5か月連続プラス!輸入車販売…5.3%増の2万3531台 8月

7200.jpg

日本自動車輸入組合が発表した8月の輸入車新規登録台数は、前年同月比5.3%増の2万3531台で5か月連続のプラスとなった。

外国メーカー車は同0.5%増の1万9782台で5か月連続のプラス。メルセデスやBMW、BMW MINIなどが好調だった。日本メーカー車は同41.6%増の3749台で7か月連続プラスだった。

車種別では、乗用車が同5.1%増の2万2465台、貨物車が同9.7%増の1056台、バスが10台だった。

画像一覧

  • メルセデスベンツ Cクラス
  • VW ゴルフ

提供元

関連記事

関連記事

今度は「GTI」の画像リーク!?「VW ゴルフ」改良新型は?

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンの主力車種、『ゴルフ』。近い将来、発表が予想される同車の改良新型モデルについて、ハッチバックとワゴンに続き、今度は高性能な「GTI」の画像がリークされた。

これは、オランダの自動車メディア、『AUTO BLOG.NL』に掲載されたもの。同メディアが、改良新型『ゴルフGTI』の画像を独自に入手。読者に向けて、公開している。

現行ゴルフGTIは2013年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー13でワールドプレミア。ゴルフGTIは、歴代ゴルフに用意されてきた伝統のスポーツグレード。現行型のエンジンは、新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」。最大出力は220ps、最大トルクは35.7kgmを発生する。

これでも物足りない顧客のために、フォルクスワーゲンは、歴代ゴルフGTIとしては初めて、「GTIパフォーマンス」を設定。最大出力はさらに10ps上乗せされ、230psを引き出す。0‐100km/h加速は6.4秒、最高速は250km/h(リミッター作動)と優れた動力性能を示す。

同メディアに掲載された改良新型ゴルフGTIの画像からは、GTI伝統のメッシュグリルを保ちながら、フロントバンパーを中心に、フェイスリフトが施されているのが確認できる。

数分で売切続出か!最大50%OFF「九州ふっこう割」第二弾9/9より販売

今年夏に販売された『九州ふっこう割』はご存じですか? 第一弾は7月1日の販売開始とともにあっという間に売り切れたという、噂の大人気旅行割引の第二弾販売が9月9日(金)より始まります!

第一弾の発売時には数分で完売となってしまった商品もあったようなので、あらかじめ商品には目星をつけておきムダな時間は極力省いて、希望の商品だけを狙っていく必要がありそうです。

■九州ふっこう割 第二弾 概要

・開始日 : 9/9 10:00〜
・利用可能期間 : 10月〜12月

■目的地によって割引率が異なります!

▼熊本、大分は最大50%OFF
▼福岡、長崎、佐賀、宮崎、鹿児島は最大40%OFF

熊本地震による復興のための政府施策となるため、被害中心地である熊本、大分がすこし多めの割引額である50%OFF。九州他県でも40%もOFFになるのは嬉しいですね。

■申込方法は3パターン

九州ふっこう割を利用する方法は下記の3つのパターンのみです!

・ネット系旅行予約サイト
・旅行会社の窓口
・全国のコンビニエンスストア端末(九州ふっこう割宿泊券のみ、対象外のエリアがあります)

完売となったあとも、キャンセルが出たタイミングなどで運良くお得に九州へ旅行が出来る可能性もあるのでこまめにサイトをチェックすることをおすすめします。

せっかくお得に九州旅行ができる分、復興の手助けと思ってすこしお財布の紐をゆるめてみてはいかがですか?

【#レクサス】が日本自動車サービス満足度V10達成!

J.D.パワーアジア・パシフィックは9月2日、2016年日本自動車サービス満足度調査の結果を発表した。

調査はアフターサービスでの正規販売店の満足度を総合的に分析したもので、顧客の総合的な評価を「サービス納車」「サービス担当者」「サービスクオリティ」「店舗施設」「入庫時対応」という5つのファクターに基づいて、総合満足度(1000点満点)を算出。新車購入後1~4年が経過した顧客を対象に、5月下旬から6月中旬にかけてweb調査を実施し、9131人から回答を得た。

2016年の総合的なアフターサービス満足度ランキングをセグメント別にみると、ラグジュリーブランドではレクサスが776ポイントで10年連続トップ。総合満足度はセグメント平均を53ポイント上回り、5つのファクターのすべてでラグジュリーブランドセグメントの最高値となった。2位はメルセデスベンツ(726ポイント)で、3位にはBMW(716ポイント)、4位にアウディ(708ポイント)、5位にはボルボ(677ポイント)が続いた。

量販ブランドセグメントでは、MINI(693ポイント)が5年連続で1位となった。MINIも5つのファクターすべてで、セグメント最高値となった。2位はフォルクスワーゲン(676ポイント)で、3位には日産(675ポイント)、4位に同スコアでマツダとトヨタ(662ポイント)、6位は同スコアでダイハツとホンダ(649ポイント)となった。

【#レンジローバー イヴォーク】2017年モデル、受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは9月2日、『レンジローバー イヴォーク』の2017年モデルの受注を開始した。

2017年モデルでは、新たにあらゆる路面状況下においても、ドライバーがペダル操作をせずに、トラクションを最適化して車両を一定の速度(1.8‐30km/h)で前進・後退させ続けることができる「オールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)」を標準装備。

さらに、高速かつ直感的なタッチ操作が可能な10.2インチの最新インフォテインメントシステム、「InControl Touch Pro」を追加。ドライバーの利便性を引き上げている。

また、ボディカラーには、新色としてシリコンシルバー、ファラロンブラック、カルパチアングレイ、アルバを追加し、全17色を用意。上級グレードには、スタイリッシュな外観をより引き立てるグラファイトデザインパックを設定した。

パワートレインは、引き続き2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ。トランスミッションは9速ATを組み合わせる。価格は502万円から。

ランキング