イヤホンジャック廃止?【新型iPhone】の噂におびえる業界、そのワケとは?

7193.jpg

 今年もまた、楽しみな9月がやってきた。

 IT業界の巨人Appleは、現地時間7日に開催する新製品発表イベントにおいて、iPhone 7(仮称)を発表することが予想されている。サプライチェーンをはじめとした情報筋から、iPhone 7に関するさまざまな噂が浮上しているが、最も注目すべき従来モデルとの変更点の1つは、3.5 mmイヤホンジャックの廃止だ。

 iPhoneをはじめとしたスマートフォンおよびミュージックプレイヤーでは、これまでイヤホンジャックを利用した音楽再生が主流だった。もちろん、ここ数年は、スポーツシーンを中心に、Bluetooth接続もメジャーな存在になりつつあるが、本体に充電の必要性があることや、(微細とはいえ)電磁波よる健康面への懸念から、まだその普及率には大きな差があると言っても良いだろう。

 Appleは、主力製品であるiPhoneをさらに薄く、シンプルな設計にしようとしている。これまで、本体が曲がるベンドゲート問題や、バッテリー寿命の短さが何度も指摘されてきたが、飽和したスマートフォン市場において、本体の “薄さ” は差別化ポイントの1つだ。現に、同社はMacbook Airを中心に、製品の “薄さ” 、そしてそれに伴う“軽さ” “スマートさ” に徹底的にこだわってきた。新型iPhone発表の際、毎度のごとく薄型化が強調されるのはそうしたマインドの表れだろう。デザインチームが、あくまでイヤホンを挿すためだけにあるイヤホンジャックを邪見にするのは必然といえる。

 イヤホンジャックがなくなると、当然これまで使用してきたイヤホンを挿すことはできなくなる。新たなビジネスとして、Lightning端子とイヤホンジャックの変換アダプタが登場するだろうが、ユーザーが見た目のスタイリッシュさや、持ち物を極力減らしたい意向から、Lightningイヤホンを欲するのは至極自然な流れだ。新たな需要が生まれることで、業界はさぞ潤うかと思いきや、現実はそう甘くない。

 まず、Lightning端子はAppleのいわば “専売特許” だ。同端子に対応した製品で、かつAppleからのお墨付き「MFi(Made For iPhone / iPad / iPod)」を取得するには、一定のライセンス費用が発生する。そのライセンス料は、商品金額の10%程度と高額。つまり、「Made For iPhone」の名を冠するだけで、製品原価は上がってしまう。値段が高くなれば、当然消費者は離れるため、メーカーとしてはつらい決断を強いられる。

 では、製品原価の高騰を避けるため、「Made For iPhone」を取得しなければどうなるのか。iPhoneの基本ソフトである「iOS」は、非正規品を排除する方向にあるため、仮に製品購入当初、一時的に利用できたとしても、アップデートがあれば使えなくなる可能性が高い。今では、消費者もそれを理解しているため、必然的に購入者は減ってしまう。Amazonのレビューや、SNSによる拡散などで「MFi」非対応の評判はすぐに広まり、見放されるのが関の山だ。

 それに加え、Lightningイヤホンは、これまでのイヤホンと比較して、音質(再生品質)に差を生むことが難しい可能性がある。

 すでにJBLやリンクス、ラディウスといったメーカーが同規格のイヤホンを発売しているが、気がかりなのは、価格と音質の比例具合が、従来のようにはっきりとしていないこと。これはあくまで私感だが、どれも、 “一定程度高音質” という感想だ。Lightningアダプタは現時点で、“充電端子”としての機能が優先されている、もしくは基本ソフトそのものに音質がコントロールされている可能性がある。

 iPhone 7の発売がまだの状況で決めるのは時期尚早かもしれないが、仮にこの状況が継続するとなれば、各社は音質で差別化した製品戦略を練ることが難しいということになる。

 日本における新製品発表イベントの開始時間は8日午前2時から。毎度のごとく、一般ユーザーには厳しいタイムスケジュールだが、きっとイヤホン業界関係者の視聴率は例年に増して高いに違いない。

画像一覧

  • iPhone (C)Getty Images
  • Apple (C) Getty Images

提供元

関連記事

関連記事

【未来のiPhoneはこれ!?】 Appleが特許取得で見えてくる、未来のカタチ

 Appleが、またも気になる特許を取得した。2014年に「iPhone 6 / 6 Plus」を発売したが、大型化して画面が見やすくなったという評価もある一方で、一部ユーザーからは、片手で操作がしにくいといった声もある。

