爆発寸前のイライラSTOP!1000円でできるお手軽ストレス発散法

7348.jpg

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・1000円でできるストレス発散法

<Point>

1格安でできるストレス発散法を紹介

2ストレス発散するためには感情を解放する

3客観的に自分を見つめる

日常生活でイライラすることって多いですよね。上司の説教もそうですし、同僚の愚痴を聞くこともしばしば。任せられた仕事が上手くいかないなんてこともあるかもしれませんね。

そんなストレスをずっと抱えてしまうと精神的に暗くなってしまいます。毎日の生活を楽しいものにするためには、どこかでそのストレスを発散することが非常に重要なのです。今回は、格安でできるストレス発散法についてお話しします。

■ヒトカラ

ストレス発散法で有名な方法の一つとして大声を出すという方法がありますよね。溜まっている感情を一気に開放できるので、非常に効果的な方法です。しかも、緊張していたり、ストレスが溜まっている状態では呼吸が浅くなりやすいので、大量の酸素を体に取り入れるという意味でも効果的なようです。

一人カラオケ、通称
“ヒトカラ”であれば、普段では出せないような大きな声を出すのも許されます。『ジャンカラ(ジャンボカラオケ広場)』では月に数回半額の日もあります。格安でストレス発散するには良い選択肢と言えるでしょう。

■感動映画を見る

人は涙を流すことによってストレスが発散できることが科学的にも証明されています。涙を流すことで、溜め込んでいた感情を解放するきっかけにもなります。

現状ストレスを溜め込んでいるという状態は、今の自分を肯定的に見ることができない状態です。それを積み上げている不安定な状態に少し刺激を与えてあげれば、自分の弱さや本音を認め、すっきりした心を持つことができるのです。

感情の解放があまり上手くできないと感じている人にはおすすめの方法です。

■猫カフェ

最後に紹介する方法として、現実逃避にも聞こえるかもしれませんが心が癒されることでストレスを発散する方法があります。最近、数が急増している猫カフェで癒される人は少なくありません。ネコと戯れることで悩みがばかばかしく思えてくることすらあるでしょう。

ただただストレスに向き合うのではなく、少し視野を広げて違う世界を見ることで、自分が今の状態を客観的に見ることができます。そういった意味でも少しいつもと違う生活を体験してみるのもストレス発散の有効な手段と言えるでしょう。

<関連記事>

画像一覧

  • ヒトカラにも絶大な効果?わずか1000円でできるストレス発散法

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

家族みんなでお小遣い稼ぎ!「子供&夫婦も一緒に楽しめる」副業3選

副業する時間がない!

今や5人に1人が副業をする時代と言われています。しかし、家族を持っている方は、副業に時間を割けられないという悩みもあるようです。ちょっとしたスキマ時間に副業と考えても、なかなか身が入らないというのが本音ではないでしょうか。

そんな、家族サービスも副業もしたい!と考えている人に朗報です。というのも、それらを両立させる方法として、家族と一緒に副業をするという方法が考えられるからです。今回は、そんな家族サービスもできる、理想的な副業についてお話しします。

■代行サービス

最近、代行サービスには様々なものがあります。夏休みの宿題をする代行サービスから結婚式やお葬式に参加する代行サービス、家の棚を組み立てるといった力仕事まであります。

もし、夫婦であれば結婚式の代行サービスに2人で行って、結婚式の思い出に浸るのもいいでしょう。また、家族であれば、宿題代行サービスのような家でできるものもあります。ただ、宿題代行サービスとなると、お子さんはきっと嫌がるので、きちんとお小遣いをあげるか美味しいご飯に連れて行ってあげてください。

■NISA

続いて紹介するのがNISAです。NISAって何?と思われるかもしれませんが、簡単に言うと株式投資を非課税でできる制度です。例えば、株の売り買いによる利益にかかる税金、毎年もらえる配当金などが全て0円になります。

NISAには年間1人あたり120万円の上限があるため、あまり多く株の取引をすることができません。しかし、家族名義で口座を作ればNISAの非課税枠を増やすことができるのです。

増やした非課税枠でお子さんも一緒に投資を少し体験させてみてはいかがでしょうか。

参考
ジュニアNISAを利用するメリット
株を買うならNISAを活用しよう!

