765万円、レンジローバー イヴォーク コンバーチブル、受注開始

7286.jpg

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、世界初となるラグジュアリーコンパクトSUVのコンバーチブルモデル、ランドローバー「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」の受注を9月9日より開始する。

レンジローバー イヴォーク コンバーチブルは、イヴォークオリジナルのデザインに踏襲しながら、個性的なシルエットを生み出す防音仕様のZ型格納式ソフトトップルーフを採用。センターコンソールのスイッチを操作することで、時速48kmまでであれば走行中でも21秒でルーフを展開、18秒でルーフを格納できる。また、折りたたんだルーフを収納するためのスペースを設けるために、フロントドア後部の車体やテールパイプ、スポイラーを新たに設計している。

インテリアは、オックスフォードレザーなど随所に高級素材を使用。また、大人4名がゆったりと座れる広々したスペースと、ルーフの開閉を問わない251リットルのラゲッジルーム、高速かつ直感的なタッチ操作が可能な10.2インチの最新インフォテインメント・システム「インコントロール タッチプロ」を備えるなど、快適性と利便性を両立している。

走行面でも、ペダル操作なしで一定速度(1.8km/h~30km/h)の前進・後退を継続できるオールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)を標準装備し、他のランドローバーモデルと同様、優れたパフォーマンスを発揮する。

安全面では横転保護のためにAピラーを強化したほか、リアクォーターパネル内に展開式ロールオーバーバーを装備。万一車が横転した場合、自動的に2本のアルミ製バーを0.09秒で作動させ、乗員のための安全なスペースを確保する。また、ステレオデジタルカメラを用いた自動緊急ブレーキ(AEB)や車線逸脱警告などの先進安全技術もオプションとして用意する。

価格は765万円。

画像一覧

  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル

提供元

関連記事

関連記事

【メルセデスベンツ C350eアバンギャルド】MBらしい走り、完成度の高さを実感…島崎七生人

グレード名でも判るように「C350eアバンギャルド」は『Cクラス』のラインアップでは、V6、V8搭載のAMGに次ぐ最上位モデル。しかもアバンギャルドだから、目の前に停められているだけでも、見るからにほどよいスポーティムードが伝わってくる。

搭載エンジン(211ps/350Nm)は4気筒の2リットルターボで「C250スポーツ」と共通。これに340Nmのトルクを発揮するモーターが組み合わせられ、ハイブリッドのシステムトータルで実に279ps/600Nmのパフォーマンスを発揮する。

さらに同車の場合、ハイブリッドシステムでHYBRID/E-MODE/E-SAVE/GHARGEの4モードが選べ、もともとの車両自体の走行モード(ダイナミックセレクトスイッチでEco/Comfort/Sport/Sport+/Individualが選べる)と組み合わせることで、非常に多彩な“走らせかた”ができるのも特徴だ。

今回の試乗時間内で前記のモードの組み合わせのすべてを確認することはできなかったが、総じて印象的だったのは、メルセデスらしい走りがいささかも損なわれていない…ということ。とくにEV走行での走り出しは、単になめらかなだけでなく、乗り味やステアリングフィールからメルセデスらしい“コク”がしっかり伝わる点に好感がもてた。実際、C250スポーツに対し車重は230kg増し。けれどその車重増さえ味方につけ、現行『Cクラス』のなかでもトップクラスの極上の乗り心地を味わわせてくれる。後部にバッテリーを搭載し、トランクの床面の奥側半分がおよそ5cmほど高くなっていたりするが、ハイブリッドだからといってクルマの素性を犠牲にしていないという訳だ。

単相三線AC200V電源を用意し自宅で充電を行なえば、近場の用事をEVとして使える。EV走行時にはエンジンルーム内で何らかのメカ音が小さく立っているが、無音であるより自然…そう思える感覚。他方でハイブリッド走行でアクセルに力を込めれば、スムースなまま十二分に力強い加速も発揮してくれ、走らせている醍醐味もひとしお。硬軟いずれの走りも自然にこなし、クルマとしてのバランス、完成度の高さに目を見張った。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

『ポケモン サン・ムーン』にオーキド博士が変わり果てた姿で登場


株式会社ポケモンは、ニンテンドー3DS『ポケットモンスター サン・ムーン』の新たな動画を公開しました。

『ポケットモンスター サン・ムーン』は、『ポケットモンスター』シリーズ最新作となるRPGです。本作は、温暖な島々からなるアローラ地方が舞台となっており、プレイヤーはさまざまな仲間やポケモンと出会い、「ソルガレオ」「ルナアーラ」といった伝説のポケモンによる物語に関わっていきます。

