トヨタが手のひらロボット販売?【KIROBO mini】生産はVAIOが担当

7822.jpg

トヨタ自動車は10月3日、2015年の東京モーターショーで初公開したコミュニケーションロボット『KIROBO mini』を東京都および愛知県にあるディーラーを通じ、今冬から販売を開始すると発表した。価格は税抜3万9800円。

KIROBO miniは、パソコン事業を手がけるVAIOが全量生産、供給する。VAIOに生産委託することについて、KIROBO miniの開発を手がけるMS製品企画部新コンセプト企画室の片岡文憲主査は「今回、私達が大きさに非常にこだわり、この大きさでやるにあたってVAIOのパソコンの高密度設計、実装技術が大変すばらしいため」と明かす。

KIROBO miniは、座高10cmの手のひらサイズで、片岡主査は「この中にはいろいろな基板がたくさん入っている」という。さらに片岡主査は「ソニーの(ペットロボット)『AIBO』をVAIOの安曇野工場でかつて生産しており、その生産ノウハウや、部品交換であったり、修理ノウハウも持っている。そういう意味でVAIOと協業できるのは大変ありがたいことだと考えている」とも話していた。

トヨタでは東京および愛知での先行販売を経て、2017年には全国のディーラーでも販売を行っていく計画。

画像一覧

  • トヨタ自動車 KIROBO mini
  • トヨタ自動車MS製品企画部新コンセプト企画室 片岡文憲 主査
  • トヨタ自動車 KIROBO mini
  • トヨタ自動車 KIROBO mini
  • トヨタ自動車 KIROBO mini

提供元

関連記事

関連記事

ロボアドバイザーってなに?

東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)、シティバンク銀行で10年超の銀行勤務を経て、ファイナンシャルプランナーとして活躍する高橋忠寛さんに、ロボアドバイザーについてレクチャーしていただきました。

■ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとは簡単に言うとロボットが自分に代わって投資してくれて
管理もしてくれるサービスのことです。
WEB上でいくつかの質問に答えると、その人の考え、状況に合わせた投資の配分を提案してくれて、実際にその配分で投資をしてくれるサービスもあります。

■どういったところに投資をしてくれる?

投資対象を海外の上場している投資信託(ETF)としているサービスが多いです。
国内のインデックスファンドの組み合わせを提案をしてくれるサービスもあります。

投資金額は、少額のところは1万円くらいから利用できるものもありますし、10万円くらいの資産があれば、幅広いサービスから選択できると思います。

■コストはどれぐらい?

コストは投資している金額の約0.5%~1%が毎年かかります。

ロボアドバイザー自体がまだ始まったばかりのサービスなので、過去の実績も確認することができません。そのため、比較検討が難しい点がデメリットでしょう。サービスによっては提案商品がその会社の取扱商品だけで提案されるものもありますので、そういったものには注意が必要です。

こういったサービスを使っても、投資の結果は世の中の経済の状況によるところが大きいです。したがって、必ず儲かるということではありません。ただし自分で闇雲に売ったり買ったりをするよりは、過去の実績やデータを使って、プログラムされたサービスを使っていくことは効率的だと思います。

<高橋忠寛プロフィール>
ファイナンシャル・プランナー(CFP®)、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、株式会社リンクマネーコンサルティング代表

20年後は仕事の49%がロボットに! 残るのは教員、医師、芸術家?

 野村総合研究所(NRI)は12月2日、日本の労働人口の約49%が、10~20年後には人工知能やロボットなどで代替が可能になるとの推計を発表した。代替可能性の高い職種と低い職種の一部もそれぞれ紹介している。

 NRIは、英オックスフォード大学のマイケル A.オズボーン准教授およびカール・ベネディクト・フレイ博士との共同研究により、日本国内601種類の職業がそれぞれ人工知能やロボットなどで代替される確率を試算した。

 その結果、10~20年後に技術的には人工知能などによる代替可能性が高い労働人口の割合は日本では、米国47%、英国35%を上回る49%となった。

 NRIは代替可能性が高い職業と低い職業を参考としてそれぞれ100種紹介しており、代替可能性が高い職種としては、各種事務員やCADオペレーター、NC研削盤工などの工員、タクシー運転者などをあげた。また、低い職種としては、アートディレクターや学校カウンセラー、医師、教員などをあげている。

