投資を始めたい人に朗報!タイプ別「始めやすい投資方法」紹介します

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・投資の種類

<Point>

1大きく稼ぐならFX

2少額投資ならクラウドファンディング

3安定した投資は金投資

4普段の生活を参考にするなら株式投資

6871.jpg

あなたは投資と思い浮かべると何を想像しますか?

おそらく答えは人によって様々でしょう。株を思い浮かべる人やFX、あるいは不動産なども投資する手段としてありますよね。最近では、クラウドファンディングという投資手法もあります。

あまりにも多すぎて何に投資すればいいのかわからない!というのが本音ではないでしょうか。そこで今回は、タイプ別におすすめの投資方法についてお話しします。

■とにかく大きく稼ぎたい人

投資と聞くと一夜で大金持ちになるという夢を抱く人も少なくないでしょう。ハイリスクではありますが、大きく稼ぎたい人はFXをおすすめします。FXにはレバレッジと呼ばれる自分の掛け金以上にお金を投資できるため、レバレッジを多くすることで大きなリターンを得ることができます。

しかし、先ほどもお話したようにリターンが大きいということは、それだけリスクも大きいので必ず勉強してから始めるようにしましょう。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから

■少額でも投資を体験したい人

とにかく少額で投資を体験したいという人もいるでしょう。そんな方にはクラウドファンディングをおすすめします。クラウドファンディングとは、簡単に言うと「みんなでお金を出し合って投資しましょう」という投資方法です。

投資先は様々で不動産や賃貸住宅はもちろん、最近ではソーラーパネルに投資することもできます。比較的少額で始められるというのは大きなメリットになるでしょう。

■安定した投資をしたい人

投資にはリスクがつきものとは言えど、できるだけそのリスクは抑えたいもの。そんな方には金への投資をおすすめします。ゴールドは短期的に見れば非常に価格が安定しています。

しかし、長期的な変動は小さくありません。『田中貴金属工業株式会社』のウェブサイトに掲載されていた金の価格の推移をみるとに、金は15年前と比較すると1gあたりの価格がおよそ3,000円高騰しています。地道に投資をしようと考える人にはいいかもしれません。

■生活の中で投資を実感したい人

自分の生活の中で投資に参考になることはないか?と思われるかもしれません。そのような人は株式投資をしてみてはいかがでしょうか。株はまさに国内のあらゆる企業の株が売買されています。「この商品は売れそうだ!」という実感が持てるため、主婦にもおすすめしたい投資方法ですね。

投資を始めたい!と考える人にはぜひ参考にしてもらえたらと思います。

画像一覧

  • 投資を始めたい人に朗報!タイプ別始めやすい投資方法を紹介します

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

馬主&別荘所有も夢じゃない!「庶民でもオーナーになれるもの」3選

「馬主や不動産を持っている」というと、お金持ちのステータスですよね。実は、そんなお金持ちだけの世界だと思っていたオーナーというものに、一般人である私たちもなることができるんです。

手が届く金額でオーナーになれちゃう、今注目のシェア制度をご紹介します。

■シェアをすることでオーナーになれます!

最近注目されている、シェア制度。ひとつのものに対して、オーナー権利を多数の人でシェアをするというものです。これまで、オーナーになるには1人が大金をはたいてその権利を獲得していましたが、みんなで権利を分け合って共同で所有する時代がやってきているんです。特別な資格や経験が必要ないという手軽さも、注目を集めている要因のひとつといえます。

では、シェアしてオーナーになれるもの3つを仕組みや必要経費などとあわせてご紹介します。

■馬主になる:一口馬主

なんと、あの馬主になれるシェアオーナー制度。『一口馬主DB』というサイトでは、競走馬の出資を数百口に分割して募集し、そこに個人が出資をしてオーナーになるというものです。出資は1口単位から可能で、えさ代などを毎月支払う代わりに、レースで獲得した賞金のおよそ60~70%を出資口数に応じて受け取ることが出来ます。500口に分割された権利の場合、1か月にかかる費用は1口の出資でおよそ4,000円(会費と馬の維持費の合計)と、気軽に馬主になることができます。

■リゾート物件のオーナーになる:タイムシェア

こちらは、ホテルや別荘、大型クルーズ船やヨットなど、リゾート物件のオーナー権利をシェアするというものです。たとえばハワイにある『ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ』なら、ハワイの高級コンドミニアムの部屋を1週間単位で所有します。別荘を購入する何千万円、何億円というお金も、掃除などのメンテナンスの手間も必要なく、それよりも低価格でリゾート物件を所有することができます。しかも、相続対象なので、家族に代々受け継ぐことも可能です。

■田んぼのオーナーになる

年間契約をし、区画単位で田んぼのオーナーになれるというもの。1口1アールの面積で、およそ48kgもの米が収穫できます。収穫できた米はすべてオーナーのものとなり、友人・知人で共同出資も可能なので、とれたてのお米をみんなで楽しむことができます。収穫した米は、1年を通して希望の量を発送してもらえ、お歳暮などではギフト対応も可能。田植え体験や収穫体験も可能なので、お子さんの農業体験としても役立ちます。

株・投資信託…他の投資とFXはどう違う?【1万円で始める初心者FX】

お金を増やしたい…と思っているのに、“いざ投資”となると戸惑ってしまうのが大部分の方のはず。そんな投資未経験の方でも「始めてみようかな」と思ってもらえるような、初心者向けFXのQ&A講座です。

■Q1:株や投資信託・外貨預金などほかの投資と比べてFXはどう違うの?

