ガーン…33万円も損してる!多忙な人こそやるべき「隙間時間の意識改革」

このレシピを実行して

336,000貯まる!
<材料>

・スキマ時間の活用法

<How to>

1無駄なスキマ時間は1日平均1時間9分

2スキマ時間には場所と集中力を選ばないことをする

3メールやニュースチェック、読書などをしよう

※年間に無駄に過ごしているスキマ時間(420時間)を時給800円で換算したときの金額

7013.jpg

毎日できるスキマ時間に何をしていますか? ぼーっと過ごすという人もいるでしょうし、読書や息抜きに使っているという人もいるでしょう。

スキマ時間にできることは様々ですが、このわずかな時間を利用することで将来に大きな変化をもたらすことができるかもしれません。「ちりも積もれば山となる」という言葉にもあるように、わずかなスキマ時間を積み上げることで大きな成果を生み出すことができるのです。

今回は、そんなスキマ時間とその使い方についてお話しします。

■無駄なスキマ時間は1時間以上!?

そもそもスキマ時間という言葉をよく聞きますが、それほどスキマ時間は多く存在するのでしょうか。パナソニック株式会社の『スキマ時間とTVに関する意識調査』によると、現代人の無駄なスキマ時間は、1日あたり平均で1時間9分と算出されました。

あくまでもスキマ時間が1時間9分ではなく、“無駄な”スキマ時間がこれだけあるということです。これは月に換算すると34.5時間、年間では約420時間もの時間を無駄にしていることになります。仮に時給800円のバイトをしたとすれば、33万6千円にもなると考えれば時間を有効活用にする大切さがわかります。

■スキマ時間を上手に利用するコツ

そんなスキマ時間を上手に利用するコツとは何なのでしょうか。実際のところ、スキマ時間に何かの作業をしようと考えていても電車で座れなかった、眠くて集中できなかったといった理由で上手く活用できていない人もいるようです。

つまり、スキマ時間にする作業としてはあまり集中力を必要とせず、場所を気にせずにできるようなことが理想的であると言えますね。

■スキマ時間でスキルアップするには

では、そんな集中力や場所に依存しないスキマ時間を利用する方法とはどのような方法があるのでしょうか。例えば、メールチェックやニュースチェックなどは、それほど集中力や場所に依存しません。

その他にも読書や、小さな作業(今度の飲み会の予約、資料の確認)といったこともスキマ時間でできそうですね。このように場所や集中力を必要としない方法で上手にスキマ時間を利用しましょう。

またポイントサイトを利用して、お小遣いをゲットするというのもよいでしょう。おすすめのポイントサイトなら、スマホのアンケートアプリ『サーチーズ』です。詳しくは 誰でも今日から稼げる!注目の「ネットおすすめ副業」を参考にしてみてください。

画像一覧

  • 年間30万円分の損!?忙しい人こそやるべきスキマ時間の意識改革

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

貯蓄より自己投資!高年収男性が断言「キャリアアップに必要なこと」

お金を貯蓄すべきか自己投資すべきか?

この議論には様々な考え方があり、結論はないのかもしれません。しかし、『株式会社ビズリーチ』の調査によると、平均年収974万円の30代は「20代は貯蓄よりも将来に、自己投資をすべき」と回答しているのです。

20代の方はもちろん、30代でも自己投資をしなければいけないのは間違いないでしょう。今回は平均年収974万円のビジネスパーソンから読み取る、あなたがキャリアアップに必要なことについてお話しします。

■30代で自己投資は必要?

先に紹介したアンケートの調査対象となったのが、30代以上の社会人で平均年収が974万円の人。彼らに「20代のお金の使い方で、自己投資と貯蓄とどちらがよいか?」と質問したところ、なんと85%が「将来のためにできるだけ自己投資するべき」と回答したのです。

また「30代のキャリアに役立てるためにやっておくべきこと」については、「多くのもの・人に触れる」「英語などの語学力を高める」「スキルを磨く」「自分のための勉強をする」「たくさん失敗する」といったことが挙げられました。

■30代から始める自己投資とは?

