1万円で富裕層の仲間入り⁉︎ 庶民でもできる「ミニ株」とは?

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・ミニ株

<Point>

1年収1,000万円の人の60%が株式投資経験あり

2ミニ株の投資はリスクを抑えられる

3まずは実際に取引をやってみよう

7345.jpg

『日本証券業協会』が公表している資料によると、株式投資をしたことがある人の割合は2割だそうです。それほど多くないと思われたかもしれませんが、一方で年収が1,000万円を超える人は、なんと60%近くの人が株式投資の経験があるのです。

このようにお金持ちの人は一般的な人と比較して株式投資に力を入れている傾向にあります。今回は、そんな年収1,000万円を手に入れる株式投資を始めるための方法についてお話しします。

■株式投資はリスクが大きい?

そもそも株式投資にどのようなイメージをお持ちでしょうか。リスクが大きい、ギャンブル、プロしか稼げないといったイメージがあるかもしれません。

しかし、これらのイメージは大きく間違ったものだと言えます。実際の株式投資はリスク管理ができていれば、それほど大損することもありません。そのリスク管理をする方法の一つとしてミニ株という投資法があります。

■初心者でも始めやすいミニ株とは?

基本的に株は1株で買うことができません。証券会社のサイトを見ていただければわかりますが、基本的に株は100株や1000株をセットで購入しなければなりません。1株2,000円であれば100株買えば20万円にもなり、初心者の方にはハードルが高いですよね。

そこでミニ株では、このような100株のセットで購入しなければならない株を、例えば10株だけ購入するといったことが可能で、なんと1株単位で購入できることも可能なんです。こうすると、1株2,000円の先ほどの例だと1万円以下で買うことができることになります。資金が少ない方にとってはこのようなサービスは嬉しいですよね。

証券会社によっては、ミニ株という名前以外に「ワン株」「プチ株」などと呼ばれることもあります。

■ミニ株のデメリットってあるの?

では、そんなお得なミニ株ですが、何かデメリットが存在するのではないかと思われるかもしれません。ミニ株の最も大きなデメリットとしては、価格を指定して売買を決める指値注文ができないという点です。

他にも手数料が多少割高であることや、取引銘柄が少なくなるといったこともありますが、大きな問題ではありません。ただ、ミニ株の注文方式は特殊であるため戸惑いがある方も少なくないようです。

ミニ株には上記のようなデメリットは確かに存在しますが、リスクを抑えるという意味では非常に効果的な取引方法であると言えるでしょう。まずは、休日に取引を少し実際に体験するところから始めてみてはいかがでしょうか。

画像一覧

  • リスクを最大限に抑える!年収1,000万円の道を開くミニ株投資とは

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

株・投資信託…他の投資とFXはどう違う?【1万円で始める初心者FX】

お金を増やしたい…と思っているのに、“いざ投資”となると戸惑ってしまうのが大部分の方のはず。そんな投資未経験の方でも「始めてみようかな」と思ってもらえるような、初心者向けFXのQ&A講座です。

■Q1:株や投資信託・外貨預金などほかの投資と比べてFXはどう違うの?

■A:投資といっても様々な種類があり、それぞれ違いがあります。

なかなか一言では説明の難しい質問です。そこで、数多くある投資商品をピラミッド形式にしてご紹介しましょう。

■投資・金融商品のピラミッド

数多くある投資を紹介するために、「預けたお金が増えたり減ったりする=リスクとリターン」の観点から金融商品を並べて見ました。ピラミッドの下にある金融商品ほど、リスクが小さいとお考えください。リスク・リターンについてはあくまでも目安ですからね。

FXと他の金融商品の違い?! 【1万円で始める初心者FX】、マネーゴーランド

銀行預金は、リスク(損失が生じる可能性)が小さい分、リターン(利益を得られる可能性)が小さい典型的な金融商品。逆に絵画や宝石・貴金属・アンティーク・骨董などは、かなりの専門知識とお金が必要な投資になります。