■A:投資といっても様々な種類があり、それぞれ違いがあります。

なかなか一言では説明の難しい質問です。そこで、数多くある投資商品をピラミッド形式にしてご紹介しましょう。

■投資・金融商品のピラミッド

数多くある投資を紹介するために、「預けたお金が増えたり減ったりする=リスクとリターン」の観点から金融商品を並べて見ました。ピラミッドの下にある金融商品ほど、リスクが小さいとお考えください。リスク・リターンについてはあくまでも目安ですからね。

FXと他の金融商品の違い?! 【1万円で始める初心者FX】、マネーゴーランド

銀行預金は、リスク(損失が生じる可能性)が小さい分、リターン(利益を得られる可能性)が小さい典型的な金融商品。逆に絵画や宝石・貴金属・アンティーク・骨董などは、かなりの専門知識とお金が必要な投資になります。

■取引のしやすさ:オーダーメイドと規格品の違い

そして、下の三段と上の二段との間には、大きな差があります。それは、取引のしやすさ。不動産・絵画・貴金属などは、取引に必要な金額が大きい分、売買しにくい投資です。

みなさんも中古の家や空き地に、「この家(土地)売ります」という看板が何カ月も立っているのを見たことがあるかと思います。不動産は、扱う金額が大きい上に、それぞれがオリジナルのオーダーメイド商品です。立地・間取り・設備など一つとして同じ商品がありません。そのため、売買が成立しにくい特徴があり、一般の人は手を出しにくい投資商品ですね。

そして、ピラミッドの下方、FX・株式・預金などは、売買がしやすいように、一定の規格が定められた投資商品です。そのため、FX・株式・預金などは、どこの会社で取引しても、ほぼ同じ商品内容を持っています。そのため売買しやすい・少額で取引できるという特徴を持ちます。

■主な投資の違い?

主な投資について、投資対象・元本保証・運用方法の3つで表を作ってみました。
FXは、投資対象が外貨(外国為替)で、元本保証がなく、自分自身で売買をする投資(金融商品)ということになります。

FXと他の金融商品の違い?! 【1万円で始める初心者FX】、マネーゴーランド

投資信託や銀行預金は、お金を預ければ、あとは金融機関の専門家たちに任せて運用してもらうことになります。ここがFX・外貨預金・株式との大きな違い。

また、銀行預金が他の金融商品と違うのは、預けたお金が減ることはない元本保証ということ。FX・外貨預金・株式などの金融商品には、元本保証はありません。つまり、儲かることもあれば、預けたお金が減ることもありえるということ。

■自分に向いた投資を選ぶには?

「1円たりとも損したくない」という方は銀行預金。「お金を増やしたいけど、時間も知識もない」という方は投資信託。「銀行預金ではほとんどお金が増えない。積極的に投資をしてみたい」という方は、株式・FXが向いている金融商品です。

本連載では、FXを中心にこれからも投資に役立つ内容をお届けします。

参考
●リスクが怖い…初心者の疑問に答えます【1万円で始める初心者FX】
●FXって何…初心者の疑問に答えます【1万円で始める初心者FX】

⚫️FXに関する素朴な質問を受付中!
【1万円で始める初心者FX】シリーズで聞いてみたい質問等がありましたら、uketsuke@money-goround.jp までEメールにて、件名に「1万円から始めるFXの質問」と明記の上、お送りください。
FX経験者や中・上級者なら 【上村和弘のFX基本講座】 も参考にどうぞ。

1万円で不動産オーナーに!ローリスクでできる「不動産投資の裏ワザ」

突然ですが、投資に興味はありますか?

投資と聞くと、頑として首を横に振る人がいます。投資は借金地獄への入口だと言わんばかりにリスクを恐れているのでしょうが、そんな人にとってベストな選択肢は、実は「不動産投資」をすることかもしれません。

不動産投資と聞くと、物件を購入して賃貸で収益を出すため、“投資金額が高い”“管理が大変”などのイメージを持たれるのではないでしょうか。今回はそのようなイメージを払拭する不動産投資についてお話しします。

■不動産投資ってどんな投資?

