【ロボネコヤマト!?】DeNAが仕掛けるプロバイダーとしての自動運転車ビジネスとは

7117.jpg

 8月31日に都内で開催された「NISSAN×DeNA 車は、モノ<プロダクト>なのか、コト<サービス>なのか。当事者から見える風景を語る。」において、DeNA システム本部 執行役員本部長 木村秀夫氏は、同社のモビリティサービスに関するトークセッションを行った。

 DeNAといえばソーシャルゲームやEC、最近ではDNA検査、医療・ヘルスケア関係のビジネスまで幅広く事業を展開している。そのなかで最近話題になったのは、「ロボットタクシー」など自動運転カーによるビジネスだ。木村氏によれば、DeNAはエネルギー革命、情報化革命などにさらされる自動車をとりまく社会トレンドを「モータリゼーション2.0」と位置づけ、特に自動運転やコネクテッドカーに注目しているという。

 現在DeNAは、過疎地等で高齢者や買い物難民の対策として「ロボットタクシー」の事業を開始したり、制限エリアでの無人旅客輸送サービスの「ロボットシャトル」、物流サービスの「ロボネコヤマト」といったサービスを計画している。しかし「だからといって、DeNAは自動車を作ったり、売ったりすることはない」と木村氏は断言する。

 ロボットタクシーは、アプリで無人タクシーを手配し、目的地まで連れていってもらったらアプリで決済するという無人版Uberのようなサービス(実際Uberも無人サービスを研究している)だが、車両の開発や自動運転技術の部分はZMPという企業に任せている。ロボットシャトルについては、千葉県のショッピングモールでデモを兼ねた実証実験を行っているが、使用した車両はLIGIERというメーカが製造し、EASY MILEという会社が自動運転技術を実装したものだ。

 ロボネコヤマトは、ネット等で品物を注文すると、ロッカーを積んだ無人のトラック・バンが家の近くまで商品を運んできてくれるサービスだ。ロッカーはスマートフォンなどで解錠し、車から自分で品物を取り出す。こちらの車両体制は未定だが、DeNAが車両開発などを担当することはないそうだ。

 DeNAが担当するのは、これらの自動運転車両や技術を利用して、タクシーの配車、運行管理、決済処理などのサービス部分を開発・提供する部分だ。具体的には、手配や予約などを行うオペレーターレイヤ、車両の運行管理、ルート設定などを行う車両レイヤ、利用者の窓口や支払い処理などを行うユーザーレイヤ、これらのシステムが実装されるクラウドレイヤをDeNAが担当し、サービスや新しいビジネスを開発していく。

 実は、以上の4つのレイヤは、DeNAの既存サービス技術によって実現可能で、とくに新しい技術や革新は必要ない。そして、当然ながら、クラウドサービスや決済システムなどは同社の得意分野でもある。したがって、DeNAが自動運転サービス市場に参入するからといって、自動車のハードウェアを開発するわけではなく、モビリティサービスのプロバイダーとして立ち位置に徹するという。

 とはいうものの、セキュリティ対策や安全な運行管理、スマートフォン以外のデバイス対応(高齢者を対象にする場合必須)、AIや機械学習の研究など、課題も多い。木村氏は「課題も多いが、自動運転を含むモビリティサービスは、究極のIoT技術だと思う。自動車×インターネットで新しいことに挑戦していきたい」と抱負を語りセッションを終えた。

画像一覧

  • DeNA システム本部 執行役員本部長 木村秀夫氏
  • DeNA システム本部 執行役員本部長 木村秀夫氏

提供元

関連記事

関連記事

『ポケモンGO』に予算3000万を計上!─宮城県、被災地誘客のためにイベントや地域限定ポケモンなど

河北新報は、宮城県がiOS/Android『Pokemon GO』のイベント開催やシステム改修などに使用する予算3,000万円を、2016年度の一般会計補正予算案に計上すると報じています。

『Pokemon GO』は、『ポケットモンスター』シリーズを題材にした位置情報を活用して遊ぶゲームです。現実世界で「ポケモン」の捕獲が体験でき、家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーとのバトルなども楽しむことができるようになっています。

