「PSVR」取り扱い店舗発表―10月13日の当日販売に備えよう!

7902.jpg

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PS4専用のVRデバイスPlayStation VRの取り扱い店舗を公開しました。

こちらのページには、日本全国の取り扱い店舗リストが掲載されています。自分が住んでいる地域でどの店舗がPlayStation VRを取り扱っているのか、来たる発売日に備えてリストをチェックおきましょう。

PlayStation VR 販売取扱店舗:http://www.jp.playstation.com/psvr/shop/index.html

画像一覧

  • 「PSVR」取り扱い店舗発表―10月13日の当日販売に備えよう!
  • 「PSVR」取り扱い店舗発表―10月13日の当日販売に備えよう!

提供元

関連記事

関連記事

新型PS4とVRに期待値上昇!ソニーの戦略とは?カンファレンスレポート

SIEJAプレジデント 盛田厚氏
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、国内のプレイステーションビジネスにおける販売戦略発表の場として、9月13日に「2016 PlayStation Press Conference in Japan」を開催しました。本稿では、SIEJAの今後の展開について取り上げます。なお、個々に発表されたゲームタイトルの一覧は、こちらの記事を参照ください。

本カンファレンスで進行を務めたのは、SIEJAのプレジデントである盛田厚氏。盛田氏は本カンファレンスの中で、発売が10月13日に迫ったPlayStation VRについて触れました。盛田氏によると、「PlayStation VRでは、新しいゲーム体験に加えて、音楽やドラマ、舞台、ドキュメンタリーといったさまざま体験も提供すべく準備を進めている」とのこと。その一作品として、L'Arc-en-CielのVRミュージックビデオ「Don't be Afraid -Biohazard×L'Arc-en-Ciel on PlayStation VR-」が、PlayStation VR向けに配信されることが決定しました。これは『バイオハザード』とL'Arc-en-Cielがコラボレーションしており、デジタルキャラクター化されたメンバー4人が『バイオハザード』の世界を舞台に、ゾンビたちと生き残りをかけて戦う様子を360°CGにて体感できるというもの。

また、昨年より開始されたPlayStation Nowの国内向けPCサービスが、今冬より展開されることが発表されました。これにより、PlayStationのハードウェアを持っていないユーザーでも、豊富なコンテンツを体験することが可能となります。9月20日にはタイトル数が182となり、定額制で遊び放題となります。

続いて、盛田氏が触れたのは、「PlayStation祭(まつり)」。「PlayStation 祭はゲームが上手い人もそうでない人も、ゲームを愛する全ての人が一緒にゲームを楽しめる場を作りたい。そんな想いを込めて、今年7月にスタートしました」と盛田氏。具体的には、全国5都市のイオンモールで開催された「みんなであそぼ!夏の全国キャラバン」などが、PlayStation祭の一貫で行われたそうです。盛田氏は、「PlayStation祭は本気で遊ぶゲームマッチ。その実況中継や観戦、最新タイトルの先行試遊会、親子で遊んで学べるワークショップなど、みんなで集まってもっとゲームを楽しもうという取り組みです」と説明しました。また、「東京ゲームショウでもPlayStationブースのステージイベントにて、とっておきのPlayStation祭を開催するので、楽しみにしてください」と述べ、期待感を高めました。

最後に盛田氏は下記のように述べ、本カンファレンスを締めくくりました。
「私が子どもの頃、ゲームがたくさんのことを教えてくれました。ゲームを通じて、社会のルールとか駆け引きとか人間模様とか、いろいろなことを学びました。もちろん親や学校の先生も大切なことを教えてくれますが、子どもの私たちに大人たちが教えてくれないことを教えてくれたのは、漫画や音楽、ゲームといったエンターテインメントでした。『明日のジョー』や吉田拓郎、『ドラゴンクエスト』が私の心を動かしてくれました。同じ楽しみや感動をみんなに伝えたい、我々はその想いでずっと走り続けてきました。我々が受け取ったバトンを次に必ず繋げたい。本日ご紹介したたくさんの素晴らしい作品をみなさんが子どもたちと一緒に遊んでいただき、将来その子ども達がエンターテインメントを提供する側になってくれたら、こんなに嬉しいことはありません」