■取引のしやすさ:オーダーメイドと規格品の違い

そして、下の三段と上の二段との間には、大きな差があります。それは、取引のしやすさ。不動産・絵画・貴金属などは、取引に必要な金額が大きい分、売買しにくい投資です。

みなさんも中古の家や空き地に、「この家(土地)売ります」という看板が何カ月も立っているのを見たことがあるかと思います。不動産は、扱う金額が大きい上に、それぞれがオリジナルのオーダーメイド商品です。立地・間取り・設備など一つとして同じ商品がありません。そのため、売買が成立しにくい特徴があり、一般の人は手を出しにくい投資商品ですね。

そして、ピラミッドの下方、FX・株式・預金などは、売買がしやすいように、一定の規格が定められた投資商品です。そのため、FX・株式・預金などは、どこの会社で取引しても、ほぼ同じ商品内容を持っています。そのため売買しやすい・少額で取引できるという特徴を持ちます。

■主な投資の違い?

主な投資について、投資対象・元本保証・運用方法の3つで表を作ってみました。
FXは、投資対象が外貨(外国為替)で、元本保証がなく、自分自身で売買をする投資(金融商品)ということになります。

FXと他の金融商品の違い?! 【1万円で始める初心者FX】、マネーゴーランド

投資信託や銀行預金は、お金を預ければ、あとは金融機関の専門家たちに任せて運用してもらうことになります。ここがFX・外貨預金・株式との大きな違い。

また、銀行預金が他の金融商品と違うのは、預けたお金が減ることはない元本保証ということ。FX・外貨預金・株式などの金融商品には、元本保証はありません。つまり、儲かることもあれば、預けたお金が減ることもありえるということ。

■自分に向いた投資を選ぶには?

「1円たりとも損したくない」という方は銀行預金。「お金を増やしたいけど、時間も知識もない」という方は投資信託。「銀行預金ではほとんどお金が増えない。積極的に投資をしてみたい」という方は、株式・FXが向いている金融商品です。

本連載では、FXを中心にこれからも投資に役立つ内容をお届けします。

参考
●リスクが怖い…初心者の疑問に答えます【1万円で始める初心者FX】
●FXって何…初心者の疑問に答えます【1万円で始める初心者FX】

⚫️FXに関する素朴な質問を受付中!
【1万円で始める初心者FX】シリーズで聞いてみたい質問等がありましたら、uketsuke@money-goround.jp までEメールにて、件名に「1万円から始めるFXの質問」と明記の上、お送りください。
FX経験者や中・上級者なら 【上村和弘のFX基本講座】 も参考にどうぞ。

投資を始めたい人に朗報!タイプ別「始めやすい投資方法」紹介します

あなたは投資と思い浮かべると何を想像しますか?

おそらく答えは人によって様々でしょう。株を思い浮かべる人やFX、あるいは不動産なども投資する手段としてありますよね。最近では、クラウドファンディングという投資手法もあります。

あまりにも多すぎて何に投資すればいいのかわからない!というのが本音ではないでしょうか。そこで今回は、タイプ別におすすめの投資方法についてお話しします。

■とにかく大きく稼ぎたい人

投資と聞くと一夜で大金持ちになるという夢を抱く人も少なくないでしょう。ハイリスクではありますが、大きく稼ぎたい人はFXをおすすめします。FXにはレバレッジと呼ばれる自分の掛け金以上にお金を投資できるため、レバレッジを多くすることで大きなリターンを得ることができます。

しかし、先ほどもお話したようにリターンが大きいということは、それだけリスクも大きいので必ず勉強してから始めるようにしましょう。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから

■少額でも投資を体験したい人

とにかく少額で投資を体験したいという人もいるでしょう。そんな方にはクラウドファンディングをおすすめします。クラウドファンディングとは、簡単に言うと「みんなでお金を出し合って投資しましょう」という投資方法です。

