千葉県初の試み!災害時にドローンを活用!

7469.jpg

説明会は小学校の体育館で実施された。校庭でのドローン飛行デモと空撮映像の投影が予定されていたが、生憎の悪天候となってしまい、体育館内での飛行デモが行われた(撮影:防犯システム取材班)

 ドローン空撮などの事業を展開するダイヤサービスは、千葉市花見川区畑町の町会組織「畑町防災会」との間で「ドローン活用に関する災害発生時の防災協力協定」を9月4日に締結したことを発表した。

 11日には畑小学校の体育館で防災会員や地元住民を集めて、ドローンの災害活動についての説明会が行われた。

 自治組織と企業が災害時のドローン飛行に関する協定を結ぶのは、千葉県内では初の試みとなる。

 協定の背景には、花見川区畑町は土砂災害特別警戒区域が設定されている区域があることが挙げられる。土砂災害時などの情報収集にドローン空撮が威力を発揮することは明らかだが、住宅密集地などでドローンを飛行する場合は、航空法による制限や事前の飛行許可が必要となり、有事の際に迅速な対応が難しいという問題がある。

 今回の協定では地震などの大規模災害が発生した場合において、畑町防災会が情報収集用としてダイヤサービスにドローンによる調査を依頼する点を定めている。通常は書面での要請となるが、緊急時には口頭や電話でも要請が行える点などを規定しており、これにより迅速なドローンによる防災活動が可能となる。

空撮に使用される機体は定番のDJI Phantom3など。能力的にも十分で汎用性が高く、操縦者の養成などにも対応しやすいというメリットがある(撮影:防犯システム取材班)

 ドローン空撮による災害発生時の情報収集は、今後の防災活動において大きな威力を発揮することが想定される。現在、ドローンを活用した防災事業としては、医療機材搬送システムやクライシスマッピングの作成などを行う動きが立ち上がりつつあるが、全国的にもまだ活用事例は少なく、今後の発展が期待される分野となっている。

千葉マルチコプター協会の理事も務めるダイヤサービス社長の戸出氏。ドローンが普及初期から個人でも扱っており、自社では千葉県内の空撮などの事業を多く手がけている(撮影:防犯システム取材班)

 畑町防災会の役員も務めるダイヤサービス社長の戸出氏は、現時点では営利事業としての展開は厳しいものの、将来的にドローンによる防災事業が普及することに大きな期待をかけているという。説明会には家族連れなども訪れており、ドローンの飛行デモを通して地元の子供達に「空撮をはじめとしたクリエイティブな仕事への関心を持ってもらえるきっかけとなれば」と思いを語った。

<関連記事>

画像一覧

  • 千葉県初の試み!災害時にドローンを活用!

提供元

関連記事

特集

関連記事

緊急時の連絡はLINE派が多数!みんながやってる「防災の心得」

近年、各地で大型地震が発生し、将来も非常に大型の地震が予測されていることもあり、震災への対策意識が増してきている方は多いのではないでしょうか。では、いざという時のために何を備え、どのような準備をしておけばいいのでしょうか。

マネーゴーランドでは『防災に関する意識調査』を独自に実施し、対策方法を調べてみました。

■震災に備えて何を準備していますか?

震災に備えて準備しているものについて質問したところ、最も多かった回答は「懐中電灯」、次いで「飲料水」「非常用持ち出し袋」「簡易食料」と、メジャーなものが上位に。

Q1:震災に備えて準備しているものはありますか?
震災に備えて準備するもの、マネーゴーランド意識調査

災害用品以外では次のような準備をされている方がいらっしゃいました。

・「アルバム」(30代女性、千葉県)
・「権利証・実印・運転免許証」(50代男性、広島県)
・「各種データ」(50代男性、愛知県)
・「常用薬」(30代女性、埼玉県)
・「財布・通帳・印鑑」(30代男性、東京都)

■震災時に家族と連絡をとる方法は?

震災で電話がつながらなかった場合、家族や友人と連絡を取り合う手段についてはどうでしょうか。圧倒的に多かったのが「LINE」。次いで「災害用伝言ダイヤル」「携帯電話のメッセージサービス(SMS)」となっています。

また、SNSを利用していない場合や、充電などの心配がある時のために災害用伝言ダイヤルの使い方についても知っておいた方がいいでしょう。「171」へダイヤルすることで利用できます。また、2012年からはインターネット上で「web171」という災害用伝言板が提供されているので是非チェックしてみてください。

Q2:震災時に電話がつながらない場合、あなたはどのように家族と連絡をとりますか?
震災に備えて準備するもの、マネーゴーランド意識調査

■地震保険加入の備えは大丈夫?

