2016年国内モバイルデバイス市場、第2四半期の出荷台数は微減

7885.jpg

 IDC Japanは10月4日、「2016年第2四半期 国内モバイルデバイス市場予測」を発表した。2016年第2四半期の国内モバイルデバイス出荷台数は、前年同期比0.1%減の1,064万台。2016年通年では前年比4.6%減の4,571万台で、家庭・ビジネス市場ともマイナス成長の予測だ。

  2016年第2四半期(4~6月)の国内モバイルデバイス出荷台数は、前年同期比0.1%減の1,064万台。スマートフォン市場はアップルのiPhoneの出荷が底支えして前年同期比1.2%増、タブレットはファーウェイなど通信事業者向け出荷が増えて前年同期比5.8%増と、いずれもプラス成長となった。

 パソコンは、家庭市場向けがマイナス成長となったが、ビジネス市場向けは当初2016年10月末に予定されていたWindows7搭載パソコンの最終出荷に向けて大きく出荷を伸ばした。国内モバイルデバイス市場全体では前年並みであったが、ビジネス市場向けはパソコンの出荷が進んだことで前年同期比4.1%のプラス成長となった。

  2016年通年の国内モバイルデバイス市場は、前年比4.6%減の4,571万台の予測。このうち、家庭市場向け出荷は前年比5.6%減の3,543万台、ビジネス市場向け出荷は前年比1.0%減の1,028万台の予測。また、パソコン市場、タブレット市場、スマートフォン市場のいずれも前年比マイナス成長と予測されている。

 パソコン市場は、Windows7搭載パソコンの最終出荷期限が延期されたことから、企業の需要が高まらず、家庭市場でも購買促進の要素が少なく、前年をやや下回る出荷予測。タブレット市場は、市場を支えてきたB2B2C案件が今後減少する予測のほか、家庭市場でもWi-Fiモデルを中心にキラーアプリケーション不在が続き、大型スマートフォンとの競合が影響。

 スマートフォン市場は、ビジネス市場向けは企業向け携帯電話のスマートフォン切り替えが進むことからプラス成長となるが、家庭市場向けは通信事業者のキャンペーン抑制からマイナス成長の予測となっている。

 詳細は、IDC発行の「国内モバイルデバイス市場 2016年第2四半期の分析と2016年~2020年の予測」で報告されている。

画像一覧

  • 国内モバイルデバイス市場出荷台数予測(2015~2020年)
  • IDC Japan

提供元

関連記事

関連記事

郵便局が8月より格安スマホ販売開始へ!月額2,980円~

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は5日、同社が提供する格安SIMサービスの通話機能付きSIM(みおふぉん)とSIMフリー端末「arrows M03」(富士通製)をセットにした格安スマホサービスを、郵便局に設置するカタログで8月1日より販売開始することを発表した。

 今回の格安スマホサービスは、端末代金を24回の分割払いにした場合、月額2,980円(端末代1,380円+通信代1,600円)となる。端末の一括購入(32,800円)もできる。初期費用は3,000円、端末補償オプションは月額380円。国内における音声通話は20円/30秒となっている。通信容量は3GB/月、通信速度は下り最大375Mbps/上り最大50Mbps。12ヵ月以内に契約解除する場合は、契約の残り月数×1,000円が別途かかる。

 カタログを入手後、電話もしくは付属のハガキで申し込み書を請求のうえ、購入。SIMカードなど、設定済のスマホが郵送されてくる仕組みだ。また、申し込み者全員に、非売品の入門ガイドブックがプレゼントされる。今回の取り組みはまず、東海地方(岐阜県、愛知県、静岡県、三重県)の郵便局2,050局で取り扱いをスタートし、順次全国の郵便局で展開していくという。

【今どきのスマホ事情】中学生のスマホ所有率40.9%、理由トップは「塾や習い事」

 中学生のスマートフォン所有率は40.9%で、2015年より3ポイントアップしていることが7月4日、MMD研究所の調査結果から明らかになった。小学校高学年から子どもにスマートフォンを持たせ始めるケースが多く、理由では「塾や習い事に通い始めたから」がもっとも多かった。

 「中学生のスマートフォン利用実態調査」は、MMD研究所がインテルセキュリティと共同で6月10から14日まで、中学1~3年生の子どもを持つ女性1,148人とスマートフォンを所有している中学生370人を対象に実施したもの。

 中学生のスマートフォン所有率は40.9%。2015年調査時の37.9%から3.0ポイント上昇した。フィーチャーフォンなどを含めた携帯電話端末の所有率は57.1%で、「携帯電話を持たせていない」と回答した保護者は42.9%だった。

