新型PS4とVRに期待値上昇!ソニーの戦略とは?カンファレンスレポート

7455.jpg

SIEJAプレジデント 盛田厚氏
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、国内のプレイステーションビジネスにおける販売戦略発表の場として、9月13日に「2016 PlayStation Press Conference in Japan」を開催しました。本稿では、SIEJAの今後の展開について取り上げます。なお、個々に発表されたゲームタイトルの一覧は、こちらの記事を参照ください。

本カンファレンスで進行を務めたのは、SIEJAのプレジデントである盛田厚氏。盛田氏は本カンファレンスの中で、発売が10月13日に迫ったPlayStation VRについて触れました。盛田氏によると、「PlayStation VRでは、新しいゲーム体験に加えて、音楽やドラマ、舞台、ドキュメンタリーといったさまざま体験も提供すべく準備を進めている」とのこと。その一作品として、L'Arc-en-CielのVRミュージックビデオ「Don't be Afraid -Biohazard×L'Arc-en-Ciel on PlayStation VR-」が、PlayStation VR向けに配信されることが決定しました。これは『バイオハザード』とL'Arc-en-Cielがコラボレーションしており、デジタルキャラクター化されたメンバー4人が『バイオハザード』の世界を舞台に、ゾンビたちと生き残りをかけて戦う様子を360°CGにて体感できるというもの。

また、昨年より開始されたPlayStation Nowの国内向けPCサービスが、今冬より展開されることが発表されました。これにより、PlayStationのハードウェアを持っていないユーザーでも、豊富なコンテンツを体験することが可能となります。9月20日にはタイトル数が182となり、定額制で遊び放題となります。

続いて、盛田氏が触れたのは、「PlayStation祭(まつり)」。「PlayStation 祭はゲームが上手い人もそうでない人も、ゲームを愛する全ての人が一緒にゲームを楽しめる場を作りたい。そんな想いを込めて、今年7月にスタートしました」と盛田氏。具体的には、全国5都市のイオンモールで開催された「みんなであそぼ!夏の全国キャラバン」などが、PlayStation祭の一貫で行われたそうです。盛田氏は、「PlayStation祭は本気で遊ぶゲームマッチ。その実況中継や観戦、最新タイトルの先行試遊会、親子で遊んで学べるワークショップなど、みんなで集まってもっとゲームを楽しもうという取り組みです」と説明しました。また、「東京ゲームショウでもPlayStationブースのステージイベントにて、とっておきのPlayStation祭を開催するので、楽しみにしてください」と述べ、期待感を高めました。

最後に盛田氏は下記のように述べ、本カンファレンスを締めくくりました。
「私が子どもの頃、ゲームがたくさんのことを教えてくれました。ゲームを通じて、社会のルールとか駆け引きとか人間模様とか、いろいろなことを学びました。もちろん親や学校の先生も大切なことを教えてくれますが、子どもの私たちに大人たちが教えてくれないことを教えてくれたのは、漫画や音楽、ゲームといったエンターテインメントでした。『明日のジョー』や吉田拓郎、『ドラゴンクエスト』が私の心を動かしてくれました。同じ楽しみや感動をみんなに伝えたい、我々はその想いでずっと走り続けてきました。我々が受け取ったバトンを次に必ず繋げたい。本日ご紹介したたくさんの素晴らしい作品をみなさんが子どもたちと一緒に遊んでいただき、将来その子ども達がエンターテインメントを提供する側になってくれたら、こんなに嬉しいことはありません」

本カンファレンスには、小島秀夫監督やシブサワ・コウ氏なども登場
なお、本カンファレンスでは国内で初めて新型PlayStation 4とPlayStation 4 Proが展示されていました。盛田氏は、「新型PlayStation 4は小型・軽量化に加え、さらにお求めやすい価格設定により、より多くの方に気軽にPS4の世界に触れていただける機会を提供していく。また、PlayStation 4 Proは、4Kでの映像出力やフレームレートの向上など、よりハイエンドな体験を求めるユーザー様には、さらなる豊かなゲーム体験をお届けします」と語っていました。

