豪華寝台列車『TRAIN SUITE四季島』に季節限定コースが登場!

7887.jpg

JR東日本の豪華寝台列車(クルーズトレイン)『TRAIN SUITE四季島』のツアー計画に、このほど「東日本の旬コース」と題した季節限定コースが追加設定されることになった。

『四季島』は2017年5月から運行が始まる、ツアー形式のクルーズトレイン。10両編成の『四季島』専用車両がこのほど完成し、現在は東北本線などで試運転が行われている。2017年度は、春から秋にかけての1泊2日コースと3泊4日コース、冬の2泊3日コースの実施が既に計画されているが、これに加えて今回、季節限定のコースが追加された。

JR東日本が10月4日に発表したところによると、「東日本の旬コース」は夏の2泊3日コース(2017年8月16~18日)と年末年始コース(2017年12月31日~2018年1月1日)、春の2泊3日コース(2018年3月24~26日)を設定。いずれも上野駅(東京都台東区)出発となる。

夏の2泊3日コースは、東北地方の湯沢(秋田県)や八戸(青森県)、鳴子温泉(宮城県)などを巡り、日本三大盆踊りの一つとされる西馬音内盆踊りを観覧。一部の区間では八戸線のレストラン列車『TOHOKU EMOTION』にも乗車する。年末年始コースは関東地方を回るもので、房総半島の和田浦(千葉県)で初日の出を眺め、鹿島神宮(茨城県)で初詣を行う。

春の2泊3日コースは東日本の「雛祭り文化」を巡る。酒田(山形県)や花巻(岩手県)、結城(茨城県)などを巡り、一部の区間では釜石線で運行されているSL列車『SL銀河』に乗車する。

各コースの料金は未定。2017年2月頃から発売される予定だ。

<関連記事>

画像一覧

  • 試運転中の『四季島』専用車両。このほど季節限定コースが追加設定された。
  • 「東日本の旬コース」は来年2月頃から発売される予定。

提供元

関連記事

特集

関連記事

電車VS高速…「帰省の交通費」最強コスパはどれ?【東京−大阪編】

帰省時、その交通手段は考えものです。混雑具合や金額、移動のスピード、そしてさらには、リラックス度などあれこれ悩ましいですよね。

今回は自動車(高速道路)、新幹線(自由席)、高速バス、飛行機の四種類で、東京ー大阪間などを比較してみます。

■帰省時の費用比較

まず東京ー大阪間の片道交通費を比較してみましょう。
・高速道路:約15,000円前後(高速道路料金はETC割引適用後の料金で試算)
・新幹線(自由席):13,600円前後
・高速バス:5,500円程度
・飛行機:15,000円程度

しかしここで注意したいのは、上記の料金は一人の料金ということ。2人もしくは4人など家族で利用する場合は当然金額に差が出てきます。例えば、家族がいくらいても高速道路では料金はほぼ一緒ですし、飛行機や高速バスなどでは大人料金か子供料金かで大きく変わってきます。ご自身の状況で再検討してみましょう。

■帰省の頻度を考えてみよう

ちなみに新幹線は買い方、会員などによっても金額は異なってきます。例えば、新大阪から品川・東京まで行くときに、通常ののぞみの場合14,000円台かかりますが、東海道新幹線をよく利用する方なら、JR東海の『プラスEX会員』に入会するのがおすすめ。これなら13,000円台の会員価格で購入することができるなど特典があります。頻繁に帰省する方は各種会員制を検討してみましょう。

■金券ショップを利用する

交通チケットは総じて「早めに買って、安くする」ということが節約テクニックになります。いろいろなものの早割を使うのはもちろんですが、金券ショップを使うのも一手です。筆者の場合は、地方などへ出かけるときは大抵金券ショップで購入して、正規で購入するよりも1,000円前後安く購入しています。

東京大阪間はいつでも人気のチケットで、街の金券ショップでもよく売っています。利用したことのない人は、ぜひ一度試してみましょう。

紛失すれば、個人情報も財布も大変!春に急増する電車内のスマホ忘れ

「車内にスマホなどの忘れ物が多くなる」という春。首都圏各路線の忘れ物を取り扱う窓口は、常に混雑。これを記す中年記者も週末、JR東日本の電車内でデジカメを落とし、2日後に手元に戻ってきたという始末だ。

その日、都心で用を済ませて帰ろうと乗った電車に、5千円のデジカメを座席に忘れた。「デジカメがない」と気づいたのは、東京から電車で1時間半ほどの地元の駅でだ。

翌日、JR東日本お問い合わせセンターに電話で問い合わせた。なかなかつながらなかったが、9回目につながった。やはり同様の問い合わせユーザーが多く、休むまもなく対応しているとうかがえる。

デジカメを落としたと思われる列車の乗車時間帯、乗車区間、さらにデジカメの色、かたち、ストラップやカバーの有無、目立つ特徴、型番などを伝える。「それに該当するものが駅に拾得されているようです。その駅に確認するのでこのままお待ちください」とオペレータ。