■ミステリーショッパー

最後に紹介するのがミステリーショッパーです。ミステリーショッパーでは決められたお店に、お客さんとして来店します。そこで、店員さんの態度や料理の味、店の雰囲気などを評価します。

このようなミステリーショッパーとして食事した料理は実質タダになるくらいの報酬がもらえます。家族全員で外食したい!と考えたときには、ミステリーショッパーを探してみるといいかもしれませんね。

都心だって無料がいっぱい!穴場バスルート&絶景スポット

途切れないハードワークに追われるビジネスマンのみなさん、仕事と子育てと家事に追われるワーキングマザーのみなさん、さぞやストレスフルな毎日をお過ごしのことでしょう。ストレスが溜まると心身ともに不健康になりがち。定期的に休んで、上手にストレス解消しましょう。

脳内のドーパミンという神経伝達物質は「快楽物質」と呼ばれ、これが増えると脳がリラックスしてストレス解消につながります。では、ドーパミンを増やすにはどうしたらいいのでしょうか? その方法のひとつが、たとえば芸術に触れたり、知らない場所を訪ねたりして「右脳」を使うこと。旅行やミュージアム巡りはストレス解消に最適ということになりますね。

とはいえ旅行するにも映画を見るにも、趣味に没頭するにも何かと出費がかさむもの。毎週というわけにもいきません。そこで、今回は都心で、無料で、ストレス解消できるおすすめのスポットをご紹介しましょう!

■ミュージアム見学で気持ちリフレッシュ

たまには美術館や博物館に足を運んでみませんか? この時新たな視点に気づいたり、知らなかった世界に触れたり、訪れるだけで気持ちがリフレッシュできますよ。都心には無料のミュージアムが数多くありますが、なかでもおすすめを2つご紹介しましょう。

<アド・ミュージアム東京>
国内で唯一の広告のミュージアム。江戸時代から現代までの日本の広告史を概観できる常設展示のほか随時企画展も開催しています。広告及びマーケティングの専門図書を閲覧できる広告図書館を併設。
住所:東京都港区東新橋 1-8-2 カレッタ汐留
電話:03-6218-2500

<旧新橋停車場 鉄道歴史展示室>
日本の鉄道発祥地に造られたレトロな建物内のミュージアム。常設展示では鉄道の歴史に関する展示のほか、お雇い外国人が使っていた西洋陶磁器なども見られます。さまざまなテーマの企画展も開催します。
住所:東京都港区東新橋1-5-3
電話:03-3572-1872

まだまだ無料のスポットはあります!(→次ページ)

えっ正社員なのに…!「厚生年金・健康保険に加入できない」人とは

正社員なら誰でも厚生年金保険や健康保険に加入できると思っていませんか? 実は、加入できない正社員もいるのです。

なぜなら入社したところが、厚生年金保険や健康保険の“適用事業所”ではないからです。

■厚生年金保険や健康保険の“適用事業所”とは

法的に厚生年金保険や健康保険の適用事業所となるのは、「国や地方公共団体または法人の事業所であって常時1人以上の従業員を使用するもの、及び適用業種である個人事業であって、常時5人以上の従業員を使用するもの」です。

つまり、一般の会社でいえば、株式会社、有限会社、NPO法人、社会福祉法人、社団法人等の法人は全て適用事業所です。だからここに就職をした場合は、従業員がたった1人の小さな会社でも厚生年金保険や健康保険に加入することができます。

反対に、個人経営で従業員が5人未満であれば、業種を問わず適用事業所になることができず保険に加入することはできません。したがって、個人経営の小さな会社に就職をした場合は、いくら正社員だからといって厚生年金保険や健康保険には加入できないのです。

