BMWグループ爆進中!?、世界でも日本でも販売台数更新

7775.jpg

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、日本市場において、8月単月で過去最高の伸び率を記録した。

BMWグループはワールドワイドで1~8月期で、150万8659台と5.5%の成長を遂げた。更に8月単月においては最高販売台数の16万5431台(5.7%増)を記録した。

日本市場においては更に伸びており、1月から8月期累計では11.5%の伸び(4万1821台から4万6632台)。8月単月では17.2%の伸び(4213台から4937台)を記録した。「これは BMWグループジャパンとしては過去最高だ」とは、ビー・エム・ダブリュー(BMWグループジャパン)代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏の弁。

ブランド別には、BMWは1~8月期累計で 10%増(2万8723台から3万1583台)。そして、8月単月では15.7%増えた(2919台から3374台)。MINIも健闘しており、累計で 14.9%増え(1万3098台から1万5049台)、8月単月では 20.8%成長(1294台から1563台、日本市場の台数はいずれもJAIA調べ)した。

この伸びの理由の一つに、「東京お台場に開設した新しいブランド体験型ショールーム、BMWグループ東京ベイのおかげでもある」とクロンシュナーブル氏。このフラッグシップ施設は、「今後日本全国のディーラーで展開していく改装のキックオフだ。2020年までに全ての拠点を同じクオリティまで引き上げ、フューチャーリテールプログラムをディーラーネットワーク全体に導入する」という。

また、もう一つの要因に、BMW『7シリーズ』があるという。「このクルマはワールドラグジュアリーカーオブザイヤーアワードを昨年受賞したクルマで、間もなく日本市場にも7シリーズの新世代ハイブリッドが登場する」と明かした。

更に電気自動車のBMW『i3』について、クロンシュナーブル氏は、「新規獲得率はグローバルでは80%。日本では更に高く9割が初めてBMWブランドを購入したユーザーだ」と述べる。同時に「『i8』では日本は世界で3番目の市場だ。また、i8単独で、競合各社のハイブリッドスポーツカーを全部合計した台数よりもグローバルでは多く売っている」と話す。そして、「このような成功から、我々は今後も BMWのサブブランドBMW iに投資を続けていくのだ」と語った。

画像一覧

  • ビー・エム・ダブリュー(BMWグループジャパン)代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏
  • BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i3
  • BMW GROUP TOKYO BAY
  • BMW GROUP TOKYO BAY
  • BMW GROUP TOKYO BAY
  • BMW GROUP TOKYO BAY

提供元

関連記事

関連記事

BMWにチャージ代永久無料で乗れる!公共充電サービス導入

BMWジャパンは、同社の電気自動車(EV)およびプラグインハイブリッド車(PHEV)専用の公共充電サービス「チャージナウ」を10月1日より開始すると発表した。

BMWジャパンは、2014年より電動化技術「eDrive」を搭載したEV『i3』、PHEV『i8』『X5 xDrive40e』『330e』『225xeアクティブ ツアラー』といった電動化モデルを市場導入。今回、電動化モデルの普及に向けて、公共充電サービスを日本市場で開始する。

新サービスでは、専用のチャージナウカードにより、国内最大の充電器ネットワーク「NCSネットワーク」が展開する全国約1万4000基の充電器が利用できる。チャージナウは、10月1日以降の初年登録車に標準付帯され、月会費、および充電器利用料が初年度無料。2年目以降は月会費2500円(i3は5000円)が必要となるが、普通充電器の利用料は永久無料。

また、車内ナビゲーションシステム上や、無料の専用スマートフォンアプリ「ChargeNow App」内では、全国の提携充電ステーションをマップ上に表示したり、充電ステーションの詳細や、充電器ごとのリアルタイム満空情報を入手できる。

月1300円で乗り放題!早い・安い・便利「自転車シェアリングの魅力」

ちょっとした移動には、電車や車よりも自転車がとっても便利ですよね。特に都会や街中での短、中距離の移動は自転車の方が所要時間も短く済んだりします。

そんな自転車の魅力を簡単に利用できるのが「自転車シェアリング」というもの。実は今、東京など首都圏でじわじわと広まってきているんです。

■自転車シェアリングってなに?

東京都の指定4区(千代田区・中央区・港区・江東区)や、埼玉県川越市など各自治体で広がりをみせている「自転車シェアリング」。一体どういったものなのでしょうか。

・自転車を借りる!
自治体内の各地に設置された「自転車ポート」と呼ばれる自転車レンタルスポットで自転車を借りることができます。

・返却はどこでもOK!
自治体内の自転車レンタルスポットであれば、借りた場所に戻す必要はなく、どの自転車レンタルスポットでも自転車を返却できます。

・利用頻度で会員種別を選ぼう!
1回会員、月会員など料金設定があり、自転車を利用する頻度によって自身でどの会員になるか選択することができます。

大きくは、この3つの特長があるサービスなんです。
例えば埼玉県川越市では、1日だけ自転車を借りる際は基本料金100円に、最初の40分は利用料無料で、以降30分ごとに200円かかるという「1日会員」や、1ヶ月の間好きな時に利用可能で基本料金1,300円(月額)、その他条件は1日会員と同じ「1か月会員」などの会員設定をもうけています。

■自転車シェアリングはとってもスムーズ

自転車シェアリングのおすすめポイントは、ちょっとした移動をスムーズに行えるということ。電車やバスは運行時刻が決まっていてそれに合わせなければいけませんが、自転車ならその必要はありません。自転車ポートは大きなショッピング施設やビルになどに設置されているので、買い物の際に利用出来るというのも荷物をもって移動する労力を考えればとても便利です。

また、川越といった観光地の場合は、借りた自転車をどの自転車スポットに返却してもよいので、川越駅で自転車を借りて行きたいスポットの最寄りの自転車スポットで返却。観光を終えたらまた自転車を借りて、次の目的地の自転車スポットで返却し観光、というような使い方もできます。

ご自身の生活に合わせた利用の仕方次第では、とても便利な自転車シェアリング。折りたたみ自転車をもって移動しなくても、街のレンタサイクルを利用しなくても、駐輪場を探すのに必死にならなくても良いと良いこと尽くめなので、心にゆとりをもった移動ができます。少しばかり運動にもなるので、一石二鳥ですね!