東京駅に保管されていた。オペレータが伝えるとおり、印鑑と身分証明書を持ち、東京駅お忘れ物承り所へ向かう。八重洲北口を出て、日本橋口方向へと歩いていくと、東京車掌区の先に小さな窓口がある。すでに“先客”が2人いた。

窓口手前のテーブルで「申込書」に記入。「忘れた時間・場所」「忘れ物 品名・特徴」を書き、窓口へ提出する。そのさいオペレータの“ひと言”を伝えるとサービススタッフの動きが早まった。ヒントは列車番号だ。

「忘れ物が落ちていたと思われる列車が◎◎◎です。この番号とアルファベットを窓口の係員に伝えてください」(オペレータ)

地元と東京駅の往復電車代で、このデジカメがもう1個買えてしまうが、拾ってくれた車掌か駅員か乗客に、保管してくれた係員に、オペレータに、感謝の気持ちを伝えたい。

こうした窓口は、京急でも始まった。同社は4月から、JRなどと同様の「お忘れものセンター」を京急鶴見駅付近に開設。「これまでは、拾得後すぐに警察に引き渡していたが、今後は京急側で3か月預かり、利用者の手元にできるだけ早く忘れ物が戻るようにしたい」(19日、同社広報)と伝えていた。

また、相互直通運転を行っている東急、京急、西武、東武、メトロ、都営といった各路線で忘れ物をした場合は、問い合わせの数も増えるかもしれない。たとえば、東急公式サイトの「他社路線直通電車でのお忘れ物について」には、横浜高速、メトロ、都営、東武、西武、埼玉高速、JR東と、7つもの問い合わせ先が記されている。東急は、「この時期、スマホや携帯電話の忘れ物も多い」という。

警視庁新宿警察署の管内では、「2014年の1年間に、3万6000件を超える遺失届が提出され、5万7000件を超える物件が拾われて、警察署に届けられている」という。現金を落としてしまったという届出は、1年間で総額4億5751万8204円に達している。

JR東日本、新ポイントサービス「JRE POINT」開始!Suicaポイントなど統合で一本化へ

 東日本旅客鉄道は23日、「JRE POINT」サービスに関する記者説明会を開催した。JRE POINTは、JR東日本グループが同日より開始し、Suicaポイント、ビューサンクスポイントなども、将来的にこのJRE POINTに統合される。同社では貯めやすく、使いやすいポイントサービスを実現していきたいと説明している。

■JRE POINTの狙い

 東日本旅客鉄道では現在、SC・エキナカ事業として駅ビルに約8,500店舗、駅構内に約1,400店舗のショップを展開し、また自販機を約7,600台設置している。それぞれの店舗ではポイント制度によるサービスを実施しており、グループ内の会員数は1,800万人にも及ぶ。

 しかし利用できるカードは店舗によりまちまちで、例えば駅ビルだけで19種類のカードが存在している。Suica、ビューカードなどを含めると全24種類となるため、利用者からは「一本化して欲しい」といった要望が上がっていた。

 説明会に登壇した、東日本旅客鉄道 執行役員 事業創造本部部長の松崎哲士郎氏は「これまでは、さまざまなカードが存在しており、カードにより還元率もバラバラだった。お客様がメリットを感じにくいサービスになっていた」と説明。23日に開始する「JRE POINT」は、これを統一するものだ。

 サービスの開始当初は、首都圏近郊にあるアトレなどの駅ビル(合計31館)でJRE POINTを利用できるようにする。その後、Suicaポイント、ビューサンクスポイントを統合するなどして、サービスを順次拡大していきたい考え。ポイントは100円(税抜)ごとに1ポイントが貯まる設定で、1ポイント1円として利用できる。松崎氏は「貯まりやすい、使いやすい、わかりやすいをキーワードに、”ちょっといい”ポイントサービスにしていきたい」と意気込んだ。

 続いて登壇した、野村総合研究所 上級コンサルタントの安岡寛道氏は「顧客戦略の見直しにともない、最近では老舗百貨店、大手電力などもポイントサービス事業に参入しており、国内は”一億総ポイント会員化”の社会になってきた。そのなかで、JRE POINTはグループ内で貯めやすいのが特長。ひとつの面白い存在になり得るのではないか」と解説した。

■数年後までに1,100万人を目指す

 説明会の最後に質疑応答の時間がもうけられ、東日本旅客鉄道の松崎氏が記者団の質問に回答した。

— ポイントの原資、負担の割合などは?また、スタートキャンペーンを実施する狙いは?
(※同社では「JRE POINTスタートキャンペーン」として、3月31日までの期間内に入会、Web登録した利用者にポイントを付与するキャンペーンを実施する)

松崎氏:ポイントの原資、負担の割合はそれぞれの駅ビルの方針によって違う。ショップと話し合い決めているところ、全体の販促で決めているところなどがある。知名度の低いJRE POINTを、なるべく早く使っていただきたい、便利さを実感していただきたいということで、スタートキャンペーンを実施する。

— 目標とする会員数は?駅ビルだけでなく、鉄道との連携も行う予定?