新型PlayStation 4は9月15日に、PlayStation 4 Proは11月10日に発売予定。なお、カンファレンス会場では、両新型本体が国内で初めて展示されており、PS4 Pro対応のタイトルのゲームプレイ映像も流れていました。

新型PlayStation 4

PlayStation 4 Pro

画像一覧

  • 新型PS4とVR軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート
  • 新型PS4とVR軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート
  • 新型PS4とVR軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート
  • 新型PS4とVR軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート
  • 新型PS4とVR軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート
  • 新型PS4とVR軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート
  • 新型PS4とVR軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート
  • 本カンファレンスで展示されていた新型PlayStation 4
  • 本カンファレンスで展示されていた新型PlayStation 4
  • 本カンファレンスで展示されていた新型PlayStation 4
  • 本カンファレンスで展示されていたPlayStation 4 Pro
  • 本カンファレンスで展示されていたPlayStation 4 Pro

提供元

関連記事

関連記事

ポケモンGOで事故発生!FPが解説「損害&生命保険はどうなる?」

7月、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドのリリースに始まり、本国日本でもリリースされ、任天堂の株価が約2.3倍に跳ね上がりました。理由はご存じ『ポケモンGO』。

今回は巷で立て続けにニュースになっている、「ポケモンGOで起こり得る事故」について、考えてみましょう。

■損害保険と生命保険から支払われる

「事故」にまつわる保険の種類は大きく分けて3つあります。

⚫️個人賠償責任保険(賠責):他人にケガを負わせる、他人のものを破損させた場合など、賠償責任を負わなければいけない際、使われる。
⚫️傷害保険:自分がケガをして病院にかかる、障害状態になる、死亡するなどの際に使われる。
⚫️医療保険・死亡保険:自分が入院する、入院後通院する、障害状態になる、または死亡した際に使われる。
前2つが損害保険分野(損)で、最後の1つが生命保険分野(生)の商品です。

■プレイヤー自身に起こり得る事故

(1)歩きながら・自転車に乗りながらゲームをして事故を起こした場合

自身がケガをしたことにより、入院や通院をすれば「医療保険(生)」「傷害保険(損)」から入院給付、通院給付が支払われます。障害状態になり、就労不能などになれば、「就労保障保険(生・損)」や「介護保険(生)」などが該当になるケースもあるでしょう。万一死亡した場合、「死亡保険(生)」「傷害保険(損)」から、死亡保険金が支払われることになります。

ただし、ここで注意が必要なのは、免責事項です。大手損害保険会社の約款に記載されています「保険金を支払わない場合」の中の文を、一部抜粋しますと、
◎保険契約者、または被保険者の重大な過失または故意
◎保険金を受け取るべきものの重大な過失または故意
◎被保険者の犯罪行為・自殺行為・または闘争行為
とあります。

ポケモンGOでの事故について、故意にケガをするというのは考えにくいですが、重大な過失は該当するかもしれません。自転車に乗りながらスマホを使用した場合、道路交通法の安全運転義務違反となる事が考えられます。その場合、法律違反をしているわけですから、保険金が支払われない、という結果になる事も致し方ありません。

参考:9500万円の賠償金実例も…義務化が進む「自転車保険」FP推奨の加入法

(2)私有地へ侵入した場合

ゲームに夢中になり、他人の私有地へ侵入をした場合はどうでしょうか。程度にもりますが、明らかに私有地とわかる場所へ、モンスターの獲得の為に長時間居続けるなどの行為は、刑法13章第130条に抵触します。この場合、刑法に違反している前提であれば、保険金は支払われない事が考えられます。不法侵入が、重大な過失に該当するかどうかが論点です。

(3)スマホを落として壊した場合

火災保険などに付随する特約で、「携行品特約」があります。これは、家財を自宅外に持ち出した際、落下や盗難により破損汚損した場合補償されるものです。ただし、注意が必要なのは、一般的な同特約では、「パソコンや携帯電話など、携帯式通信機器は対象外」とされているので、スマホは保障されないのが普通です。

