特徴は

知識欲が旺盛なので、貯蓄商品や投資商品について勉強してみるとよいでしょう。ただ飽きっぽいところが玉にキズ。
AB型男性に最適な資産運用と注意点はこちらのページをご覧ください。

貧乏になる宿命なのは何型⁉︎ 【血液型別お金の貯め方】まとめ、マネーゴーランド

ネット予約は損してるかも…ホテル代を最安値にする裏技とは?

旅行であれ出張であれ、宿泊費は少しでも安くおさえたいもの。最近ではネットで簡単に料金比較や予約ができるので、自分で判断した最安値で満足している人も多いでしょう。でも、ちょっと待って。その宿泊費、もっと安くなるかもしれません。

■予約日で価格が変わるホテル側の事情

旅行関連の商品は価格が一定ではありません。需要が多ければ高くなるし、空いていれば安くしてでも売ろうとします。たとえばホテルや航空券の早期割引は、いち早く現金を獲得するためのサービスですし、直前割引は空いていてもお金にならないので、わずかでもお金にしようという、どちらも航空会社、ホテル側の理由から生まれた割引制度です。

最近ではホテルの「横串検索」というサービスもあります。同日の同じタイプの部屋料金を旅行会社ごとに比較して、最安値のサイトがわかる、というものです。「横断検索」「メタサーチ」などの名前でこのサービスを提供する旅行情報サイトも増えてきました。

しかし「最安値検索より安い価格で泊まる方法がある」というウワサもよく耳にします。どのホテルでも確実、というわけではありませんが、実際に安く泊まった利用者がいたという例をいくつか集めてみました。

■オンライン予約では安くならない?

その前に、ホテルの価格設定について考えてみましょう。予約客が多い時期に高額な宿泊料金の設定をするホテルもあります。反対に空けておいてももったいないと、空室を格安で販売するホテルもあります。需要と供給で料金が変わるためです。

これは、ゲストに対してだけではありません。ホテルは空室のリスクを下げるため、大部分を旅行会社に卸しています。その卸値はどれだけ集客できるか、その実績で変わってきます。多く集客できる旅行会社ほど安く、集客の実績が低い旅行会社は高くなります。これが各社の販売価格の違いにも関わっているのです。

これをホテルが直接販売するとなると、マージン(販売手数料)が必要ないので、旅行会社や予約サイトと同じ料金にすると、いちばん儲かることになります。けれども販売委託している都合上、ホテルのサイトだけ安く提示するというわけにはいきません。そこで、ホテルはいろいろな方法を考えています。

■奥の手は「電話交渉」

わかりやすいのは、利用者に会員登録をしてもらい「会員予約専用電話」を置いているホテル。ここに電話して予約すると、「会員特別価格」で泊まることができます。会員登録してもらうことでリピートが期待できるため、ホテルにとってもメリットは大きいのです。

そういった仕掛けを用意しなくても、「電話予約」で安くなることがあります。
予約サイトに部屋を卸しているホテルも、直接予約の客のために何割か部屋を確保してあります。料金比較をされるので、自社サイトだけ安くすることができないのは、前述のとおり。しかし「電話」なら宿泊価格が周りにはわかりません。そこで、電話交渉で値段を下げてもらえる余地が出てくるのです。

こうした情報は公にされていないこともあり「どのホテルが電話なら安くしてくれる」と明言はできません。ただ、比較的小さな宿泊施設(部屋数が少なく、マージンを払うと利益があまり出ない規模のホテルやペンションなど)や、大きなホテルでも予約窓口担当者の裁量にまかせているホテルであれば、交渉に応じてくれる傾向があります。

この傾向は海外のほうが強く、独立系のホテルは一度以上宿泊したことがある客には便宜をはかってくれることが多いようです。

ネットは便利ですが、電話は直接話せるメリットがあります。安くならないまでも上層階や角部屋になるようお願いすれば、望みが叶うことも少なくないのです。

海外に別荘購入…妄想膨らむ「10億円で買えるもの」ドリームリスト

節約生活を続けるなら、楽しみや非日常的な感覚をもつことも大切。そこで今回は、みなさんを海外の別荘へとご案内します!

妄想するだけならタダ。もしも、海外の高級別荘を購入したら……さあ、あなたの想像力でいざ、別荘へと参りましょう。

■イタリア・トスカーナの高級ヴィラ:約9億8千万円

イタリアのトスカーナ州にある、海岸線・フォルテ デイ マルミ。ここは、最高級クラスのヴィラが立ち並ぶ、まさに選ばれし者たちが集まる高級別荘地。この特別な土地で、優雅で華やかに建つヴィラの購入はいかがでしょう。

3階建て・広さ約350平方メートル。バスルーム付き寝室が4つ、さらに2つの寝室と3つのバスルームが別にあります。キッチン、ダイニングはもちろん、2つのサロンつきと贅沢な空間。邸宅にある広いテラスからは、サルデーニャ島が浮かぶティレニア海を眺めたり、温水ジャグジーに浸かりながら優雅で贅沢な時間を過ごすことが出来ます。価格は850万ユーロ、日本円にして約9億8千万円です。

夢物語すぎたでしょうか…。次は、もう少し手の届きそうな別荘をご紹介します。

■プーケットのプライベートヴィラ:約6,700万円~

タイの人気リゾート地、プーケットのプライベートヴィラを購入。バンタオビーチ近くの丘の上に建つヴィラです。外からは見られない、プライベートプール。ジャグジーもついており、いつでもあなただけの特別な空間でリラックスすることができます。広さは約600平方メートル以上で、3つのベッドルームがあり、上品でおしゃれな家具もすべて備え付け。

さらに、外観や内観、お部屋のレイアウトは好きなように変更可能。あなた好みの最高の空間に仕上げることができますよ。プーケット国際空港まで車で30分というのも魅力的。価格は、約6,700万円~です。もしも10億円あるのなら、このヴィラを10棟以上購入できちゃいますね。

最後は戸建てとはまた違った、ホテルレジデンスをご紹介。

■ザ・リッツ・カールトン レイクタホ:約1億3千万円

高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン」のホテルレジデンスの1部屋を購入してはどうでしょう。ここは、それぞれの部屋すべてが違うつくりになっている珍しいホテルレジデンスです。車で10分以内でレイクタホ、そしてスキー場がレジデンスに隣接していて、1年を通してレジャーを満喫できます。
お部屋の広さは、2ベッドルーム(約150平方メートル)~4ベッドルーム(約219平方メートル)まで種類は様々。プライベートシアタールームやジム、コンシェルジュ、係員付き駐車場など至れり尽くせりの別荘です。価格は約1億3千万円。10億円あるなら相当のおつりがもらえます。

夢のような世界ですよね。想像力と妄想力を働かせて、とっても優雅で贅沢な気分に浸りましょう。節約・節制を続けて、いつか私もこの別荘の持ち主に…。もしも宝くじの当選金が当たった場合の使い道なら、島&山も買っちゃう?妄想膨らむ「5億円で買えるもの」ドリームリスト で想像して楽しんでみてはいかがでしょう?

なお今回の記事はhttp://global.listsothebysrealty.co.jp/jpn/world-listingsの掲載内容を参考に作成しています。

ランキング