今回公開された映像「伝説のポケモン編」では、舞台となるアローラ地方、冒険で出会うことになるポケモン、新たなシステム「Zワザ」「ポケモンライド」、そして登場人物などこれまでに発表された情報がまとめられています。同時に、新たなゲームプレイ映像や新情報も収録している点が見どころです。

ゲームプレイ映像では、各ポケモンのバトルシーンも収録。正式な技名は確認できませんが、「キュウコン(アローラのすがた)」は“れいとうビーム”のような技を、「ナッシー(アローラのすがた)」は“ウッドハンマー”のような技を使っていることが確認できます。

また、本作には『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』などに登場したポケモン研究家「オーキド」が再登場することも明らかに。リージョンフォームについて研究しているようで、すっかり日焼けしています。

【続報】
『ポケモン サン・ムーン』のオーキドは「オーキド博士」の“いとこ”だった!フルネームはナリヤ・オーキド

なお、ウルトラビーストを紹介するシーンでは「バーネット」という名前が登場。関連性は不明ですが、3DS『ポケモンARサーチャー』には「バーネット博士」というキャラクターが登場しています。

さらに、ポケモン固有のZワザについても収録。「ミミッキュ」は「むげんあんやへのいざない」というZワザを、「キテルグマ」は「ぜんりょくむそうげきれつけん」というZワザを使いこなすようです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『ポケットモンスター サン・ムーン』は2016年11月18日発売予定です。

※画面は開発中のものです。

(C)2016 Pokemon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。

金メダリスト出身世界大学ランキング、Top10に国内2大学

 リオデシャネイロ・オリンピック2016(リオ五輪)メダリストの出身大学はどこか。世界大学ランキングで有名な英タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(Times Higher Education、THE)は、リオ五輪でメダリストを輩出した教育機関に関するランキングを発表した。

 在学生と卒業生を含むリオ五輪での金メダリスト輩出数の1位はスタンフォード大学。水泳選手のケイティ・レデッキー選手や棒高跳びのエカテリニ・ステファニディ選手などの11人の金メダリストを輩出しており、10種目で11人が16個の金メダルを獲得した。スタンフォード大学のメダル数は、フランスの国全体の金メダル数に等しく、アメリカのオリンピックチームの金メダル数の20%を占めている。

 2位はカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)だ。体操のシモーネ・バイルズ選手を含む7人が金メダルを獲得しており、5種目における金メダル獲得数は10個にのぼる。

 3位は、スポーツで有名なイギリスのラフバラー大学で6人。水泳のアダム・ピーティ選手などもラフバラー大学の施設でトレーニングに励んできた。3種目で7個の金メダルを獲得している。アメリカの南カリフォルニア大学(USC)も同じく3位。8種目で8個の金メダルを獲得している。陸上のアリソン・フェリックス選手は2個、水泳のカティンカ・ホッスー選手は3個の金メダルを保持している。

 日本からは、東海大学と日本体育大学がカリフォルニア大学バークレー校(UCB)とオーストラリアのグリフィス大学と同じく9位にランクイン。東海大学は、柔道のベイカー茉秋選手、水泳の金藤理絵選手、柔道の田知本遥選手が金メダルを獲得。日本体育大学は、体操の山室光史選手、体操の内村航平選手、体操の白井健三選手が金メダルを獲得しており、いずれの大学も3人の金メダリストを輩出している。また、東洋大学では水泳の萩野公介選手、天理大学では柔道の大野将平選手、至学館大学ではレスリングの登坂絵莉選手が金メダルを獲得している。

◆リオ五輪メダリスト輩出数の世界大学ランキング
1位 スタンフォード大学 11人
2位 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) 7人
3位 ラフバラー大学 6人
3位 南カリフォルニア大学(USC) 6人
5位 フロリダ大学 5人
5位 コネチカット大学 5人
5位 テキサス大学オースティン校 5人
8位 Russian State University of Physical Education, Sport, Youth and Tourism 4人
9位 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) 3人
9位 グリフィス大学 3人
9位 東海大学 3人
9位 日本体育大学 3人

※編集部注:THEによるランキング元「Rio Olympics 2016: which universities produced the most gold medal winners?」で萩野公介選手の出身大学が「University of Tokyo(東京大学)」と表記されてる点を修正し、表記した。

5か月連続プラス!輸入車販売…5.3%増の2万3531台 8月

日本自動車輸入組合が発表した8月の輸入車新規登録台数は、前年同月比5.3%増の2万3531台で5か月連続のプラスとなった。

外国メーカー車は同0.5%増の1万9782台で5か月連続のプラス。メルセデスやBMW、BMW MINIなどが好調だった。日本メーカー車は同41.6%増の3749台で7か月連続プラスだった。

車種別では、乗用車が同5.1%増の2万2465台、貨物車が同9.7%増の1056台、バスが10台だった。

ランキング