【パリモーターショー16】フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様初公開!

7784.jpg

初公開となったフェラーリ『488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様』は、かつてフェラーリのF1で活躍したミハエル・シューマッハ氏に、敬意を示す1台。[写真25点]

この488 GTBのボディカラーは、フェラーリ、そしてフェラーリF1を象徴するレッド。ルーフには、ホワイトのストライプが添えられた。フロントリップスポイラーやサイドスカートなどにも、往年のF1マシンを彷彿とさせるアクセントが施された。

インテリアは、タンカラーのレザーシートを装備。ステアリングホイールのパドルシフトをはじめ、空調吹き出し口の一部はイエローで仕上げられるなど、テイラーメイドの経験を活かしたカスタマイズが施されている。

画像一覧

  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)
  • フェラーリ 488 GTB ミハエル・シューマッハ仕様(パリモーターショー16)

提供元

関連記事

関連記事

BMWグループ爆進中!?、世界でも日本でも販売台数更新

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、日本市場において、8月単月で過去最高の伸び率を記録した。

BMWグループはワールドワイドで1~8月期で、150万8659台と5.5%の成長を遂げた。更に8月単月においては最高販売台数の16万5431台(5.7%増)を記録した。

日本市場においては更に伸びており、1月から8月期累計では11.5%の伸び(4万1821台から4万6632台)。8月単月では17.2%の伸び(4213台から4937台)を記録した。「これは BMWグループジャパンとしては過去最高だ」とは、ビー・エム・ダブリュー(BMWグループジャパン)代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏の弁。

ブランド別には、BMWは1~8月期累計で 10%増(2万8723台から3万1583台)。そして、8月単月では15.7%増えた(2919台から3374台)。MINIも健闘しており、累計で 14.9%増え(1万3098台から1万5049台)、8月単月では 20.8%成長(1294台から1563台、日本市場の台数はいずれもJAIA調べ)した。

この伸びの理由の一つに、「東京お台場に開設した新しいブランド体験型ショールーム、BMWグループ東京ベイのおかげでもある」とクロンシュナーブル氏。このフラッグシップ施設は、「今後日本全国のディーラーで展開していく改装のキックオフだ。2020年までに全ての拠点を同じクオリティまで引き上げ、フューチャーリテールプログラムをディーラーネットワーク全体に導入する」という。

また、もう一つの要因に、BMW『7シリーズ』があるという。「このクルマはワールドラグジュアリーカーオブザイヤーアワードを昨年受賞したクルマで、間もなく日本市場にも7シリーズの新世代ハイブリッドが登場する」と明かした。

更に電気自動車のBMW『i3』について、クロンシュナーブル氏は、「新規獲得率はグローバルでは80%。日本では更に高く9割が初めてBMWブランドを購入したユーザーだ」と述べる。同時に「『i8』では日本は世界で3番目の市場だ。また、i8単独で、競合各社のハイブリッドスポーツカーを全部合計した台数よりもグローバルでは多く売っている」と話す。そして、「このような成功から、我々は今後も BMWのサブブランドBMW iに投資を続けていくのだ」と語った。

好きな車に乗り放題の新サービス開始!コスパ最高「⚪️⚪️放題」3選

“○○放題”と聞くと、節約センサーがビビッと反応する!という方もいるのではないでしょうか。食べ放題や飲み放題や一般的になりましたが、地域によっては、もっとおもしろく、もっとお得なサービスがたくさんあります。

“○○放題”では、私たちの生活に非日常的な時間を与えてくれます。今回は、そんなちょっと変わった“○○放題”を調べてみました。

■車乗り放題『NOREL』

車を買うことは大きな買い物の一つと言えるでしょう。しかも一度車を買うと様々な車を乗り回すことはできませんし、かといってずっとレンタカーでは費用がかかる!という車好きもいるかもしれません。

そんなあなたには、車乗り放題をおすすめします。株式会社 IDOM(旧ガリバーインターナショナル)が2016年8月から始めたばかりの新サービスで、月49,800円の定額で100種類以上の中から好きな車を乗れるというもの。費用は少し高いと感じるかもしれませんが、何百万円もする車の購入代金やそのほかの諸費用を考えると、お得なのかもしれません。

何より、自分の乗りたかった憧れの車に期間内であれば何度でも乗れるというのは魅力的なサービスですよね。まずはひと月だけでも試してみる価値があるのではないでしょうか。

