AB型なら光るセンスで短期決戦を【血液型別お金の貯め方】

6877.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・血液型

<Point>

1血液型によって、お金の貯め方のコツがある

2男女で微妙に違いがある

3AB型はセンスがいい・飽きっぽい

血液型占いを信じる人も信じない人も、血液型によってなんとなく性格が違うのはわかると思います。人は性格や考え方に合わせた行動をすると効果が出やすいものです。お金を貯める場合、AB型はどんな方法が効果的なのでしょう。

■AB型女性のお金の貯め方

⚫️特徴

AB型女性はセンスや嗅覚が良いので、お金になる商品を見抜く力を持っています。貯蓄用と運用向けを使い分ける才能も有りますが、何にでも目移りしたり、飽きっぽいところがあるのが難点です。

⚫️資産運用するなら…

貯蓄用は強制的に引き落とされる積み立て型で確保しておきましょう。運用の方は、例えば、金の相場を見ながら時々売ったり買ったりということは得意だと思いますし、気に入った商品を見つけたら専門家に運用を任せてしまうのも手です。

⚫️AB型女性の注意事項

不動産を買うところから始めるのは向いていませんが、買った物件を魅力的な部屋にリフォームするのは上手だと思いますので、不動産を見つけてくるのがうまい人と組めれば不動産投資も面白いでしょう。

■AB型男性のお金の貯め方

⚫️特徴

AB型男性は知識欲が旺盛なので、様々な貯蓄商品や投資商品について勉強してみるとよいでしょう。ただ、飽きっぽいところがあるので、じっくり時間をかける不動産投資よりは、NISAが使え、リターンも大きい投資信託や株の方がお勧めです。

⚫️資産運用するなら…

運用よりは、稼ぐ方法について学ぶとか、節約の工夫をしてみることで知識欲を満たしつつお金を貯めていく方がいいかもしれません。一人で短期集中型でできるものがお勧めです。

⚫️AB型男性の注意事項

そして、クールなところがあるので、株で失敗してもなかなか人に相談したりできず、繊細なので痛手を引きずることもあります。人付き合いは広い方ですが信頼できる人を見つけるのに時間がかかるタイプです。

いうまでもなく、お金の使い方は収入、家族環境、年齢など様々な要素に影響されます。これはあくまで「血液型」という側面から見たときを述べていますので、参考程度にしてください。

【血液型別お金の貯め方シリーズ】
A型は計画性が高いが株に不向き?
飽きっぽいB型に最適な資産運用法は?
O型は大雑把で節約が苦手⁉︎

<関連記事>

画像一覧

  • AB型なら光るセンスで短期決戦を【血液型別お金の貯め方】

執筆者

阿部理恵

約20年間商社勤務。貿易部門、印刷部門などで営業職として従事。保険部時代に個人向け医療保険・法人損保などを担当し、 FPの資格取得。 自ら大病、転職、起業を経験し、お金の知識が必須であると実感。 心理カウンセラー、LABプロファイルインストラクターなどの知識と併せ、メンタル面からお金の話を解説。 俳人としての顔も持ち、経済的豊かさと心の豊かさをテーマに活動中。 ★ブログ:http://ameblo.jp/kittywhite2000/

阿部理恵

関連記事

特集

関連記事

A型は計画性が高いが株に不向き?【血液型別お金の貯め方】

血液型占いを信じる人も信じない人も、血液型によってなんとなく性格が違うのはわかると思います。人は性格や考え方に合わせた行動をすると効果が出やすいものです。

心理カウンセラーでFPも務める筆者が、そんな人の特徴について女性と男性とわけて解説しましょう。まずはA型の人におすすめのお金の貯め方についてご紹介します。

■A型女性:家計簿が得意なタイプ・資産運用するなら専門家のもとへ

⚫️特徴

A型の女性は几帳面で細かいことが得意、心配性で、人の評価も気にするので、資産運用というよりは、家計簿をつけるとか、定期預金など安全な商品でコツコツ貯金をするのに向いています。節約も得意ですが、我慢しすぎると一番爆発しやすいタイプです。周りの人とアイディアの情報を共有して楽しみながら節約しましょう。