自宅に地震保険をかけている人は22.8%と非常に少数なことが判明。また、加入しているかどうかわからないという人が最も多く、40.8%でした。地震保険や火災保険は物件ごとにケースが異なり、少し複雑なためによく分からないことも多いかもしれませんが、もしもの時のために保険会社などに相談してみるといいかもしれません。

また、加入しているかどうかわからないという人はこれを機に一度確認してみたいですね。地震保険の見直しについては、2017年1月に料金改定となりますから「地震保険料2017年1月から最大14.7%UP!今見直すべきポイントは」を参考に今のうちに考えたほうがよいでしょう。

Q3:あなたのご自宅は、現在地震保険に加入していますか?
震災に備えて準備するもの、マネーゴーランド意識調査

以上の結果を見てみると、「まさか我が身には降りかからないだろう」と考えている方がまだまだ多いのかもしれません。しかし、いざという時、いかに準備や対策をしているかがとても重要になってきます。これまで関心が薄かった人も、是非ともこの記事を参考にして、一度考えてもらえればと思います。

※上記集計は2016年8月にマネーゴーランド編集部がアンケートアプリ『サーチーズ』で実施したものです。(対象:全国の男女、回答数1,482名)

地下街で大地震が起きたら…?シーン別防災対処法まとめ【外出編】

地震はいつどこで起こるかわかりません。もしも電車に乗っているときだったら、もしも地下街を歩いているときだったら…。

外出先でもできるだけ慌てず冷静に行動できるように、今から様々なシーンでのやるべきことを把握しておきましょう。

■1.オフィスにいた場合

オフィスには、複合機や何台ものパソコン、キャビネットなど、身に降りかかったりぶつかってきたら大けがをするものがたくさんあります。まずは、そのようなものから離れ、机の下などに身を隠し、身の安全を守ることを最優先しましょう。とにかく揺れが収まるまでは、身の安全が確保できる場所で動かない事が大切です。

その後、会社の指示に従い逃げる準備をはじめます。逃げる際はエレベーターは使わず階段で避難しましょう。

■2.電車に乗っている場合

電車は、一定の揺れを感じると緊急停止します。座っている時は、カバンなどで頭をおおって落下物から身を守りましょう。立っている場合は、急な停止によって人が倒れてきたりぶつかったりすることがあります。満員電車でない限り、姿勢を低くして床に近い位置で身を守りましょう。満員電車の場合は、転倒などをふせぐため、しっかりとつり革や手すりにつかまってください。

駅のホームにいる場合はホームから転落しないように、近くの柱などの近くに移動しましょう。地下鉄の場合、早く地上へ出ようとパニックになる危険もありますから、揺れが収まったら駅員の指示に従いましょう。

■3.車を運転中の場合

地震に驚いて急ブレーキをかけたくなりますが、衝突の恐れがあるので、ハザードランプを転倒させ、ゆっくり減速しましょう。道路わきに車を止め、揺れが収まるのを待ちます。可能な限り広い場所に駐車できると良いです。車から離れて逃げる際は、キーはそのままにして、緊急の際に移動できるようにしておきましょう。また、連絡先をメモして置いておくことも大切です。

■4.地下街にいる場合

買い物などで地下街にいる場合は、まず壁や柱などに身を寄せて揺れが収まるのを待ちます。地下街は、地上と違って閉鎖的な空間なので、人々がパニックを起こしやすい場所。非常口や避難経路に人が溢れかえることであらたな被害が生まれる可能性もあるので、落ち着いて係員の指示に従いましょう。万が一火災が発生した場合は、姿勢を低くし、口にハンカチなどを当てて床を這うように移動しましょう。

■5.エレベーターに乗っていた場合

エレベーターに乗っている際に揺れを感じたら、全ての階のボタンを押し、エレベーターが止まった階で降りるようにします。もしも閉じ込められてしまったら、焦らずに緊急連絡のインターホンで連絡をとりましょう。

尚、ここで紹介した震災対策は、東京都が発行している『東京防災』の情報をもとにしています。

入浴中に大地震が起きたら…?シーン別防災対処法まとめ 【自宅編】

もしもの時の地震対策、しっかりと行えていますか? 最近の大地震に学んで、防災カバンや災害用非常食の用意をしているという方は増えているようです。

でも地震が起きてまず身を守らなければ、用意していた防災グッズや非常食も意味がなくなってしまいます。まずは身の安全を守ることが第一。そこで今回は、在宅時に地震が起こった時にやるべきことを、ありがちなシーン別にご紹介します。