 Appleもこれを認識したのか、今年3月には4インチ回帰となる「iPhone SE」を発売したが、昨今のスマートフォンのメインストリームが大型化に向かっていることからも、旗艦モデルをこうした小型のモデルに戻すことは考えづらい。今回取得した特許は、先述のような、大型化による弊害を解決する可能性のあるものだ。

■デバイスがユーザーの利き腕やどちらの手で持っているかを認識

 アメリカ合衆国特許商標庁が6月23日に公表したデータによると、奇しくも「iPhone 6 / 6 Plus」が発売された2014年12月に申請されたというこの特許には、iPhoneと思われるデバイスが、ユーザーの利き腕や、(ユーザーが)デバイスを持っている腕が右か左かを認識する技術が複数含まれている。

 まずは、ディスプレイ側面にセンサーを搭載したタイプ。ユーザーが右手/左手のどちらを使用しているかを触れる指の位置を用いて検出している。

 次に、モーションセンサーを搭載したタイプ。画像では、ユーザーがどちらの腕でデバイスを使っているのかを、検出している様子が確認できる。

 さらには、ユーザーがどちらの手でデバイスを使っているのかをデバイスに登録するために、画面上に弧を描くタイプ。こうした方法によって、デバイスが利き腕などを認識することにより、アプリアイコンが触りやすい位置に移動する様子が確認できる。

■消えた「スライドでロック解除」復活なるか

 iPhoneでは、これまでスライドでロックを解除してきたが、先般発表された次期基本ソフト「iOS 10」では、ロックはホームボタンを押して解除するよう変更された。

 このロック解除方法の変更には賛否両論がありそうだが、もしかすると将来的に復活もあるかもしれない。取得した特許には、ユーザーの利き腕を認識することで、「スライドでロック解除」のスライド方向を変更する内容が含まれている。

 もちろん、今回の件はAppleがあくまで特許を取得したに過ぎず、同社がこうした技術を使用するのか否かについては明らかでないが、いろいろと期待したい内容である。

目玉は【#相棒ポケモン】『#ポケモンGO』、次回のアップデート内容

ナイアンティックは、iOS/Android向けゲームアプリ『ポケモンGO』の次回アップデート内容の一部を公開しました。

それによると、次回のアップデートにて新要素「相棒ポケモン」が追加されます。手持ちのポケモンからお気に入りのポケモンを相棒として選ぶと、そのポケモンがトレーナープロフィール画面でアバターの横に表示。その状態で歩くと、アメをボーナスとして入手できるようになります。この相棒ポケモンは、いつでも変更可能とのことです。

次回アップデートの予定日は、現時点において判明していませんが、この「相棒ポケモン」によってポケモンの強化がさらに捗りそうです。

えっ!?iOSユーザーは、Androidユーザーの倍近く、アプリで買い物をしている!

 パソコンにおけるWindowsとは異なり、スマートフォンのOSでは「iOS」と「Android」がいまだシェア争いを続けている。それぞれが利点・欠点を持っており細かな違いもあるが、スマートフォンの基本機能や操作性は同じで、アプリもほぼ同じラインアップが揃っている。

 「iOS」と「Android」については、片方しか使ったことがない人、乗り換えた人、併用している人がいるわけだが、実際、両者の使われ方に大きな違いはあるのだろうか? ジャストシステムでは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して『iOSとAndroidでのスマートフォン利用に関する調査結果』を実施。26日に結果を発表した。スマートフォンを所有する10~50代の男女1,125名から回答を得ている。

 まず全利用者に、スマートフォンのOSを尋ねたところ、「iOS」66.6%、「Android」30.8%、「その他」1.3%、「よくわからない」1.3%との結果に。他社調査では、両OSのシェアはほぼ拮抗もしくはAndroid優勢としているものもあるが、今回の調査対象については、iOS利用派が多かったようだ。

 そのうえで、調査結果によると、アプリの位置情報を「すべてオフ」にするのはAndroidユーザーのほうが、アプリストアから音楽をダウンロードするのはiOSユーザーのほうが、スマホカメラを毎日使うのはiOSユーザーのほうが多いことなどが分かったという。