⚫️資産運用するなら…

もし資産運用したい場合は、比較的安全な投資信託やETFから始め、自分ですべてやるというよりは専門家に相談する方がよいでしょう。少額から分散投資を心がけて常にリスクヘッジを心がけましょう。

⚫️A型女性の注意事項

一度やると決めたらやり通すので、損した時に損切ができなくなるかもしれません。予め、損切ラインを決めてから始めましょう。世渡り上手な人を苦手とするので、うまい投資話には引っかからないタイプです。

■A型男性:コツコツ積立貯金が最適・株は不向き

⚫️特徴

A型の男性は計画性があって管理能力にたけているので、「いつまでにいくら貯める」という計画表を作りましょう。コツコツと積立貯金、給与天引きの財形などが向いています。

心配性でストレスを感じやすいので、値動きに一喜一憂するような株は向いていません。マイナスに傾いても、プライドが高いのと、計画を貫こうとする性格も災いして、なかなか損切りができません。

⚫️資産運用するなら…

金融商品にはいろいろありますが、人の気持ちを見分けるのがうまいので、積極的に売り手や専門家の話を聞いて情報収集すると、いい商品にたどり着きやすくなります。協調性があるので、信頼のおける同じ目標を持った仲間で集まって情報収集するのもいいでしょう。

⚫️A型男性の注意事項

不動産投資も最初にきちんと勉強して買えば比較的安定していますが、入居者に神経質になることもあります。管理は自分でするのではなく、管理会社に任せた方がよいでしょう。

言うまでもなく、お金の使い方は収入、家族環境、年齢など様々な要素に影響されます。これはあくまで「血液型」という側面から見たときを述べていますので、参考程度にしてくださいね。

1万円で不動産オーナーに!ローリスクでできる「不動産投資の裏ワザ」

突然ですが、投資に興味はありますか?

投資と聞くと、頑として首を横に振る人がいます。投資は借金地獄への入口だと言わんばかりにリスクを恐れているのでしょうが、そんな人にとってベストな選択肢は、実は「不動産投資」をすることかもしれません。

不動産投資と聞くと、物件を購入して賃貸で収益を出すため、“投資金額が高い”“管理が大変”などのイメージを持たれるのではないでしょうか。今回はそのようなイメージを払拭する不動産投資についてお話しします。

■不動産投資ってどんな投資?

そもそも不動産投資について、あまり詳しくない方もいるかもしれないので簡単に説明します。不動産投資とはマンションの一室やアパートを購入し、購入した物件を賃貸に出します。そして、その家賃収入を得ることで収益を上げるという方法ですね。

つまり、あなたは大家さんになるわけです。ですから、新しく人を入れるためにも物件を掃除、リフォームしなければいけないこともあり得ますし、空き室が続くと住宅ローンを組んでいるのであれば、家賃収入がなくてもその支払いを続けなければいけません。

上手くいけばリターンも大きいのですが、相応にリスクも大きいというわけなのです。これだけ多くのリスクをなんとか回避する方法はないのでしょうか。

■不動産投資をするならクラウドファンディング

実はこのようなリスクを回避する方法の一つとしてクラウドファンディングという方法があります。クラウドファンディングとは簡単にいえば「みんなでお金を出し合いましょう」ということです。つまり、1人ではなく複数人で不動産物件を購入し、全員で管理します。

一般的に不動産投資では何百万円、何千万円もの投資をすることも少なくありませんが、クラウドファンディングであれば投資金額がわずか1万円から可能なのです。普通の不動産投資と比較しても格安で投資ができることがわかりますね。

■きちんと勉強はしておこう

しかし、いくらリスクが低いといっても全く勉強せずに投資するのも考えものです。きちんと投資したい物件の条件をあらかじめ決めておき、その条件に当てはまる物件にだけ投資しましょう。