■1.料理中の場合

キッチンは、調理器具や食器、冷蔵庫や電子レンジなどが落ちてくる危険な場所。揺れを感じたら、ものが落ちてこない、倒れてこない、移動しない場所に隠れましょう。もしもキッチンで料理中だった場合でも、まずは身を守ることを第一にし、火の始末は揺れが収まったあとに落ち着いて行いましょう。

■2.トイレに入っていた場合

トイレは狭い空間であり、閉じ込められてしまう可能性が高いところです。地震だ!と思ったら、まずはトイレのドアを開けてください。地震の揺れでドアが閉まりそうな場合は、スリッパやトイレマット、掃除器具など何でも良いので、ドアに挟んで閉じてしまわないようにしましょう。可能ならトイレから出て、すぐに逃げられるように廊下や玄関などに移動しましょう。

■3.入浴中の場合

入浴中は裸であるため、とてもケガをしやすい状況です。すぐさま洗面器や浴槽のふたなどで頭をガードし、落下物から身を守るようにしてください。また、浴室もトイレと同様閉じ込められやすい場所なので、扉を開けましょう。浴室から逃げる際は風呂桶を頭にかぶりながら逃げることも大切です。また、足元にガラスなどが散らばっている場合もあるので、可能な限りスリッパなどで足を守りましょう。

また外出先の対応策については、地下街で大地震が起きたら…?シーン別防災対処法まとめ【外出編】を参考にしてください。尚、ここで紹介した震災対策は、東京都が発行している『東京防災』の情報をもとにしています。

災害への備えを見直そう!「帰宅困難者用の備蓄品」助成金制度

今回も、前回に引き続き「防災」をテーマにした助成金をご紹介したいと思います。

前回が個人向けの内容だったのに対し、今回は会社向けの助成金です。中小企業の事業主の方にぜひ活用いただきたい内容となっています。

2つの助成金をご紹介しますが、どちらも会社で防災グッズを揃えた場合に支給されるものですので、「まだ自社に防災関連の備蓄品を用意していない!」という事業主の方はご参考にして下さい。

■東京都民間一時滞在施設備蓄品購入費用補助事業

こちらは東京都が行っている事業で、会社で帰宅困難者用の備蓄品を購入した場合、購入費用の5/6が助成されるというものです。

対象物資は、1人あたりの備蓄量が「水:9リットル」「食料品:9食」「簡易トイレ:15個」「ブランケット:3個」です。これらは3日分の必要量として想定されており、1人分の補助対象限度額(3日分)は9,000円となります。実際の補助金額はこれら備蓄品購入額の6分の5で、帰宅困難者予想人数の上限はありません。

また、上記の備蓄品(水・食料・簡易トイレ・ブランケット)を完備した場合は、「エアマット(1人1枚)」、「おむつ・生理用品・救急セット」も助成対象となります。

なお、こちらの助成金を受けるには下記の要件を満たす必要があります。
1:施設が所在する区市町村との帰宅困難者受入に関する協定の締結。
2:東京都帰宅困難者対策条例に定める従業員向けの備蓄品を3日分備蓄。
3:事業継続計画(BCP)または防災計画の策定。

東日本大震災の際は、東京で約352万人が帰宅困難者となり、当日自宅に帰れなかったと言われています。まだ会社での備蓄を何もしていないという事業主の方は、これを機会に準備してみてはいかがでしょうか。平成28年度の募集期間は6/1~11/30までです。

■千代田区〜事業所における備蓄物資購入の費用助成〜

こちらは千代田区で行っている制度で、同じく災害時に必要となる備蓄物資を、会社で準備した際に支給される助成金です。対象となる事業所は「千代田区内で事業を営む法人等で、従業員数は5人〜300人未満」となっています。

対象物資は「水、食料、毛布(アルミブランケット・寝袋)、携帯トイレ、ヘルメット、携帯ラジオ、懐中電灯(ランタン)」で、助成額は対象経費の1/3~2/3(上限10万円)です。

今回は東京都と千代田区の助成金をご紹介しましたが、他の自治体でも行っているところがありますので、事業所のある自治体HPをチェックしてみて下さいね。

ランキング