【iPhone 7/7 Plus】を充電しながらイヤホンも使える!2股アダプタが発売

7329.jpg

 新たに登場したiPhone 7/7 Plusでは、3.5mmイヤホンジャックがなくなった。今後は、Lightning端子から音楽を聴くことになるわけだが、それでは充電しながらイヤホンを挿すことができない。そんな問題を察してか、Appleおよびモバイル周辺用品で知られるBelkinは、2股のアダプタを早速発表している。

 いずれも、アダプタが2股に分かれている点は共通だが、 iPhone 7/7 PlusのLightning端子に挿すと、Appleが発売している「iPhone Lightning Dock」は、片側がイヤホンジャック、もう一方がLightning端子という商品であるのに対し、Belkinの「Lightning Audio + Charge RockStar」 は、双方ともLightning端子となっている。

 価格は「iPhone Lightning Dock」が5,616円、「Lightning Audio + Charge RockStar」は39.99ドル(約4,100円)となっている。

画像一覧

  • iPhone 7/7 Plusを充電しながらイヤホンも使える!2股アダプタがApple、Belkinから発売
  • iPhone 7/7 Plusを充電しながらイヤホンも使える!2股アダプタがApple、Belkinから発売

提供元

関連記事

関連記事

気になる価格はいくら?au、iPhone 7/7 Plusの価格を発表!

 auは9日、iPhone 7/7 Plusの価格を発表した。

 iPhone 7は、32GBが79,200円、128GBが90,720円、256GBが102,600円だが、機種変更の場合、およびMNP/新規で月々割が適用され、実質負担額は10,800円(450円×24ヶ月)からとなる。

 一方のiPhone 7 Plusは、32GBが92,880円、128GBが104,760円、256GBが116,640円だが、こちらも月々割が発生し、24,880円(1,020円×24ヶ月) からとなる。

 また、9月12日から11月30日の期間で、最新機種への機種変更がおトクになる「iPhoneかえトクキャンペーン」が開催される。これは、auユーザーが指定の最新機種に機種変更をする際、対象機種を下取りに出す場合に、通常の下取り価格に加え3,000円をau WALLETにてチャージ(入金)するもので、iPhone 7/7 Plusの購入時も適用される。

 同キャンペーンに適用となるには、「アップグレードプログラム」への継続加入や、3ヶ月以上利用の対象機種から機種変更をすることなどの諸条件がある。

 なお、ジェットブラックについては、iPhone 7/7 Plusともに、128GBと256GBのモデルのみの取り扱いになるという。

iphoneでsuicaが使える!「Felica搭載!」iPhone 7/7 Plus、10月下旬に提供開始へ

 噂されていたiPhone 7/7 PlusなどへのFelica搭載が現実のものとなった。

 Appleは、同デバイスおよびApple Watch Series 2へのFelica搭載、および電子決済サービス「Apple Pay」の10月下旬スタート(予定)をアナウンスしている。

 Felica搭載によって、ユーザーはJR東日本が発行するSuicaをデバイスに登録し、「モバイルSuica」端末として、読み取り機にかざすだけで、改札を通過できるようになる。

 また、Suica物販にも対応するので、駅ナカをはじめとした店舗での支払いが、これまでよりも格段にスムーズになることは間違いない。さらに、iPhone 7/7 Plus上からは、Suicaのチャージや、Suica定期券の購入も可能だ。

 Apple Payについては、QUICPAYおよびiDに対応。アプリケーション内での買い物や、タクシーの運賃支払いにも利用できる。

 長年待ち望まれてきた機能の搭載ということで、日本では、かなり注目機種となりそうだ。

【iPhone 7】から消えたイヤホンジャック!これからiPhoneで音楽を聴くときの注意点まとめ

 アップルが8日未明、「iPhone 7」を発表した。オーディオに関しても事前に海外の情報サイトなどが伝えていた通り、イヤホン端子が取り除かれてLightning、またはBluetoothワイヤレスによるリスニングスタイルが推奨される格好となった。今後、iPhoneで楽しむ音楽リスニングがどんな風に変わっていくのか、考察してみたい。

■さらば、イヤホン端子。Lightning/ワイヤレスに乗り換えよう

 まず最初に強調しておきたいのは、iPhone 7/7 Plusともに「Lightning-3.5mmイヤホンジャックアダプター」が同梱されるので、これまで使っていたお気に入りのワイヤードヘッドホン・イヤホンが使えなくなるという、既存のiPhone、Androidスマホユーザーに取っては「7」への買い換えのモチベーションが削がれる最悪のケースは免れた。

 ただし、当然ながらアダプターを介することになるので、外出先での音楽リスニングには備えるべきアイテムが一つ増えることになるわけだし、携帯中もケーブルが余計にぶらつく不快感は避けられないだろう。アダプターを忘れてしまうとアナログ接続のイヤホンだけが手元にあっても音楽は聴けなくなる。そこで、同じく新しいiPhoneのパッケージに同梱される「EarPods with Lightning Connector」を一緒に持ち歩くという“保険”をかけておいた方が良さそうだ。