最後の最後までリスク管理をしてこそ、投資成功のトビラを開くことができます。ですから、やろう!と思ってもすぐに飛び出さず、最低限の知識を身につけておくことをおすすめします。

「1億円貯める」近道は?毎月貯蓄or投資…?【もしもシリーズ】

もしも1億円あったら…。そんな妄想は誰もが一度は抱いたことがあるはず。でもそんな金額は想像を超えた世界だし「そんなの夢物語にすぎない…」と思うものです。でも、そうあきらめるのはまだ早いかもしれません。

今回は1億円を貯めるためにどうしたらよいか、その具体的な方法について検討してみました。

■毎月コツコツ貯蓄の場合:毎月41万円×20年計画で実現可能

収入の一部を貯蓄にまわして、コツコツ貯蓄している方は多いことと思いますが、そのやり方で1億円を貯める場合、毎月どのくらいの金額を貯蓄しなければいけないのでしょうか。ここでは預貯金した場合の利子は考えずにシンプルに計算してみます。

35年計画の場合

毎月23万8,095円/月 × 12ヶ月 × 35年 = 99,999,900万円 

20年計画の場合

毎月41万6,666円/月 × 12ヶ月 × 20年 = 99,999,840万円 

10年計画の場合

毎月83万3,333円/月 × 12ヶ月 × 20年 = 99,999,960万円 

住宅ローンの一般的な期間である35年計画を立てるのであれば、毎月約23万円の貯蓄で大台の1億円に届きます。もっと短期間で10年ならば毎月の目標貯蓄額は約83万円となります。

投信積立で貯蓄する場合:

では、投資信託を毎月積み立てて行う場合で考えてみましょう。

・毎月の積立額33万9,000円の場合

  • リターン2%で計算すると、20年で約1億円を達成できます。
  • リターン1%で計算すると、22年で約1億円を達成できます。

コツコツ貯蓄していくよりも1億円到達までの期間はもちろん短くできます。ただし、これはあくまでもシミュレーションであり、将来の成果が約束されたものではありません。税金や各種手数料は含んでいません。

宝くじを狙う

ごく稀な機会や現象を「宝くじに当たるようなもの」と表現しますが、宝くじに当選するのはそれほど難しいことなのでしょうか?

ここで千葉商科大学のウェブサイトで、商経学部の伊藤教授が解説していた記事によると、宝くじ1枚を購入して1億円当たる確率はおよそ「143万分の1」。まさに天文学的数値になります。

しかし、購入する枚数を増やす、1億円だけでなくもっと低い当選金も良しとするのであれば、もっと確率は上がります。
ちなみに宝くじに高額当選する人にはある特徴があることがわかっており、詳しくは億万長者を目指せ!「“宝くじに当選する人”4つの共通点」で紹介していますので参考にしてみてください。

■基本はやっぱり日々のお金の見直し?

毎月の貯蓄額は、一般的に考えるととても高額ですが、決して実現不可能な夢ではないのかもしれません。
しかしやはり、貯蓄の基本は日々のお金の使い方を見直すことにあるでしょう。

お金についてのプロフェッショナルであるFPがアドバイスする、お金の使い方は、「プロに学ぶ“お金の正しい貯め方”!FPが実践している資産形成法3」「FPがプロの視点で指摘!“ボーナスの本当に賢い使い方”2つの例」を参考にしてみてください。

さらに、夫婦でお金のことで喧嘩が絶えなかったりストレスが溜まったりするようでは貯蓄もうまくいかないはずです。「FPは見た!夫婦がお金でモメる“絶対言ってはいけない”8フレーズ」も参考にしてみてください。

当選金1億円でも手元に残るのは半分…⁉︎ 税理士が解説「宝くじと税金」

庶民の夢、宝くじ。特に当選金額が大きいジャンボ宝くじのほか、LOTOなども人気が高いようです。そんな宝くじ、高額当選した時の税金はどのような扱いなのでしょうか?