投資先は様々で不動産や賃貸住宅はもちろん、最近ではソーラーパネルに投資することもできます。比較的少額で始められるというのは大きなメリットになるでしょう。

■安定した投資をしたい人

投資にはリスクがつきものとは言えど、できるだけそのリスクは抑えたいもの。そんな方には金への投資をおすすめします。ゴールドは短期的に見れば非常に価格が安定しています。

しかし、長期的な変動は小さくありません。『田中貴金属工業株式会社』のウェブサイトに掲載されていた金の価格の推移をみるとに、金は15年前と比較すると1gあたりの価格がおよそ3,000円高騰しています。地道に投資をしようと考える人にはいいかもしれません。

■生活の中で投資を実感したい人

自分の生活の中で投資に参考になることはないか?と思われるかもしれません。そのような人は株式投資をしてみてはいかがでしょうか。株はまさに国内のあらゆる企業の株が売買されています。「この商品は売れそうだ!」という実感が持てるため、主婦にもおすすめしたい投資方法ですね。

投資を始めたい!と考える人にはぜひ参考にしてもらえたらと思います。

近未来的投資技術!AI(人工知能)で外貨投資する日がやってくる⁉︎

2017年6月からAI(人工知能)を使った外貨投資サービスが始まります。

アメリカのベンチャー企業と連携し、AIが外貨の買い時を判断し、ユーザーのスマホに通知する仕組みです。これは、ITと金融を融合させたフィンテックビジネスの一つです。

2〜3年後にはAIを活用し、外貨を定期的に預け入れる自動外貨積み立てのサービスも始めるようです。

■注目ポイント

トレーダーが売買する判断基準をAIにデータとして流し込み、覚えこませるという仕組みになっているようですが、プロでも外貨の売買は儲け続けることが難しく、もし本当に儲けることが出来るとすればすごい技術となります。

ロボアドバイザー技術が発展することによって、お任せ投資のサービスが今後も更に増えることが予想されています。その際にFPやアドバイザーの仕事がなくなるのでは?といったシンギュラリティ(人工知能が人間の能力を越え、それによって人間の生活が変容してしまう様)が予想されますが、「どのロボアドバイザーがユーザーに適しているのか」という判断をすることが新たな役割になりそうです。

貯蓄より自己投資!高年収男性が断言「キャリアアップに必要なこと」

お金を貯蓄すべきか自己投資すべきか?

この議論には様々な考え方があり、結論はないのかもしれません。しかし、『株式会社ビズリーチ』の調査によると、平均年収974万円の30代は「20代は貯蓄よりも将来に、自己投資をすべき」と回答しているのです。

20代の方はもちろん、30代でも自己投資をしなければいけないのは間違いないでしょう。今回は平均年収974万円のビジネスパーソンから読み取る、あなたがキャリアアップに必要なことについてお話しします。

■30代で自己投資は必要?

先に紹介したアンケートの調査対象となったのが、30代以上の社会人で平均年収が974万円の人。彼らに「20代のお金の使い方で、自己投資と貯蓄とどちらがよいか?」と質問したところ、なんと85%が「将来のためにできるだけ自己投資するべき」と回答したのです。

また「30代のキャリアに役立てるためにやっておくべきこと」については、「多くのもの・人に触れる」「英語などの語学力を高める」「スキルを磨く」「自分のための勉強をする」「たくさん失敗する」といったことが挙げられました。

■30代から始める自己投資とは?

では、30代で行う自己投資とは一体どのようなものが良いのでしょうか。それは、20代で得た経験やスキルをもとに、多くの企業で生かせるスキルにブラッシュアップしていくということではないでしょうか。

確かに今働いている会社で必要とされるスキルをさらに伸ばす必要はあるでしょう。しかし、その会社がずっと存続していく保証はあるとは言えないかもしれませんし、特定の企業でしか使えないスキルを身につけても仕方ありません。

それよりも、どの企業に行っても求められるようなプレゼンテーション能力、英語能力、交渉力といった力を身につける方が長い目で見ると大きなプラスを与えます。ぜひ、そのような一社会人としてのスキルを身につけてもらえたらと思います。

ランキング