 アップルがLightning接続による音楽リスニングよりも、本命として強調していた感じを受けたのが「ワイヤレス」だ。すでにワイヤレスイヤホンやヘッドホンを日ごろの音楽リスニングの愛機にしている方も多くいるだろう。それならば、音楽再生については特に別途投資をしなくても、お気に入りの製品がそのまま新しいiPhone 7でも使える。よりいい音を楽しみたいなら、ワイヤレスのイヤホンやヘッドホンはアップルが開発する高音質コーデックの「AAC」に対応しているものかを確認して選びたい。

■完全ワイヤレスのアップル純正イヤホン「AirPods」

 プレゼンテーションで一際スポットを当てて紹介していた製品が、完全ワイヤレスのイヤホン「AirPods」だ。通常、ワイヤレスイヤホンはプレーヤーとの間をつなぐケーブルが不要になっても、左右のイヤホンをつなぐケーブルは必要なものなのだが、AirPodsは左右のイヤホン間の音声信号を赤外線信号でつなぐことにより、安定した信号伝送を実現していると壇上では説明されていた。装着スタイルからして画期的なイヤホンなのに、16,800円(税別)というプライスは結構がんばったと言える。

 AirPodsのすごいところは2つある。ひとつはバッテリーの持続時間だ。イヤホン本体は1回の充電で最大5時間の連続リスニングが楽しめる。急速充電は15分で、最大3時間のリスニングをサポート。バッテリーケースに内蔵する充電で補えば、最大24時間の音楽リスニングに対応する計算だ。通常、左右が完全にワイヤレスなイヤホンは、本体を小型化しなければならないため、バッテリーの容積があまり取れない。従って、連続音楽再生のリミットはせいぜい2~3時間といったところに落ち着いている。キャリングケースによる充電を足しても15時間前後までという製品が多い。そこを比べるとAirPodsのタフさがわかる。アップルが独自に開発したオーディオデバイス向けの新チップ「W1」の高い処理能力がこれを実現しているようだ。パートナーであるBeatsのワイヤレスヘッドホン・イヤホンにもW1チップが展開されるようなので、同じくバッテリーの持ちの良さを特長とする製品になるかもしれない。

 もう一つはiPhoneとのペアリングがとても簡単にできるという点に注目だ。Bluetoothイヤホンなどを使ったことがある人ならわかると思うが、音楽を聴き始める前にペアリングという儀式が必要で、これがけっこう煩雑だ。アップルの製品情報には新しいAirPodsが「充電ケースから取り出すと自動でオンになり、自動でiPhoneに接続する」という。その間にNFCで必要なスマホとオーディオ機器との“ワンタッチ”すら要らないのか、iPhone以外のBluetooth機能を搭載するスマホやオーディオ機器と一緒に使えるのか、そしてこれはそもそもどんな技術なのかといった所がまだ明らかになっていない。多くを検証するためには実機のハンドリングを待つ必要がありそうだ。

■密閉型カナルタイプにしなかったのはなぜ?

 AirPodsの弱点になりそうな部分もある。イメージを見る限りAirPodsはEarPodsと同様に、ハウジングが半密閉のイヤホンであるようだ。よく電車の中などでiPhoneに付属しているイヤホンを使って音楽を聴いている人が、ボリュームを上げてシャカシャカと音漏れしてしまっていることに気が付いていない光景を目にする。半密閉型、あるいは開放型のイヤホンは伸びやかでキレのある中高域再生を得意としているが、完全に密閉されていないため、聴いている音が外に漏れる心配があるし、反対に外からの騒音が飛び込むので、音楽がきこえづらくなってボリュームを上げてしまい、結果まわりに聞こえてしまうほど音を漏らしていることがある。EarPodsより前から、アップルのサウンドチューニングの方向性として半密閉型イヤホンを選んでいるのかもしれないが、この改革の機に密閉型のカナルタイプのイヤホンにシフトチェンジしても良かったように思う。

■両耳完全ワイヤレスは、これからのポータブルリスニングを引っ張るトレンドになるか

 両耳完全独立のイヤホンは「IFA 2016」(ドイツ・ベルリン)の会場でもサムスンが新製品「Gear IconX」を発表していたほか、米国のJabraがスポーツタイプのワイヤレスイヤホンをうたう完全ワイヤレスの「Jabra Elite Sport」をブースに出展していた。これも近く商品として登場してくるらしい。その他、米国のSOL REPUBLICが試作機を3モデル開発していることを伝えていた。AirPodsの登場により、ワイヤレスによる利便性を徹底的に追求したイヤホンが、今後は国内ブランドも含めて多数出てくる期待感が湧いてきた。