松崎氏:数年後には1,100万人を目指したい。鉄道との連携については、お客様の声も聞きながら進めていきたい。

— Suicaが利用できる店舗は、JR東日本という枠組みを越えて拡大している。JRE POINTをJR東日本グループ内での利用に限定した理由は?

松崎氏:まずは、我々のところでバラバラだったサービスをまとめたかった。生活に身近なカードとして、使っていただくきっかけになれば。今後とも、何がお客様にとって良いことか考えながら展開していきたい。

— これまでも全24種類のポイントカードをまとめる構想はあった?その実現が難しかった理由について。

松崎氏:これまでも、まとめるという話はあった。ただ駅ビルはそれぞれの店舗で成り立ち、地域性に違いがある。周辺のお客様にとって身近なサービスを提供するなかで、ポイントのシステムや還元率が異なるサービスが各々展開することになった。システムの統合に手間と時間がかかったが、今回、会員様の多いアトレのシステムが更新する時期に合わせて、JRE POINTを提供開始できた。

【電力自由化攻略!】電車と電気がおトクになる!? 鉄道会社が始める画期的なプラン

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.05】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

今回ご紹介するのは、これまでとは少し趣の変わった電力プラン、「東急パワーサプライ」。エリアが限られているプランですが、今後このような異業種と電力会社との提携は続々登場すると思いますので、エリア外の皆さんもぜひご覧ください!

●東急沿線の方には見逃せないプラン
今回ご紹介する「東急パワーサプライ」は、通勤などで東急線を利用されている方をメインターゲットにした画期的な電力プランを発表しています。東急線沿線には東急ストアも多く、通勤やお買い物などの日常生活がそのままおトクに直結。「気が付いたらポイントが貯まっていた!!」そんな嬉しい悲鳴が聞こえてきそうなプランです。

●おすすめ電力プラン6 『東急パワーサプライ』
「東急グループだからできるおトク」
東京急行電鉄(株)の100%出資によって立ち上げられた「東急パワーサプライ」。こちらのプランを利用すれば、TOKYU POINTがどんどん貯まるのが最大の魅力です。毎月の電気料金をTOKYU CARDで支払うと電気料金の最大1%がTOKYUポイントとして貯まるほか、東急線のPASMO定期券購入時やPASMOオートチャージサービス等で付与される「電車で貯まるTOKYU POINT」がなんと2倍にアップ。さらに同じ東急グループのケーブルテレビ「イッツコム」の利用料が、毎月最大で350円もおトクになるというサービス内容になっています。

【東急パワーサプライ】
・特徴:東急線でPASMOを使うだけでポイントが貯まる
・供給元:東急パワーサプライ
・対象:現在東京電力に契約中の方のみ※20A以下は不可、30A契約には制限あり
・エリア:東京電力管内
・ポイント:TOKYU POINT
・プラン:3プラン(一般向けは従量電灯Bの1プランが基本)

<総評>
東急線の利用者をメインターゲットにした東急パワーサプライ。料金プランをシンプルにして、TOKYU POINTの還元で差別化を図るという、とてもシンプルで分かりやすい内容となっています。ただし東急線を利用している方にはメリットがあっても、東急線を使わない方には、さほど魅力がないのは事実です。

このおトクを最大限活かすためには、TOKYU CARDは必須。さらに東急線をお使いの方はPASMO定期券を作り、この定期券で乗下車をしているだけで勝手にTOKYU POINTが貯まっていきます。さらに、土日に東急バスを使えば毎月抽選で4000ポイントももらえるという特典もあり(一部制限あり)。このTOKYU POINTは、東急系列の加盟店で使える(1ポイント1円)ほか、PASMOにチャージしたり、JALマイルへの交換も可能です。

普段利用しているのが東急線で、お買い物は東急ストア、買い物にはPASMOの電子マネーを利用、CATV「イッツコム」に加入しているという東急ヘビーユーザーにとっては、東急パワーサプライは間違いなくナンバーワンのメリットをもたらしてくれるプランです。このようにお住いの沿線や地域をターゲットにした電力プランが増えると、これまでよりもずっと電力プランを選ぶ楽しみが増えるのではないでしょうか。

次回(vol.6)は、電力の最大のライバルであるガス会社の新電力プランをご紹介します。2017年にはガスも完全自由化が決まっているなかで、どんなおトクなプランを展開しているのでしょうか。こちらもぜひお楽しみに。

【バックナンバーもご覧ください!】
【Vol.01】知っている人が得をする! 電力自由化の活用法
【Vol.02】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン
【Vol.03】車に乗っている人、必見! ガソリン代が節約できる電力プラン
【Vol.04】知ってましたか?スーパー&コンビニ各社のお得な新電力プラン
※各サービスの評価は個人的見解による★となります。

ランキング