飽きっぽいB型に最適な資産運用法は?【血液型別お金の貯め方】

6870.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・血液型

<Point>

1血液型によって、お金の貯め方のコツがある

2男女で微妙に違いがある

3B型は自由奔放・独自路線

血液型占いを信じる人も信じない人も、血液型によってなんとなく性格が違うのはわかると思います。人は性格や考え方に合わせた行動をすると効果が出やすいものです。お金を貯める場合、B型はどんな方法が効果的なのでしょう。

■B型女性:独自のお金の貯め方が得意・でもギャンブル化しないよう注意

⚫️特徴

B型女子はマイペースで単独行動が好きなので、みんなで一緒に家計簿をつけましょうとか、人と同じ株を買うということは向いていません。むしろ、個性的と言われたいタイプなので、資産運用に限らず、副業など、自分独自の貯め方を見つけるのがうまいでしょう。ただし、自分のやり方を貫くのはいいのですが、頑なに人の意見を聞かないのは危険です。専門家の意見を聞いたり、しっかり情報収集してください。

⚫️資産運用するなら…

とくに、新しい金融商品は柔軟なので、いいものなのか、まゆつばなのかしっかり見極めることが重要です。さもないと、ギャンブルになりがちです。説明を聞いていて「ん?」と思ったら、正直に質問して、納得のいった商品を取り入れてください。

⚫️B型女性の注意事項

基本的にB型女性はお金を使ってしまいがち。あまり貯めることに自信がない人は、強制的にお金が貯まる積立預金や、貯蓄性の高い保険に入ってしまうのもお勧めです。

■B型男性:気まぐれでコツコツ貯金は不向き・運用を任せられる投信信託がおすすめ

⚫️特徴

B型男性も周りに流されず、独自路線でいきますが、気まぐれで飽きっぽいところがあります。ですから、コツコツ貯金も向いていませんし、時間をかけて投資用不動産を探すのも向いていません。

⚫️資産運用するなら…

自分で株の値動きを見ているよりは、投資信託で運用してもらう方が向いています。ある程度まとまったお金があるのであれば、投資先を金融機関に一任するファンドラップもいいかもしれません。

⚫️B型男性の注意事項

B型男性は自由奔放で遊び好き、さらに浪費家でギャンブル好きな傾向があるので、基本的にお金が貯まりません。節約は最も苦手です。強制的にお金を貯めるのであれば、積立預金もいいですし、積み立て型の金もおすすめです。貯金よりも利回りがよくなる可能性もありますし、仮に損が出ても細かいことは気にしないので、積み立てた金が手元に残ればいいと考えることができるからです。

いうまでもなく、お金の使い方は収入、家族環境、年齢など様々な要素に影響されます。これはあくまで「血液型」という側面から見たときを述べていますので、参考程度にしてください。

参考
A型は計画性が高いが株に不向き?【血液型別お金の貯め方】
O型は大雑把で節約が苦手⁉︎【血液型別お金の貯め方】【血液型別お金の貯め方】

<関連記事>

画像一覧

  • 飽きっぽいB型に最適な資産運用法は?【血液型別お金の貯め方】

執筆者

阿部理恵

約20年間商社勤務。貿易部門、印刷部門などで営業職として従事。保険部時代に個人向け医療保険・法人損保などを担当し、 FPの資格取得。 自ら大病、転職、起業を経験し、お金の知識が必須であると実感。 心理カウンセラー、LABプロファイルインストラクターなどの知識と併せ、メンタル面からお金の話を解説。 俳人としての顔も持ち、経済的豊かさと心の豊かさをテーマに活動中。 ★ブログ:http://ameblo.jp/kittywhite2000/

阿部理恵

関連記事

特集

関連記事

性格や費やす時間から見るあなたに合った最高の投資スタイルとは?

あなたは自分の投資スタイルについて考えたことがあるでしょうか。投資スタイルには性格や投資にかけることができる時間、求める結果などを考えながら投資することになるでしょう。

自分に合った投資法は様々なメリットをもたらします。堅実に投資をしたいと考える人がリスクの高い投資をすることは精神的にも良くないですし、逆にしっかりと勉強してハイリスクでもハイリターンの投資をしたいと考えるのであれば、長期投資はつまらないと感じるでしょう。
今回はデイトレード、スイングトレ−ド、長期投資について、それぞれ向いている人を考えてみましょう。

・デイトレード
毎日投資をリアルタイムで行っているので、利益率の高さは言うまでもないでしょう。ただし他のトレードに比べると負ける経験も勝つ経験も圧倒的に多くなります。負けが込んできてイライラするということも少なくないでしょう。
デイトレードで稼ぎたいと考える人はリアルタイムで株のチャートを見ることができる主婦や専業でデイトレードを行っている人というのは絶対条件ですが、それだけでなく、負けたときにも冷静に状況を分析し、引きずらないような人がデイトレードに向いていると言えるでしょう。

・スイングトレード
スイングトレードは1回の取引を数日から1週間の間に行うトレードのことを指します。スイングトレードはデイトレードほど短期ではないので、相場全体の動きの把握ももちろんですが、その会社自体に株価が上がる要素があるか見極められなければなりません。
ただ取引自体はデイトレードと違ってリアルタイムに張り付く必要もないので、サラリーマンの方にとっても最もやりやすい投資法と言えるでしょう。利益率も低くなく、堅実な取引、テクニカル分析をすれば資金を順調に増やすことができるでしょう。

