1位93万・ビリ13万はどこ?業界別月収「High&Lowランキング」

このレシピを実行して

93万8000円貯まる!
<材料>

・転職で参考にしたい高給料業界ランキング

<Point>

1転職で給料アップをねらう

2ガス・電気業界は高給料

3転職するなら自分の強みを知ろう

7077.jpg

転職で収入アップということは、多くの人が一度は考えたことがあるのではないでしょうか。今の自分の給料に満足できないと考えている人はキャリアアップを目指すよりも転職した方が、給料を上げる近道になるかもしれません。

では、実際に転職するのであれば、どのような業界に転職すると給料がいいのか? また、あまり良くないのか?考えてみましょう。なお、今回のデータは厚生労働省が公表している『毎月勤労統計調査 平成28年6月分結果速報』を利用しています。

■給料が高い業界トップ5

第1位 電気・ガス業(月収93万8,000円)
第2位 情報通信業(月収85万1,000円)
第3位 金融業、保険業(月収84万円)
第4位 学術研究等(月収70万6,000円)
第5位 教育、学習支援業(月収69万4,000円)

まずは、転職することによって給料アップが望める業界トップ5を紹介します。トップは電気やガスといった生活基盤を支える業界ですね。新卒の就職活動先としても非常に人気が高く、転職ではさらなる競争が起こることが予想されます。

その他にも昔から高給料のイメージがある金融・保険業や今や生活に欠かせない情報通信業なども高給料のようです。

■給料が低い業界トップ3

第1位 飲食サービス業(月収13万6,000円)
第2位 生活関連サービス業(月収22万8,000円)
第3位 卸売業、小売業(月収33万円)

こちらは、転職で給料アップが見込みにくい業界トップ3と言えるかもしれません。これらのランキングを見るに、やはりサービス業は全体的に給料があまり高くないと言えるのではないでしょうか。比較的転職先が見つかりやすい業界なのかもしれませんが、給料面で見るとそれほど高収入は求められないようです。

■転職で給料アップを狙うなら?

転職で給料アップをすることはそれほど簡単なことではありません。途中で入ってきた人よりも、ずっと長く働いてくれた人に多くの給料を支払うという考えをする企業もあるからです。

それでも転職で給料アップを希望するのであれば、客観的に見た自分の強みを把握する必要があるでしょう。転職では、会社にメリットをもたらすことがわかる人材を引き入れたいと思うのが至極当然と言えます。

そのような即戦力になるためにも、自分の客観的に見た強みは何なのか、前の会社の経験で生かせることは何なのかを考えてみるといいかもしれません。

画像一覧

  • 転職で給料アップを狙うなら?業界別「高&低給料ランキング」

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

年収1,000万円は、成功者とそうでない人との、ひとつのボーダーラインではないでしょうか。今の給料はそこまでなくても、自分には年収1,000万円をもらえる素質や可能性があるのか、知りたいと思いませんか?

そこで、年収1,000万円になれるか簡単にジャッジできる自己診断を用意しました。次の3つの質問で「YES」がいくつあるか順にチェックしてみましょう。

■Q1:新聞を読む習慣がありますか?

スマホが一般化し、経済や政治のニュースから芸能ゴシップまでさまざまな情報をネットで得るのが当たり前になった現代では、新聞を読む習慣がある人は限られているかもしれません。

しかし、2016年4月に株式会社キャリアインデックスが発表した『CareerIndex年収・転職 実態調査 vol.1』によると、新聞を読んでいる人と収入に関連があることがわかったのです。

新聞を読んでいると答えた人を年収別にみてみると、300万円未満は55%、300-500万円は56%、500-700万円は54%、700-1,000万円は74%で、1,000万円以上では92%に達していました。

あらゆる社会情勢に敏感でいることが、ビジネスで成功して高給を得るためにはやはり欠かせないことなのでしょう。

ちなみに、年収700万円以上の人の間で多く読まれている新聞は、産経新聞、日経産業新聞、フジサンケイビジネスアイ、日本経済新聞が挙げられています。

■Q2:1日に8,500歩以上歩いていますか?

ビジネスとは一見関係がないように思いますが、1日の歩数と年収には相関関係があります。ドコモ・ヘルスケア株式会社がまとめた『みんなの「からだデータ」白書2015』を見ると、年収400万円未満の人は1日平均6,763歩しか歩かないのに、400〜600万円では7,000歩、600〜1,000万円では8,323歩、1,000万円以上では8,516歩と、平均歩数に大きな差があるのです。

厚生労働省発表の『平成26年国民健康・栄養調査』で、1日の平均歩数は男性が7,043歩、女性が6,015歩ですから、年収1,000万円以上の人は平均よりも多く歩いていることがわかります。

収入が高いほど生活や健康への意識が高く、歩く時間を使って仕事のアイディアを練ったり、リフレッシュする時間にしたりと、限られた時間を有効活用しているのかもしれません。

■Q3: 二度寝はしない主義ですか?