補償対象になる保険は一部の少額短期保険会社が販売している「モバイル保険」です。携帯電話会社の通信契約時に、オプションで付ける保障サービスなどは、一部実費負担で「修理」をしてくれるというものになり、また各会社によっても、落下・水没など条件によって補償内容が違うため、事前にチェックが必要です。

■プレイヤー周囲の人側で起こり得る事故

3つの保険の中で、他人にケガを負わせる、他人のものを破損させた場合など「個人賠償責任保険(賠責)」が必要になるとお話しましたが、ここでも免責事項に該当する場合は、保険金が支払われない可能性があります。約款の記載では、免責事由に、「保険契約者、または被保険者の重大な過失または故意」とあります。

ゲームに熱中して行き過ぎた行為の上で、他人にケガを負わせる、または他人のものを破損汚損させた場合、相手方から賠償責任を問われても、この保険が使えない可能性があるという事です。

保険において最も大切なポイントは「過失」「故意」という言葉です。想定される危険を顧みずに熱中してしまうような事は、いい大人ですから、絶対にやめましょう。

参考:任天堂の時価総額3兆5000億円超!話題沸騰『ポケモン GO』って何?
ダウンロード済が48.7%!ポケモンGO緊急調査【マネーゴーランド意識調査】

ポケモンGO開発者は700万円⁉︎ ゲームプロデューサーの年収はいくら?

日本、海外を問わずに爆発的ヒットとなった『ポケモンGO』をプレイしている人も多いでしょう。自分の住んでいる町中にポケモンが次々で出てくるので、町中でモンスターボールを投げる人が急増しています。

今回はそんなポケモンGOをはじめとした、ゲームプロデューサーの仕事と年収について調査してみました。

■ゲームプロデューサーってどんな人?

あまり知られていないことですが、1つのゲームをリリースするためには、ゲームを実際に作る人以外にも多くの人が関わっています。ゲームを実際に作るプログラマーはもちろんゲーム内の絵を作るグラフィッカー。また、バグを修正するデバッガーなど役割は様々です。

そのような役割の中でゲームプロデューサーとは、ゲームの企画やスケジュール、クオリティーといったゲームの全体像を管理する役割です。当然、プロデューサーには多くの経験が求められ、ゲームがヒットするかどうかはゲームプロデューサーに懸かっていると言っても言い過ぎではありません。

■ゲームプロデューサーの年収は約700万円!

さて、そんなゲームプロデューサーの気になる年収はいくらなのでしょうか。
財団法人 デジタルコンテンツ協会が平成22年に発表した資料によると、ゲームプロデューサーの平均年収は695万2,000円。ディレクターは563万6,279円、プ
ログラマーが464万1,390円など。

日本人の平均給与が400万〜450万円ほどと言われていますから、それと比べれてみればかなりの高給取りということがわかるのではないでしょうか。

このような魅力的な収入であるからこそ、ポケモンGOのような素晴らしいゲームを世に送り出すことができるのかもしれませんね。

■ゲーム作成会社が激務は本当?

しかし、魅力的な年収である一方、体力面ではかなり厳しいことも求められます。ゲームプロデューサーに限らず、ゲーム作成会社では勤務時間が長くなりがちですし、リリース直前となると深夜まで働くこともざらにあるようです。ですから、労働環境は必ずしも良いとは言えないようです。

それでもポケモンGOのような多くの人に影響を与えるゲームを作ることに夢を持つ人も多いでしょう。そんな人はぜひ、ゲーム作成会社に入ってポケモンGOのような魅力的なゲームを作ってもらえたらと思います。

今、自己投資するならプログラミング!勉強する価値はどれほど大きい?