好きな車に乗り放題の新サービス開始!コスパ最高「⚪️⚪️放題」3選

“○○放題”と聞くと、節約センサーがビビッと反応する!という方もいるのではないでしょうか。食べ放題や飲み放題や一般的になりましたが、地域によっては、もっとおもしろく、もっとお得なサービスがたくさんあります。

“○○放題”では、私たちの生活に非日常的な時間を与えてくれます。今回は、そんなちょっと変わった“○○放題”を調べてみました。

■車乗り放題『NOREL』

車を買うことは大きな買い物の一つと言えるでしょう。しかも一度車を買うと様々な車を乗り回すことはできませんし、かといってずっとレンタカーでは費用がかかる!という車好きもいるかもしれません。

そんなあなたには、車乗り放題をおすすめします。株式会社 IDOM(旧ガリバーインターナショナル)が2016年8月から始めたばかりの新サービスで、月49,800円の定額で100種類以上の中から好きな車を乗れるというもの。費用は少し高いと感じるかもしれませんが、何百万円もする車の購入代金やそのほかの諸費用を考えると、お得なのかもしれません。

何より、自分の乗りたかった憧れの車に期間内であれば何度でも乗れるというのは魅力的なサービスですよね。まずはひと月だけでも試してみる価値があるのではないでしょうか。

■クッキー詰め放題『ステラおばさんのクッキー』

クッキー詰め放題と聞くと、そこまでめずらしくないと思われますよね。しかし、ここの詰め放題はひと味違います。というのも一般的な詰め放題は袋が閉まるところまでというルールですが、同店は袋の淵を超えて詰めるのもOKの場合があり、インターネットで検索してみると、袋に入らずともクッキーを綺麗に積み上げている画像がたくさん出てきます。

詰め放題は毎日行われているわけではありませんが、同店のウェブサイトでスケジュールが公表されていますから、その日にあわせて近くにお店がある人は足を運んでみてはいかがでしょうか。

■魚釣り放題『和歌山マリーナシティ』

初心者でも50cmを超えるマグロやブリが釣り放題の釣り堀があれば、行きたいと思いませんか?

『和歌山マリーナシティ』では、そのような体験ができるのです。敷地内には海釣り公園と呼ばれる海洋釣り堀が並んでおり、多くの魚が放流されているのです。

入場料は半日7,200円(大人)と安くはありませんが、成果次第では十分元が取れますし、何よりも初心者では体験できない大物を釣る体験を味わってみてはいかがでしょうか。

次世代の出前はこうなる?UberEATS日本上陸!

Uberプラットフォームを活用し、オンデマンドで食事を届ける「UberEATS」が日本上陸。9月29日にスタートした。「レストラン、ユーザー、配達員をシームレスにつなぐ」というこのサービスの、“三者それぞれのインパクト”について、Uber Japan に聞いた。

UberEATS(ウーバーイーツ)は、トロントで2015年にサービスを開始したのを皮切りに、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨークシティ、パリ、シンガポール、メルボルン、ロンドン、マイアミ、シドニー、ラスベガス、ドバイと、世界7か国33都市で展開。8か国めとなるその日本版は、まず東京の一部エリアからスタートし、「順次エリアやサービスを拡充させていく」という。

Uber Japan は9月28日、東京・天王洲で UberEATS のデモンストレーションを公開。三者それぞれのメリットについてこう伝えている。

ユーザー—いつでもどこでも、手軽においしい料理が試せて、新しい食の習慣を体験できる。配達状況や配達予定時間もスマホやPCでリアルタイムに確認でき、現金のやりとりなし。海外旅行や訪日外国人もかんたんに注文できる。

配達員—好きなときに好きなだけ、自分のスケジュールに合わせて配達を担当。決まったシフトなし、場所の指定なし、報酬支払は週単位、世界水準のサポート体制。スクーター(125cc 以下)で、自転車で、徒歩で、自分に合った移動スタイルで配達し収入を得ることができる。

レストラン—ビジネス拡大機会を、運営面や経済的負担をおさえながら、より多くのユーザーにメニューを届けられる。これまでに参入したレストランの6割以上がデリバリー初参入。初期投資なしでデリバリー開始でき、既存の固定費を変えずに売上向上。新規顧客にアプローチする機会を増やせる。

ユーザーの利用シーンについて同社は、「自宅で家族と試すのはもちろん、友人や仕事仲間を呼んでのホームパーティ、ピクニックなどでも楽しめる。また、オフィスで残業するシーンでは、宅配ピザなどを注文する企業や部署、団体も少なくないが、この場面にも今後、UberEATS が入り込むだろう」と話していた。

数百円の肉じゃがから2万円のステーキまで、いつでもどこでも注文できるというUberEATS。その日本版は、東京都内の一部地域(渋谷・恵比寿、青山・赤坂、六本木・麻布)からスタートし、今後エリアも拡大させるという。注文から配達までの時間は、世界平均で34分とも伝えていた。

ランキング