本カンファレンスには、小島秀夫監督やシブサワ・コウ氏なども登場
なお、本カンファレンスでは国内で初めて新型PlayStation 4とPlayStation 4 Proが展示されていました。盛田氏は、「新型PlayStation 4は小型・軽量化に加え、さらにお求めやすい価格設定により、より多くの方に気軽にPS4の世界に触れていただける機会を提供していく。また、PlayStation 4 Proは、4Kでの映像出力やフレームレートの向上など、よりハイエンドな体験を求めるユーザー様には、さらなる豊かなゲーム体験をお届けします」と語っていました。

新型PlayStation 4は9月15日に、PlayStation 4 Proは11月10日に発売予定。なお、カンファレンス会場では、両新型本体が国内で初めて展示されており、PS4 Pro対応のタイトルのゲームプレイ映像も流れていました。

新型PlayStation 4

PlayStation 4 Pro

気づいたら物欲ダウン…衝動買いを防ぐ「欲しいものリスト」活用法

あなたは貯蓄をどんどん増やしたいと思いますか。もしそのように思われるのであれば、今よりもお金を稼ぐか使う金額を減らすかの2種類しか方法が存在しません。

そして収入アップは簡単にできないものの、買うものを減らして出費を抑えることは比較的簡単にできます。今回は、そんな節約をしたいあなたの手助けをする「欲しいものリスト」の作り方と活用法についてお話しします。

■なぜ欲しいものリストを作るのか

そもそも「あれが欲しい」「これが欲しい」と考えていたとしても、実際に必要なものであるかどうかは別問題です。もっと言うならば、買いたい!と思っていたものをいざ買ってみると、使わずに部屋の隅に置いてあるという経験がある方も多いでしょう。

つまり、「買いたい!」と思ったものであっても実は物欲を満たすだけであって、生活の中で必要かどうかということは、また別の話というわけなのです。

■欲しいものリストは物欲を抑える?

また、欲しいものリストを作成することによって、他のものに目移りしなくなるというメリットもあります。というのも一般的に節約しようと考える人は、「物を買うことを我慢しなければならない」という思考が働きます。その結果、たまには良いだろうということで衝動買いしてしまうのです。

そうではなく、欲しいものリストのように、あらかじめ欲しいものを決めておくと、我慢することなく欲しいものを減らすことができるのです。

■欲しいものリスト作成法

では、そんな欲しいものリストを上手に作る方法についてお話しします。ポイントとしては欲しいものリストにも優先順位をつけるということです。

生活の中で必ず必要な最重要グループ、仕事や便利さのために必要な、持っておくべきものを集めた重要グループ、趣味や娯楽で使う欲しいものを集めたウォントグループと3段階くらいに分けるのがいいでしょう。

優先順位が高いものを中心とした買い物の中に、3ヶ月に一度だけウォントグループのものを買うといったルールを決めておくと、上手に節約することができるでしょう。ぜひ試してみて下さい。

あっという間に6万円!やっぱりスゴイ「500円貯金を成功させる」コツ

実は今、昔懐かしの500円玉貯金が改めて注目されています。500円貯金とは、「財布に500円硬貨が入ったらその500円硬貨をつかわずに貯金する」という、いたってシンプルなルールの貯金法。

あらためてそんな500円玉貯金について考えてみると、その魅力はやはり手軽に短期間でそれなりの金額が貯められるところでしょう。

しかし、実際にやってみると途中で放棄してしまう方がいるのも事実。そこで本題、挫折せずに500円玉貯金を続けるにはどうしたら良いか。以下のポイントを実践して貯めてみてはいかがでしょうか。