将来のために自己投資という言葉は聞くけれど、実際のところ自己投資ってなにをすればいいの?と考える人もいるでしょう。

勉強する重要性はわかるけれど何を勉強すればいいのかわからない。また、勉強するものは決まったとしても、それを勉強する価値がわからないと感じることも多々あるのではないでしょうか。

仮に将来のための副業や投資の重要性を理解していたとしても、ネットのうさんくさい情報を見るとあまり気が進みません。さらに、リスクもあるとなると正しい情報を手に入れてから行動したいのに、どれが正しい情報かもわからなくなります。

そのような100%信用のおけない勉強をするくらいであれば、プログラミングを勉強してみてはいかがでしょうか。プログラミングと聞くとなんだか難しいと一重に拒否反応を起こしてしまう人もいるかもしれません。しかし、プログラミングにも様々な種類のものがあり、初心者でも触れていれば身に付くというレベルのものもあります。

今回は、今、あなたがプログラミングの勉強をするべき理由についてお話します。

これからますます需要が大きくなる
SEと聞くと年収は多くても拘束時間が非常に長くブラック企業というイメージを持つかもしれません。確かにそのような側面もあるかもしれませんが、全ての企業がそのようなわけではありません。

むしろ、これからは優秀なプログラマーはどこでも引っ張りだこになるため、ブラック企業に就職し、辞めたとしても仕事がなくなることはないと言われています。かの有名なFacebookの元役員ですらプログラミングの重要性を語っており、手に職つけるという意味でも非常に有効な手段になるでしょう。

自分のアイデアを形にできる
もう一つプログラミングをする理由として、自分がこんなサービスがあったらいいなと感じたものをそのままサービスとして世に送り出すこともできます。現状の代わり映えしない社会人生活を送るのもいいかもしれませんが、将来独立したい!と考えている人はこのような一歩を踏み出すのも一つの手段でしょう。

そのためにも今プログラミングを学んでおくことで、自分が想像したものをぱっと作り出す力が必要になります。最初の一歩がなかなか踏み出せないかもしれませんが、初心者であればhtmlやcssといったところから始めてみればいかがでしょうか。

プログラミングを学ぶなら?「独学VSスクール」徹底比較してみました

今、自己投資として勉強を始めるのであれば、何を始めますか? 資格の取得や会社の試験など様々な自己投資が考えられますが、将来的に仕事に困らないためには、プログラミングの効果はとてもあると言えるでしょう。

しかし、プログラミングと聞くとそれだけでパソコンに詳しくないから無理だ!と感じる人も多いですし、独学したけれど挫折したという人もいます。そこで今回はプログラミングをするには独学とスクールのどちらが良いか考えてみました。

■スクールのメリット

スクールのメリットとしては、やはり教えてくれる人がいるということです。プログラミングを勉強する際、プログラムを書く前の作業で開発環境を整える段階で挫折してしまう人もいるのが事実。

ですから、そのような最もつまずきやすい初期段階から講師がいて指導してもらえるのは非常にメリットが大きく、学びやすいといえるでしょう。また、飽きっぽいという人も毎週決まった日にプログラミングをすることになるので、続けられるという面でもおすすめできます。

また最近では無料でプログラミングを学べるスクールもあるため、「IT時代を生き抜く!“無料でプログラミングを学べる”サービス3選」で紹介しているようなところを選択するのも良いでしょう。

■独学のメリット

一方で、独学のメリットは時間的、費用的に自由が大きいということです。スクールに行く時間がない!という方でも問題なく学習できますし、スクールと違って費用は0円で済みます。

最近ではプログラミングを学ぶためのサービスが充実してきたこともあって、独学であってもプログラミングを始めることはできます。自分の作りたいものが明確にあると、どの言語を学ぶか? ということも考えやすいので、そのような方には独学がおすすめであると言えるでしょう。

■プログラミングを学ぶ上で

一言にプログラミングといっても、目的によって学ぶ言語は大きく異なります。スクールで学ぶ方も独学で学ぶ方も、まずは「自分で何を作りたいのか?」「何を習得したいのか?」を考えるとプログラミングを効率よく学ぶことができるでしょう。

参考:「今、自己投資するならプログラミング!勉強する価値はどれほど大きい?」

少しハードルは高く感じるかもしれませんが、安定した将来を手に入れたい!自分で作りたいものがある!という方は、ぜひプログラミングを学んでみて下さい。

ランキング