そもそも不動産投資について、あまり詳しくない方もいるかもしれないので簡単に説明します。不動産投資とはマンションの一室やアパートを購入し、購入した物件を賃貸に出します。そして、その家賃収入を得ることで収益を上げるという方法ですね。

つまり、あなたは大家さんになるわけです。ですから、新しく人を入れるためにも物件を掃除、リフォームしなければいけないこともあり得ますし、空き室が続くと住宅ローンを組んでいるのであれば、家賃収入がなくてもその支払いを続けなければいけません。

上手くいけばリターンも大きいのですが、相応にリスクも大きいというわけなのです。これだけ多くのリスクをなんとか回避する方法はないのでしょうか。

■不動産投資をするならクラウドファンディング

実はこのようなリスクを回避する方法の一つとしてクラウドファンディングという方法があります。クラウドファンディングとは簡単にいえば「みんなでお金を出し合いましょう」ということです。つまり、1人ではなく複数人で不動産物件を購入し、全員で管理します。

一般的に不動産投資では何百万円、何千万円もの投資をすることも少なくありませんが、クラウドファンディングであれば投資金額がわずか1万円から可能なのです。普通の不動産投資と比較しても格安で投資ができることがわかりますね。

■きちんと勉強はしておこう

しかし、いくらリスクが低いといっても全く勉強せずに投資するのも考えものです。きちんと投資したい物件の条件をあらかじめ決めておき、その条件に当てはまる物件にだけ投資しましょう。

最後の最後までリスク管理をしてこそ、投資成功のトビラを開くことができます。ですから、やろう!と思ってもすぐに飛び出さず、最低限の知識を身につけておくことをおすすめします。

「1億円貯める」近道は?毎月貯蓄or投資…?【もしもシリーズ】

もしも1億円あったら…。そんな妄想は誰もが一度は抱いたことがあるはず。でもそんな金額は想像を超えた世界だし「そんなの夢物語にすぎない…」と思うものです。でも、そうあきらめるのはまだ早いかもしれません。

今回は1億円を貯めるためにどうしたらよいか、その具体的な方法について検討してみました。

■毎月コツコツ貯蓄の場合:毎月41万円×20年計画で実現可能

収入の一部を貯蓄にまわして、コツコツ貯蓄している方は多いことと思いますが、そのやり方で1億円を貯める場合、毎月どのくらいの金額を貯蓄しなければいけないのでしょうか。ここでは預貯金した場合の利子は考えずにシンプルに計算してみます。

・35年計画の場合:
毎月23万8,095円/月 × 12ヶ月 × 35年 = 99,999,900万円 

・20年計画の場合:
毎月41万6,666円/月 × 12ヶ月 × 20年 = 99,999,840万円 

・10年計画の場合:
毎月83万3,333円/月 × 12ヶ月 × 20年 = 99,999,960万円 

住宅ローンの一般的な期間である35年計画を立てるのであれば、毎月約23万円の貯蓄で大台の1億円に届きます。もっと短期間で10年ならば毎月の目標貯蓄額は約83万円となります。

■投信積立で貯蓄する場合:

では、投資信託を毎月積み立てて行う場合で考えてみましょう。

・毎月の積立額33万9,000円の場合
リターン2%で計算すると、20年で約1億円を達成できます。
リターン1%で計算すると、22年で約1億円を達成できます。

コツコツ貯蓄していくよりも1億円到達までの期間はもちろん短くできます。ただし、これはあくまでもシミュレーションであり、将来の成果が約束されたものではありません。税金や各種手数料は含んでいません。

■宝くじを狙う

ごく稀な機会や現象を「宝くじに当たるようなもの」と表現しますが、宝くじに当選するのはそれほど難しいことなのでしょうか?

ここで千葉商科大学のウェブサイトで、商経学部の伊藤教授が解説していた記事によると、宝くじ1枚を購入して1億円当たる確率はおよそ「143万分の1」。まさに天文学的数値になります。

しかし、購入する枚数を増やす、1億円だけでなくもっと低い当選金も良しとするのであれば、もっと確率は上がります。ちなみに宝くじに高額当選する人にはある特徴があることがわかっており、詳しくは億万長者を目指せ!「“宝くじに当選する人”4つの共通点」で紹介していますので参考にしてみてください。

■基本はやっぱり日々のお金の見直し?

毎月の貯蓄額は、一般的に考えるととても高額ですが、決して実現不可能な夢ではないのかもしれません。しかしやはり、貯蓄の基本は日々のお金の使い方を見直すことにあるでしょう。

お金についてのプロフェッショナルであるFPがアドバイスする、お金の使い方は、「プロに学ぶ“お金の正しい貯め方”!FPが実践している資産形成法3」「FPがプロの視点で指摘!“ボーナスの本当に賢い使い方”2つの例」を参考にしてみてください。

さらに、夫婦でお金のことで喧嘩が絶えなかったりストレスが溜まったりするようでは貯蓄もうまくいかないはずです。「FPは見た!夫婦がお金でモメる“絶対言ってはいけない”8フレーズ」も参考にしてみてください。

ランキング