 Lightning接続のイヤホンも、すでにいくつかのブランドから国内でも製品が発売されている。最初はLightning版のEarPodsを使いながら、音の好みに合わせてヘッドホン専業ブランドも聴き比べて、手持ちのイヤホン・ヘッドホンのバラエティを広げる楽しみも味わいたい。アップルのプレゼンテーションでも紹介されていたが、JBLからはLightning端子に直結して音楽を聴くだけでなく、ノイズキャンセリング機能まで活用できるイヤホン「JBL Reflect Aware」も発売されている。要注目のモデルだ。

 新しいiPhone 7とiPhone 7 Plusは、現在は使用できないNFCによるオーディオ機器とのワンタッチペアリングには対応してくるのだろうか。現在はまだ関連する情報を集め切れていないので、発売後に実機をハンドリングしながら検証もしてみたい。

イヤホンジャック廃止?【新型iPhone】の噂におびえる業界、そのワケとは?

 今年もまた、楽しみな9月がやってきた。

 IT業界の巨人Appleは、現地時間7日に開催する新製品発表イベントにおいて、iPhone 7(仮称)を発表することが予想されている。サプライチェーンをはじめとした情報筋から、iPhone 7に関するさまざまな噂が浮上しているが、最も注目すべき従来モデルとの変更点の1つは、3.5 mmイヤホンジャックの廃止だ。

 iPhoneをはじめとしたスマートフォンおよびミュージックプレイヤーでは、これまでイヤホンジャックを利用した音楽再生が主流だった。もちろん、ここ数年は、スポーツシーンを中心に、Bluetooth接続もメジャーな存在になりつつあるが、本体に充電の必要性があることや、(微細とはいえ)電磁波よる健康面への懸念から、まだその普及率には大きな差があると言っても良いだろう。

 Appleは、主力製品であるiPhoneをさらに薄く、シンプルな設計にしようとしている。これまで、本体が曲がるベンドゲート問題や、バッテリー寿命の短さが何度も指摘されてきたが、飽和したスマートフォン市場において、本体の “薄さ” は差別化ポイントの1つだ。現に、同社はMacbook Airを中心に、製品の “薄さ” 、そしてそれに伴う“軽さ” “スマートさ” に徹底的にこだわってきた。新型iPhone発表の際、毎度のごとく薄型化が強調されるのはそうしたマインドの表れだろう。デザインチームが、あくまでイヤホンを挿すためだけにあるイヤホンジャックを邪見にするのは必然といえる。

 イヤホンジャックがなくなると、当然これまで使用してきたイヤホンを挿すことはできなくなる。新たなビジネスとして、Lightning端子とイヤホンジャックの変換アダプタが登場するだろうが、ユーザーが見た目のスタイリッシュさや、持ち物を極力減らしたい意向から、Lightningイヤホンを欲するのは至極自然な流れだ。新たな需要が生まれることで、業界はさぞ潤うかと思いきや、現実はそう甘くない。

 まず、Lightning端子はAppleのいわば “専売特許” だ。同端子に対応した製品で、かつAppleからのお墨付き「MFi(Made For iPhone / iPad / iPod)」を取得するには、一定のライセンス費用が発生する。そのライセンス料は、商品金額の10%程度と高額。つまり、「Made For iPhone」の名を冠するだけで、製品原価は上がってしまう。値段が高くなれば、当然消費者は離れるため、メーカーとしてはつらい決断を強いられる。

 では、製品原価の高騰を避けるため、「Made For iPhone」を取得しなければどうなるのか。iPhoneの基本ソフトである「iOS」は、非正規品を排除する方向にあるため、仮に製品購入当初、一時的に利用できたとしても、アップデートがあれば使えなくなる可能性が高い。今では、消費者もそれを理解しているため、必然的に購入者は減ってしまう。Amazonのレビューや、SNSによる拡散などで「MFi」非対応の評判はすぐに広まり、見放されるのが関の山だ。

 それに加え、Lightningイヤホンは、これまでのイヤホンと比較して、音質(再生品質)に差を生むことが難しい可能性がある。

 すでにJBLやリンクス、ラディウスといったメーカーが同規格のイヤホンを発売しているが、気がかりなのは、価格と音質の比例具合が、従来のようにはっきりとしていないこと。これはあくまで私感だが、どれも、 “一定程度高音質” という感想だ。Lightningアダプタは現時点で、“充電端子”としての機能が優先されている、もしくは基本ソフトそのものに音質がコントロールされている可能性がある。

 iPhone 7の発売がまだの状況で決めるのは時期尚早かもしれないが、仮にこの状況が継続するとなれば、各社は音質で差別化した製品戦略を練ることが難しいということになる。

 日本における新製品発表イベントの開始時間は8日午前2時から。毎度のごとく、一般ユーザーには厳しいタイムスケジュールだが、きっとイヤホン業界関係者の視聴率は例年に増して高いに違いない。

ランキング