では、30代で行う自己投資とは一体どのようなものが良いのでしょうか。それは、20代で得た経験やスキルをもとに、多くの企業で生かせるスキルにブラッシュアップしていくということではないでしょうか。

確かに今働いている会社で必要とされるスキルをさらに伸ばす必要はあるでしょう。しかし、その会社がずっと存続していく保証はあるとは言えないかもしれませんし、特定の企業でしか使えないスキルを身につけても仕方ありません。

それよりも、どの企業に行っても求められるようなプレゼンテーション能力、英語能力、交渉力といった力を身につける方が長い目で見ると大きなプラスを与えます。ぜひ、そのような一社会人としてのスキルを身につけてもらえたらと思います。

無駄な資格取得に走るな!0円でも役立つ「本当の自己投資」とは?

キャリアアップのために語学や簿記の勉強、資格取得に挑戦したい!と考えている人は多いでしょう。自分に投資することによって、上司に指示される立場から、部下を指示する立場にキャリアアップできるかもしれません。

しかし、半分以上のサラリーマンは“自己投資”に対して勘違いをしているようです。後輩から「あの先輩、なんで意味のない資格ばかり取ってるの?」と冷ややかな目で見られる…なんてことも考えられます。

今回は、そのような資格コレクターにならないために、本当の自己投資とは何か?また、今やるべき自己投資についてお話しします。

■本当の自己投資ってなに?

そもそも世間一般のサラリーマンは、なぜ自己投資するのでしょうか。おそらく多くの人は自分のキャリアアップを考えているでしょう。

では、どんな自己投資をすれば自分のキャリアアップに結びつきますか?

この辺りをきちんと考えられている人は多くありません。自己投資と一言で言っても、資格のような勉強から、コミュニケーション能力のような対人スキルを上げる方法まで様々です。

自分の目的(キャリアアップ)と手段(資格?コミュニケーション能力?)をきちんと考えることが、あなたの目的を達成させる本当の自己投資となるのです。

■やっぱり読書は外せない!

では、0円でできる本当の自己投資とはなんでしょうか。

まず、読書は1つの選択肢としてあります。「歴史は繰り返される」ということわざもあるように、多くの成功者には法則が存在します。そういった法則を過去の偉人から学ぶことにより、あなたも成功者の第一歩を踏み出すことができるのです。

■ボランティア活動

『嫌われる勇気』でも有名な心理学者のアドラーによると、人間の全ての悩みは対人関係から来るそうです。1つのコミュニティしか持っていないと、そのコミュニティから抜けることになったとき、言い知れぬ虚無感に襲われます。

ですから、ボランティア活動のように新たなコミュニティを持っておくのは安定した精神状態を保つための有効な手段と言えるでしょう。

■ランニング

人間の資本は誰もが体です。健康なくして仕事でいい成果が望めるはずもありません。運動は気分的なリラックスにもなりますし、見た目が良くなれば自信がつきます。ぜひ、積極的に取り入れてもらえたらと思います。

年収アップはここから始まる!通勤時間にできる「自己投資方法」3選

毎日通勤する社会人の多くは電車で通勤しているでしょう。毎朝、会社に向かうために人で埋まっている電車に乗り込み、時間をかけて通勤しているという人も少なくないようです。

『アットホーム株式会社』のデータによると、1 都 3 県に暮らす社会人が通勤にかかる時間は平均で58分。つまり、往復ではなんと2時間近く通勤にかけているのです。このような時間をスマホでゲームをして過ごすのも悪くないですが、この時間を自己投資に回すことによって、よりあなたのキャリアアップに近づくことができるのです。