 子どもにスマートフォンを持たせ始めた時期は、「中学1年生から」が48.7%と圧倒的に多かった。そのほか、「中学2年生から」16.2%、「小学6年生から」15.3%、「小学5年生から」6.6%など、小学校高学年から徐々に増える傾向にあった。

 中学生の子どもにスマートフォンや携帯電話を持たせ始めた理由は、「塾や習い事に通い始めたから」がもっとも多い33.0%。ついで、「自分が働きに出るようになった(出ている)から」22.6%、「周りの子どもが携帯電話を持つようになったため」20.0%など。「その他」の自由記述欄では、「部活の連絡方法がLINEのため、スマートフォンを購入した」という回答が複数あったという。

 中学生が「自分のスマートフォンを初めて持ったとき一番したかったこと」は、「LINE」が断トツで多く、53.0%にのぼった。ついで「ゲーム」19.2%、「インターネット検索」8.4%。スマートフォンで中学生が普段行っていることでも「LINE」がもっとも多く80.8%、「インターネット検索」69.7%、「ゲーム」68.1%と続いた。

 スマートフォンの利用状況について、「使用アプリ」「LINEやメールの相手」など、8項目について保護者と中学生に把握しているかをそれぞれたずねたところ、「子の使い方を把握している」と回答した保護者は平均64.4%。一方、「親は把握していると思う」と回答した中学生は平均42.5%と、親子で約20%の差があった。

 スマートフォンを所有する中学生を対象に「スマートフォンを使用していて起こったこと」をたずねた結果では、「迷惑メールが送られてきた」が最多の40.0%で、「サイトやアプリに卑猥なバナー広告が出てきた」31.6%、「SNS上で知らない人から友達申請があった」28.6%の順に多かった。

 スマートフォンを使用している中学生の子どもによって、「ワンクリック詐欺」「意図しないサイトの有料会員」「課金や有料アプリ」の請求を経験した保護者に対し、実際に請求があった最高金額をたずねたところ、請求額の平均は5万6,616円にのぼった。スマートフォンにまつわる驚きのエピソードでは、「中学生になってLINEの友達の人数が200人を超えた」など、子どものLINEの使い方について多く寄せられたという。

  スマートフォンのセキュリティ対策では、所有する中学生の26.5%が「特に何もしていない」と回答。「わからない」という回答も25.1%あった。対策を行っている人では、「無料のセキュリティアプリを入れている」が23.2%と、もっとも多かった。

10代のパソコン利用が急減!2年で1割近くも減少

 インテージホールディングスが発表した調査結果によると、「マルチデバイス」として、パソコン・スマホ・テレビのうち、2つ以上を使う人は全体の80%以上、3つすべての利用者は50%近くを占めていることが明らかになった。

 このように「3種全て利用」が主流となりつつも、スマートフォン、さらにはタブレットの普及で圧迫され、年々減少しているのがパソコンの利用率だ。同調査では、日本全国15歳~69歳の男女8,000名を対象に調査を行っているが、2013年から2015年にかけてパソコンの利用率は、60代の46%で変化無しを除き、すべて減少傾向を見せている。

 とくに、30・40・50代については、パソコン利用率は1~3%の減少に留まっているが、20代では89%から83%と6ポイント減、さらに10代では89%から81%へと、8ポイントの大幅減少を見せていることが明らかとなった。

 スマートフォンはもちろん上昇しているが、すでに普及している10~30代よりも、未利用者が多く残っていた40~60代で利用率の伸びが大きく上昇。40代が49%→68%ともっとも大きな伸びを見せている。

 タブレットは逆で、10~30代のほうが、40~60代よりも利用率がこの2年で大きく伸びた。とくに30代の大幅増について「学生時代にインターネットが身近になかった年代が、 読みやすく操作しやすい大画面を持つタブレットを好む傾向の現れ」と、同調査では分析している。

 利用率の伸びではなく、利用率そのもので見ると、デバイスの毎日利用率において10代~40代ではスマートフォン、50代~60代ではテレビが相変わらずの1位。年代が若いほど利用デバイス数が多いことも明らかとなっている。

格安スマホとどっちが最安値?ゲオ「中古スマホ情報サイト」OPEN

 中古スマートフォンやタブレットのはじめ、格安SIMや格安スマホなどを扱うゲオは12日、中古スマホ・タブレットの総合情報サイト「ゲオ 格安・中古スマホ情報サイト」を開設した。

 同サイトでは、買取価格をチェックできる「買取シミュレーション」のほか、利用中のサービスと格安スマホの料金比較ができる「料金シミュレーター」といった機能がある。

 またゲオモバイルで取り扱っている端末すべての買取価格のチェックも可能となっている(毎週月曜日更新)。

ランキング