 まずスマートフォンでネットショッピングする人のうち、「Webで買う場合が多い」人は44.1%、「アプリで買う場合が多い」人は28.5%、「Webもアプリも同じくらい」の人は22.8%だった。このうち「アプリで買う場合が多い」人についてOS別に見ると、Androidユーザーでは18.5%なのに対し、iOSユーザーは32.5%で倍近かった。

 一方、スマートフォンの位置情報設定について、53.9%の人が「アプリによってオンとオフを使い分けている」と回答。「すべてオフにしている」人についてOS別に見ると、iOSユーザーが17.2%なのに対し、Androidユーザーは31.8%とかなり高め。位置情報については、Androidユーザーのほうが気を遣っているようだ。

 「音楽ダウンロード」は、「パソコンから取り込む」人が最多の30.2%、次いで「アプリストアなどからダウンロード」16.6%だった。「アプリストアなどからダウンロード」する人をOS別に見ると、iOSユーザーは21.2%だがAndroidユーザーは6.4%とかなり低め。やはりiPod時代から取り込んでいる層が、引き続きiTunes Storeを利用し音楽を購入していると思われる。

 スマートフォンのカメラを「ほぼ毎日利用する」人は23.1%。OS別では、iOSユーザーの26.3%、Androidユーザーの16.5%となっており、iOSユーザーのほうが高め。写真加工アプリを利用するのも、iOSユーザー48.7%に対し、Androidユーザーは29.5%に留まった。

 こうして見ると、同じスマートフォンといえ、かなりの習慣の違いが明らかとなった。自分のスマートフォンのOSにより、使い方を見直すきっかけになるだろう。

【月額500円~】LINE使い放題「LINEモバイル」開始

 LINEが、いよいよ格安SIMサービス「LINEモバイル」を開始する。同社は5日、都内でサービス発表会を開催し、その詳細を明らかにした。本日5日14時より、限定2万件で先行販売を行い、本販売は10月1日を予定している。申し込みはLINEモバイルのウェブサイトで受け付ける。

 LINEモバイルでは、「LINEフリー」、「コミュニケーションフリー」という2つのプランを用意。「LINEフリー」プランは3種あり、月額500円・1GBでLINE使い放題(音声通話・トーク、画像、動画の送受信、タイムライン)のコースをベースに、SMS付きで620円、音声通話付きで1,200円。

【LINEフリー】
●基本機能:
LINE使い放題(音声通話・トーク、画像、動画の送受信、タイムライン)とデータ通信1GB
・基本機能のみ=月額500円
・基本機能+SMS=月額620円
・基本機能+音声通話付き=月額1,200円

 「コミュニケーションフリー」プランは、LINE、Twitter、Facebookの3つのSNSが使い放題なるというもの。料金は月1,110円~で、データ通信+SMSとデータ通信+音声通話ともに用意。それぞれに、データ容量は3GB・5GB・7GB・10GBの4種ある。

【コミュニケーションフリー】
●基本機能:
LINE(音声通話・トーク、画像、動画の送受信、タイムライン)、Twitter(タイムライン、ホーム、ニュース、通知、メッセージ機能、プロフィール編集)、Facebook(タイムライン・ニュースフィードの投稿、リクエスト、お知らせ、その他の画面表示、プロフィールの編集)のすべてが使い放題
<基本機能+データ通信+SMS>
・3GB=月額1,110円
・5GB=月額1,640円
・7GB=月額2,300円
・10GB=月額2,640円
<基本機能+データ通信+音声通話>
・3GB=月額1,690円
・5GB=月額2,220円
・7GB=月額2,880円
・10GB=月額3,220円

 LINEモバイルでは、以下のサービスも特徴としている。
・LINEにおける年齢認証・ID検索が可能になるほか(18歳以上、全プランで本人確認実施)
・データ通信でもLINEアカウントの新規作成が可能
・LINEポイントとの連携
・月額基本料金の1%をLINEポイントに還元
・ユーザーどうしでのデータプレゼント
・フィルタリングサービスの無償提供

 また格安SIMに加えて、SIMフリースマートフォンやタブレットの販売も実施。スマホはAQUOS mini SH-M03(49,800円)、arrows M03(32,800円)、arrows M02(29,800円)、HUAWEI P9 lite(28,800円)、BLADE V7 Lite(22,800円)、ZenFone Go(19,800円)、BLADE E01(13,800円)の7種、タブレットはASUS ZenPad 7.0(23,800円)の1種。

 今後、第2弾サービスとして「MUSIC」を予定している。

ランキング