■クッキー詰め放題『ステラおばさんのクッキー』

クッキー詰め放題と聞くと、そこまでめずらしくないと思われますよね。しかし、ここの詰め放題はひと味違います。というのも一般的な詰め放題は袋が閉まるところまでというルールですが、同店は袋の淵を超えて詰めるのもOKの場合があり、インターネットで検索してみると、袋に入らずともクッキーを綺麗に積み上げている画像がたくさん出てきます。

詰め放題は毎日行われているわけではありませんが、同店のウェブサイトでスケジュールが公表されていますから、その日にあわせて近くにお店がある人は足を運んでみてはいかがでしょうか。

■魚釣り放題『和歌山マリーナシティ』

初心者でも50cmを超えるマグロやブリが釣り放題の釣り堀があれば、行きたいと思いませんか?

『和歌山マリーナシティ』では、そのような体験ができるのです。敷地内には海釣り公園と呼ばれる海洋釣り堀が並んでおり、多くの魚が放流されているのです。

入場料は半日7,200円(大人)と安くはありませんが、成果次第では十分元が取れますし、何よりも初心者では体験できない大物を釣る体験を味わってみてはいかがでしょうか。

年間19万円の出費!なんとかしたい「車の維持費」を見直す方法

「えっ、車の維持費ってこんなに高いの?」

ふと自分の使っているお金を整理していると誰もが思うことではないでしょうか。車にかかる維持費を考えると、続々と出てきます。保険、ガソリン、車検、駐車場代、税金…といった様々なことにお金がかかるのです。

これだけ様々なお金をかけていると維持費は馬鹿になりません。今回は車の維持費をどうやって安くするのかということについて検討してみました。

■みんなの平均は?

『ソニー損保』のウェブサイトの情報によると、車の平均使用頻度は週5回でひと月辺りの走行距離は410km。また保険料やガソリンなどの維持費は、12年間で約228万円です。これを1年で換算すると年間約19万円となります。

確かに、ほとんど毎日乗るために維持費がかかることは仕方ないという意見もありますが、もう少し安く抑えられないのかと考える人がいることも納得です。

■19万円の内訳は?

では、もう少し細かく見ていきましょう。この年間約19万円の内訳はどのようになっていると考えられるでしょうか。

・車検費用 ・・・ 8万円
・ガソリン代 ・・・ 3万5,000円
・駐車場代  ・・・ 3万円(かかる人とかからない人がいるため)
・保険料   ・・・ 4万円
・洗車費用  ・・・ 5,000円

あくまでも予想ですが、おおまかな内訳はこれくらいではないでしょうか。では、これだけかかるお金をどこで節約すれば良いのでしょうか。

■レンタカーを考える

ここで車の維持費の中で削ることができるのが、駐車場代。では、駐車場代のかからないレンタカーであれば、どれくらいの回数ならお得と言えるでしょうか。

レンタカーで1回あたりにかかる費用を5,000円とすると年間で38回以内、つまり、車に乗る回数が月に約3回以内であればレンタカーの方が安く運用できます。あまり運転しないという方は、車を手放すことも一つの選択かもしれません。
またカーシェアリングのサービスも一般化してきているので、それを利用するのもよいかもしれません。

■燃費のいい軽自動車を考える

続いて、自動車を軽自動車に切り替えた場合はどうでしょうか。まず、車検費用が何割か安くなります。そして燃費も良いものを選べばガソリン代も安くできるでしょう。

その他保険料も少し安くなるかもしれませんが、軽自動車にするだけで、維持費が2万円ほど安くできると考えられます。

他にもできるだけ駐車場代を安くするといったこも考えられますし、維持費を安くする方法は存在します。ぜひ一度見直してもらえたらと思います。

日産「新型セレナ発売1か月で2万台受注!7割がプロパイロット装着

日産自動車は、新型『セレナ』の受注が、発売後約1か月を経過した9月26日時点で月間販売目標の2.5倍となる約2万台に達したと発表した。

新型セレナで初搭載した同一車線自動運転技術「プロパイロット」については、約7割が装着。足で開けることができるスライドドア「ハンズフリーオートスライドドア」も7割以上が装着している。

また、今回新規設定したエクステリアカラーの「2トーンカラー」も、全体の約2割が選択。当初計画の約2倍のユーザーが購入している。なお、購入年齢層は30~40代が6割以上を占め、前型モデル同様、ファミリーカーとしての人気の高さも維持している。

ランキング