 研究結果によると、芸術、歴史学・考古学、哲学・神学など抽象的な概念を整理・創出するための知識が要求される職業や、他者との協調や他者の理解、説得、ネゴシエーション、サービス志向性が求められる職業は、人工知能などでの代替は難しい傾向があるとしている。

 一方、必ずしも特別の知識・スキルが求められない職業に加え、データの分析や秩序的・体系的操作が求められる職業については、人工知能などで代替できる可能性が高い傾向があると確認した。

 これはあくまでもコンピューターによる技術的な代替可能性であり、実際に代替されるかどうかは、労働需給を含めた社会環境要因の影響も大きいと想定されるが、試算ではそれらの要因は考慮していないという。

【家庭のミライ】驚くほど滑らかな動きの調理ロボット!一流シェフのスキルを再現

 英国のMoley Roboticsの家庭向け料理ロボットが、先日2月6日にドバイで第1回が開催されたUAE AI & Robotics Award for Goodというコンペティションに参加した。

 このコンペティションは健康や教育、社会サービスなどの課題に対応する研究、人工知能やロボット工学における革新的なソリューションを奨励することを目的としたもの。Moley Roboticsの料理ロボットは健康部門で出品され多数のプロジェクトが参加する中、セミファイナルまで勝ち残った。

 完全な関節型ロボットハンド2本に一流シェフの調理スキルを記憶させて、シェフの手と腕の動きを正確に再現するというプロトタイプを2014年に発表。その基礎を一般家庭向けのバージョンにしてローンチする予定だ。本体は洗練されたデザインのコンパクトなガラスで囲われたキッチンで、ロボットアーム、オーブン、コンロ、タッチスクリーンユニットといったパーツから構成されている。調理はタッチスクリーンを操作して行うほか、スマホでも操作でき、調理だけでなく食器洗いやキッチンの掃除までしてくれるそうだ。

 2017年の一般発売を目して準備中と発表されている。公式ホームページて公開されているプロモーション動画では、レストランさながらのオシャレなオードブルをロボットアームが人間のような滑らかな動きでテキパキと作り上げていく様子が映し出されている。動画ではおめかしをした女性がロボットが作った料理をテーブルに並べて家での食事デートを楽しんでいる。

気づいたら物欲ダウン…衝動買いを防ぐ「欲しいものリスト」活用法

あなたは貯蓄をどんどん増やしたいと思いますか。もしそのように思われるのであれば、今よりもお金を稼ぐか使う金額を減らすかの2種類しか方法が存在しません。

そして収入アップは簡単にできないものの、買うものを減らして出費を抑えることは比較的簡単にできます。今回は、そんな節約をしたいあなたの手助けをする「欲しいものリスト」の作り方と活用法についてお話しします。

■なぜ欲しいものリストを作るのか

そもそも「あれが欲しい」「これが欲しい」と考えていたとしても、実際に必要なものであるかどうかは別問題です。もっと言うならば、買いたい!と思っていたものをいざ買ってみると、使わずに部屋の隅に置いてあるという経験がある方も多いでしょう。

つまり、「買いたい!」と思ったものであっても実は物欲を満たすだけであって、生活の中で必要かどうかということは、また別の話というわけなのです。

■欲しいものリストは物欲を抑える?

また、欲しいものリストを作成することによって、他のものに目移りしなくなるというメリットもあります。というのも一般的に節約しようと考える人は、「物を買うことを我慢しなければならない」という思考が働きます。その結果、たまには良いだろうということで衝動買いしてしまうのです。

そうではなく、欲しいものリストのように、あらかじめ欲しいものを決めておくと、我慢することなく欲しいものを減らすことができるのです。

■欲しいものリスト作成法

では、そんな欲しいものリストを上手に作る方法についてお話しします。ポイントとしては欲しいものリストにも優先順位をつけるということです。

生活の中で必ず必要な最重要グループ、仕事や便利さのために必要な、持っておくべきものを集めた重要グループ、趣味や娯楽で使う欲しいものを集めたウォントグループと3段階くらいに分けるのがいいでしょう。

優先順位が高いものを中心とした買い物の中に、3ヶ月に一度だけウォントグループのものを買うといったルールを決めておくと、上手に節約することができるでしょう。ぜひ試してみて下さい。

ランキング