宮城県は、東日本大震災で被災した沿岸部への誘客、そして観光復興を行うためこの予算を計上。3,000万円の内訳は、2016年10月に宮城県内で開くイベント費用として1,000万円、被災地を周遊してもらうため「ポケストップ」をまとめた地図を作るなど広報宣伝費に1,500万円、そしてNianticへのシステム改修費に500万円が充てられます。

宮城県はNianticに、被災地限定のポケモンを期間限定で出現させてもらうように提案しているとのこと。なお、『ポケットモンスター』シリーズでは、被災地に向け「ポケモンセンタートウホク」限定で特別なポケモン「ジラーチ」が配布されるといったイベントが行われています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『Pokemon GO』は配信中。基本プレイ無料(アイテム課金あり)です。


(C)2016 Niantic, Inc.
(C)2016 Pokemon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

【好調!】日系自動車メーカーの海外生産、4.4%増の935万7565台 2016年上半期

日本自動車工業会が発表した日系自動車メーカーの2016年上半期(1~6月)の海外生産台数は、前年同期比4.4%増の935万7565台となった。

地域別で最も生産台数の多いアジアは同5.7%増の484万0166台。北米は同4.1%増の256万9614台だった。そのほかでは、中南米が同3.1%増の93万5019台、欧州は同2.2%増の87万7929台、アフリカは同16.8%減の9万2960台、大洋州は同2.0%増の4万1836台だった。

2016年第2四半期(4~6月)の海外生産台数は、前年同期比4.0%増の473万9168台。地域別ではアジアが同5.6%増の245万8875台。北米は同0.01%減の127万4594台だった。中南米は同2.9%増の47万6678台、欧州は同8.7%増の45万1632台、アフリカは同4.1%増の5万6454台、大洋州は同11.6%減の2万0935台だった。

「ポケモンGO」で国内初の死亡事故…自動車運転中にプレイと供述

時事通信が報じたところによると、8月23日の午後7時35分頃、徳島市方上町の県道にて女性2人が自動車にはねられる事故が発生。車を運転していた自称農業の五王敬治容疑者(39歳)が、自動車運転処罰法違反容疑で現行犯逮捕されました。

徳島県警東署は、被害に遭ったのは美容師の中西幸子さん(72歳)とパート従業員の井川佳代子さん(60歳)と発表。中西さんは死亡が確認され、井川さんは重傷とのこと。また五王容疑は、iOS/Androidアプリ『ポケモンGO』をプレイしながら運転していたと供述しています。

『ポケモンGO』プレイによる“歩きスマホ”や注意力低下などの危険性は以前から問題視されていました。警察庁によれば、運転中に『ポケモンGO』をプレイしていて発生した交通死亡事故は今回が初。危険なプレイスタイルが、最悪の結果を招く形となりました。

ふるさと納税でレンタカー&自動車免許取得【おトク+節税+地域貢献】

全国各地の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

今回お届けするのは、車&バイク好きにとっては魅力的なプラン。北海道の大地をレンタカーで1日自由に駆けまわったり、ずっと憧れだったバイクの免許が取れるなど、ふるさと納税を上手に生かせば車&バイクライフをさらに充実することができるのです。

参考・今夏絶対に見たい!日本の美しい絶景スポット9選【節約絶景ドライブ】

【オススメふるさと納税:車&バイクライフを満喫編】

おすすめ●40『レンタカー1日乗り放題&ガソリン満タン返却不要』
北海道登別市 2万円以上でもらえる

新千歳空港や札幌から電車で気軽にアクセスできる登別市。JR北海道を使えばわずか70分ほどで到着することが可能。そんな登別でレンタカーを借りたら、丸一日乗り放題というのがこちらのプラン。

登別といえば温泉が有名ですが、周囲には地球の丸さを体感できる地球岬や噴火口から立ち上る水蒸気煙を間近で見られる有珠山、2008年のサミット開催地にもなった洞爺湖など見どころが満載。そんな登別を拠点にした観光がレンタカーを使ってお手軽に楽しめます。

さらに嬉しいのは、レンタカーを返却する際のガソリン満タンが不必要なこと。ガソリン代もおトクなプランです。※登別温泉店での配返車、ご利用は営業時間内に限ります。

●どんな町なの?『北海道でも有数の温泉のまち』
北海道でも随一の温泉の名所として知られる登別市。西には室蘭市が隣接しており、東側には白老町をはさんで苫小牧市、さらに北上すると千歳市があるなど、交通の利便性が高いことでも知られています。市東部に位置する登別温泉は支笏洞爺湖国立公園に指定され、日和山の噴火によってできた火口跡には地獄谷や大湯沼などの景勝地や、湯の川として有名な大湯沼川など見どころが満載。