■宝くじの当選で確定申告は必要?

おそらく多くの方がご存知かと思いますが、所得税、住民税ともに「非課税」で
す! 従いまして、いくら当選しようとも確定申告したりする必要はありません。
しかし、税金とはまったく無関係か?というとそういうことではありません。みなさんしっかり税金に絡んでいますので、以下で確認していきましょう。

■宝くじに税金はかかる? 翌年の税金は多くなる?

実は宝くじを買った人は全員税金を払っています。その税率はなんと40%!購入時に購入金額の40%の住民税を払っているのです。

「宝くじは地元で買いましょう」という案内を宝くじ売り場で目にすると思いますが、その理由がここにあります。

この事実をご存知の方が当選金は非課税ということに比べると少ないこと、払い戻し当選金率が45.7%という低さで(総務省ウェブサイトより)、当選確率も低いといったことなどから、宝くじは「愚か者の税金」などと揶揄されることもあるようです。

また、宝くじは販売額100に対して税金が約40、払い戻しが約45、残りが販売店の手数料で約15、という割合になっていますので、課税する側からすれば、当選金に40%課税するよりも販売額に課税したほうが税収が多くなります。

■当選金を人にあげると贈与税がかかる?

「宝くじが1等あたったら半分あげるね」などと冗談半分で言ったことが現実となり、約束通り当選金の半分をあげることになったとしましょう。この場合、110万円を超えてあげると、もらった側で贈与税が発生します。

ちなみに1億円あたって半分の5000万円を渡すと、贈与税額は驚き価格の2350万!手元に残る金額が2650万円という計算になります。たとえばお金を使わず奥さんに半分あげただけで、2350万円もなくなってしまいます。もったいないですよね。。。

しかし、当選金をそのまま死ぬまで持っていてもしょうがないので、物を買ったり資金運用したりと通常は動かします。税金はそうしたタイミングを狙っていて、上記の贈与税、物品サービス購入時の消費税、不動産取得税等、資金運用益に対する所得税、住民税というように、使い方や動かし方で様々な税金かかってしまう場合が多いです。

■贈与税の支払いを回避する対策は?

当選金の一部をどうしてもあの人にあげたい!と思っている場合、共同購入というやり方があります。当選金受け取りの際に、あげたい人と一緒に銀行に行って、共同で宝くじを購入したので当選金も共同で各々が受取るという方法です。これにより贈与税は回避できます。

しかし、まだ安心はできません。一度に多額の入金があるので、相続発生時や個人の税務調査があるような場合、必ず「このお金はどうしたんですか?」と聞かれます。その際、宝くじであたって…といっても俄かには信じてもらえず、誰かからの贈与では?と疑われてしまう場合があります。

そこで大事なのが「当選証明書」です。銀行が発行してくれるものですが、これをもらっておけば当選金であるという証明が簡単にできます。特に共同購入で当選金受取の手続きをした場合、受取った人は全員この証明書をもらっておく必要があります。

以上のように、下手な動かし方をすると思わぬ重い税負担が出てしまうことがありますのでご注意ください。万が一当選してもそれによって人生を狂わせてしまわないためには「もしも宝くじが当たったら…高額当選で“破滅人生にならない”方法」を参考にしてみましょう。

・・・と言っても、確率論で交通事故死や隕石にあたる確率より低いといわれている1等当選確率からすると、無用の心配かもしれませんね。

宝くじの当選を狙いたい方は「億万長者を目指せ!“宝くじに当選する人”4つの共通点」を事前にチェックすることをおすすめします。

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

宝くじ購入にも最適!幸運が万倍に増える「一粒万倍日」とは?
宝くじ当選確率が上がる⁉︎ 「購入から抽選までにやるべき事」3か条
億万長者の仲間入り!高額当選を毎年輩出「伝説の宝くじ売り場」4選

ランキング