任天堂、手のひらサイズの“ミニファミコン”を11月10日に発売!価格5,980円

7732.jpg

 任天堂は30日、1983年に発売された家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)」の本体サイズを約60%に縮小し、あらかじめ収録された往年の30タイトルをカセットの交換なしに楽しめる家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を、11月10日に発売すると発表した。価格は、5,980円(税抜)。

 付属のUSBケーブルを、別売のACアダプターやUSB電源供給機器と接続したり、付属のHDMIケーブルでテレビ等のモニターに接続したりすることで、収録されている30タイトルをいつでも気軽にプレイすることができる。

 ファミコンの外観はそのままに、手のひらサイズにまで圧縮されているので、持ち運びは楽々。当時を懐かしみながら、ドンキーコングやパックマン、スーパーマリオブラザーズなど、久々に友人とプレイしてみてはいかがだろうか。

 以下、収録されているタイトル(カッコ内は当時の発売日、メーカー名)。

ドンキーコング(1983/7/15、任天堂)
マリオブラザーズ(1983/9/9、任天堂)
パックマン(1984/11/2、ナムコ)
エキサイトバイク(1984/11/30、任天堂)
バルーンファイト(1985/1/22、任天堂)
アイスクライマー(1985/1/30、任天堂)
ギャラガ(1985/2/15、ナムコ)
イー・アル・カンフー(1985/4/23、KONAMI)
スーパーマリオブラザーズ(1985/9/13、任天堂)
ゼルダの伝説(1986/2/21、任天堂)
アトランチスの謎(1986/4/17、サンソフト)
グラディウス(1986/4/25、KONAMI)
魔界村(1986/6/13、カプコン)
ソロモンの鍵(1986/7/30、テクモ)
メトロイド(1986/8/6、任天堂)
悪魔城ドラキュラ(1986/9/26、KONAMI)
リンクの冒険(1987/1/14、任天堂)
つっぱり大相撲(1987/9/18、テクモ)
スーパーマリオブラザーズ3(1988/10/23、任天堂)
忍者龍剣伝(1988/12/9、テクモ)
ロックマン2 Dr.ワイリーの謎(1988/12/24、カプコン)
ダウンタウン熱血物語(1989/4/25、テクノスジャパン)
ダブルドラゴンII ザ・リベンジ(1989/12/22、テクノスジャパン)
スーパー魂斗羅(1990/2/2、KONAMI)
ファイナルファンタジーIII(1990/4/27、スクウェア)
ドクターマリオ(1990/7/27、任天堂)
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会(1990/10/12、テクノスジャパン)
マリオオープンゴルフ(1991/9/20、任天堂)
スーパーマリオUSA(1992/9/14、任天堂)
星のカービィ 夢の泉の物語(1993/3/23、任天堂)

<関連記事>

画像一覧

  • 任天堂、手のひらサイズの“ミニファミコン”を11月10日に発売!価格5,980円
  • 任天堂、手のひらサイズの“ミニファミコン”を11月10日に発売!価格5,980円
  • 任天堂、手のひらサイズの“ミニファミコン”を11月10日に発売!価格5,980円

提供元

関連記事

特集

関連記事

『スーパーマリオラン』任天堂、iOS向け新作をアップルイベントで爆弾発表


任天堂代表取締役の宮本茂氏は、日本時間で9月8日午前2時よりスタートしたAppleスペシャルイベントの中で、新作iOS向けゲーム『Super Mario Run(スーパーマリオラン)』を発表しました。

『スーパーマリオラン』はモバイル端末向けに配信されるエンドレスランナー系アクションゲーム。更にこの配信を記念し、Appleのメッセージングアプリ「iMessage」向けの公式ステッカーも準備中と壇上で明かしました。

本作では、これまでのシリーズのように様々なコースにチャレンジするモード、世界中のプレイヤーのデータとアクションのクールさを競うモードを搭載。両モードで獲得したコインなどを使って、自分だけのキノコ王国を作るモードも収録するとのこと。iOS向けAppStoreでは配信を控え、リリース時の通知を受ける為のリマインドサービスが提供されています。

ポケモンGO開発者は700万円⁉︎ ゲームプロデューサーの年収はいくら?

日本、海外を問わずに爆発的ヒットとなった『ポケモンGO』をプレイしている人も多いでしょう。自分の住んでいる町中にポケモンが次々で出てくるので、町中でモンスターボールを投げる人が急増しています。

今回はそんなポケモンGOをはじめとした、ゲームプロデューサーの仕事と年収について調査してみました。

■ゲームプロデューサーってどんな人?

あまり知られていないことですが、1つのゲームをリリースするためには、ゲームを実際に作る人以外にも多くの人が関わっています。ゲームを実際に作るプログラマーはもちろんゲーム内の絵を作るグラフィッカー。また、バグを修正するデバッガーなど役割は様々です。

そのような役割の中でゲームプロデューサーとは、ゲームの企画やスケジュール、クオリティーといったゲームの全体像を管理する役割です。当然、プロデューサーには多くの経験が求められ、ゲームがヒットするかどうかはゲームプロデューサーに懸かっていると言っても言い過ぎではありません。

■ゲームプロデューサーの年収は約700万円!

さて、そんなゲームプロデューサーの気になる年収はいくらなのでしょうか。
財団法人 デジタルコンテンツ協会が平成22年に発表した資料によると、ゲームプロデューサーの平均年収は695万2,000円。ディレクターは563万6,279円、プ
ログラマーが464万1,390円など。

日本人の平均給与が400万〜450万円ほどと言われていますから、それと比べれてみればかなりの高給取りということがわかるのではないでしょうか。

このような魅力的な収入であるからこそ、ポケモンGOのような素晴らしいゲームを世に送り出すことができるのかもしれませんね。

■ゲーム作成会社が激務は本当?

しかし、魅力的な年収である一方、体力面ではかなり厳しいことも求められます。ゲームプロデューサーに限らず、ゲーム作成会社では勤務時間が長くなりがちですし、リリース直前となると深夜まで働くこともざらにあるようです。ですから、労働環境は必ずしも良いとは言えないようです。

それでもポケモンGOのような多くの人に影響を与えるゲームを作ることに夢を持つ人も多いでしょう。そんな人はぜひ、ゲーム作成会社に入ってポケモンGOのような魅力的なゲームを作ってもらえたらと思います。

【400億円規模を投資】任天堂とUSJの新施設、2020年までに開業へ

産経新聞は、任天堂と「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)の運営会社ユー・エス・ジェイが共同で進めているUSJにおけるアトラクションについて、400億円規模を投資して正面ゲート左側に設置する方針を固めたと報じています。

任天堂とUniversal Parks & Resortsは2015年5月に業務提携し、任天堂のゲームを元にしたテーマパークを展開することで合意。今年2月には任天堂の君島社長が、大阪にあるUSJにて展開することを明らかにしていました。

USJで人気を集めている大規模なアトラクションである「ハリーポッター」の投資規模は450億円で、それに匹敵する大規模なものとなります。産経新聞によれば、2020年の東京オリンピックまでには開業したい方針だとのこと。

「任天堂ゲームのキャラクターや世界を元にして、ここでしか味わえない専用の魅力的な体験を産みだしていくつもりです」と提携を発表した際に岩田前社長は述べていました。

一時沖縄への進出を検討していると伝えられたUSJですが、撤回し大阪のパークの拡充を図る方向。任天堂のアトラクションはその目玉となりそうです。映画に限らず様々なIPとのコラボで人気を集めているUSJ。任天堂の施設はどのようなものになるのか楽しみですね。

ランキング