連日働き疲れているビジネスマンにとって、毎朝目覚まし時計とともにシャキッと起床することは簡単なことではありません。でも朝の目覚め方にも、年収との関係があります。

首都圏の20~50代のサラリーマン男性1,000人にライオン株式会社が行った『出勤日の朝の過ごし方に関する実態調査』を見ると、二度寝と年収の間に興味深い関係があるとわかります。

年収400万円未満では二度寝をする人は71%、400~700万円では67%、700~1,000万円では62%なのに、年収1,000万円以上では55%と明らかにその割合が低いのです。

仕事や家庭のことで日々忙しいのは皆同じであっても、時間の使い方に長けていて、寝る時間や朝の時間も無駄なく利用するのが、年収アップには必要なことなのでしょう。

ここで紹介した3つの質問項目は、調査結果から導き出した、年収1,000万円をもらっている人の共通点です。だから「YES」の数が多いほど、年収1,000万円の人と似たライフスタイルであるということです。

今は当てはまる項目が少なかったとしても、これらの生活習慣を見直したら、年収アップだって夢ではないかもしれないですね。

年収1,000万円を超える人の共通点!「引きずらない思考」が良いワケ

年収が1,000万円もあったら、旅行やお出かけなど、今自分が我慢していることも全部できるだろうなと考える人は多いでしょう。

しかし、実際に年収1,000万円以上を達成している人は、給与取得者のうちわずか 4.1%(国税庁 平成26年民間給与実態統計調査より)と、非常に少ない割合であることがわかります。

なぜ彼らは年収1,000万円越えという、いわゆる“勝ち組”になれたのでしょうか。その理由の一つに辛いことを引きずらない思考を持っているということが言えます。

※ここで一息!:3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

 ■引きずらない思考がなぜ良いか? 
彼らを真似てそんな思考を持つようにしても、なかなか実践できないという人も多いでしょうし、そもそもなぜ引きずらない思考が年収に関係するのか?と疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、この引きずらない思考というのは確実にあなたの人生に大きな影響を与えるでしょう。引きずらない思考を持つことによって生まれるメリットは数知れません。

たとえば、大好きな彼女や彼氏と別れてもいつも通りバリバリ仕事をすることも可能ですし、仕事で何か大きなミスをしたとしてもすぐに切り替えることもできるでしょう。有名なバスケットボールの選手が大事な決勝シュートを外しても、次の試合ではウィニングシュートを決めるように、切り替えの早さはあなたの仕事に大きな影響を与えるのです。

辛いことを引きずったままで、重要なクライアントの案件を失敗させてしまっては、会社に大きな損失を出し出世コースから外れることも十分に考えられます。ですから、引きずらない思考を持つことが、そのような場面を避けることにもつながるのです。

 ■引きずらない思考の第一歩は過去に感謝すること 
しかし頭では理解しても、引きずらない思考を持つことは簡単なことではないと思われるでしょう。そんな人は過去の出来事に対して感謝の気持ちを持つことが重要だと思われます。

一度失敗してしまった過去は取り戻すことができません。それにいつまでも悔やむのではなく、冷静になぜ上手く行かなかったのか?を考えて次に活かす方が、未来に目を向けたよりよい方法だと言えるでしょう。

「こんな大きな失敗を経験したのは、この会社で自分くらいだろう」
「前の彼氏にはここが受け入れられなかったけど、自分の行動は本当にこれでいいのか?」

そのように冷静に自分を見つめ直すと自然と切り替えも速くすることができます。そして過去の経験から学んだことを次に生かせばいいのです。

引きずらない思考を持つためには時間がかかりますが、いつまでも悲観的になるのではなく、未来に視点を持ってもらえればと思います。

キャリアアップに直結⁉︎ あなたの強みを見極める「5 forces分析」とは

キャリアアップを望む人は少なくないでしょう。やりたい仕事をもっとできるようになり、給料も上がり、後輩から尊敬される…。そんな理想の上司を目指す人もいるのではないでしょうか。

しかし、キャリアアップするためには、何か大きな成果を上げる必要があります。そして大きな成果を上げるためには、自分の強みをきちんと知らなければなりません。

今回は、『5 forces分析(ファイブフォース分析)』という方法を使って、同僚と比べた自分の強みとは何か?ということについて考えてみましょう。

■5 forces分析とは?