・長期投資
最後に数ヶ月から数年に渡って投資を行う長期投資についてです。最近話題の株主優待もこの長期投資のジャンルに入りますが、特徴としては最も損を出しにくい投資法ということです。
というのも例え一時的に株価が下落したとしても、大きな影響が出ないからです。長期投資を行っていると配当金や株主優待といった金品がもらえるので、安定的な資産運用を行いたいと考える高齢な方や資金に余裕があるので運用したいと考える人にとっておすすめの投資方法です。

自分のライフスタイルや求める結果に合った投資方法を探して行きましょう。

A型は計画性が高いが株に不向き?【血液型別お金の貯め方】

血液型占いを信じる人も信じない人も、血液型によってなんとなく性格が違うのはわかると思います。人は性格や考え方に合わせた行動をすると効果が出やすいものです。

心理カウンセラーでFPも務める筆者が、そんな人の特徴について女性と男性とわけて解説しましょう。まずはA型の人におすすめのお金の貯め方についてご紹介します。

■A型女性:家計簿が得意なタイプ・資産運用するなら専門家のもとへ

⚫️特徴

A型の女性は几帳面で細かいことが得意、心配性で、人の評価も気にするので、資産運用というよりは、家計簿をつけるとか、定期預金など安全な商品でコツコツ貯金をするのに向いています。節約も得意ですが、我慢しすぎると一番爆発しやすいタイプです。周りの人とアイディアの情報を共有して楽しみながら節約しましょう。

⚫️資産運用するなら…

もし資産運用したい場合は、比較的安全な投資信託やETFから始め、自分ですべてやるというよりは専門家に相談する方がよいでしょう。少額から分散投資を心がけて常にリスクヘッジを心がけましょう。

⚫️A型女性の注意事項

一度やると決めたらやり通すので、損した時に損切ができなくなるかもしれません。予め、損切ラインを決めてから始めましょう。世渡り上手な人を苦手とするので、うまい投資話には引っかからないタイプです。

■A型男性:コツコツ積立貯金が最適・株は不向き

⚫️特徴

A型の男性は計画性があって管理能力にたけているので、「いつまでにいくら貯める」という計画表を作りましょう。コツコツと積立貯金、給与天引きの財形などが向いています。

心配性でストレスを感じやすいので、値動きに一喜一憂するような株は向いていません。マイナスに傾いても、プライドが高いのと、計画を貫こうとする性格も災いして、なかなか損切りができません。

⚫️資産運用するなら…

金融商品にはいろいろありますが、人の気持ちを見分けるのがうまいので、積極的に売り手や専門家の話を聞いて情報収集すると、いい商品にたどり着きやすくなります。協調性があるので、信頼のおける同じ目標を持った仲間で集まって情報収集するのもいいでしょう。

⚫️A型男性の注意事項

不動産投資も最初にきちんと勉強して買えば比較的安定していますが、入居者に神経質になることもあります。管理は自分でするのではなく、管理会社に任せた方がよいでしょう。

言うまでもなく、お金の使い方は収入、家族環境、年齢など様々な要素に影響されます。これはあくまで「血液型」という側面から見たときを述べていますので、参考程度にしてくださいね。

目指せ貯金2000万円!「月1万円で始められる」貯蓄生活

「貯金がなかなか増えない」

そのように思う方は少なくないのではないでしょうか。毎月決まった金額を貯金していても、思うように残高が増えずに煮え切らない思いをしている人もいるでしょう。しかし、だからといって毎月の貯金額を大きくしても、今度はお金がないから人との付き合いもできない状況に陥ることになるかもしれません。

その結果、付き合いを良くしていた同僚は全員出世していくのに自分だけはいつまでも出世できないなんてことにもなりかねません。そこで今回は毎月1万円だけ貯金して様々な方法で運用することで、どれくらいのお金が貯まるのか調べてみました。

■何もしなければどれくらい貯まる?

仮に毎月1万円貯め続けたら、定年までにどれくらい貯まるのでしょうか。現在、35歳の人であれば定年までの期間が30年間です。毎月1万年貯金するとなると年間で12万円ですので、30年間で合計360万円貯金することができます。

しかし360万円となると、個人差はあるでしょうが、3年ほど普通の生活を送れば全てなくなってしまう金額ですね。

■定期預金で運用してみる

安全な資産運用の方法として円定期預金が挙げられます。金額や受け入れ年数にも依存しますが、定期預金の金利は良くて年率0.2%。仮にとても優れた定期預金(1年受け入れ、年率0.2%)に預けたとすると30年後には約480万円になります。こちらも1年生活をする金額が増えるかどうかくらいですね。

■貯蓄型保険で運用する

では、貯蓄型保険ではどうでしょうか。貯蓄型保険では年率ではなく数十年単位でお金を預け、返済されるときに金利も上乗せされます。貯蓄型保険で優れているものでも戻ってくるのは元のお金のおおよそ110%程度ですので、30年後には396万円になります。なかなかいい運用方法が見つからないですね。

■株式投資で運用する

最後に株式投資で運用した場合を考えてみましょう。株式投資では様々な投資方法があるので一概には言えませんが、それなりにトレードする方であれば、年率10%は確保できると仮定します。

この場合、30年間でなんと2,000万円弱のお金を手に入れることができるのです。貯蓄だけなら30年かかって360万円ですが、投資すると半分の15年で360万円貯めることができるので、驚きです。

もちろん計算値ではありますが、十分に達成可能ラインだと思われます。毎月多額のお金を貯金するのが嫌だという人はぜひ投資も視野に入れてみて下さい。

ランキング