今回は毎日の電車でできる自己投資とその方法についてお話しします。

■読書

まず、最も気軽にできる方法と言えば読書ですね。高収入の人は読書に多くの時間をかけていることからも、まとまった時間を確保できる電車はまさに最適な場所といえます。

しかも、オススメは図書館を利用することです。本を借りに行く時間がない!という方もいるかもしれませんが、一度借りてしまえば大抵の図書館で2週間借りられるので週末にまとめて借りるといいでしょう。

■ニュースチェック

流れの速い毎日の情報をチェックしておかないと、ビジネスマンは仕事面で不利になるかもしれません。最近ではどの企業もIT化が進んでおり、「昨日の当たり前が今日の当たり前とは限らない」と言われるほど変化が速いです。

そのような時代に対応するためには毎日のニュースチェックは欠かせません。ニュースチェックで経済を読み取り、投資に繋げるなんてこともできるので、電車の中でニュースチェックは有効な手段になりえますね。

■生活の中で気になったことをチェック

上記の2つは、もしかしたらあなたの生活に直結するまでに時間がかかるかもしれません。しかし、毎日の生活の中で「これってどういう意味だろう?」と疑問に思ったことをきちんと理解しておくことは非常に重要です。

普段から“自分が理解できなかったこと”にアンテナを張っておき、毎日の電車で調べて知識をつけておくと、思わぬ形で貢献することも十分にあり得ます。そのような身近なことを知っておくと毎日の生活がより楽しいものになるでしょう。

いかがだったでしょうか。電車の時間はどうしても持て余してしまいがちですが、様々な自己投資ができる時間でもあります。このような自己投資を重ねることで高収入の道も開けるので、ぜひ実践してみてください。

運命の会社と巡りあう!? 「理想の転職を叶えるために」大切なこと

転職で自分の人生を再出発させる! そのように考えて意気揚々に転職活動をする人もいるでしょう。一般的に転職をするのであれば35歳が一つの区切りと言われるため、早く転職しなければいけない! と感じているのではないでしょうか。

しかし、実際に転職によって思い望むような収入や立場が得られた人ばかりではありません。「転職をすれば全てが上手くいく」というような宣伝文句をよく聞きますが、そう上手く進められないのが現実のようです。

では、あなたにとって「満足するような転職とは何か?」ということについて考えてみましょう。

■転職で何を求めるか?

そもそも転職しようと考えている人は、転職に何を求めますか? 今の状況が悪いから転職するというのも一つの考え方かもしれません。しかし、それだけでは多くの場合、転職で思うような職に就けていない人が多いでしょう。

というのも、そのような人は仮に自分が望むような会社であっても自分が「なぜ転職したいのか?」という疑問に明確に答えられることはありません。転職でキャリアアップしたいという人も、なぜキャリアアップしたいのか? を明確に答えられる必要があるでしょう。

■そもそもキャリアアップとは?

転職でキャリアアップしたい!と考えても、キャリアアップも人それぞれで考え方が変わります。年収を上げたいと考える人もいれば、より大きなプロジェクトで影響力を与えたいと考える人もいるでしょう。中小企業から大企業と考える人もいれば、課長から部長へと役職が上がることを重視する人もいます。

そのような様々な選択肢が与えられた状況で、自分が転職に何を重視するのか? ということを考えることによって、望む未来が手に入れられるでしょう。

■客観的な視点を持とう

そのようなキャリアアップについて考えた上で、転職を考えるのであれば、客観的に自分の評価がどのくらいなのかという視点を持つ必要性があります。自分は過去にどのような業績を上げているのか、新たな会社では自分の強みは生かせるのか、自分の強みを理解しておらず、どのように発揮するか方法を具体的に話せない人は、どこに転職しても自分の力を存分に発揮できません。それどころか、以前の会社の方が良かったと後悔することすら考えられます。

自分が仕事で何を求めるのか? その会社で自分が貢献できるポイントは何なのか?その辺りを今一度見直してもらえたらと思います。

ランキング