■500円玉貯金のルーチン化

家に帰ったらまずは財布の中の500円玉を貯金箱に。とにかくこれを毎日の習慣にして続けることが、何より重要です。溜まっているのが実感できるようになればもう安心、ゴールまで突き進めます。

■貯金箱をグレードアップしていく

まずは小さな貯金箱からスタートして、次にまた一回り大きなものに入れ替える。そこから5万円貯まる貯金箱、10万円貯まる貯金箱などといったように徐々にグレードアップしていくことで、ゴールが近くに見えてやる気が失せません。ゲーム感覚でどんどん貯めて夢もグレードアップさせましょう。

■具体的な目標をたてる

何事も目標があると頑張れるものです。たとえば10万円貯めて沖縄に行く、20万円貯めて何かを買うなど具体的な目標をたててモチベーションの低下を防ぎましょう。

■無理せず焦らずが一番のコツ

貯金の最大のコツは「無理しない」こと。なによりも一番これが大事です。500円玉貯金に熱中するあまり、無理やり500円玉をかき集める、両替して作るなどといった行動も最初は良いですが、なかなか続けられるものではありません。

毎日貯金するのは大変ですから、たとえば3日に1回500円玉を貯金箱に入れるなら、1ヶ月で約5千円、1年間で6万円貯まる計算になります。

あくまで無理なくできる範囲での貯金だからこそ、たまった時の満足度もひとしおなのです。ぜひ、500円玉貯金にチャレンジしてみましょう。また500円貯金以外の貯金テクニックもありますから、「1年後に66,795円GET!本当にお金が貯まる“貯金箱活用法”3つ」も参考にしてみてはいかがでしょう。

お金を貯めるのが苦手な人には・・・「目的貯蓄」のススメ

ボーナスの季節がやってきましたね。今年のボーナスの使い道はもう決まりましたか?

これまで、金利でお得な銀行の選び方、ATM利用手数料や振込手数料の節約方法、銀行のキャンペーンやおすすめサービスなど、お金を貯めるために役立つ情報をご紹介してきました。

お得な情報を積極的に取り入れてしっかり貯蓄を増やしている人、「わかってはいるけど、面倒・・・」と放置している人、あれこれやってもお金が貯まらない人など色々かもしれません。臨時の収入が入るこの季節に、「お金を貯める」ということについて改めて考えてみましょう。

そもそもなぜお金を貯める必要があるのでしょうか?お金を貯める(金融資産を持つ)ための目的についてのデータがあります。(※金融資産とは預貯金のほか、生命保険、株式、投資信託等を含みます。)

預貯金だけではありませんが、何らかの金融資産を持つ目的としてどの世代にも共通して多いのが、「病気や災害への備えとして」です。次いで、20歳〜40歳代は「こどもの教育資金」、単身世帯や二人以上世帯の50歳以上になると「老後の生活資金」となっています。「特に目的はないけれど、金融資産を持っていれば安心だから」いう人も結構いますね。

年齢や家族構成などによって、お金を貯める目的はさまざまです。家族がいる人の場合は、子どもの教育費やマイホームのためにお金を貯めたいといった具体的な目標が立てやすいですよね。でも若い人やシングルの場合、お金を貯めるというハードルは結構高いのかもしれませんね。

みなさんは将来やってみたいことや欲しいものがありますか?海外旅行に行きたい、ホノルルマラソンに参加したい、ロードバイクが欲しい、お店を開きたいなどなど・・・・いろいろあると思います。せっかくやりたいことがあるのに、「お金もないし・・・」とあきらめていてはもったいないですよね。

お金を貯めるのが苦手な人には、「目的貯蓄」がおススメです。具体的な目的や目標に向かってお金を貯めるということです。

やりたいことや欲しいものを手に入れるためには、どれくらいのお金が必要でしょうか?まずは必要な金額を出してみましょう。その金額を目標として、「余ったら貯蓄する」のではなく、給与天引きや銀行の積立貯蓄など「先取りで貯蓄」することがポイントです。こうした仕組みができればあなたもきっと「貯め上手」になれると思いますよ。

ランキング