【メルセデスベンツ C350eアバンギャルド】MBらしい走り、完成度の高さを実感…島崎七生人

7243.jpg

グレード名でも判るように「C350eアバンギャルド」は『Cクラス』のラインアップでは、V6、V8搭載のAMGに次ぐ最上位モデル。しかもアバンギャルドだから、目の前に停められているだけでも、見るからにほどよいスポーティムードが伝わってくる。

搭載エンジン(211ps/350Nm)は4気筒の2リットルターボで「C250スポーツ」と共通。これに340Nmのトルクを発揮するモーターが組み合わせられ、ハイブリッドのシステムトータルで実に279ps/600Nmのパフォーマンスを発揮する。

さらに同車の場合、ハイブリッドシステムでHYBRID/E-MODE/E-SAVE/GHARGEの4モードが選べ、もともとの車両自体の走行モード(ダイナミックセレクトスイッチでEco/Comfort/Sport/Sport+/Individualが選べる)と組み合わせることで、非常に多彩な“走らせかた”ができるのも特徴だ。

今回の試乗時間内で前記のモードの組み合わせのすべてを確認することはできなかったが、総じて印象的だったのは、メルセデスらしい走りがいささかも損なわれていない…ということ。とくにEV走行での走り出しは、単になめらかなだけでなく、乗り味やステアリングフィールからメルセデスらしい“コク”がしっかり伝わる点に好感がもてた。実際、C250スポーツに対し車重は230kg増し。けれどその車重増さえ味方につけ、現行『Cクラス』のなかでもトップクラスの極上の乗り心地を味わわせてくれる。後部にバッテリーを搭載し、トランクの床面の奥側半分がおよそ5cmほど高くなっていたりするが、ハイブリッドだからといってクルマの素性を犠牲にしていないという訳だ。

単相三線AC200V電源を用意し自宅で充電を行なえば、近場の用事をEVとして使える。EV走行時にはエンジンルーム内で何らかのメカ音が小さく立っているが、無音であるより自然…そう思える感覚。他方でハイブリッド走行でアクセルに力を込めれば、スムースなまま十二分に力強い加速も発揮してくれ、走らせている醍醐味もひとしお。硬軟いずれの走りも自然にこなし、クルマとしてのバランス、完成度の高さに目を見張った。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

<関連記事>

画像一覧

  • メルセデスベンツ C350eアバンギャルド
  • メルセデスベンツ C350eアバンギャルド
  • メルセデスベンツ C350eアバンギャルド
  • メルセデスベンツ C350eアバンギャルド
  • メルセデスベンツ C350eアバンギャルド
  • メルセデスベンツ C350eアバンギャルド
  • メルセデスベンツ C350eアバンギャルド
  • メルセデスベンツ C350eアバンギャルド

提供元

関連記事

特集

関連記事

5か月連続プラス!輸入車販売…5.3%増の2万3531台 8月

日本自動車輸入組合が発表した8月の輸入車新規登録台数は、前年同月比5.3%増の2万3531台で5か月連続のプラスとなった。

外国メーカー車は同0.5%増の1万9782台で5か月連続のプラス。メルセデスやBMW、BMW MINIなどが好調だった。日本メーカー車は同41.6%増の3749台で7か月連続プラスだった。

車種別では、乗用車が同5.1%増の2万2465台、貨物車が同9.7%増の1056台、バスが10台だった。

今度は「GTI」の画像リーク!?「VW ゴルフ」改良新型は?

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンの主力車種、『ゴルフ』。近い将来、発表が予想される同車の改良新型モデルについて、ハッチバックとワゴンに続き、今度は高性能な「GTI」の画像がリークされた。

これは、オランダの自動車メディア、『AUTO BLOG.NL』に掲載されたもの。同メディアが、改良新型『ゴルフGTI』の画像を独自に入手。読者に向けて、公開している。

現行ゴルフGTIは2013年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー13でワールドプレミア。ゴルフGTIは、歴代ゴルフに用意されてきた伝統のスポーツグレード。現行型のエンジンは、新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」。最大出力は220ps、最大トルクは35.7kgmを発生する。

これでも物足りない顧客のために、フォルクスワーゲンは、歴代ゴルフGTIとしては初めて、「GTIパフォーマンス」を設定。最大出力はさらに10ps上乗せされ、230psを引き出す。0‐100km/h加速は6.4秒、最高速は250km/h(リミッター作動)と優れた動力性能を示す。

同メディアに掲載された改良新型ゴルフGTIの画像からは、GTI伝統のメッシュグリルを保ちながら、フロントバンパーを中心に、フェイスリフトが施されているのが確認できる。

数分で売切続出か!最大50%OFF「九州ふっこう割」第二弾9/9より販売

今年夏に販売された『九州ふっこう割』はご存じですか? 第一弾は7月1日の販売開始とともにあっという間に売り切れたという、噂の大人気旅行割引の第二弾販売が9月9日(金)より始まります!

第一弾の発売時には数分で完売となってしまった商品もあったようなので、あらかじめ商品には目星をつけておきムダな時間は極力省いて、希望の商品だけを狙っていく必要がありそうです。

■九州ふっこう割 第二弾 概要

・開始日 : 9/9 10:00〜
・利用可能期間 : 10月〜12月

■目的地によって割引率が異なります!

▼熊本、大分は最大50%OFF
▼福岡、長崎、佐賀、宮崎、鹿児島は最大40%OFF

熊本地震による復興のための政府施策となるため、被害中心地である熊本、大分がすこし多めの割引額である50%OFF。九州他県でも40%もOFFになるのは嬉しいですね。

■申込方法は3パターン

九州ふっこう割を利用する方法は下記の3つのパターンのみです!

・ネット系旅行予約サイト
・旅行会社の窓口
・全国のコンビニエンスストア端末(九州ふっこう割宿泊券のみ、対象外のエリアがあります)

完売となったあとも、キャンセルが出たタイミングなどで運良くお得に九州へ旅行が出来る可能性もあるのでこまめにサイトをチェックすることをおすすめします。

せっかくお得に九州旅行ができる分、復興の手助けと思ってすこしお財布の紐をゆるめてみてはいかがですか?

「#ポケモンGO」による日本で最初に起きた死亡事故、39歳の男を起訴

8月中旬、徳島県徳島市内で軽ワゴン車を運転中にゲームアプリ(ポケモンGO)をプレイし、歩行者2人をはねて死傷させた39歳の男について、徳島地検は2日に自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死傷)罪で起訴した。

問題の事故は2016年8月23日の午後7時35分ごろ発生している。徳島市方上町付近の県道(片側1車線の直線区間)で、徒歩で横断歩道を渡っていた女性2人に対し、交差進行してきた軽ワゴン車が衝突。72歳の女性が死亡、60歳の女性が骨折などの重傷を負った。

クルマを運転していた男はスマートフォンのゲームアプリ「ポケモンGO」をプレイ中で、前方不注視の状態で事故を起こしていたと判明。警察は過失傷害の現行犯で逮捕していた。

検察は「前方不注視が事故につながった」と判断。事故で2人が死傷している点を考慮し、男を過失致死傷の罪で起訴した。認否については明らかにされていない。

「ポケモンGO」については全国で負傷事故が相次いでいたが、徳島で起きたこの事件が日本国内で最初の死亡事例となっていた。このほかにも愛知県内で1件の死亡事故が発生している。

ランキング