5 forces分析とはどのような分析なのでしょうか。5 forces分析とは、元々はマーケティングの分析方法の一つとして使われており、どのような市場で勝負すると自社の強みを生かせるのか調べるための分析です。

5 forces分析では、自分の周りの環境を調べる方法として、

・新規参入業者
・バイヤー(自社の商品を買う顧客)
・代替製品
・サプライヤー(自社の商品の部品を売る業者)
・競合企業

の5つの面からプラスに働く要因とマイナスに働く要因を抽出し、分析。それに対処する方法を考えていくというものです。

■キャリアアップのために取るべき行動がわかる

では、上記の5 forces分析を会社の中における一社員に当てはめるとどうなるでしょうか。

・新入社員や中途採用者
・出世を承認してくれる上司
・コンピュータやアウトソーシング先の人
・協力会社の人
・同僚や部下

となります。あなたは、それぞれの人に対して、優位に立てているでしょうか。例えば、どの新入社員よりも仕事をテキパキとこなせていますか? あなたの仕事はコンピュータによって代替可能ではないでしょうか? といった分析をすることができます。

このような分析を行うことによって、自分はどの人に対して接する時間を長くすれば成果を出しやすいのかということも見えてきますね。

ただし、自分の弱点をなくしていくことも十分に必要なことだと考えられます。やはり、弱みを消していて損はないですからね。自分の強みと弱みは何なのか、きちんと把握することによって、弱点を潰し、強みをさらに伸ばしていきましょう。そうすればおのずとキャリアアップの道は開けるのではないでしょうか。

キャリアアップの虎の巻!「謝罪時に役立つ定番菓子折り」3つ

もしも仕事においてミスをしてしまったら…。やはりそのときには誠意のある謝罪をすることが大切です。そして社会人として知っておきたいのが、謝罪時の菓子折り事情。

何かあったときにすぐ判断できるように、あらかじめどんな菓子折りがふさわしいのか、渡し方にマナーはあるのかなどを把握しておきましょう。

まずは、謝罪時にふさわしい定番の菓子折りをご紹介します。

■『とらや』の羊羹

定番中の定番ともいえる、『とらや』の羊羹。500年以上の歴史がある老舗の和菓子屋として有名ですよね。羊羹は、そのずっしりとした重さが「事態を重く受け止めている」、「お詫びする気持ちの重さ」を表現していると考えられるということから、謝罪時の菓子折りに適しているんです。

羊羹は味に飽きてしまいそうですが、とらやの「小形羊羹」なら小ぶりで食べやすく、味の種類も豊富で飽きません。5,000円~6,000円程で購入できます。

■『松翁軒』のカステラ

万人受けするお菓子であるカステラは、相手の好みがわからない時におすすめです。1週間~2週間ほど日持ちもしますし、保管場所も選ばないので相手の負担にもなりにくいです。

『松翁軒』の五三焼カステラ桐箱入が謝罪時にはおすすめです。桐箱入りなので風格もありますし、あらかじめカットされているので相手の手間もかけません。カステラ2本入りで5,832円です。
長崎県にある店ですから九州の方は利用すると良いでしょう。また数日はかかりますが、ネットショッピングでも注文可能。謝罪時には早急な対応が基本ですが、相手の都合等で謝罪に伺うまで日数がある場合は利用してもよいかも。

■『新正堂』の切腹最中

最中も品があり、食べやすいので菓子折りとして人気があります。こちらの切腹最中は、比較的軽めの謝罪や親交の深い上司や同僚への謝罪時におすすめの一品です。最中の真ん中が切腹のようにぱっくりと横に割れているのが特徴的なこちらの和菓子。

「切腹する覚悟でやって参りました!」と、場を和ませてくれるお助けアイテムとして使えます。ただし、大切な取引先や重大なミスでの謝罪では、逆に「誠意がない」と捉えられかねないのでご注意を。20個入りが4500円で購入できます。

■謝罪時のマナーにも気をつけよう

謝罪は誠意をもってすることがまず大切ですが、マナーはしっかりと把握しておきたいですね。今回ご紹介した定番菓子折りは和菓子ばかりでしたが、もちろん洋菓子もOKです。その場合は、デパートに入っているようなブランドのお菓子を選択しましょう。生菓子は保管場所に困るので、焼き菓子の詰め合わせがおすすめです。

菓子折りの相場は5,000円~1万円程度といわれています。あまりに高価なものでは相手に気を使わせてしまいますし、安価なものでは誠意が伝わりにくいです。

菓子折りを差し出すタイミングは、相手が謝罪を受け入れてからが鉄則。会ってすぐに渡してしまっては、「もので解決しようとしている」と感じられて印象が悪くなります。先方が前向きな姿勢になってから渡すことで、場の空気が和みますよ。

ランキング