●アクセスガイド
札幌から電車で約70分
新千歳空港から電車で約65分
札幌から車で約90分
新千歳空港から車で約60分

【オススメふるさと納税:車&バイクライフを満喫編】

おすすめ●41『普通自動二輪の合宿免許取得プラン』
静岡県湖西市 20万円以上でもらえる

バイクに乗りたいと思っていても、普段は忙しくてなかなか免許を取りに行く時間が取れないという方にはぜひおすすめしたいのがこちら。リゾート地としても有名な浜名湖の近くにある浜名湖自動車学校で自動二輪免許を合宿プランで取得できるというもの。

個人差はありますがだいたい8日ほどで卒業ができ、リゾートで休暇を楽しみつつ、帰りには憧れの自動二輪免許が取得できる一石二鳥のプランです。※普通自動車免許保有の方のみ。対象期間は4~7月、10~12月のみ。宿泊費のほかに3食付き。

●どんな町なの?『浜名湖と太平洋に囲まれたまち』
静岡県の最西端に位置する湖西市。市東部を浜名湖と接し、南側には太平洋・遠州灘、北は南アルプスの一部である弓張山地に囲まれた自然豊かで温暖な気候が特徴です。西側は愛知県と隣接しており、本州のほぼ中央に位置しているため、古くから交通の要衝として栄えてきました。現在は自動車産業を主軸にした工業の都市として発展を遂げています。全国で唯一現存する関所建物の新居関所や昔の街並みを残した白須賀宿など、観光スポットも数多く点在しています。

●アクセスガイド
静岡駅から電車で約70分
静岡市から車で約100分
名古屋駅から電車で約60分
名古屋市から車で約100分

「広い北海道の大地を思う存分レンタカーで駆け抜けたい」「憧れだったバイクの免許を取得したい」今回はそんな車&バイク好きの願いを叶えてくれるふるさと納税プランをお届けしました。リゾート気分に浸れるうえにバイクの免許まで付いてくる、そんな夢のようなプランもふるさと納税には用意されています。今度の有給休暇にぜひ活用して、おトクに自分の夢を実現させてみるのはいかがですか。

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
【おトク+節税+地域貢献】
ふるさと納税シリーズ全バックナンバーはこちらから
●1-2 コシヒカリ2種
●3 佐賀牛ステーキ肉 ●4 活きサザエ ●5 新鮮野菜セット
●6 川中島合戦戦国絵巻足軽役への参加 ●7CASIOプロジェクター
●8 電動自転車 ●9 人間ドック1日間コース
●10 農園ヘリコプタークルーズ ●11 神戸ポートタワーをひとり占め
●12 1日町長体験 ●13 さくらんぼの木のオーナーになる
●14 韮崎ワイン赤白12本セット ●15 犬山ローレライ麦酒12本セット
●16 花火大会で花火打ち上げ権 ●17 花火大会で花火命名権
●18-19 名門ゴルフクラブ プレー&宿泊パック2種
●20 常陸牛食べ尽しセット ●21 霧島高原純粋黒豚1頭分
●22 クロカジキを丸ごと一本 ●23 国産の生キャビア
●24 あまおうジェラート24Pセット ●25 宮崎マンゴーゼリー1年分
●26 美顔バスローブ ●27 江戸小紋「鮫小紋」1着尺
●28 鴨川シーワールド水族館で宿泊体験 ●29 愛犬と一緒に泊まれる宿泊プラン
●30 あいがも農法米あきたこまち30kg玄米 ●31 山形県産つや姫100kg
●32 青森ねぶた祭観覧&宿泊 ●33 肉塊10kg丸焼き出張サービス
●34 世界遺産・熊野で宿泊 ●35 瀬戸内海の漁師宿で宿泊&グルメ
●36 北海道・白糠沖で船釣体験 ●37 九十九里でサーフィン&BBQ宿泊
●38 12種類ジビエ&ジンギスカン焼肉セット ●39 稀少な鳥取和牛の焼肉セット1.5kg

ランキング