さらに、床屋さんや美容院、飲食店、エステティックサロン、会計事務所等の個人経営の場合は、非適用業種といって従業員が5人以上でも適用事業所にはなりません。

ただし、労災保険と雇用保険は、適用事業所という縛りはありませんので、正社員であればすべての人が加入できます。

■注意をしてほしい飲食店への就職

飲食店で働く場合、そこが株式会社や有限会社であれば厚生年金保険や健康保険に加入できます。しかし、反対に飲食店に多い個人経営のお店であれば、非適用業種なのでいくら正社員でも、さらにいくら従業員が多くても加入することはできません。

そこで注意をしてほしいのは、労働契約を結ぶ前に、個人経営か法人かをチェックすることです。保険に加入できなければ、自分で国民年金に加入し、健康保険も国民健康保険に入ることになります。当然に厚生年金には加入できません。

同じ正社員でも、入社する会社が法人か個人か、さらに個人の場合、適用業種か非適用業種か、適用業種であっても従業員が5人未満かどうかによって異なってきます。

ただし、個人経営の従業員5人未満や非適用業種でも、会社が任意に厚生年金保険や健康保険に加入することは可能です。しかし、現実には社会保険料の会社負担分を回避するために任意に加入する個人は少ないと言えます。

従って、就職するときは、同じ業種であれば株式会社か有限会社に就職することをお勧めします。

妊娠中のコリ&ストレスを解放!3000円でできるマタニティケア3つ

妊娠中は、肩こり・腰痛など何かと「体のコリ」がたまります。ただでさえストレスがたまりやすい時期ですから、妊婦はもっとリラックスしてもいいと思いませんか!? ここでは、1ヶ月に3,000円程度で体のコリをほぐす方法3つを考えてみました。

■指圧系マタニティマッサージ

「一度は行ってみたい」というプレママも多いマタニティマッサージ。大きく分けるとエステ系と指圧系がありますが、安く行くなら指圧系が断然おすすめです。

費用は、30分の施術でだいたい2,000〜3,000円。痛いところや症状を伝えれば、仰向けや横向きの安全な姿勢で、優しく体を揉みほぐしてくれます。お腹の赤ちゃんのための血行促進にもなりますので、1ヶ月に1度くらい通うのもいいですね。

一方、エステ系マッサージの費用は、大体その2倍以上とお高め。店によりますが、60分1万円くらいです。その代わり、アロマオイルを使ったマッサージなどで心身ともにリラックスさせてくれます。

指圧系に比べて、“ご褒美”的に行くプレママも多いようなので、“分娩前に一度は行きたい!”と決めて、お小遣いを貯めておくのも良さそうです。

■湿布でセルフケア

毎日の体のコリには、市販の湿布を利用してみましょう。ただし、一部の湿布は、妊婦の使用を厚労省で禁じているため、妊娠中に使える湿布の種類を医師や薬剤師に聞いてみましょう。

「サロンパス」は、妊婦もOKと言われている湿布のひとつ。10枚で500円程度=1枚50円ほどで、1日に1〜2回使ってもいいようです。1日2枚使ったとして、30日で3,000円。一度試してみてはどうでしょうか。

■マタニティ・ヨガ

医師から許可が得られるなら、軽い運動やストレッチで血行を良くして体のコリをほぐすのが、いちばん安心かもしれません。

特に、マタニティ・ヨガは、深い呼吸を意識することや、無理なく体を伸ばすことで、体のコリをほぐします。料金は大体、1回60分で3,000円程度です。

また、ヨガの呼吸法は安産にもつながると言われていて、一度覚えてしまえば陣痛の時にも役立ちます。それに、症状にあわせて妊婦ができるポーズがネットなどで紹介されているため、自宅で行うことも可能です。

なお、これらの方法は、くれぐれも医師の許可を得た上で試してみてください。妊娠中はつらいことも多いですが、一生に何度かしかできない貴重な体験です。もう少しだけ、頑張りましょう!

ランキング